DXライブラリ 関数リファレンスページ 3D関係関数リファレンス


 このページではDXライブラリの3D表現を扱うための主な関数の説明と簡単な
サンプルプログラムを載せています。


3D図形描画関係関数
 Windows  Android 
DrawLine3D 3D空間に線分を描画する
DrawTriangle3D 3D空間に三角形を描画する
DrawSphere3D 3D空間に球を描画する
DrawCapsule3D 3D空間にカプセルを描画する
DrawCone3D 3D空間に円錐を描画する
DrawBillboard3D 3D空間に画像を描画する
DrawModiBillboard3D 3D空間に2次元的な変形を加えた画像を描画する
DrawPolygon3D 3D空間に三角形ポリゴンの集合を描画する
DrawPolygonIndexed3D 3D空間に三角形ポリゴンの集合を描画する(インデックス)

SetMaterialUseVertDifColor 3D図形描画のライティング計算に頂点データのディフューズカラーを使用するかどうかを設定する
SetMaterialUseVertSpcColor 3D図形描画のライティング計算に頂点データのスペキュラカラーを使用するかどうかを設定する
SetMaterialParam 3D図形描画のライティング計算に使用するマテリアルパラメータを設定する

SetUseZBuffer3D Zバッファを使用するかどうかを設定する
SetWriteZBuffer3D Zバッファに書き込みを行うかどうかを設定する
SetUseBackCulling ポリゴンのバックカリングを使用するかどうかを設定する
SetTextureAddressModeUV テクスチャアドレスモードを設定する
SetFogEnable フォグを有効にするかどうかを設定する
SetFogColor フォグの色を変更する
SetFogStartEnd フォグが始まる距離と終了する距離を設定する
GetColorF 浮動小数点型のカラー値を取得する
GetColorU8 符号なし整数8ビットのカラー値を取得する


カメラ関数
 Windows  Android 
SetCameraNearFar カメラの 手前クリップ距離と 奥クリップ距離を設定する
SetCameraPositionAndTarget_UpVecY カメラの視点、注視点を設定する( 上方向はY軸から算出 )
SetCameraPositionAndTargetAndUpVec カメラの視点、注視点、上方向を設定する
SetCameraPositionAndAngle カメラの視点、垂直回転角度、水平回転角度、捻り回転角度を設定する
SetCameraViewMatrix ビュー行列を直接設定する
SetupCamera_Perspective 遠近法カメラをセットアップする
SetupCamera_Ortho 正射影カメラをセットアップする
SetupCamera_ProjectionMatrix 射影行列を設定する
SetCameraDotAspect カメラのドットアスペクト比を設定する
ConvWorldPosToScreenPos ワールド座標をスクリーン座標に変換する
ConvScreenPosToWorldPos スクリーン座標をワールド座標に変換する
SetCameraScreenCenter 画面上でのカメラが見ている映像の中心座標を設定する
CheckCameraViewClip 指定の座標がカメラの視界に入っていないかどうかを判定する
CheckCameraViewClip_Box 二つの座標で表されるボックスがカメラの視界に入っていないかどうかを判定する
GetCameraViewMatrix カメラのビュー行列を取得する
GetCameraProjectionMatrix カメラの射影行列を取得する


ライト関数
 Windows  Android 
SetUseLighting ライティング計算処理を使用するかどうかを設定する
SetGlobalAmbientLight グローバルアンビエントライトカラーを設定する

  標準ライト関数
 Windows  Android 
ChangeLightTypeDir 標準ライトのタイプをディレクショナルライトにする
ChangeLightTypePoint 標準ライトのタイプをポイントライトにする
ChangeLightTypeSpot 標準ライトのタイプをスポットライトにする
SetLightEnable 標準ライトの有効、無効をセットする
SetLightDifColor 標準ライトのディフューズカラーを設定する
SetLightSpcColor 標準ライトのスペキュラカラーを設定する
SetLightAmbColor 標準ライトのアンビエントカラーを設定する
SetLightDirection 標準ライトの方向を設定する
SetLightPosition 標準ライトの位置を設定する
SetLightRangeAtten 標準ライトの有効距離と距離減衰パラメータを設定する
SetLightAngle 標準ライトの照射角度パラメータを設定する
GetLightType 標準ライトのタイプを取得する
GetLightEnable 標準ライトの有効、無効を取得する
GetLightDifColor 標準ライトのディフューズカラーを取得する
GetLightSpcColor 標準ライトのスペキュラカラーを取得する
GetLightAmbColor 標準ライトのアンビエントカラーを取得する
GetLightDirection 標準ライトの向きを取得する
GetLightPosition 標準ライトの位置を取得する
GetLightRangeAtten 標準ライトの有効距離と距離減衰パラメータを取得する
GetLightAngle 標準ライトの照射角度パラメータを取得する

  ライトハンドル関数
 Windows  Android 
CreateDirLightHandle ディレクショナルタイプのライトハンドルを作成する
CreatePointLightHandle ポイントタイプのライトハンドルを作成する
CreateSpotLightHandle スポットタイプのライトハンドルを作成する
DeleteLightHandle ライトハンドルを削除する
DeleteLightHandleAll ライトハンドルを全て削除する
SetLightTypeHandle ライトハンドルのタイプを変更する
SetLightEnableHandle ライトハンドルのライトの有効、無効を設定する
SetLightDifColorHandle ライトハンドルのライトのディフューズカラーを設定する
SetLightSpcColorHandle ライトハンドルのライトのスペキュラカラーを設定する
SetLightAmbColorHandle ライトハンドルのライトのアンビエントカラーを設定する
SetLightDirectionHandle ライトハンドルのライトの方向を設定する
SetLightPositionHandle ライトハンドルのライトの位置を設定する
SetLightRangeAttenHandle ライトハンドルのライトの有効距離と距離減衰パラメータを設定する
SetLightAngleHandle ライトハンドルのライトの照射角度パラメータを設定する
GetLightTypeHandle ライトハンドルのライトのタイプを取得する
GetLightEnableHandle ライトハンドルのライトの有効、無効を取得する
GetLightDifColorHandle ライトハンドルのライトのディフューズカラーを取得する
GetLightSpcColorHandle ライトハンドルのライトのスペキュラカラーを取得する
GetLightAmbColorHandle ライトハンドルのライトのアンビエントカラーを取得する
GetLightDirectionHandle ライトハンドルのライトの方向を取得する
GetLightPositionHandle ライトハンドルのライトの位置を取得する
GetLightRangeAttenHandle ライトハンドルのライトの有効距離と距離減衰パラメータを取得する
GetLightAngleHandle ライトハンドルのライトの照射角度パラメータを取得する

GetEnableLightHandleNum 有効になっているライトハンドルの数を取得する
GetEnableLightHandle 有効になっているライトハンドルを取得する


算術演算関数
 Windows  Android 
VGet ベクトルを取得する
VAdd 二つのベクトルを加算する
VSub 二つのベクトルを減算する
VDot 二つのベクトルの内積を取得する
VCross 二つのベクトルの外積を取得する
VScale ベクトルのスケーリングをする
VSize ベクトルのサイズを取得する
VSquareSize ベクトルのサイズの2乗を取得する
VNorm 正規化ベクトルを取得する
VTransform 行列を使ったベクトルの変換
VTransformSR 行列を使ったベクトルの変換( スケーリング+回転成分のみ )

MGetIdent 単位行列を取得する
MGetScale 拡大行列を取得する
MGetTranslate 平行移動行列を取得する
MGetRotX X軸回転行列を取得する
MGetRotY Y軸回転行列を取得する
MGetRotZ Z軸回転行列を取得する
MGetRotAxis 指定軸で指定角度回転する行列を取得する
MGetRotVec2 ある向きからある向きへ変換する回転行列を取得する
MGetAxis1 指定の3軸上のベクトルを基本軸上のベクトルに変換する行列を取得する
MGetAxis2 基本軸上のベクトルを指定の3軸上のベクトルに変換する行列を取得する
MAdd 二つの行列の足し算を行う
MMult 二つの行列の乗算を行う
MScale 行列のスケーリングを行う
MTranspose 転置行列を取得する
MInverse 逆行列を取得する


衝突検出系関数
 Windows  Android 
Segment_Segment_MinLength 二つの線分の最近点間の距離を得る
Segment_Triangle_MinLength 線分と三角形の最近点間の距離を得る
Segment_Point_MinLength 線分と点の一番近い距離を得る
HitCheck_Line_Triangle 三角形と線分の当たり判定


3Dモデル関係の関数
  モデルの読み込み・複製関係の関数
 Windows  Android 
MV1LoadModel モデルの読み込み
MV1DuplicateModel 指定のモデルと同じ基礎データを使用してモデルを作成する
MV1DeleteModel モデルを削除する
MV1SetLoadModelUsePhysicsMode 読み込むモデルの物理演算モードを設定する
MV1SetLoadModelPhysicsWorldGravity 読み込むモデルの物理演算に適用する重力パラメータを設定する


  モデル描画関数
 Windows  Android 
MV1DrawModel モデルを描画する
MV1DrawFrame モデルの指定のフレームを描画する
MV1DrawMesh モデルの指定のメッシュを描画する
MV1DrawTriangleList モデルの指定のトライアングルリストを描画する


  モデル描画設定関数
 Windows  Android 
MV1SetUseOrigShader モデルの描画にオリジナルシェーダープログラムを使用するかどうかを設定する
MV1SetSemiTransDrawMode モデルの半透明要素がある部分についての描画モードを設定する


  モデル基本制御関数
 Windows  Android 
MV1SetPosition モデルの座標をセットする
MV1GetPosition モデルの座標を取得する
MV1SetScale モデルの拡大値をセットする
MV1GetScale モデルの拡大値を取得する
MV1SetRotationXYZ モデルの回転値をセットする
MV1GetRotationXYZ モデルの回転値を取得する
MV1SetRotationZYAxis モデルのZ軸とY軸の方向をセットする
MV1SetMatrix モデルの座標変換用行列をセットする
MV1GetMatrix モデルの座標変換用行列を取得する
MV1SetVisible モデルを描画するかどうかを変更する
MV1GetVisible モデルを描画するかどうかを取得する
MV1SetDifColorScale モデルのディフューズカラーのスケール値を設定する
MV1GetDifColorScale モデルのディフューズカラーのスケール値を取得する
MV1SetSpcColorScale モデルのスペキュラカラーのスケール値を設定する
MV1GetSpcColorScale  モデルのスペキュラカラーのスケール値を取得する
MV1SetEmiColorScale モデルのエミッシブカラーのスケール値を設定する
MV1GetEmiColorScale モデルのエミッシブカラーのスケール値を取得する
MV1SetAmbColorScale モデルのアンビエントカラーのスケール値を設定する
MV1GetAmbColorScale モデルのアンビエントカラーのスケール値を取得する
MV1GetSemiTransState モデルに半透明要素があるかどうかを取得する
MV1SetOpacityRate モデルの不透明度を設定する
MV1GetOpacityRate モデルの不透明度を取得する
MV1SetUseZBuffer モデルを描画する際にZバッファを使用するかどうかを設定する
MV1SetWriteZBuffer モデルを描画する際にZバッファに書き込みを行うかどうかを設定する
MV1SetUseVertDifColor モデル描画のライティング計算に頂点データのディフューズカラーを使用するかどうかを設定する
MV1SetUseVertSpcColor モデル描画のライティング計算に頂点データのスペキュラカラーを使用するかどうかを設定する
MV1PhysicsCalculation モデルの物理演算を指定時間分経過したと仮定して計算する
MV1PhysicsResetState モデルの物理演算の状態をリセットする


  アニメーション関数
 Windows  Android 
MV1AttachAnim アニメーションをアタッチする
MV1DetachAnim アニメーションをデタッチする
MV1SetAttachAnimTime アタッチしているアニメーションの再生時間を設定する
MV1GetAttachAnimTime アタッチしているアニメーションの再生時間を取得する
MV1GetAttachAnimTotalTime アタッチしているアニメーションの総時間を取得する
MV1SetAttachAnimBlendRate アタッチしているアニメーションのブレンド率を設定する
MV1GetAttachAnimBlendRate アタッチしているアニメーションのブレンド率を取得する
MV1GetAttachAnim アタッチしているアニメーションのアニメーション番号を取得する
MV1GetAttachAnimFrameLocalPosition アタッチしているアニメーションの指定フレーム( ボーン )のローカル座標を取得する
MV1GetAnimNum アニメーションの数を取得する
MV1GetAnimName 指定番号のアニメーション名を取得する
MV1GetAnimIndex 指定名のアニメーション番号を取得する
MV1GetAnimTotalTime 指定番号のアニメーションの総時間を得る


  マテリアル関数
 Windows  Android 
MV1GetMaterialNum モデルで使用しているマテリアルの数を取得する
MV1GetMaterialName 指定のマテリアルの名前を取得する
MV1SetMaterialDifColor 指定のマテリアルのディフューズカラーを変更する
MV1GetMaterialDifColor 指定のマテリアルのディフューズカラーを取得する
MV1SetMaterialSpcColor 指定のマテリアルのスペキュラカラーを変更する
MV1GetMaterialSpcColor 指定のマテリアルのスペキュラカラーを取得する
MV1SetMaterialEmiColor 指定のマテリアルのエミッシブカラーを変更する
MV1GetMaterialEmiColor 指定のマテリアルのエミッシブカラーを取得する
MV1SetMaterialAmbColor 指定のマテリアルのアンビエントカラーを変更する
MV1GetMaterialAmbColor 指定のマテリアルのアンビエントカラーを取得する
MV1SetMaterialSpcPower 指定のマテリアルのスペキュラの強さを変更する
MV1GetMaterialSpcPower 指定のマテリアルのスペキュラの強さを取得する
MV1GetMaterialDifMapTexture 指定のマテリアルでディフューズマップとして使用されているテクスチャ番号を取得する
MV1GetMaterialSpcMapTexture 指定のマテリアルでスペキュラマップとして使用されているテクスチャ番号を取得する
MV1GetMaterialNormalMapTexture 指定のマテリアルで法線マップとして使用されているテクスチャ番号を取得する
MV1SetMaterialDrawBlendMode 指定のマテリアルの描画ブレンドモードを変更する
MV1GetMaterialDrawBlendMode 指定のマテリアルの描画ブレンドモードを取得する
MV1SetMaterialDrawBlendParam 指定のマテリアルの描画ブレンドパラメータを変更する
MV1GetMaterialDrawBlendParam 指定のマテリアルの描画ブレンドパラメータを取得する
MV1SetMaterialDrawAlphaTest 指定のマテリアルの描画アルファテストの設定を行う
MV1SetMaterialDrawAlphaTestAll 全てのマテリアルの描画アルファテストの設定を行う
MV1SetMaterialOutLineWidth 指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線の太さを設定する
MV1GetMaterialOutLineWidth 指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線の太さを取得する
MV1SetMaterialOutLineDotWidth 指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線のドット単位の太さを設定する
MV1GetMaterialOutLineDotWidth 指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線のドット単位の太さを取得する
MV1SetMaterialOutLineColor 指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線の色を設定する
MV1GetMaterialOutLineColor 指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線の色を取得する


