DXライブラリ Android版を使用した Androidアプリで Java のコードでイヤホンやヘッドフォンの接続状態を取得する


 すべての処理を C++ で実行できれば良いのですが、Android の基本言語が Java である関係で、
今のところ Java を使用しないとイヤホンやヘッドフォンが端末に接続されているかを調べることができません。

 なので、ここでは『DXライブラリ Android版』には無い
『イヤホンやヘッドフォンなど( ヘッドセット )が Android 端末に接続されているかどうかの情報を取得する処理』を Java を使用して
行うための手順を記します。


 1.プロジェクトに Java のソースファイルを追加する

 2.Java のコードを入力する

 3.Java の情報を取得する C++ のコードを入力する



1.プロジェクトに Java のソースファイルを追加する

  まずに Java のソースファイルを以下の手順でプロジェクトに追加します。

  @ 『ソリューションエクスプローラー』と書かれているリストに表示されている『(プロジェクト名).Packaging』
    を右クリックして、表示されるプルダウンメニューから『追加(D)』→『新しいフォルダー(D)』を選択して、
    『新しいフォルダー』を追加して、名前を『src』としてください。

  A 次に追加した『src』フォルダーを右クリックして、再びプルダウンメニューから『追加(D)』→『新しいフォルダー(D)』を選択して、
    『新しいフォルダー』を追加して、今度は名前を『com』としてください。

  B 次に追加した『com』フォルダーを右クリックして、再びプルダウンメニューから『追加(D)』→『新しいフォルダー(D)』を選択して、
    『新しいフォルダー』を追加して、今度は名前を『(プロジェクト名)』( (プロジェクト名) はお手元のプロジェクトの名前に置き換えてください )としてください。

  C 次に追加した『(プロジェクト名)』フォルダーを右クリックして、再びプルダウンメニューから『追加(D)』→『新しいフォルダー(D)』を選択して、
    『新しいフォルダー』を追加して、今度は名前を『Packaging』としてください。

    と、要は『(プロジェクト名).Packaging』以下に『src』→『com』→『(プロジェクト名)』→『Packaging』というフォルダ
    を作ります。次に漸く Java ファイルの追加です。

  D 追加した『Packaging』フォルダーを右クリックして、今度は『新しい項目(W)...』を選択して『新しい項目の追加』ダイアログを表示します。

  E ダイアログ左側のリストから『インストール済み』→『Cross Platform』→『Android』を選び、
    右側のリストから『Java』を選びます。

  F ダイアログ下側の『名前(N):』の項目に『(プロジェクト名).java』と入力して『追加(A)』ボタンを押します。

  G 次に追加された『(プロジェクト名).java』を開いた状態でメニューから『ファイル(F)』→『名前を付けて(プロジェクト名).javaを保存(A)...』を
    選択して、『名前を付けてファイルを保存』ダイアログを表示します。
    ( VisualStudio 2015 の場合はメニューから『ファイル(F)』→『保存オプションの詳細設定(V)...』を選択して、『保存オプションの詳細設定』ダイアログを表示します )

  H 『名前を付けてファイルを保存』ダイアログの右下にある『上書き保存(S)』の項目を『エンコード付きで保存(V)...』
    に変更します。すると変更した瞬間に『名前を付けて保存の確認』ダイアログが表示されますので『はい(Y)』を選択してください。
    ( VisualStudio 2015 の場合はこの工程が無いので、手順Iに進んでください )

  I 次に『保存オプションの詳細設定』ダイアログの『エンコード(E):』の項目を『日本語 (シフト JIS) - コードページ 932』から
    『Unicode (UTF-8 シグネチャなし) - コードページ 65001』に変更して『OK』ボタンを押します。
    ( 『Unicode (UTF-8 シグネチャ付き) - コードページ 65001』と間違えないようにしてください、
     『Unicode (UTF-8 シグネチャなし) - コードページ 65001』はリストのかなり下の方にあります )


 ( (プロジェクト名)となっている箇所は、お手元のプロジェクトの名前を入力してください )


  これで java ファイルの追加は完了です。



2.Java のコードを入力する

  追加した『(プロジェクト名).java』には最初から数行書かれていますが、それを全部消して、代わりに
 今回の『イヤホンやヘッドフォンなど( ヘッドセット )が Android 端末に接続されているかどうかの情報を取得する処理』を行うための以下のコードを入力します。
package com.(プロジェクト名).Packaging; import android.app.NativeActivity; import android.content.BroadcastReceiver; import android.content.Context; import android.content.Intent; import android.content.IntentFilter; import android.media.AudioManager; public class com.(プロジェクト名) extends NativeActivity { // ヘッドセット接続状態 int HeadSetState ; // ヘッドセット接続状態監視用レシーバー BroadcastReceiver PlugStateChangeReceiver ; // ヘッドセットプラグ状態取得用 Intent Filter static IntentFilter PlugIntentFilter = new IntentFilter( Intent.ACTION_HEADSET_PLUG ) ; // ヘッドセットの接続状態を監視する処理の準備を行う public void SetupHeadsetEventReceiver() { // 監視クラスの設定 PlugStateChangeReceiver = new BroadcastReceiver() { @Override public void onReceive( Context context, Intent intent ) { // ヘッドセットの接続状態変化イベントではない場合は何もせずに終了 if( intent == null || intent.getAction() != Intent.ACTION_HEADSET_PLUG ) { return ; } // 接続状態を取得 HeadSetState = intent.getIntExtra( "state", AudioManager.SCO_AUDIO_STATE_ERROR ) == AudioManager.SCO_AUDIO_STATE_CONNECTED ? 1 : 0 ; } }; // ヘッドセットの接続状態監視用レシーバーの登録 registerReceiver( PlugStateChangeReceiver, PlugIntentFilter ) ; } }
 ( (プロジェクト名)となっている箇所は、お手元のプロジェクトの名前を入力してください )