  テクスチャ関係
 Windows  Android 
MV1GetTextureNum モデルで使用されているテクスチャの数を取得する
MV1GetTextureName テクスチャの名前を取得する
MV1SetTextureGraphHandle テクスチャとして使用するグラフィックハンドルを変更する
MV1GetTextureGraphHandle テクスチャのグラフィックハンドルを取得する
MV1SetTextureAddressMode テクスチャのアドレスモードを変更する
MV1GetTextureAddressModeU テクスチャのU値のアドレスモードを取得する
MV1GetTextureAddressModeV テクスチャのV値のアドレスモードを取得する
MV1SetTextureSampleFilterMode テクスチャのフィルタリングモードを変更する
MV1GetTextureSampleFilterMode テクスチャのフィルタリングモードを取得する


  フレーム関数
 Windows  Android 
MV1GetFrameNum フレームの数を取得する
MV1SearchFrame 指定名のフレームをモデル中から検索する
MV1SearchFrameChild 指定名のフレームを指定のフレームの子フレームの中から検索する
MV1GetFrameName フレームの名前を取得する
MV1GetFrameParent フレームの親フレームを取得する
MV1GetFrameChildNum フレームの子フレームの数を取得する
MV1GetFrameChild フレームの子フレームを取得する
MV1GetFramePosition フレームの座標を取得する
MV1GetFrameLocalMatrix フレームの座標変換行列を取得する
MV1GetFrameLocalWorldMatrix フレームのローカル座標からワールド座標に変換する行列を取得する
MV1SetFrameUserLocalMatrix フレームの座標変換行列を設定する
MV1ResetFrameUserLocalMatrix フレームの座標変換行列をデフォルトに戻す
MV1SetFrameVisible フレームの表示・非表示状態を変更する
MV1GetFrameVisible フレームの表示・非表示状態を取得する
MV1SetFrameDifColorScale フレームのディフューズカラーのスケール値を設定する
MV1GetFrameDifColorScale フレームのディフューズカラーのスケール値を取得する
MV1SetFrameSpcColorScale フレームのスペキュラカラーのスケール値を設定する
MV1GetFrameSpcColorScale フレームのスペキュラカラーのスケール値を取得する
MV1SetFrameEmiColorScale フレームのエミッシブカラーのスケール値を設定する
MV1GetFrameEmiColorScale フレームのエミッシブカラーのスケール値を取得する
MV1SetFrameAmbColorScale フレームのアンビエントカラーのスケール値を設定する
MV1GetFrameAmbColorScale フレームのアンビエントカラーのスケール値を取得する
MV1GetFrameSemiTransState フレームに半透明要素があるかどうかを取得する
MV1SetFrameOpacityRate フレームの不透明度を設定する
MV1GetFrameOpacityRate フレームの不透明度を取得する
MV1SetFrameTextureAddressTransform フレームのテクスチャ座標変換パラメータを設定する
MV1ResetFrameTextureAddressTransform フレームのテクスチャ座標変換パラメータをリセットする
MV1GetFrameTriangleNum フレームに含まれるポリゴンの数を取得する
MV1GetFrameMeshNum フレームに含まれるメッシュの数を取得する
MV1GetFrameMesh フレームに含まれるメッシュを取得する


  メッシュ関数
 Windows  Android 
MV1GetMeshNum モデルに含まれるメッシュの数を取得する
MV1GetMeshMaterial メッシュが使用しているマテリアルの番号を取得する
MV1GetMeshTriangleNum メッシュに含まれる三角形ポリゴンの数を取得する
MV1SetMeshVisible メッシュの表示・非表示状態を変更する
MV1GetMeshVisible メッシュの表示・非表示状態を取得する
MV1SetMeshDifColorScale メッシュのディフューズカラーのスケール値を設定する
MV1GetMeshDifColorScale メッシュのディフューズカラーのスケール値を取得する
MV1SetMeshSpcColorScale メッシュのスペキュラカラーのスケール値を設定する
MV1GetMeshSpcColorScale メッシュのスペキュラカラーのスケール値を取得する
MV1SetMeshEmiColorScale メッシュのエミッシブカラーのスケール値を設定する
MV1GetMeshEmiColorScale メッシュのエミッシブカラーのスケール値を取得する
MV1SetMeshAmbColorScale メッシュのアンビエントカラーのスケール値を設定する
MV1GetMeshAmbColorScale メッシュのアンビエントカラーのスケール値を取得する
MV1SetMeshOpacityRate メッシュの不透明度を設定する
MV1GetMeshOpacityRate メッシュの不透明度を取得する
MV1SetMeshDrawBlendMode メッシュの描画ブレンドモードを設定する
MV1GetMeshDrawBlendMode メッシュの描画ブレンドモードを取得する
MV1SetMeshDrawBlendParam メッシュの描画ブレンドパラメータを設定する
MV1GetMeshDrawBlendParam メッシュの描画ブレンドパラメータを取得する
MV1SetMeshBackCulling メッシュのバックカリングを行うかどうかを設定する
MV1GetMeshBackCulling メッシュのバックカリングを行うかどうかを取得する
MV1GetMeshMaxPosition メッシュに含まれる頂点のローカル座標での最大値を取得する
MV1GetMeshMinPosition メッシュに含まれる頂点のローカル座標での最小値を取得する
MV1GetMeshTListNum メッシュに含まれるトライアングルリストの数を取得する
MV1GetMeshTList メッシュに含まれるトライアングルリストを取得する
MV1GetMeshSemiTransState メッシュに半透明要素があるかどうかを取得する
MV1SetMeshUseVertDifColor メッシュの頂点ディフューズカラーをマテリアルのディフューズカラーの代わりに使用するかどうかを設定する
MV1GetMeshUseVertDifColor メッシュの頂点ディフューズカラーをマテリアルのディフューズカラーの代わりに使用するかどうかの設定を取得する
MV1SetMeshUseVertSpcColor メッシュの頂点スペキュラカラーをマテリアルのスペキュラカラーの代わりに使用するかどうかを設定する
MV1GetMeshUseVertSpcColor メッシュの頂点スペキュラカラーをマテリアルのスペキュラカラーの代わりに使用するかどうかの設定を取得する


  シェイプ関数
 Windows  Android 
MV1GetShapeNum モデルに含まれるシェイプの数を取得する
MV1SearchShape 指定名のシェイプをモデル中から検索する
MV1SetShapeRate シェイプの適用率を設定する
MV1GetShapeRate シェイプの適用率を取得する


  トライアングルリスト関数
 Windows  Android 
MV1GetTriangleListNum モデルに含まれるトライアングルリストの数を取得する
MV1GetTriangleListVertexType トライアングルリストの頂点データタイプを取得する
MV1GetTriangleListPolygonNum トライアングルリストに含まれるポリゴンの数を取得する
MV1GetTriangleListVertexNum トライアングルリストに含まれる頂点の数を取得する



  コリジョン( 衝突判定 )関数
 Windows  Android 
MV1SetupCollInfo コリジョン情報を構築する
MV1TerminateCollInfo コリジョン情報の後始末をする
MV1RefreshCollInfo コリジョン情報を更新する
MV1CollCheck_Line 線分とモデルの当たり判定
MV1CollCheck_Sphere 球とモデルの当たり判定
MV1CollCheck_Capsule カプセルとモデルの当たり判定
MV1CollCheck_GetResultPoly 当たり判定結果ポリゴン配列から指定番のポリゴン情報を取得する
MV1CollResultPolyDimTerminate 当たり判定結果ポリゴン配列の後始末をする


  参照用メッシュ関数
 Windows  Android 
MV1SetupReferenceMesh 参照用メッシュのセットアップ
MV1TerminateReferenceMesh 参照用メッシュの後始末をする
MV1RefreshReferenceMesh 参照用メッシュを更新する
MV1GetReferenceMesh 参照用メッシュを取得する



プログラマブルシェーダー関係関数
 Windows  Android 
SetUseDirect3DVersion 使用する Direct3D のバージョンを指定する
GetUseDirect3DVersion 使用している Direct3D のバージョンを取得する
GetValidShaderVersion 使用できるシェーダーのバージョンを取得する
GetMultiDrawScreenNum 同時に描画を行うことができる画面の数を取得する
LoadVertexShader 頂点シェーダーバイナリを読み込みシェーダーハンドルを作成する
LoadPixelShader ピクセルシェーダーバイナリを読み込みシェーダーハンドルを作成する
DeleteShader シェーダーハンドルを削除する
InitShader シェーダーハンドルを全て削除する

SetVSConstF 頂点シェーダーの FLOAT4 型定数を設定する
SetVSConstFMtx 頂点シェーダーの FLOAT4 型定数に行列を設定する
SetVSConstFArray 頂点シェーダーの FLOAT4 型定数を配列を使って設定する
ResetVSConstF 頂点シェーダーの FLOAT4 型定数の設定を無効にする
SetPSConstF ピクセルシェーダーの FLOAT4 型定数を設定する
SetPSConstFMtx ピクセルシェーダーの FLOAT4 型定数に行列を設定する
SetPSConstFArray ピクセルシェーダーの FLOAT4 型定数を配列を使って設定する
ResetPSConstF ピクセルシェーダーの FLOAT4 型定数の設定を無効にする

SetRenderTargetToShader 描画先を設定する
SetUseTextureToShader シェーダー描画で使用するテクスチャを設定する
SetUseVertexShader シェーダー描画に使用する頂点シェーダーを設定する
SetUsePixelShader シェーダー描画に使用するピクセルシェーダーを設定する

DrawPolygon2DToShader シェーダーを使って2Dポリゴンを描画する
DrawPolygon3DToShader シェーダーを使って3Dポリゴンを描画する
DrawPolygonIndexed2DToShader シェーダーを使って2Dポリゴンを描画する(インデックスを使用)
DrawPolygonIndexed3DToShader シェーダーを使って3Dポリゴンを描画する(インデックスを使用)


シャドウマップ関係関数
 Windows  Android 
MakeShadowMap シャドウマップを作成する
DeleteShadowMap シャドウマップを削除する
SetShadowMapLightDirection シャドウマップへの描画で想定するライトの方向を設定する
ShadowMap_DrawSetup シャドウマップへの描画の準備を行う
ShadowMap_DrawEnd シャドウマップへの描画を終了する
SetUseShadowMap 描画で使用するシャドウマップを変更する
SetShadowMapDrawArea シャドウマップに描画する範囲を設定する
SetShadowMapAdjustDepth シャドウマップを使用した3Dモデル描画時の深度判定の補正値を設定する
TestDrawShadowMap シャドウマップを画面にテスト描画する



3D図形描画関数

宣言int DrawLine3D( VECTOR Pos1, VECTOR Pos2, unsigned int Color ) ;

概略3D空間に線分を描画する

引数 VECTOR Pos1 : 線分の始点の座標
VECTOR Pos2 : 線分の終点の座標
unsigned int Color : 線分の色
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D空間に Pos1 と Pos2 の座標を結ぶ線分を Color で指定した色で描画します。

 引数 Pos1 と引数 Pos2 は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に座標値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。
// 例:座標 ( 0.0f, 100.0f, 0.0f ) , ( 200.0f, 100.0f, 0.0f ) を結ぶ白色の線分を描画する DrawLine3D( VGet( 0.0f, 100.0f, 0.0f ), VGet( 200.0f, 100.0f, 0.0f ), GetColor( 255,255,255 ) ) ;
 Colorの値は画面の色の表現できる色の数によってかわってきます。 この色の値はライブラリの関数『GetColor』を使って取得します。
サンプル

  3D空間上に線分を描画します。
Windows用 Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3D空間上に線分を描画する DrawLine3D( VGet( 100.0f, 100.0f, 0.0f ), VGet( 300.0f, 200.0f, 0.0f ), GetColor( 255,255,255 ) ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int DrawTriangle3D( VECTOR Pos1, VECTOR Pos2, VECTOR Pos3, unsigned int Color, int FillFlag ) ;

概略3D空間に三角形を描画する

引数 VECTOR Pos1 : 三角形を形成する頂点1の座標
VECTOR Pos2 : 三角形を形成する頂点2の座標
VECTOR Pos3 : 三角形を形成する頂点3の座標
unsigned int Color : 三角形の色
int FillFlag : 三角形の中身を塗りつぶすかどうか( TRUE:塗りつぶす FALSE:塗りつぶさない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D空間に Pos1 と Pos2 と Pos3 を三頂点とする三角形を Color で指定した色で描画します。

 引数 Pos1、Pos2、Pos3 は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に座標値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことが出来ます。
// 例: // 座標 ( 100.0f, 100.0f, 0.0f ), // ( 200.0f, 200.0f, 0.0f ), // ( 200.0f, 250.0f, 100.0f ) を結ぶ三角形を描画する DrawTriangle3D( VGet( 100.0f, 100.0f, 0.0f ), VGet( 200.0f, 200.0f, 0.0f ), VGet( 200.0f, 250.0f, 100.0f ), GetColor( 255,255,255 ), FALSE ) ;
 Colorの値は画面の色の表現できる色の数によってかわってきます。 この色の値はライブラリの関数『GetColor』を使って取得します。


サンプル

  3D空間上に三角形を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3D空間上に三角形を描画する DrawTriangle3D( VGet(100.0f,100.0f, 0.0f), VGet(500.0f,400.0f, 0.0f), VGet(600.0f,100.0f,100.0f), GetColor( 255,255,255 ), FALSE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int DrawSphere3D( VECTOR CenterPos, float r, int DivNum, unsigned int DifColor, unsigned int SpcColor, int FillFlag ) ;

概略3D空間に球を描画する

引数 VECTOR CenterPos : 球の中心座標
float r : 球の半径
int DivNum : 球を形成するポリゴンの細かさ
unsigned int DifColor : 球の頂点ディフューズカラー
unsigned int SpcColor : 球の頂点スペキュラカラー
int FillFlag : 球を塗りつぶすかどうか( TRUE:塗りつぶす FALSE:塗りつぶさない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D空間に CenterPos を中心座標とした半径 r の球を描画します。

 DivNum は球を形成するポリゴンの細かさです。

 引数 CenterPos は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に座標値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことが出来ます。
// 例:座標 ( 320.0f, 100.0f, 0.0f ) を中心に半径 80.0f の球を描画する DrawSphere3D( VGet( 320.0f, 100.0f, 0.0f ), 80.0f, 16, GetColor( 255,0,0 ), GetColor( 0,0,0 ), FALSE ) ;
 引数 DifColor と SpcColor はそれぞれ球の頂点ディフューズカラーと頂点スペキュラカラーです、 この関数で描かれる球はライティング計算が行われるので、 ただの「描画カラー」ではなくライティング計算で使用される「頂点ディフューズカラー( 拡散光色 )」と「頂点スペキュラカラー( 反射光色 )」を指定します。
 この二つの色の値はライブラリの関数『GetColor』を使って取得します。
 尚、この引数で指定する値は球を描画する際に用意される頂点データに含まれるディフューズカラーとスペキュラカラーですので、 SetMaterialUseVertDifColorSetMaterialUseVertSpcColor で頂点カラーを使用しない設定にした場合はこの引数の値は使用されず、 SetMaterialParam の引数で指定されたマテリアルのディフューズカラーとスペキュラカラーがそれぞれ使用されます。

 因みに球の中身を塗りつぶす場合、 ZバッファとZバッファへの書き込みをそれぞれ SetUseZBuffer3D 関数と SetWriteZBuffer3D 関数で有効にしておかないと手前の面を描画した後に後ろの面が描画されたりして正常な見た目になりませんので注意してください。

サンプル

  3D空間上に球を描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Zバッファを有効にする SetUseZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファへの書き込みを有効にする SetWriteZBuffer3D( TRUE ) ; // 3D空間上に球を描画する DrawSphere3D( VGet( 320.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 32, GetColor( 255,0,0 ), GetColor( 255, 255, 255 ), TRUE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int DrawCapsule3D( VECTOR Pos1, VECTOR Pos2, float r, int DivNum, unsigned int DifColor, unsigned int SpcColor, int FillFlag ) ;

概略3D空間にカプセルを描画する

引数 VECTOR Pos1 : カプセルを形成する二点中の一点の座標
VECTOR Pos2 : カプセルを形成する二点中の一点の座標
float r : カプセルの幅
int DivNum : カプセルを形成するポリゴンの細かさ
unsigned int DifColor : カプセルの頂点ディフューズカラー
unsigned int SpcColor : カプセルの頂点スペキュラカラー
int FillFlag : カプセルを塗りつぶすかどうか( TRUE:塗りつぶす FALSE:塗りつぶさない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D空間にカプセルを描画します。

 この関数は大きさ r の Pos1 と Pos2 を中心座標とするカプセルの外側を結んだような形のカプセルを描画します。
 DivNum はカプセルを形成するポリゴンの細かさです。

 引数 Pos1 と Pos2 は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に座標値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことが出来ます。
// 例: // 座標 ( 320.0f, 100.0f, 0.0f ) と ( 320.0f, 300.0f, 0.0f ) を2点とする // 半径 40.0f のカプセルを描画する DrawCapsule3D( VGet(320.0f,100.0f,0.0f), VGet(320.0f,300.0f,0.0f), 40.0f,8,GetColor(255,255,0), FALSE);
 引数 DifColor と SpcColor はそれぞれカプセルの頂点ディフューズカラーと頂点スペキュラカラーです、 この関数で描かれるカプセルはライティング計算が行われるので、 ただの「描画カラー」ではなくライティング計算で使用される「頂点ディフューズカラー( 拡散光色 )」と「頂点スペキュラカラー( 反射光色 )」を指定します。
 この二つの色の値はライブラリの関数『GetColor』を使って取得します。
 尚、この引数で指定する値はカプセルを描画する際に用意される頂点データに含まれるディフューズカラーとスペキュラカラーですので、 SetMaterialUseVertDifColorSetMaterialUseVertSpcColor で頂点カラーを使用しない設定にした場合はこの引数の値は使用されず、 SetMaterialParam の引数で指定されたマテリアルのディフューズカラーとスペキュラカラーがそれぞれ使用されます。

 因みにカプセルの中身を塗りつぶす場合、 ZバッファとZバッファへの書き込みをそれぞれ SetUseZBuffer3D 関数と SetWriteZBuffer3D 関数で有効にしておかないと手前の面を描画した後に後ろの面が描画されたりして正常な見た目になりませんので注意してください。



サンプル

  3D空間上にカプセルを描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Zバッファを有効にする SetUseZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファへの書き込みを有効にする SetWriteZBuffer3D( TRUE ) ; // 3D空間上にカプセルを描画する DrawCapsule3D( VGet( 320.0f, 100.0f, 0.0f ), VGet( 320.0f, 300.0f, 0.0f ), 40.0f, 8, GetColor( 0,255,0 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int DrawCone3D( VECTOR TopPos, VECTOR BottomPos, float r, int DivNum, unsigned int DifColor, unsigned int SpcColor, int FillFlag ) ;

概略3D空間に円錐を描画する

引数 VECTOR TopPos : 円錐の頂点の座標
VECTOR BottomPos : 円錐の底辺の中心座標
float r : 円錐の底辺の半径
int DivNum : 円錐を形成するポリゴンの細かさ
unsigned int DifColor : 円錐の頂点ディフューズカラー
unsigned int SpcColor : 円錐の頂点スペキュラカラー
int FillFlag : 円錐を塗りつぶすかどうか( TRUE:塗りつぶす FALSE:塗りつぶさない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D空間に TopPos を頂点、BottomPos を底辺の中心とした半径 r の円錐を描画します。
 DivNum はカプセルを形成するポリゴンの細かさです。

 引数 TopPos と BottomPos は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に座標値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことが出来ます。
// 例: // 座標 ( 320.0f, 400.0f, 0.0f ) を頂点 // ( 320.0f, 100.0f, 0.0f ) を底辺の中心とした円錐を描画する DrawCone3D( VGet(320.0f,400.0f,0.0f), VGet(320.0f,100.0f,0.0f),80.0f,8,GetColor(255,255,0), FALSE);
 引数 DifColor と SpcColor はそれぞれ円錐の頂点ディフューズカラーと頂点スペキュラカラーです、 この関数で描かれる円錐はライティング計算が行われるので、 ただの「描画カラー」ではなくライティング計算で使用される「頂点ディフューズカラー( 拡散光色 )」と「頂点スペキュラカラー( 反射光色 )」を指定します。
 この二つの色の値はライブラリの関数『GetColor』を使って取得します。
 尚、この引数で指定する値は円錐を描画する際に用意される頂点データに含まれるディフューズカラーとスペキュラカラーですので、 SetMaterialUseVertDifColorSetMaterialUseVertSpcColor で頂点カラーを使用しない設定にした場合はこの引数の値は使用されず、 SetMaterialParam の引数で指定されたマテリアルのディフューズカラーとスペキュラカラーがそれぞれ使用されます。

 因みに円錐の中身を塗りつぶす場合、 ZバッファとZバッファへの書き込みをそれぞれ SetUseZBuffer3D 関数と SetWriteZBuffer3D 関数で有効にしておかないと手前の面を描画した後に後ろの面が描画されたりして正常な見た目になりませんので注意してください。



サンプル

  3D空間上に円錐を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Zバッファを有効にする SetUseZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファへの書き込みを有効にする SetWriteZBuffer3D( TRUE ) ; // 3D空間上に円錐を描画する DrawCone3D( VGet( 320.0f, 400.0f, 0.0f ), VGet( 320.0f, 100.0f, 0.0f ), 80.0f, 16, GetColor( 0,0,255 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int DrawBillboard3D( VECTOR Pos, float cx, float cy, float Size, float Angle, int GrHandle, int TransFlag ) ;

概略3D空間に画像を描画する

引数 VECTOR Pos : 画像を描画する座標
float cx, cy : 描画する画像の中心座標( 0.0f 〜 1.0f )
float Size : 描画する画像のサイズ
float Angle : 描画する画像の回転角度( ラジアン単位 )
int GrHandle : 描画する画像のハンドル
int TransFlag : 画像の透明度を有効にするかどうか( TRUE:有効 FALSE:無効 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D空間に引数 Pos が示す座標に Size の大きさで画像を描画します。
 引数 Pos は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に座標値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことが出来ます。

 cx, cy は画像の中心座標を指定する引数で、画像の中心を Pos の位置にしたい場合は cx, cy 共に 0.5f にします。
 Size は画像の横方向の大きさで、 もし縦と横の大きさが違う場合は縦方向の大きさは画像の縦横比から算出されます。
 Angle は画像を回転させたい場合に使用します。回転させない場合は 0.0f を指定します。回転の中心は cx, cy で指定した座標になります。
 GrHandle は描画する画像のハンドルで、LoadGraph 関数などで読み込んだ画像を使用します。
 TransFlag は画像の透明度を有効にするかどうかを指定するフラグで、TRUE を渡すと画像の透明度が有効になります。 ( 画像の透明度の詳細については SetTransColor の解説を参照してください )

サンプル

  3D空間上に画像を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int GrHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 画像の読み込み GrHandle = LoadGraph( "Test1.bmp" ) ; // 3D空間上に画像を描画 DrawBillboard3D( VGet( 320.0f, 240.0f, 100.0f ), 0.5f, 0.5f, 120.0f, 0.0f, GrHandle, TRUE ) ; // 読み込んだ画像のグラフィックハンドルを削除 DeleteGraph( GrHandle ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int DrawModiBillboard3D( VECTOR Pos, float x1, float y1, float x2, float y2, float x3, float y3, float x4, float y4, int GrHandle, int TransFlag ) ;

概略3D空間に2次元的な変形を加えた画像を描画する

引数 VECTOR Pos : 画像を描画する座標
float x1, y1, x2, y2
   x3, y3, x4, y4 : x1から順に描画する画像の左上、右上、
                  右下、左下の頂点の座標
int GrHandle : 描画する画像のハンドル
int TransFlag : 画像の透明度を有効にするかどうか( TRUE:有効 FALSE:無効 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D空間に引数 Pos が示す座標に DrawModiGraph 関数で描画するような変形画像を描画します。
 x1, y1 〜 x4, y4 の基準となる座標を Pos で指定する、Y軸のプラスマイナスが逆、 ということ以外は DrawModiGraph 関数と同じですので、 解説については DrawModiGraph 関数の解説を参照してください。

サンプル

  3D空間上に変形画像を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int GrHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 画像の読み込み GrHandle = LoadGraph( "Test1.bmp" ) ; // 3D空間上に画像を描画 DrawModiBillboard3D( VGet( 320.0f, 240.0f, 100.0f ), -100.0f, 200.0f, 100.0f, 200.0f, 100.0f, -200.0f, -100.0f, -200.0f, GrHandle, TRUE ) ; // 読み込んだ画像のグラフィックハンドルを削除 DeleteGraph( GrHandle ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int DrawPolygon3D( VERTEX3D *Vertex, int PolygonNum, int GrHandle, int TransFlag ) ;

概略3D空間に三角形ポリゴンの集合を描画する

引数 VERTEX3D *Vertex : 三角形ポリゴンを形成する頂点配列のアドレス
int PolygonNum : 描画する三角形ポリゴンの数
int GrHandle : 描画するポリゴンに貼り付ける画像のハンドル( 画像を張らない場合は DX_NONE_GRAPH )
int TransFlag : 画像の透明度を有効にするかどうか( TRUE:有効 FALSE:無効 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D空間に引数 Vertex が示す頂点配列を元に PolygonNum 個の三角形ポリゴンの集合を描画します。
 ポリゴン一つ辺りに3つの頂点が必要なので、Vertex が示す配列には PolygonNum × 3 個の頂点データが必要になります。
 また、GrHandle で指定する画像は8以上の2のn乗のピクセルサイズ( 8, 16, 32, 64, 128, 256, 512, 1024 ... )である必要があり( 使える画像サイズの限界はハードウエアが扱えるサイズの限界ですので、2048 以上のピクセルサイズは避けた方が良いです )、 更に DerivationGraph で抜き出した画像や、LoadDivGraph 等の分割読込した画像を使用すると正常に動作しないという、使用できる画像に関して少し制限事項の多い関数です。

 頂点データ VERTEX3D は構造体で、内容は以下のようになっています。
// 3D描画に使用する頂点データ型 struct VERTEX3D { // 座標 VECTOR pos ; // 法線 VECTOR norm ; // ディフューズカラー COLOR_U8 dif ; // スペキュラカラー COLOR_U8 spc ; // テクスチャ座標 float u, v ; // サブテクスチャ座標 float su, sv ; } ;
VECTOR pos
 頂点の座標です。
 VECTOR は中に float x, y, z を持つ構造体です。
 float x, y, z を引数として取り、それをそのまま VECTOR 構造体に代入して戻り値として返してくる関数 VGet を使用すると代入処理を簡素に書くことができます。

VECTOR norm
 頂点の法線です。ライティング計算に使用されます。

COLOR_U8 dif
 頂点のディフューズカラー( 拡散光色 )です。基本的なポリゴンの色はこれになります。
 SetMaterialUseVertDifColor で頂点データのディフューズカラーを使用しない設定にしている場合はこの情報は無視され、代わりにマテリアルのディフューズカラーが使用されます。( 初期設定では頂点データのディフューズカラーが使用されます )
 COLOR_U8 は 中に unsigned char b, g, r, a を持つ構造体で、輝度をそれぞれ 0 〜 255 で表現します。
 int b, g, r, a を引数として取り、それをそのまま COLOR_U8 構造体に代入して戻り値として返してくる関数 GetColorU8 を使用すると代入処理を簡素に書くことが出来ます。

COLOR_U8 spc
 頂点のスペキュラカラー( 反射光色 )です。
 SetMaterialUseVertSpcColor で頂点データのスペキュラカラーを使用しない設定にしている場合はこの情報は無視され、代わりにマテリアルのスペキュラカラーが使用されます。( 初期設定では頂点データのディフューズカラーが使用されます )

float u, v
 頂点のテクスチャ座標です。画像の左上端を u = 0.0f v = 0.0f 右下端を u = 1.0f v = 1.0f とした座標で指定します。

float su, sv
 頂点のサブテクスチャ座標です。今のバージョンでは使用しません。

サンプル

  3D空間上にポリゴンを2つ描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VERTEX3D Vertex[ 6 ] ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 2ポリゴン分の頂点のデータをセット Vertex[ 0 ].pos = VGet( 100.0f, 100.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 0 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 0 ].dif = GetColorU8( 255,255,255,255 ) ; Vertex[ 0 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 0 ].u = 0.0f ; Vertex[ 0 ].v = 0.0f ; Vertex[ 0 ].su = 0.0f ; Vertex[ 0 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 1 ].pos = VGet( 250.0f, 100.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 1 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 1 ].dif = GetColorU8( 255, 0,255,255 ) ; Vertex[ 1 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 1 ].u = 0.0f ; Vertex[ 1 ].v = 0.0f ; Vertex[ 1 ].su = 0.0f ; Vertex[ 1 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 2 ].pos = VGet( 100.0f, 300.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 2 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 2 ].dif = GetColorU8( 0,255,255,255 ) ; Vertex[ 2 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 2 ].u = 0.0f ; Vertex[ 2 ].v = 0.0f ; Vertex[ 2 ].su = 0.0f ; Vertex[ 2 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 3 ].pos = VGet( 400.0f, 200.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 3 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 3 ].dif = GetColorU8( 0,255,255,255 ) ; Vertex[ 3 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 3 ].u = 0.0f ; Vertex[ 3 ].v = 0.0f ; Vertex[ 3 ].su = 0.0f ; Vertex[ 3 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 4 ].pos = VGet( 600.0f, 400.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 4 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 4 ].dif = GetColorU8( 0, 0,255,255 ) ; Vertex[ 4 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 4 ].u = 0.0f ; Vertex[ 4 ].v = 0.0f ; Vertex[ 4 ].su = 0.0f ; Vertex[ 4 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 5 ].pos = VGet( 500.0f, 50.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 5 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 5 ].dif = GetColorU8( 255, 0,255,255 ) ; Vertex[ 5 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 5 ].u = 0.0f ; Vertex[ 5 ].v = 0.0f ; Vertex[ 5 ].su = 0.0f ; Vertex[ 5 ].sv = 0.0f ; // 2ポリゴンの描画 DrawPolygon3D( Vertex, 2, DX_NONE_GRAPH, FALSE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int DrawPolygonIndexed3D( VERTEX3D *Vertex, int VertexNum, unsigned short *Indices, int PolygonNum, int GrHandle, int TransFlag ) ;