3.Java の情報を取得する C++ のコードを入力する

  次に Java で書いた『イヤホンやヘッドフォンなど( ヘッドセット )が Android 端末に接続されているかどうかの情報を取得する処理』を使用する C++ 側のプログラムです。
  『DXライブラリ Android版』でのみ使用できる GetNativeActivity という関数を使用しています。
#include "DxLib.h" int android_main( void ) { JNIEnv *env ; const ANativeActivity *NativeActivity ; int HeadSetState = 0 ; int SoundHandle ; // 背景を灰色にする SetBackgroundColor( 128,128,128 ) ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) return -1 ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // アプリの NativeActivity を取得しておく NativeActivity = GetNativeActivity() ; // Java の関数 SetupHeadsetEventReceiver の呼び出し { // JavaVM とソフト実行用スレッドを関連付け( C++ から Java の機能を使用するために必要 ) if( NativeActivity->vm->AttachCurrentThreadAsDaemon( &env, NULL ) != JNI_OK ) { return -1 ; } // Java のクラス (プロジェクト名) を取得 jclass jclass_(プロジェクト名) = env->GetObjectClass( NativeActivity->clazz ) ; // Java のクラス (プロジェクト名) のメンバー関数 SetupHeadsetEventReceiver の ID を取得 jmethodID jmethodID_SetupHeadsetEventReceiver = env->GetMethodID( jclass_(プロジェクト名), "SetupHeadsetEventReceiver", "()V" ) ; // Java のクラス (プロジェクト名) のメンバー関数 SetupHeadsetEventReceiver の呼び出し env->CallVoidMethod( NativeActivity->clazz, jmethodID_SetupHeadsetEventReceiver ) ; // Java のクラス (プロジェクト名) の参照を削除 env->DeleteLocalRef( jclass_(プロジェクト名) ) ; // JavaVM とソフト実行用スレッドの関連付け終了 NativeActivity->vm->DetachCurrentThread() ; } // メインループ while( ProcessMessage() == 0 ) { // 裏画面の内容をクリア ClearDrawScreen() ; // JavaVM とソフト実行用スレッドを関連付け if( NativeActivity->vm->AttachCurrentThreadAsDaemon( &env, NULL ) == JNI_OK ) { // Java のクラス (プロジェクト名) を取得 jclass jclass_(プロジェクト名) = env->GetObjectClass( NativeActivity->clazz ) ; // Java のクラス (プロジェクト名) のメンバー変数 HeadSetState の ID を取得 jfieldID jfieldID_HeadSetState = env->GetFieldID( jclass_(プロジェクト名), "HeadSetState", "I" ) ; // Java のクラス (プロジェクト名) のメンバー変数 HeadSetState の値を取得 HeadSetState = env->GetIntField( NativeActivity->clazz, jfieldID_HeadSetState ) ; // Java のクラス (プロジェクト名) の参照を削除 env->DeleteLocalRef( jclass_(プロジェクト名) ) ; // JavaVM とこのスレッドの関連付け終了 NativeActivity->vm->DetachCurrentThread() ; } // ヘッドセットの接続状態を描画 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "HeadSetState:%d", HeadSetState ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // DXライブラリの後始末 DxLib_End(); // ソフトの終了 return 0; }
 ( (プロジェクト名)となっている箇所は、お手元のプロジェクトの名前を入力してください )

  以上です。
  これでプロジェクトを実行すると、画面に『イヤホンやヘッドフォンが端末に接続されているかどうか』の情報が表示されます。( 0:接続されていない 1:接続されている )

  詳細は割愛しますが、C++ から Java にアクセスする基本的な流れは。

   @ AttachCurrentThreadAsDaemon でソフト実行用スレッドと JavaVM を関連付け、JNIEnv も取得。

   A GetObjectClass でアプリの Java クラスを取得。

   B GetMethodID や GetFieldID で Java の関数や変数の ID を取得。

   C Call???Method や Get???Field で Java の関数の呼び出しや変数の値を取得。

   D DeleteLocalRef で Get???Field で取得したオブジェクト系の変数の参照を削除。

   E DeleteLocalRef で GetObjectClass で取得したアプリの Java クラスの参照を削除。

   F DetachCurrentThread でソフト実行用スレッドと JavaVM の関連付けを終了。

  となります。
  C++ と Java でのやり取りを行う機能( JNI( Java Native Interface ) ) の詳しい扱い方については、検索サイトで
 『Android Java JNI』などのキーワードで検索して調べてみてください。







戻る