概略3D空間に三角形ポリゴンの集合を描画する(インデックス)

引数 VERTEX3D *Vertex : 三角形ポリゴンを形成する頂点配列のアドレス
int VertexNum : 使用する頂点の数
unsigned short *Indices : 頂点インデックス配列へのアドレス
int PolygonNum : 描画する三角形ポリゴンの数
int GrHandle : 描画するポリゴンに貼り付ける画像のハンドル( 画像を張らない場合は DX_NONE_GRAPH )
int TransFlag : 画像の透明度を有効にするかどうか( TRUE:有効 FALSE:無効 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D空間に引数 Vertex が示す頂点配列と引数 Indices が示す頂点インデックスを元に PolygonNum 個の三角形ポリゴンの集合を描画します。
 DrawPolygon3D では一つのポリゴンに付き3つの頂点データを用意していましたが、 多くの場合複数のポリゴンで同じ頂点を使用しますのでポリゴン毎に独立した3頂点を用意すると無駄が生じます、 それを回避するためにこの関数では頂点データと共に「どの三頂点を使用してポリゴンを形成するか」という頂点インデックスデータを用いてポリゴンを描画します。 ( 例えば Vertex 配列の0番目と2番目と5番目の頂点データを用いてポリゴンを形成したい場合は、インデックス情報は 0, 2, 5 となります )
 ポリゴン一つ辺りに3つの頂点インデックスが必要なので、Indices が示す配列には PolygonNum × 3 個の頂点インデックスデータが必要になります。
 尚、頂点インデックスは型が unsigned short なので、使用できる頂点データの数は最大で 65536個となります。

 また、GrHandle で指定する画像は8以上の2のn乗のピクセルサイズ( 8, 16, 32, 64, 128, 256, 512, 1024 ... )である必要があり( 使える画像サイズの限界はハードウエアが扱えるサイズの限界ですので、2048 以上のピクセルサイズは避けた方が良いです )、 更に DerivationGraph で抜き出した画像や、LoadDivGraph 等の分割読込した画像を使用すると正常に動作しないという、使用できる画像に関して少し制限事項の多い関数です。  頂点データ VERTEX3D の内容については DrawPolygon3D 関数の解説をご参照ください。

サンプル

  3D空間上に4つの頂点データを使用してポリゴンを2つ描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VERTEX3D Vertex[ 4 ] ; WORD Index[ 6 ] ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 4頂点分のデータをセット Vertex[ 0 ].pos = VGet( 100.0f, 100.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 0 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 0 ].dif = GetColorU8( 255,255,255,255 ) ; Vertex[ 0 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 0 ].u = 0.0f ; Vertex[ 0 ].v = 0.0f ; Vertex[ 0 ].su = 0.0f ; Vertex[ 0 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 1 ].pos = VGet( 250.0f, 100.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 1 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 1 ].dif = GetColorU8( 255, 0,255,255 ) ; Vertex[ 1 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 1 ].u = 0.0f ; Vertex[ 1 ].v = 0.0f ; Vertex[ 1 ].su = 0.0f ; Vertex[ 1 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 2 ].pos = VGet( 100.0f, 300.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 2 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 2 ].dif = GetColorU8( 0,255,255,255 ) ; Vertex[ 2 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 2 ].u = 0.0f ; Vertex[ 2 ].v = 0.0f ; Vertex[ 2 ].su = 0.0f ; Vertex[ 2 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 3 ].pos = VGet( 400.0f, 200.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 3 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 3 ].dif = GetColorU8( 0,255,255,255 ) ; Vertex[ 3 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 3 ].u = 0.0f ; Vertex[ 3 ].v = 0.0f ; Vertex[ 3 ].su = 0.0f ; Vertex[ 3 ].sv = 0.0f ; // 2ポリゴン分のインデックスデータをセット Index[ 0 ] = 0 ; Index[ 1 ] = 1 ; Index[ 2 ] = 2 ; Index[ 3 ] = 3 ; Index[ 4 ] = 2 ; Index[ 5 ] = 1 ; // 2ポリゴンの描画 DrawPolygonIndexed3D( Vertex, 4, Index, 2, DX_NONE_GRAPH, FALSE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetMaterialUseVertDifColor( int UseFlag ) ;

概略3D図形描画のライティング計算に頂点データのディフューズカラーを使用するかどうかを設定する

引数 int UseFlag : 頂点データのディフューズカラーを使用するかどうか
        ( TRUE=使用する( デフォルト )  FALSE=使用しない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  DrawSphere3D, DrawCapsule3D, DrawCone3D, DrawPolygon3D, DrawPolygonIndexed3D の3D図形描画関数で描画処理をする際のライティング計算に頂点データのディフューズカラーをマテリアルのディフューズカラーとして使用するかどうかを設定します。( 初期設定では使用します )

 「使用する」場合は SetMaterialParam 関数の引数で指定するディフューズカラー( MATERIALPARAM 構造体のメンバ変数 Diffuse )は無視され、 代わりに頂点データのディフューズカラー( VERTEX3D 構造体のメンバ変数 dif )がライティング計算に使用されます。

 「使用しない」場合は SetMaterialParam 関数の引数で指定するディフューズカラーがライティング計算に使用され、 頂点データのディフューズカラーは無視されます。

 尚、SetUseLighting 関数でライティング計算をしない設定にした場合は、 この関数の設定に関係なく頂点データのディフューズカラーが使用されます。

サンプル

  3D空間上に標準の設定( 頂点データのディフューズカラーを使用する )で球を描画した後、
 頂点データのディフューズカラーを使用しない設定にして、マテリアルのディフューズカラーを
 黄色にした上で再度球を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATERIALPARAM Material ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Zバッファを有効にする SetUseZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファへの書き込みを有効にする SetWriteZBuffer3D( TRUE ) ; // デフォルトの設定で3D空間上に球を描画する DrawSphere3D( VGet( 160.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 32, GetColor( 255,0,0 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // 頂点データのディフューズカラーを使用しないようにする SetMaterialUseVertDifColor( FALSE ) ; // マテリアルのディフューズカラーを黄色にする Material.Diffuse = GetColorF( 1.0f, 1.0f, 0.0f, 1.0f ) ; Material.Specular = GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; Material.Ambient = GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; Material.Emissive = GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; Material.Power = 20.0f ; SetMaterialParam( Material ) ; // 再度3D空間上に球を描画する( 引数 DifColor の値は無視されます ) DrawSphere3D( VGet( 480.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 32, GetColor( 255,0,0 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetMaterialUseVertSpcColor( int UseFlag ) ;

概略3D図形描画のライティング計算に頂点データのスペキュラカラーを使用するかどうかを設定する

引数 int UseFlag : 頂点データのスペキュラカラーを使用するかどうか
        ( TRUE=使用する( デフォルト )  FALSE=使用しない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  DrawSphere3D, DrawCapsule3D, DrawCone3D, DrawPolygon3D, DrawPolygonIndexed3D の3D図形描画関数で描画処理をする際のライティング計算に頂点データのスペキュラカラーをマテリアルのスペキュラカラーとして使用するかどうかを設定します。( 初期設定では使用します )

 「使用する」場合は SetMaterialParam 関数の引数で指定するスペキュラカラー( MATERIALPARAM 構造体のメンバ変数 Specular )は無視され、 代わりに頂点データのスペキュラカラー( VERTEX3D 構造体のメンバ変数 spc )がライティング計算に使用されます。

 「使用しない」場合は SetMaterialParam 関数の引数で指定するスペキュラカラーがライティング計算に使用され、 頂点データのスペキュラカラーは無視されます。

 尚、SetUseLighting 関数でライティング計算をしない設定にした場合は、 この関数の設定に関係なく頂点データのスペキュラカラーが使用されます。

サンプル

  3D空間上に標準の設定( 頂点データのスペキュラカラーを使用する )で球を描画した後、
 頂点データのスペキュラカラーを使用しない設定にして、マテリアルのスペキュラカラーを
 黄色にした上で再度球を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATERIALPARAM Material ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Zバッファを有効にする SetUseZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファへの書き込みを有効にする SetWriteZBuffer3D( TRUE ) ; // デフォルトの設定で3D空間上に球を描画する DrawSphere3D( VGet( 160.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 32, GetColor( 128,0,0 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // 頂点データのスペキュラカラーを使用しないようにする SetMaterialUseVertSpcColor( FALSE ) ; // マテリアルのスペキュラカラーを黄色にする Material.Diffuse = GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f ) ; Material.Specular = GetColorF( 1.0f, 1.0f, 0.0f, 0.0f ) ; Material.Ambient = GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; Material.Emissive = GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; Material.Power = 20.0f ; SetMaterialParam( Material ) ; // 再度3D空間上に球を描画する( 引数 SpcColor の値は無視されます ) DrawSphere3D( VGet( 480.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 32, GetColor( 128,0,0 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetMaterialParam( MATERIALPARAM Material ) ;

概略3D図形描画のライティング計算に使用するマテリアルパラメータを設定する

引数 MATERIALPARAM Material : マテリアルパラメータ
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  DrawSphere3D, DrawCapsule3D, DrawCone3D, DrawPolygon3D, DrawPolygonIndexed3D の3D図形描画関数で描画処理をする際のライティング計算に使用するマテリアルパラメータを設定します。

 設定に使用する MATERIALPARAM 構造体は以下のメンバ変数を持っています。

ディフューズカラー
COLOR_F Diffuse ;
  拡散光色です。ライトのディフューズカラーと掛け合わされてライティング計算に使用されます。
  この値は SetMaterialUseVertDifColor 関数で頂点データのディフューズカラーを使用しない設定にしていた場合のみ使用されます。( 初期状態では頂点データのディフューズカラーが使用され、この値は無視されます )

アンビエントカラー
COLOR_F Ambient ;
  環境光色です。ライトのアンビエントカラーと掛け合わされてライティング計算に使用されます。

スペキュラカラー
COLOR_F Specular ;
  反射光色です。ライトのスペキュラカラーと掛け合わされてライティング計算に使用されます。
  この値は SetMaterialUseVertSpcColor 関数で頂点データのスペキュラカラーを使用しない設定にしていた場合のみ使用されます。( 初期状態では頂点データのスペキュラカラーが使用され、この値は無視されます )

エミッシブカラー
COLOR_F Emissive ;
  自己発光色です。ライトが無くても、この値が0以外になっていると自己発光します。

スペキュラの強さ
float Power ;
  スペキュラハイライトの角度範囲を決定する値です。
  値が小さいほど範囲が広くなります。10.0f 〜 20.0f 辺りが丁度いい範囲です。

 尚、SetUseLighting 関数でライティング計算をしない設定にした場合は、 この関数の設定は一切無視されます。

サンプル

  マテリアルの設定で自己発光色を暗い青色にした上で球を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATERIALPARAM Material ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Zバッファを有効にする SetUseZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファへの書き込みを有効にする SetWriteZBuffer3D( TRUE ) ; // マテリアルの自己発光色を暗い青色にする Material.Diffuse = GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f ) ; Material.Specular = GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; Material.Ambient = GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; Material.Emissive = GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.5f, 0.0f ) ; Material.Power = 20.0f ; SetMaterialParam( Material ) ; // デフォルトの設定で3D空間上に球を描画する DrawSphere3D( VGet( 320.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 32, GetColor( 128,0,0 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetUseZBuffer3D( int Flag ) ;

概略Zバッファを使用するかどうかを設定する

引数 int Flag : Zバッファを使用するかどうかのフラグ
      ( TRUE:使用する FALSE:使用しない( 初期設定 ) )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  DrawSphere3D, DrawCapsule3D, DrawCone3D, DrawPolygon3D, DrawPolygonIndexed3D の3D図形描画関数で描画処理をする際にZバッファを使用するかどうかを設定します。

 Zバッファは主に3D空間に存在する物を前後関係を意識せずに都合の良い順番で描画するために使用するもので、 これを使用することで立体物を描画する際に画面( フレームバッファ )に色情報の他に描画したピクセルが「カメラ( 画面 )からどれだけ離れているか」という奥行き情報も一緒に書き込み、 その後画面上の同じ場所( ピクセル )に別のものが書かれようとしたときは以前書いたものよりカメラ( 画面 )との距離が短いかどうかを判定して、 以前書いたものより遠くにある場合は後から書こうとしたものを書き込まず、 以前書いたものをそのまま残す、 つまりどんな順序で立体物を描画しても必ずカメラに近い物が最終描画結果として画面の前面に表示されるようになります。 ( 逆にZバッファを使用しない場合は描画物同士の前後関係は無視され、 通常の描画どおり「後から書いたものが今まで書いてあったものを上書きする」ので、 立体物を前後関係を無視して都合の良い順番で描画すると後ろにあるはずのものが手前のものより前面に表示されるというおかしな描画結果になります )

 この関数はそのZバッファを使うかどうかを設定する関数で、 使用する場合は TRUE を、使用しない場合は FALSE を渡します。

 因みにこの関数は書き込みの際にZバッファに「既に書き込まれているカメラ( 画面 )からの距離」と「これから書き込むピクセルのカメラからの距離」を比較して、 「既に書き込まれているカメラとの距離」より「これから書くもの( ピクセル )のカメラからの距離」の方が長かった場合は書き込まない、 という処理をするかどうかを設定するだけで、 書き込むという判断が決定した後Zバッファに「これから書くもの( ピクセル )のカメラからの距離」を書き込むかどうかの設定は SetWriteZBuffer3D 関数で行います。 ( 初期設定では「書き込まない」になっています )

 尚、この関数の設定はモデルの描画には影響を与えません。 モデルの描画時にZバッファを使用するかどうかは MV1SetUseZBuffer 関数で設定します。

サンプル

  Zバッファを有効にしない状態で球を描画した後、Zバッファを有効にして
 更にZバッファへの書き込みも行う設定にして再度球を描画します。
  Zバッファを有効にしない状態では球の奥の面が手前の面より後に描画される関係で
 正しい描画結果が得られません。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // デフォルトの設定で3D空間上に球を描画する DrawSphere3D( VGet( 160.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 32, GetColor( 128,0,0 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // Zバッファを有効にする SetUseZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファへの書き込みを有効にする SetWriteZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファを有効にした状態で再度3D空間上に球を描画する DrawSphere3D( VGet( 480.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 32, GetColor( 128,0,0 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetWriteZBuffer3D( int Flag ) ;

概略Zバッファに書き込みを行うかどうかを設定する

引数 int Flag : Zバッファに書き込みを行うかどうかのフラグ
      ( TRUE:書き込む FALSE:書き込まない( 初期設定 ) )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  Zバッファを使用する設定になっている状態で描画処理が行われた際に、 Zバッファへの書き込みを行うかどうかの設定を変更する関数です。 ( Zバッファの説明については SetUseZBuffer3D 関数の解説を参照してください )

 この関数に TRUE を渡した場合はZバッファの判定後「書き込む」ことになった場合に画面( フレームバッファ )に対して色情報と共にカメラと描画物との距離も記録されます。
 FALSE を渡した場合はZバッファの判定後「書き込む」ことになった場合に画面( フレームバッファ )に対して色情報のみ記録されます。 ( 初期状態は FALSE( 書き込まない ) です )

 尚、この関数の設定はモデルの描画には影響を与えません。 モデルの描画時にZバッファを使用するかどうかは MV1SetUseZBuffer 関数で設定します。

サンプル

  Zバッファを有効にしない状態で球を描画した後、Zバッファを有効にして
 再度球を描画します。
  Zバッファを有効にしない状態では球の奥の面が手前の面より後に描画される関係で
 正しい描画結果が得られません。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // デフォルトの設定で3D空間上に球を描画する DrawSphere3D( VGet( 160.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 32, GetColor( 128,0,0 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // Zバッファを有効にする SetUseZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファへの書き込みを有効にする SetWriteZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファを有効にした状態で再度3D空間上に球を描画する DrawSphere3D( VGet( 480.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 32, GetColor( 128,0,0 ), GetColor( 255,255,255 ), TRUE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetUseBackCulling( int Flag ) ;

概略ポリゴンのバックカリングを使用するかどうかを設定する

引数 int Flag : バックカリングを行うかどうかのフラグ
      ( TRUE:行う FALSE:行わない( 初期設定 ) )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  DrawTriangle3D, DrawSphere3D, DrawCapsule3D, DrawCone3D, DrawPolygon3D, DrawPolygonIndexed3D でポリゴンを描画する際にバックカリングを行うかどうかを設定します。

 バックカリングとは裏面になっているポリゴンを書かない処理のことです。
 例えば DrawSphere3D 関数で球を描画する場合、 球の画面の方を向いていない面は常に画面の方を向いている面に隠れて画面には表示されないことになりますが、 バックカリングを行わない場合は必ず隠れることが分かっている面も画面への描画処理が行われるのでその分描画負荷が高くなります。
 このような場合にバックカリングを行うようにすると画面に対して後ろを向いている面を描画しない( カリング )ようになるので、 裏面の描画負荷のぶん処理が高速になります。

 因みに裏面かどうかは、ポリゴンを画面に映した際のポリゴンを形成する3頂点を頂点の指定順にスクリーン座標をなぞった場合に、 右回りになっているか左回りになっているかで判断します。( 左回りの場合に裏面だと判断され、カリングが有効な場合はカリングされます )
 DrawPolygon3DDrawPolygonIndexed3D で直接頂点を扱ってポリゴンを描画する場合にバックカリングを使用する場合には形成するポリゴンの向きを意識する必要がありますので注意してください。

 尚、この関数の設定はモデルの描画には影響を与えません。 ( モデルはデフォルトではバックカリングONになっていて、 ツール上でメッシュ単位でカリングを行うかどうかを設定することができます )

サンプル

  画面右側にバックカリングを無効の状態で、画面左側にバックカリングを有効にした状態でそれぞれ球を描画します。
  Zバッファを使用しない状態なのでバックカリングを有効にしていない画面右側の球は裏面のポリゴンが表面のポリゴンの
 後に描画されるという現象が発生するので見た目が破綻しますが、バックカリングを有効にした状態で描画している画面左側の
 球は裏面のポリゴンが描画されないのでZバッファを有効にしていない状態でも正常な見た目で描画されます。
 ( 因みにバックカリングを行うことで見た目的に正常な描画結果が得られるのは描画するポリゴン集合にへこんだ部分がない場合のみです )
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // バックカリングなしで3D空間上に球を描画する DrawSphere3D( VGet( 500.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 8, GetColor( 255,0,0 ), GetColor( 255, 255, 255 ), TRUE ) ; // バックカリングを有効にする SetUseBackCulling( TRUE ) ; // バックカリングありで3D空間上に球を描画する DrawSphere3D( VGet( 140.0f, 200.0f, 0.0f ), 80.0f, 8, GetColor( 255,0,0 ), GetColor( 255, 255, 255 ), TRUE ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetTextureAddressModeUV( int ModeU, int ModeV ) ;

概略テクスチャアドレスモードを設定する

引数 int ModeU : U値のテクスチャアドレスモード
int ModeV : V値のテクスチャアドレスモード
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  DrawPolygon3D, DrawPolygonIndexed3D でポリゴンを描画する際に使用されるテクスチャアドレスモードを設定します。

 アドレスモードとは画像サイズ以上のテクスチャ座標が指定された場合にどう表示するかというもので、以下の3種類があります。


DX_TEXADDRESS_WRAP

 画像サイズ以上のテクスチャ座標の部分は素直に繰り返します。


DX_TEXADDRESS_MIRROR

 画像サイズ以上のテクスチャ座標の部分は鏡に映されたように反転する表示と、もとの反転していない表示とを繰り返します。
 例えば4倍のテクスチャ座標が指定された場合 通常の見た目・反転した見た目・通常の見た目・反転した見た目 という風になります。


DX_TEXADDRESS_CLAMP

 他のモードと違って画像が繰り返されず、画像サイズ以上のテクスチャ座標の部分は画像の端のピクセルが引き伸ばされたような見た目になります。


 アドレスモードはU方向とV方向で別々に指定することができます。
 初期状態ではU,V共に DX_TEXADDRESS_CLAMP です。

サンプル

  テクスチャのアドレスモードをU方向を DX_TEXADDRESS_WRAP に、V方向を DX_TEXADDRESS_MIRROR にした上で
 テクスチャサイズの3倍のテクスチャ座標を使ってポリゴンを描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VERTEX3D Vertex[ 6 ] ; int GrHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // ポリゴンに貼り付ける画像の読みこみ GrHandle = LoadGraph( "Kao.bmp" ) ; // テクスチャのアドレスモードをU方向を DX_TEXADDRESS_WRAP に // V方向を DX_TEXADDRESS_MIRROR に設定 SetTextureAddressModeUV( DX_TEXADDRESS_WRAP, DX_TEXADDRESS_MIRROR ) ; // 2ポリゴン分の頂点のデータをセット Vertex[ 0 ].pos = VGet( 100.0f, 400.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 0 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 0 ].dif = GetColorU8( 255,255,255,255 ) ; Vertex[ 0 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 0 ].u = 0.0f ; Vertex[ 0 ].v = 0.0f ; Vertex[ 0 ].su = 0.0f ; Vertex[ 0 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 1 ].pos = VGet( 500.0f, 400.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 1 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 1 ].dif = GetColorU8( 255,255,255,255 ) ; Vertex[ 1 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 1 ].u = 3.0f ; Vertex[ 1 ].v = 0.0f ; Vertex[ 1 ].su = 0.0f ; Vertex[ 1 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 2 ].pos = VGet( 100.0f, 100.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 2 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 2 ].dif = GetColorU8( 255,255,255,255 ) ; Vertex[ 2 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 2 ].u = 0.0f ; Vertex[ 2 ].v = 3.0f ; Vertex[ 2 ].su = 0.0f ; Vertex[ 2 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 3 ].pos = VGet( 500.0f, 100.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 3 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 3 ].dif = GetColorU8( 255,255,255,255 ) ; Vertex[ 3 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 3 ].u = 3.0f ; Vertex[ 3 ].v = 3.0f ; Vertex[ 3 ].su = 0.0f ; Vertex[ 3 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 4 ].pos = VGet( 100.0f, 100.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 4 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 4 ].dif = GetColorU8( 255,255,255,255 ) ; Vertex[ 4 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 4 ].u = 0.0f ; Vertex[ 4 ].v = 3.0f ; Vertex[ 4 ].su = 0.0f ; Vertex[ 4 ].sv = 0.0f ; Vertex[ 5 ].pos = VGet( 500.0f, 400.0f, 0.0f ) ; Vertex[ 5 ].norm = VGet( 0.0f, 0.0f, -1.0f ) ; Vertex[ 5 ].dif = GetColorU8( 255,255,255,255 ) ; Vertex[ 5 ].spc = GetColorU8( 0, 0, 0, 0 ) ; Vertex[ 5 ].u = 3.0f ; Vertex[ 5 ].v = 0.0f ; Vertex[ 5 ].su = 0.0f ; Vertex[ 5 ].sv = 0.0f ; // 2ポリゴンの描画 DrawPolygon3D( Vertex, 2, GrHandle, FALSE ) ; // 読み込んだ画像のグラフィックハンドルを削除 DeleteGraph( GrHandle ) ; // キー入力待ちをする WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetFogEnable( int Flag ) ;

概略フォグを有効にするかどうかを設定する

引数 int Flag : フォグを使用するかどうかのフラグ
      ( TRUE:使用する FALSE:使用しない( 初期設定 ) )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  フォグ機能を使用するかどうかを設定します。
 フォグ機能とは言葉通り立体空間で霧を表現する手段の一つです。
 具体的には、カメラ( 画面 )から一定距離離れた物体に霧が掛かったように任意の色を合成することができます。

 これを使用することで空気が淀んでいる日に遠くのものを見ようとすると白く霧が掛かったようになってよく見えない、 というような空気遠近法も再現することができます。
 因みにこの機能はカメラ( 画面 )から一定距離以上離れたものを描画しなくても済むようにする目的で使用することもできます。 ( フォグ終了距離以降の部分はフォグ色のみとなるため )

 デフォルトではフォグの機能はOFFになっていますので、 フォグの機能を使用する場合はこの関数でフォグを有効にする必要があります、 また、フォグの色やフォグの開始距離・終了距離の設定はそれぞれ SetFogColor 関数、SetFogStartEnd 関数を使用します。

サンプル

  フォグ機能を有効にした状態でモデルを画面から徐々に離しながら4体描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, i ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // フォグを有効にする SetFogEnable( TRUE ) ; // フォグの色を黄色にする SetFogColor( 255, 255, 0 ) ; // フォグの開始距離を0、終了距離を1500にする SetFogStartEnd( 0.0f, 1500.0f ) ; // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面を黄色で塗りつぶす DrawBox( 0, 0, 640, 480, GetColor( 255, 255, 0 ), TRUE ) ; // 3Dモデルを徐々に画面から離しながら4体描画する for( i = 0 ; i < 4 ; i ++ ) { // モデルの座標をセット MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 700.0f, -300.0f, 200.0f + i * 400.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetFogColor( int Red, int Green, int Blue ) ;

概略フォグの色を変更する

引数 int Red : 設定したいフォグの色の赤成分の輝度( 0 〜 255 )
int Green : 設定したいフォグの色の緑成分の輝度( 0 〜 255 )
int Blue : 設定したいフォグの色の青成分の輝度( 0 〜 255 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  フォグの色を設定します。
 暗い色も指定できますので、一定距離以降が暗闇、といった表現も可能です。

サンプル

  フォグ機能を有効にした状態でモデルを画面から徐々に離しながら4体描画します。
  フォグの色を黒にしているので徐々に暗闇に消えていくように見えます
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, i ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // フォグを有効にする SetFogEnable( TRUE ) ; // フォグの色を黒色にする SetFogColor( 0, 0, 0 ) ; // フォグの開始距離を0、終了距離を1500にする SetFogStartEnd( 0.0f, 1500.0f ) ; // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 3Dモデルを徐々に画面から離しながら4体描画する for( i = 0 ; i < 4 ; i ++ ) { // モデルの座標をセット MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 700.0f, -300.0f, 200.0f + i * 400.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetFogStartEnd( float start, float end ) ;

概略フォグが始まる距離と終了する距離を設定する

引数 float start : フォグの効果が開始する画面からの距離
float end : フォグの効果が終了する( フォグ色の濃さが100%になる )画面からの距離
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  フォグの効果が始まる画面からの距離と、 描画物がフォグの色のみになる画面からの距離を設定します。

 開始距離と終了距離の間に存在する描画物はフォグの色と描画物の色とがブレンドされる形になります。

サンプル

  フォグ機能を有効にした状態でフォグの開始距離を1000、終了距離を3500に変更した上で
 モデルを画面から徐々に離しながら8体描画します。
  SetFogEnable のサンプルプログラムと違い、フォグの色が掛かり始めるのが3体目からになっています。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, i ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // フォグを有効にする SetFogEnable( TRUE ) ; // フォグの色を黄色にする SetFogColor( 255, 255, 0 ) ; // フォグの開始距離を1000、終了距離を3500にする SetFogStartEnd( 1000.0f, 3500.0f ) ; // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面を黄色で塗りつぶす DrawBox( 0, 0, 640, 480, GetColor( 255, 255, 0 ), TRUE ) ; // 3Dモデルを画面から徐々に離しながら8体描画する for( i = 0 ; i < 8 ; i ++ ) { // モデルの座標をセット MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 700.0f, -300.0f, 200.0f + i * 400.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F GetColorF( float Red, float Green, float Blue, float Alpha ) ;

概略浮動小数点型のカラー値を取得する

引数 float Red : 取得したいカラー値の赤成分の輝度( 0.0f 〜 1.0f )
float Green : 取得したいカラー値の緑成分の輝度( 0.0f 〜 1.0f )
float Blue : 取得したいカラー値の青成分の輝度( 0.0f 〜 1.0f )
float Alpha : 取得したいカラー値のアルファ成分( 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  COLOR_F 構造体の値を簡単に作成するための関数です。

 例えば MV1SetDifColorScale 関数の第二引数は COLOR_F 構造体ですが、 この引数をこの関数を使用せずに渡そうとした場合は以下のようにローカル変数として COLOR_F 構造体を使用する必要があります。
// GetColorF 関数を使用しない場合 COLOR_F Color ; Color.r = 1.0f ; Color.g = 1.0f ; Color.b = 0.0f ; Color.a = 1.0f ; MV1SetDifColorScale( ModelHandle, Color ) ;
 関数に引数を渡そうとする度にローカル変数を使用するのはプログラムも煩雑になりますし面倒でもあります。
 そんなときにこの COLOR_F 構造体を戻り値に返す関数を使用すれば以下のように記述することができます。
// GetColorF 関数を使用する場合 MV1SetDifColorScale( ModelHandle, GetColorF( 1.0f, 1.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ;

サンプル

  GetColorF 関数を使用している関数 SetLightDifColor 等のサンプルを参照してください。



宣言COLOR_U8 GetColorU8( int Red, int Green, int Blue, int Alpha ) ;

概略符号なし整数8ビットのカラー値を取得する

引数 int Red : 取得したいカラー値の赤成分の輝度( 0 〜 255 )
int Green : 取得したいカラー値の緑成分の輝度( 0 〜 255 )
int Blue : 取得したいカラー値の青成分の輝度( 0 〜 255 )
int Alpha : 取得したいカラー値のアルファ成分( 0 〜 255 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  COLOR_U8 構造体の値を簡単に作成するための関数です。

 今のところ VERTEX3D 構造体のメンバ変数で COLOR_U8 構造体である dif や spc に値を代入する際にのみ使用します。
 例えば VERTEX3D 構造体のメンバ変数 dif にこの関数を使用せずに値を代入しようとした場合以下のような記述になります。
// GetColorU8 関数を使用しない場合 VERTEX3D Vertex ; Vertex.dif.r = 255 ; Vertex.dif.g = 255 ; Vertex.dif.b = 0 ; Vertex.dif.a = 255 ;
 あまり大きな差ではありませんが、 COLOR_U8 構造体を戻り値として返す GetColorU8 関数を使用すると以下のように記述することができます。
// GetColorU8 関数を使用する場合 VERTEX3D Vertex ; Vertex.dif = GetColorU8( 255, 255, 0, 255 ) ;

サンプル

  GetColorU8 関数を使用している関数 DrawPolygon3D 等のサンプルを参照してください。



カメラ関数

宣言int SetCameraNearFar( float Near, float Far ) ;

概略カメラの 手前クリップ距離と 奥クリップ距離を設定する

引数 float Near : 手前( Near )クリップ距離( 0.0f より大きく Farより小さな値 )
float Far : 奥( Far )クリップ距離( Nearより大きな値 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D空間に何かを描画する際に、カメラからどれだけ離れたところ( Near )から、 どこまで( Far )のものを描画するかを設定します。

 この関数の設定値はかなり重要で、Zバッファの精度にも関わってきますので使用する3D空間の範囲に合わせて適切な値を設定する必要があります。
 例えば人間モデル1つの大きさが 200.0f くらいで大体画面奥方向に 10000.0f くらいまで移動して、 背景は画面奥方向に 15000.0f くらいまで存在して、かつカメラから 100.0f より近くに来たら見えないようにしたい場合は
SetCameraNearFar( 100.0f, 15000.0f ) ;
 とします。

 人間モデル一つの大きさがもっと小さく、1.0f くらいで、背景モデルも画面奥方向に 150.0f くらいまで描画できればよい場合は
SetCameraNearFar( 1.0f, 150.0f ) ;
 とします。

 因みに、Zバッファの仕様の関係で Far の設定値も重要ですが Near の設定値はより重要で、 例えば「なるべくカメラに近くても描画したい」という考えから
SetCameraNearFar( 0.00001f, 15000.0f ) ;
 としてしまったりすると大変です、環境によってはカメラから 100.0f 以上離れると描画されなくなったりします。
 なので、Near の値は不都合が無い範囲でなるべく大きな値を、Far の値は描画したい最奥のモノのより少し大きな値を設定するようにしてください。

<注意>なお、この関数の設定はSetDrawScreenSetGraphModeChangeWindowMode のいずれかを使用したときにリセットされます。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo を画面奥方向に座標をずらして8つ描画して、
 方向キーの上下で Far の値を、左右で Near の値を変更できるサンプルプログラムです。
  クリップ値を変更することで描画される範囲が変わるのが分かります。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, i ; float Near, Far ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // Near Far 値の初期化 Near = 100.0f ; Far = 2000.0f ; // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 上下のキー入力で Far を操作 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) == 1 ) { Far += 20.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) == 1 ) { Far -= 20.0f ; } // 左右のキーで Near を操作 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LEFT ) == 1 ) { Near -= 20.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_RIGHT ) == 1 ) { Near += 20.0f ; } // Near の値が 0.0f 以下になっていたら補正 if( Near <= 0.0f ) Near = 10.0f ; // Far の値が Near より小さくなっていたら補正 if( Far <= Near ) Far = Near + 10.0f ; // Near, Far クリップの距離を設定 SetCameraNearFar( Near, Far ) ; // モデルを距離を変えて8個描画 for( i = 0 ; i < 8 ; i ++ ) { // モデルの座標を設定 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 180.0f, 100.0f + i * 400.0f ) ) ; // モデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; } // 画面左上に Near の値と Far の値を描画 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Near %f Far %f", Near, Far ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetCameraPositionAndTarget_UpVecY( VECTOR Position, VECTOR Target ) ;

概略カメラの視点、注視点を設定する( 上方向はY軸から算出 )

引数 VECTOR Position : カメラの位置
VECTOR Target : カメラの注視点( 見ている座標 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3Dソフトと言えば視点がグリグリ変わります、 この関数はその視点の位置と見ているものを指定する関数です。

 カメラの姿勢は、視点、注視点と、あとカメラの上方向があれば決まりますが、 この関数はカメラの上方向をY軸のプラス方向を基本的なカメラの上方向として姿勢を算出します。

 因みに、DXライブラリでは初期状態では視点の位置が x = 320.0f, y = 240.0f, z = ( 画面のサイズによって変化 )、 注視点の位置は x = 320.0f, y = 240.0f, z = 1.0f、カメラの上方向は x = 0.0f, y = 1.0f, z = 0.0f、 つまり画面のXY平面上の中心に居てZ軸のプラス方向を見るようなカメラになっています。

 引数 Position と引数 Target は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に座標値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo を原点に描画した状態で、カメラの位置を方向キーで
 操作できるようにしたサンプルプログラムです。
カメラは常に原点を注視点としていますのでモデルは常に画面中心に表示されますが、
 キー入力によって見える角度が変わります。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; VECTOR CameraPos ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // カメラの座標を初期化 CameraPos.x = 0.0f ; CameraPos.y = 0.0f ; CameraPos.z = -800.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 方向キーでカメラの座標を移動 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) == 1 ) { CameraPos.y += 20.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) == 1 ) { CameraPos.y -= 20.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LEFT ) == 1 ) { CameraPos.x -= 20.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_RIGHT ) == 1 ) { CameraPos.x += 20.0f ; } // カメラの位置と注視点をセット、注視点は原点 SetCameraPositionAndTarget_UpVecY( CameraPos, VGet( 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // モデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetCameraPositionAndTargetAndUpVec( VECTOR Position, VECTOR Target, VECTOR Up ) ;

概略カメラの視点、注視点、上方向を設定する

引数 VECTOR Position : カメラの位置
VECTOR Target : カメラの注視点( 見ている座標 )
VECTOR Up : カメラの上方向
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3Dソフトと言えば視点がグリグリ変わります、 この関数はその視点の位置と注視点とカメラの上方向を指定する関数です。 ( カメラの姿勢は、視点、注視点と、カメラの上方向があれば決まります )

 因みに、DXライブラリでは初期状態では視点の位置が x = 320.0f, y = 240.0f, z = ( 画面のサイズによって変化 )、注視点の位置は x = 320.0f, y = 240.0f, z = 1.0f、カメラの上方向は x = 0.0f, y = 1.0f, z = 0.0f、 つまり画面のXY平面上の中心に居てZ軸のプラス方向を見るようなカメラになっています。

 引数 Position と引数 Target は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に座標値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo を原点に配置して、左右キーでそのモデルを見ている
 カメラの上の方向を回転できるようにしたサンプルプログラムです。

Windows用
#include "DxLib.h" #include <math.h> int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; float Roll ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // カメラの視線の回転値を初期化 Roll = 0.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 左右キーでカメラの回転値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LEFT ) == 1 ) { Roll -= DX_PI_F / 60.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_RIGHT ) == 1 ) { Roll += DX_PI_F / 60.0f ; } // カメラの位置と注視点をセット // 視点はZ軸のマイナス800の位置 // 注視点は原点 // 上方向は Roll の値から算出 SetCameraPositionAndTargetAndUpVec( VGet( 0.0f, 0.0f, -800.0f ), VGet( 0.0f, 0.0f, 0.0f ), VGet( sin( Roll ), cos( Roll ), 0.0f ) ) ; // モデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetCameraPositionAndAngle( VECTOR Position, float VRotate, float HRotate, float TRotate ) ;

概略カメラの視点、垂直回転角度、水平回転角度、捻り回転角度を設定する

引数 VECTOR Position : カメラの位置
float VRotate : 垂直回転角度( 単位:ラジアン )
float HRotate : 水平回転角度( 単位:ラジアン )
float TRotate : 捻り回転角度( 単位:ラジアン )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3Dソフトと言えば視点がグリグリ変わります、 この関数は視点の位置と垂直回転角度、水平回転角度、捻り回転角度でカメラの位置を向きを設定する関数です。

 例えばカメラが見ている方向を上下( 垂直 )方向に変えたい場合は VRotate の値を変化させて、 左右( 水平 )方向に変えたい場合は HRotate の値を変化させて、 見ている方向に捻りを加えたい場合は TRotate の値を変化させて、といった感じです。

 引数 Position は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に座標値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

サンプル

カメラの向きを上下左右キーで変えられるようにしたサンプルです。
  回転していることを確認できるようにモデルファイル SimpleModel.mqo をカメラを囲むように
 4個描画しています。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; float VRotate, HRotate, TRotate ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // カメラの回転値を初期化 VRotate = 0.0f ; HRotate = 0.0f ; TRotate = 0.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 左シフトキーを押しているかどうかで処理を分岐 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LSHIFT ) == 1 ) { // 左右キーでカメラの捻り方向回転値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LEFT ) == 1 ) { TRotate -= DX_PI_F / 60.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_RIGHT ) == 1 ) { TRotate += DX_PI_F / 60.0f ; } } else { // 左右キーでカメラの水平方向回転値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LEFT ) == 1 ) { HRotate -= DX_PI_F / 60.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_RIGHT ) == 1 ) { HRotate += DX_PI_F / 60.0f ; } } // 上下キーでカメラの垂直方向回転値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) == 1 ) { VRotate += DX_PI_F / 60.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) == 1 ) { VRotate -= DX_PI_F / 60.0f ; } // カメラの位置と回転値をセット、カメラの位置は原点 SetCameraPositionAndAngle( VGet( 0.0f, 0.0f, 0.0f ), VRotate, HRotate, TRotate ) ; // モデルをカメラを囲むように4個描画 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 0.0f, 0.0f, 800.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 0.0f, 0.0f, -800.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 800.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( -800.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetCameraViewMatrix( MATRIX ViewMatrix ) ;

概略ビュー行列を直接設定する

引数 MATRIX ViewMatrix : ビュー行列
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  SetCameraPositionAndTarget_UpVecY などの関数を使用せずに直接ビュー行列を設定したいときに使用する関数です。

 SetCameraPositionAndTarget_UpVecY などの関数を使用する場合は使用しません。

サンプル

カメラの向きを左右キーで変えられるようにしたサンプルです。
  回転していることを確認できるようにモデルファイル SimpleModel.mqo をカメラを囲むように
 4個描画しています。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; float Rotate ; MATRIX Matrix ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // カメラの回転値を初期化 Rotate = 0.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 左右キーでカメラの回転値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LEFT ) == 1 ) { Rotate -= DX_PI_F / 60.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_RIGHT ) == 1 ) { Rotate += DX_PI_F / 60.0f ; } // 回転値を使用してY軸の回転行列を作成 Matrix = MGetRotY( Rotate ) ; // 回転行列をビュー行列としてセット SetCameraViewMatrix( Matrix ) ; // モデルをカメラを囲むように4個描画 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 0.0f, 0.0f, 800.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 0.0f, 0.0f, -800.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 800.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( -800.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetupCamera_Perspective( float Fov ) ;

概略遠近法カメラをセットアップする

引数 float Fov : 視野角( 単位:ラジアン )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  カメラを遠近法を使用したものにします。
 遠近法を使用したカメラはカメラから遠い物ほど小さく見えるので、 現実での立体空間の見え方に一番近い表示法です。( DXライブラリの初期設定は遠近法です )

 引数の Fov は視野角で値が大きければ大きいほど視野が広くなります、初期設定では 60度( ラジアンでは約 1.0472 )です。

 尚、この関数と SetupCamera_OrthoSetupCamera_ProjectionMatrix はそれぞれ排他関係にありますので注意してください。

サンプル

カメラの視野角を左右キーで変えられるようにしたサンプルです。
  視野角が変化していることを確認できるようにモデルファイル SimpleModel.mqo をカメラの前方に
 3個描画しています。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; float Fov ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 視野角を初期化 Fov = 60.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 左右キーで視野角の値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LEFT ) == 1 ) { Fov -= 2.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_RIGHT ) == 1 ) { Fov += 2.0f ; } // 視野角が 8.0f 以下になったら補正 if( Fov < 8.0f ) Fov = 8.0f ; // 視野角が 170.0f 以上になったら補正 if( Fov > 170.0f ) Fov = 170.0f ; // 遠近法のセットアップ( ラジアン値に変換しています ) SetupCamera_Perspective( Fov * DX_PI_F / 180.0f ) ; // カメラの前方にモデルを3個描画 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( -1400.0f + 320.0f, 240.0f, 0.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 0.0f + 320.0f, 240.0f, 0.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 1400.0f + 320.0f, 240.0f, 0.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetupCamera_Ortho( float Size ) ;

概略正射影カメラをセットアップする

引数 float Size : 画面垂直方向の表示範囲
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  カメラを正射影法を使用したものにします。
 正射影を使用したカメラはカメラから遠い物ものでも近いものでも同じ大きさに見えます、 現実での立体空間の見え方は遠くの物ほど小さく見えるので、 少し不思議な見え方になります。

 引数の Size は画面の下端から上端の間に表示される空間の範囲です、 値が大きければ大きいほど沢山の範囲が画面内に映ります。

 尚、この関数と SetupCamera_PerspectiveSetupCamera_ProjectionMatrix はそれぞれ排他関係にありますので注意してください。

サンプル

表示方式を正射影に変えてからカメラの前方に奥行き値の違うモデルを3つ描画します。
  正射影なので奥行き的に何処に位置していても同じ大きさで描画されます。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // カメラを正射影に変更 SetupCamera_Ortho( 2000.0f ) ; // カメラの前方に奥行き座標の違うモデルを3個描画 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( -700.0f + 320.0f, 240.0f, 0.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 0.0f + 320.0f, 240.0f, 500.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 700.0f + 320.0f, 240.0f, 1000.0f ) ) ; MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetupCamera_ProjectionMatrix( MATRIX ProjectionMatrix ) ;

概略射影行列を設定する

引数 MATRIX ProjectionMatrix : 射影行列
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  射影行列を直接設定する場合に使用します。
 SetupCamera_PerspectiveSetupCamera_Ortho を使用する場合は使いません。

サンプル

ありません



宣言int SetCameraDotAspect( float DotAspect ) ;

概略カメラのドットアスペクトを設定する

引数 float DotAspect : ドットアスペクト比( 横 / 縦 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D描画を使用した際に画面に描画される映像の縦横比を設定します。
 値は 横 / 縦 で指定して、値が 1.0f 以上なら見え方が横長に、 0.0f 以上 1.0f 以下なら縦長になります。

 特殊な演出をしたい場合以外は恐らく使用しない関数です。

サンプル

ドットアスペクト比の設定を縦2倍にしてからモデルを描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // ドット比を縦に2倍に変更 SetCameraDotAspect( 0.5f ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 0.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR ConvWorldPosToScreenPos( VECTOR WorldPos ) ;

概略ワールド座標をスクリーン座標に変換する

引数 VECTOR WorldPos : ワールド( 3D )座標
戻り値スクリーン座標

解説  引数 WorldPos で渡すワールド( 3D )座標をスクリーン座標に変換します。
 3D空間上に存在する物が画面上のどの座標に位置するのかを取得したい場合に使用します。

 尚、指定のワールド座標とカメラの視線方向との距離が SetCameraNearFar で設定した範囲から外れていた場合は戻り値のZが 0.0f以下又は1.0f以上になり、その際のX、Yはスクリーン座標とは無関係の値となります。( なので戻り値のZが 0.0f 以下若しくは 1.0f 以上の場合はX,Yの値は無効だと判断してください )

サンプル

DxChara.x の0番目のモーションを再生しながら、フレーム番号26の座標に2Dの四角形を描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, AttachIndex ; float TotalTime, PlayTime ; VECTOR ScreenPos ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの0番目のアニメーションをアタッチする AttachIndex = MV1AttachAnim( ModelHandle, 0, -1, FALSE ) ; // アタッチしたアニメーションの総再生時間を取得する TotalTime = MV1GetAttachAnimTotalTime( ModelHandle, AttachIndex ) ; // 再生時間の初期化 PlayTime = 0.0f ; // 何かキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 再生時間を進める PlayTime += 100.0f ; // 再生時間がアニメーションの総再生時間に達したら再生時間を0に戻す if( PlayTime >= TotalTime ) { PlayTime = 0.0f ; } // 再生時間をセットする MV1SetAttachAnimTime( ModelHandle, AttachIndex, PlayTime ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // ナンバー26のフレームの画面上での座標を取得する ScreenPos = ConvWorldPosToScreenPos( MV1GetFramePosition( ModelHandle, 26 ) ) ; // 取得したスクリーン座標に四角形を描画 DrawBox( ScreenPos.x - 2, ScreenPos.y - 2, ScreenPos.x + 2, ScreenPos.y + 2, GetColor( 255,0,0 ), TRUE ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR ConvScreenPosToWorldPos( VECTOR ScreenPos ) ;

概略スクリーン座標をワールド座標に変換する

引数 VECTOR ScreenPos : スクリーン座標
戻り値ワールド座標

解説  引数 ScreenPos で渡すスクリーン座標をワールド座標に変換します。
 マウスでクリックした座標に存在する3D空間上のオブジェクトを検出したりする処理に使用します。

 尚、スクリーン座標には奥行きの情報がありませんので、画面上からどれだけ奥まった3D空間上の座標を取得するのかのを ScreenPos のメンバ変数 z で指定します。 ただ、この z はワールド空間上での距離ではなく、指定できる値の範囲は 0.0f から 1.0f です。
 z が 0.0f の場合は SetCameraNearFar 関数で設定した Near と同じだけカメラ座標から離れた位置、1.0f の場合は Far と同じだけカメラ座標から離れた位置のワールド座標が返ってきます。

サンプル

  画面上に表示されているモデルファイル SimpleModel.mqo のポリゴンとマウスポインタの位置から
 画面奥へ伸びる線分とで当たり判定を行い、線分に接触したポリゴンを黄色で描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; VECTOR StartPos, EndPos ; MV1_COLL_RESULT_POLY HitPoly ; int Mx, My ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 3Dモデルを見える位置に移動する MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // モデル全体のコリジョン情報を構築 MV1SetupCollInfo( ModelHandle, -1, 8, 8, 8 ) ; // ウインドウが閉じられるか何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // マウスの座標を取得 GetMousePoint( &Mx, &My ) ; // マウスポインタがある画面上の座標に該当する3D空間上の Near 面の座標を取得 StartPos = ConvScreenPosToWorldPos( VGet( Mx, My, 0.0f ) ) ; // マウスポインタがある画面上の座標に該当する3D空間上の Far 面の座標を取得 EndPos = ConvScreenPosToWorldPos( VGet( Mx, My, 1.0f ) ) ; // モデルと線分との当たり判定 HitPoly = MV1CollCheck_Line( ModelHandle, -1, StartPos, EndPos ) ; // 当たったかどうかで処理を分岐 if( HitPoly.HitFlag == 1 ) { // 当たった場合は衝突の情報を描画する // 当たったポリゴンを黄色で描画する DrawTriangle3D( HitPoly.Position[ 0 ], HitPoly.Position[ 1 ], HitPoly.Position[ 2 ], GetColor( 255,255,0 ), TRUE ) ; // 交差した座標を描画 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Hit Pos %f %f %f", HitPoly.HitPosition.x, HitPoly.HitPosition.y, HitPoly.HitPosition.z ) ; // 当たったポリゴンが含まれるフレームの番号を描画 DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Frame %d", HitPoly.FrameIndex ) ; // 当たったポリゴンが使用しているマテリアルの番号を描画 DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "Material %d", HitPoly.MaterialIndex ) ; // 当たったポリゴンを形成する三頂点の座標を描画 DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "Position %f %f %f", HitPoly.Position[ 0 ].x, HitPoly.Position[ 0 ].y, HitPoly.Position[ 0 ].z ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), " %f %f %f", HitPoly.Position[ 1 ].x, HitPoly.Position[ 1 ].y, HitPoly.Position[ 1 ].z ) ; DrawFormatString( 0, 80, GetColor( 255,255,255 ), " %f %f %f", HitPoly.Position[ 2 ].x, HitPoly.Position[ 2 ].y, HitPoly.Position[ 2 ].z ) ; // 当たったポリゴンの法線を描画 DrawFormatString( 0, 96, GetColor( 255,255,255 ), "Normal %f %f %f", HitPoly.Normal.x, HitPoly.Normal.y, HitPoly.Normal.z ) ; } else { // 当たらなかった場合は衝突しなかった旨だけ描画する DrawString( 0, 0, "NO HIT", GetColor( 255,255,255 ) ) ; } // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetCameraScreenCenter( float x, float y ) ;

概略画面上でのカメラが見ている映像の中心座標を設定する

引数 float x : 3D空間の消失点となるスクリーンX座標
float y : 3D空間の消失点となるスクリーンY座標
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  画面上でのカメラが見ている映像の中心座標( 消失点 )を引数で渡されるスクリーン座標にする関数です。
 主な用途は1プレイヤー用と2プレイヤー用で画面を上下に分けたいときや、画面の一部を3D表現したい場合などです。 ( 消失点は初期状態では常に画面の中心なので、消失点を変更しないまま画面を上下や左右に分けようとすると大変です )

 尚、この関数の設定は SetDrawAreaChangeWindowModeSetDrawScreen の何れかを使用するとリセットされますので注意してください。

サンプル

カメラの消失点を画面右側に変更してから立方体を描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" #define X1 100.0f #define X2 540.0f #define Y1 100.0f #define Y2 380.0f #define Z1 0.0f #define Z2 1000.0f int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { unsigned int Color ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // カメラの注視点の画面上の位置を右寄りにする SetCameraScreenCenter( 480.0f, 240.0f ) ; // 直方体を描画する Color = GetColor( 255,255,255 ) ; DrawLine3D( VGet( X1, Y1, Z1 ), VGet( X2, Y1, Z1 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X2, Y1, Z1 ), VGet( X2, Y2, Z1 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X2, Y2, Z1 ), VGet( X1, Y2, Z1 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X1, Y2, Z1 ), VGet( X1, Y1, Z1 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X1, Y1, Z2 ), VGet( X2, Y1, Z2 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X2, Y1, Z2 ), VGet( X2, Y2, Z2 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X2, Y2, Z2 ), VGet( X1, Y2, Z2 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X1, Y2, Z2 ), VGet( X1, Y1, Z2 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X1, Y1, Z1 ), VGet( X1, Y1, Z2 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X2, Y1, Z1 ), VGet( X2, Y1, Z2 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X2, Y2, Z1 ), VGet( X2, Y2, Z2 ), Color ) ; DrawLine3D( VGet( X1, Y2, Z1 ), VGet( X1, Y2, Z2 ), Color ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int CheckCameraViewClip( VECTOR CheckPos ) ;

概略指定の座標がカメラの視界に入っていないかどうかを判定する

引数 VECTOR CheckPos : 視界に入っていないかどうかをチェックするワールド座標
戻り値 TRUE:視界に入っていない
 FALSE:視界に入っている

解説  指定のワールド座標が視界に入っていないかどうかをチェックする関数です。
 3Dの描画処理は処理負荷が高いので、この関数で視界に入っていない( 画面内に映っていない )場合は描画処理を行わない、などの処理をする際に使用します。
サンプル

3D空間内を左右に飛び回る点がカメラに入っているかどうかを画面左上に表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Position ; float XAdd ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 飛び回る点の座標を初期化 Position = VGet( 320, 240, 0.0f ) ; // 飛び回る点のX軸の移動速度をセット XAdd = 8.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面を初期化 ClearDrawScreen() ; // 点の座標を更新 Position.x += XAdd ; // もし画面内から大きく外れたら方向を反転する if( Position.x < -100.0f || Position.x > 740.0f ) { XAdd = -XAdd ; } // 画面内に座標が入っていないかどうかを描画する if( CheckCameraViewClip( Position ) == TRUE ) { DrawString( 0, 0, "Screen Out:Yes", GetColor( 255,255,255 ) ) ; } else { DrawString( 0, 0, "Screen Out:No", GetColor( 255,255,255 ) ) ; } // 点を描画する DrawPixel3D( Position, GetColor( 255,255,255 ) ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int CheckCameraViewClip_Box( VECTOR BoxPos1, VECTOR BoxPos2 ) ;

概略二つの座標で表されるボックスがカメラの視界に入っていないかどうかを判定する

引数 VECTOR BoxPos1 : ボックスを表すワールド座標1
VECTOR BoxPos2 : ボックスを表すワールド座標2
戻り値 TRUE:視界に入っていない
 FALSE:視界に入っている

解説  二つの座標で表されるボックスが視界に入っていないかどうかをチェックする関数です。
 3Dの描画処理は処理負荷が高いので、この関数で視界に入っていない( 画面内に映っていない )場合は描画処理を行わない、などの処理をする際に使用します。
サンプル

3D空間内を左右に飛び回るボックスがカメラに入っているかどうかを画面左上に表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Position ; VECTOR BoxPos1, BoxPos2 ; float XAdd ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // Zバッファを使用する SetUseZBuffer3D( TRUE ) ; // Zバッファへの書き込みを行う SetWriteZBuffer3D( TRUE ) ; // 飛び回るボックスの座標を初期化 Position = VGet( 320, 240, 0.0f ) ; // 飛び回るボックスのX軸の移動速度をセット XAdd = 8.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面を初期化 ClearDrawScreen() ; // ボックスの座標を更新 Position.x += XAdd ; // もし画面内から大きく外れたら方向を反転する if( Position.x < -200.0f || Position.x > 840.0f ) { XAdd = -XAdd ; } // ボックスを現す2点の座標を準備 BoxPos1 = VSub( Position, VGet( 10.0f, 10.0f, 10.0f ) ) ; BoxPos2 = VAdd( Position, VGet( 10.0f, 10.0f, 10.0f ) ) ; // 画面内にボックスが入っていないかどうかを描画する if( CheckCameraViewClip_Box( BoxPos1, BoxPos2 ) == TRUE ) { DrawString( 0, 0, "Screen Out:Yes", GetColor( 255,255,255 ) ) ; } else { DrawString( 0, 0, "Screen Out:No", GetColor( 255,255,255 ) ) ; } // ボックスを描画する DrawCube3D( BoxPos1, BoxPos2, GetColor( 255,255,255 ), GetColor( 0,0,0 ), TRUE ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX GetCameraViewMatrix( void ) ;

概略カメラのビュー行列を取得する

引数 なし
戻り値 ビュー行列
  

解説  カメラの設定で作られるビュー行列を取得します。

 3D描画の計算では座標はまず3D世界のどこに居るのかを示す「ワールド座標」からカメラからの相対位置である「ビュー座標」に変換して、 そこから座標のスケールが一定で画面の奥行き表現も考慮した「射影座標」に変換され、 さらに具体的にスクリーン上の左から何ピクセル、上から何ピクセルかを示した「スクリーン座標」に変換されてからやっと描画されます。

 この各座標間の変換には主に行列が使用されます。
 この関数はカメラが担当する「ワールド座標」から「ビュー座標」に変換するための行列「ビュー行列」を取得するための関数です。
 頂点シェーダーを使用して自前で「ワールド座標」から「射影座標」まで変換する際に必要になるので、そのときに使用します。

サンプル

  ありません



宣言MATRIX GetCameraProjectionMatrix( void ) ;

概略カメラの射影行列を取得する

引数 なし
戻り値 射影行列
  

解説  カメラの設定で作られる射影行列を取得します。

 3D描画の計算では座標はまず3D世界のどこに居るのかを示す「ワールド座標」からカメラからの相対位置である「ビュー座標」に変換して、 そこから座標のスケールが一定で画面の奥行き表現も考慮した「射影座標」に変換され、 さらに具体的にスクリーン上の左から何ピクセル、上から何ピクセルかを示した「スクリーン座標」に変換されてからやっと描画されます。

 この各座標間の変換には主に行列が使用されます。
 この関数はカメラが担当する「ワールド座標」から「ビュー座標」に変換した次の変換で得られる「射影座標」にするための行列「射影行列」を取得するための関数です。
 頂点シェーダーを使用して自前で「ワールド座標」から「射影座標」まで変換する際に必要になるので、その際に使用します。

サンプル

ありません







ライト関数

宣言int SetUseLighting( int Flag ) ;

概略ライティング計算処理を使用するかどうかを設定する

引数 int Flag : ライティング計算処理を使用するかどうか( TRUE:使用する FALSE:使用しない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  3D描画をする際にライティング計算を行うかどうかを設定します。( 初期状態では計算します )
 計算処理をしない設定にした場合はモデルは頂点カラーとテクスチャカラーを掛け合わせるだけの色計算を行うようになり、 あらゆるライトの設定もマテリアルの設定も無視されます。

 計算負荷は軽くなりますので、 背景等事前にライトの計算を行って頂点カラーに落とし込んだモデルなどを描画する際などにライティング計算をOFFにします。

サンプル

DxChara.x をライティング計算をOFFにして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // ライティングの計算をしないように設定を変更 SetUseLighting( FALSE ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetGlobalAmbientLight( COLOR_F Color ) ;

概略グローバルアンビエントライトカラーを設定する

引数 COLOR_F Color : グローバルアンビエントライトカラー( 各色 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  すべてのモデルに適用されるアンビエントカラー( 環境光色 )を設定します。
 各ライトの設定にもアンビエントカラーはありますが、 この値はその値に加算されます。( 初期値は真っ黒( Color のメンバ変数 r g b がすべて 0.0f )です )

 引数の COLOR_F は float r, g, b, a を持つ構造体です。
これの実体を定義してメンバ変数に値を代入して引数に渡す、と言うことをすると非常に面倒なので、 引数に r, g, b, a の値を渡すと COLOR_F 構造体を戻り値として返す関数 GetColorF を使用すると便利です。 ( 因みにライト関係の関数では a の値は使われません )

 値を大きくすればするほど、マテリアルに設定されたアンビエントカラーの影響が大きくなります。
 逆に、この値を何にしてもマテリアルのアンビエントカラーが真っ黒だとなにも見た目は変わりません。

サンプル

グローバルアンビエントカラーを赤にしてモデルを描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // グローバルアンビエントカラーを赤色に変更 SetGlobalAmbientLight( GetColorF( 1.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 0.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




標準ライト関数

宣言int ChangeLightTypeDir( VECTOR Direction ) ;

概略標準ライトのタイプをディレクショナルライトにする

引数 VECTOR Direction : ライトの方向
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトのタイプを引数 Direction で示される方向の光を放つディレクショナルライトにします。( Direction は正規化されている必要はありません )

 ディレクショナルライトとは位置を持たず方向だけを設定するライトで、 太陽の光などの光源が遠すぎて何処に居ても同じ方向から照らされるライト効果などに使用します。
 因みにDXライブラリの初期設定では標準ライトはディレクショナルライトとなっています。

 計算負荷も最も軽いので、一番よく使うライトタイプです。

 尚、引数 Direction は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の向き指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数にベクトル値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

サンプル

  標準ライトの方向をX軸のマイナス方向にしてモデルを描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // X軸のマイナス方向のディレクショナルライトに変更 ChangeLightTypeDir( VGet( -1.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 0.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int ChangeLightTypePoint( VECTOR Position, float Range, float Atten0, float Atten1, float Atten2 ) ;

概略標準ライトのタイプをポイントライトにする

引数 VECTOR Position : ライトの位置
float Range : ライトの有効距離
float Atten0 : 距離減衰パラメータ0
float Atten1 : 距離減衰パラメータ1
float Atten2 : 距離減衰パラメータ2
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトのタイプを位置と距離減衰パラメータを持つポイントライトにします。
 ディレクショナルライトの次に使用頻度の高い、 指定した位置から全方向に光を放つライトです。

 引数の説明をします。

VECTER Position
 ポイントライトの位置です。

float Range
 ポイントライトの影響最大距離です。
 この引数で指定する距離以上の座標にある頂点は、 例え距離減衰計算の結果が0ではなくてもライトの影響は無くなります。

float Atten0
float Atten1
float Atten2
 ライトの影響力の距離減衰パラメータです( Atten は Attenuation の略です )。
 ディレクショナルライト以外のライトはライトの位置から離れれば離れるほどライトの影響が弱くなるようになっています。
 その計算式は以下のようなものです。
d = ライトから頂点への距離 ライトの影響力(%) = 100.0f / ( Atten0 + Atten1 * d + Atten2 * d * d )
 つまり、Atten0 はライトと頂点の距離に関係なく減衰する率を指定する引数、 Atten1 はライトの距離に比例して減衰する率、 Atten2 はライトの距離の二乗に比例して減衰する率となります。
 率を除算する値ですので、 非常に小さな値でも物凄くライトの影響範囲が狭まります。 なので引数に渡す値はこの式を理解してから決定してください。

 尚、引数 Position は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

サンプル

  標準ライトをポイントライトにして、D〜H、C〜Nまでのキーを使用して
 各パラメータを変更できるようにしたサンプルです。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; float Range, Atten0, Atten1, Atten2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 各パラメータを初期化 Range = 2000.0f ; Atten0 = 0.0f ; Atten1 = 0.0006f ; Atten2 = 0.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // DCキーでライトの影響範囲を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_D ) == 1 ) { Range += 20.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_C ) == 1 ) { Range -= 20.0f ; } // FVキーでライトの距離減衰パラメータ0の値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_F ) == 1 ) { Atten0 += 0.001f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_V ) == 1 ) { Atten0 -= 0.001f ; } // GBキーでライトの距離減衰パラメータ1の値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_G ) == 1 ) { Atten1 += 0.00001f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_B ) == 1 ) { Atten1 -= 0.00001f ; } // HNキーでライトの距離減衰パラメータ2の値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_H ) == 1 ) { Atten2 += 0.0000001f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_N ) == 1 ) { Atten2 -= 0.0000001f ; } // 影響距離の値を補正 if( Range < 0.0f ) Range = 0.0f ; // 距離減衰パラメータの値を補正 if( Atten0 < 0.0f ) Atten0 = 0.0f ; if( Atten1 < 0.0f ) Atten1 = 0.0f ; if( Atten2 < 0.0f ) Atten2 = 0.0f ; // モデルの上空にポイントライトを設定 ChangeLightTypePoint( VGet( 320.0f, 1000.0f, 200.0f ), Range, Atten0, Atten1, Atten2 ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 200.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // パラメータの内容を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Key:D.C Range %f", Range ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Key:F.V Atten0 %f", Atten0 ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "Key:G.B Atten1 %f", Atten1 ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "Key:H.N Atten2 %f / 100.0f", Atten2 * 100.0f ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映する ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int ChangeLightTypeSpot( VECTOR Position, VECTOR Direction, float OutAngle, float InAngle, float Range, float Atten0, float Atten1, float Atten2 ) ;

概略標準ライトのタイプをスポットライトにする

引数 VECTOR Position : ライトの位置
VECTOR Direction : ライトの向き
float OutAngle : スポットライトコーンの外側の角度( 単位:ラジアン )
float InAngle : スポットライトコーンの内側の角度( 単位:ラジアン )
float Range : ライトの有効距離
float Atten0 : 距離減衰パラメータ0
float Atten1 : 距離減衰パラメータ1
float Atten2 : 距離減衰パラメータ2
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトのタイプを位置、方向、角度範囲、距離減衰パラメータを持つスポットライトにします。
 一番計算負荷が高く、 また頂点単位のライティングではポリゴンを細かく分割しておかないと思ったような結果が出ないなど扱いが難しいタイプのライトです。

 引数の説明をします。

VECTER Position
 スポットライトの位置です。

VECTOR Direction
 スポットライトの向きです

float OutAngle
 スポットライトの影響角度です。
 スポットライトの向きに対してこの引数で指定する角度以上の頂点にはライトの影響はありません。
 有効な値は 0.0f 〜 DX_PI_F までです。

float InAngle
 スポットライトの影響が減衰を始める角度です。
 スポットライトが OutAngle の角度まで100%の影響を与えて、 そこから急に影響が無い状態になりますと不自然に見えるかもしれません。
 そんなときはこの引数でスポットライトの影響が弱まり始める角度を指定します。
 スポットライトの向きに対してこの引数で指定する角度以上で且つ OutAngle 以下の場合はライトの影響が100%ではなくなります。
 有効な値は 0.0f 〜 OutAngle までです。

float Range
 スポットライトの影響最大距離です。
 この引数で指定する距離以上の座標にある頂点は、 例え距離減衰計算の結果が0ではなくてもライトの影響は無くなります。

float Atten0
float Atten1
float Atten2
 ライトの影響力の距離減衰パラメータです( Atten は Attenuation の略です )。
 ディレクショナルライト以外のライトはライトの位置から離れれば離れるほどライトの影響が弱くなるようになっています。
 その計算式は以下のようなものです。
d = ライトから頂点への距離 ライトの影響力(%) = 100.0f / ( Atten0 + Atten1 * d + Atten2 * d * d )
 つまり、Atten0 はライトと頂点の距離に関係なく減衰する率を指定する引数、 Atten1 はライトの距離に比例して減衰する率、 Atten2 はライトの距離の二乗に比例して減衰する率となります。
 率を除算する値ですので、 非常に小さな値でも物凄くライトの影響範囲が狭まります。 なので引数に渡す値はこの式を理解してから決定してください。

 尚、引数 Position と Direction は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の座標や向きを指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

サンプル

  標準ライトをスポットライトにして、A〜H、Z〜Nまでのキーを使用して
 各パラメータを変更できるようにしたサンプルです。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; float OutAngle, InAngle, Range, Atten0, Atten1, Atten2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 各パラメータを初期化 OutAngle = 90.0f ; InAngle = 45.0f ; Range = 2000.0f ; Atten0 = 0.0f ; Atten1 = 0.0006f ; Atten2 = 0.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // AZキーで OutAngle の値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_A ) == 1 ) { OutAngle += 1.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_Z ) == 1 ) { OutAngle -= 1.0f ; } // SXキーで InAngle の値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_S ) == 1 ) { InAngle += 1.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_X ) == 1 ) { InAngle -= 1.0f ; } // DCキーでライトの影響範囲を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_D ) == 1 ) { Range += 20.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_C ) == 1 ) { Range -= 20.0f ; } // FVキーでライトの距離減衰パラメータ0の値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_F ) == 1 ) { Atten0 += 0.001f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_V ) == 1 ) { Atten0 -= 0.001f ; } // GBキーでライトの距離減衰パラメータ1の値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_G ) == 1 ) { Atten1 += 0.00001f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_B ) == 1 ) { Atten1 -= 0.00001f ; } // HNキーでライトの距離減衰パラメータ2の値を変更 if( CheckHitKey( KEY_INPUT_H ) == 1 ) { Atten2 += 0.0000001f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_N ) == 1 ) { Atten2 -= 0.0000001f ; } // 角度の値を補正 if( OutAngle < 0.0f ) OutAngle = 0.0f ; if( OutAngle > 180.0f ) OutAngle = 180.0f ; if( InAngle < 0.0f ) InAngle = 0.0f ; if( InAngle > OutAngle ) InAngle = OutAngle ; // 影響距離の値を補正 if( Range < 0.0f ) Range = 0.0f ; // 距離減衰パラメータの値を補正 if( Atten0 < 0.0f ) Atten0 = 0.0f ; if( Atten1 < 0.0f ) Atten1 = 0.0f ; if( Atten2 < 0.0f ) Atten2 = 0.0f ; // Y軸のマイナス方向のスポットライトを設定 ChangeLightTypeSpot( VGet( 320.0f, 1000.0f, 200.0f ), VGet( 0.0f, -1.0f, 0.0f ), OutAngle * DX_PI_F / 180.0f, InAngle * DX_PI_F / 180.0f, Range, Atten0, Atten1, Atten2 ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 200.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // パラメータの内容を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Key:A.Z OutAngle( 度 ) %f", OutAngle ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Key:S.X InAngle( 度 ) %f", InAngle ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "Key:D.C Range %f", Range ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "Key:F.V Atten0 %f", Atten0 ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "Key:G.B Atten1 %f", Atten1 ) ; DrawFormatString( 0, 80, GetColor( 255,255,255 ), "Key:H.N Atten2 %f / 100.0f", Atten2 * 100.0f ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映する ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightEnable( int EnableFlag ) ;

概略標準ライトの有効、無効をセットする

引数 int EnableFlag : 標準ライトを有効にするかどうか( TRUE:有効にする FALSE:無効にする )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトを有効にするかどうかを設定します。
 SetUseLighting と似ていますが、無効にした場合もライティング計算をしなくなるわけではなく、 ただ単に標準ライトだけが無効になるのでグローバルアンビエントライトやハンドルタイプのライトによるライティング計算が行われます。

サンプル

  SimpleModel.mqo を普通に描画した後、標準ライトを無効にした状態で画面右側に描画します。
 標準ライトのディレクショナルライトは当たらず、自己発光色の灰色のみになっているのが確認できます。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 0.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 標準ライトを無効にする SetLightEnable( FALSE ) ; // モデルの位置を変更 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 700.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightDifColor( COLOR_F Color ) ;

概略標準ライトのディフューズカラーを設定する

引数 COLOR_F Color : 標準ライトディフューズカラー
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトのディフューズカラーを設定します。
 この関数で設定した値は描画対象のマテリアルのディフューズカラーと掛け合わされます。

 引数の COLOR_F は float r, g, b, a を持つ構造体です。
これの実体を定義してメンバ変数に値を代入して引数に渡す、と言うことをすると非常に面倒なので、 引数に r, g, b, a の値を渡すと COLOR_F 構造体を戻り値として返す関数 GetColorF を使用すると便利です。 ( 因みにライト関係の関数では a の値は使われません )

サンプル

  標準ライトのディフューズカラーを青色にした状態で SimpleModel.mqo を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 標準ライトのディフューズカラーを青色にする SetLightDifColor( GetColorF( 0.0f, 0.0f, 1.0f, 0.0f ) ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 300.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightSpcColor( COLOR_F Color ) ;

概略標準ライトのスペキュラカラーを設定する

引数 COLOR_F Color : 標準ライトスペキュラカラー
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトのスペキュラカラーを設定します。
 この関数で設定した値は描画対象のマテリアルのスペキュラカラーと掛け合わされます。

 引数の COLOR_F は float r, g, b, a を持つ構造体です。
これの実体を定義してメンバ変数に値を代入して引数に渡す、と言うことをすると非常に面倒なので、 引数に r, g, b, a の値を渡すと COLOR_F 構造体を戻り値として返す関数 GetColorF を使用すると便利です。 ( 因みにライト関係の関数では a の値は使われません )

サンプル

  標準ライトのスペキュラカラーを黄色にした状態で SimpleModel.mqo を描画します。
 ( スペキュラカラーの変化が変わりやすいようにディフューズカラーの色を黒にしています )
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // スペキュラカラーの変化がわかりやすいように標準ライトのディフューズカラーを真っ黒にする SetLightDifColor( GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // 標準ライトのスペキュラカラーを黄色にする SetLightSpcColor( GetColorF( 1.0f, 1.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 300.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightAmbColor( COLOR_F Color ) ;

概略標準ライトのアンビエントカラーを設定する

引数 COLOR_F Color : 標準ライトアンビエントカラー
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトのアンビエントカラーを設定します。
 この関数で設定した値は描画対象のマテリアルのアンビエントカラーと掛け合わされます。

 引数の COLOR_F は float r, g, b, a を持つ構造体です。
これの実体を定義してメンバ変数に値を代入して引数に渡す、と言うことをすると非常に面倒なので、 引数に r, g, b, a の値を渡すと COLOR_F 構造体を戻り値として返す関数 GetColorF を使用すると便利です。 ( 因みにライト関係の関数では a の値は使われません )

サンプル

  標準ライトのアンビエントカラーを暗い緑色にした状態で SimpleModel.mqo を描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 標準ライトのアンビエントカラーを暗い緑色にする SetLightAmbColor( GetColorF( 0.0f, 0.2f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 300.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightDirection( VECTOR Direction ) ;

概略標準ライトの方向を設定する

引数 VECTOR Direction : 標準ライトの方向
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトの向きを設定します。
 ChangeLightTypeDirChangeLightTypeSpot の引数 Direction の値だけを変更する関数です。
 ポイントライトにはライトの向きはないので、 ポイントライトに対してこの関数を使用しても何もおきません。

 尚、引数 Direction は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の向きを指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

サンプル

  標準ライトの向きをX軸のプラス方向にした状態で SimpleModel.mqo を描画します。
 ( 標準ライトの初期タイプはディレクショナルライトです )
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 標準ライトの方向をX軸のプラス方向にする SetLightDirection( VGet( 1.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 300.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightPosition( VECTOR Position ) ;

概略標準ライトの位置を設定する

引数 VECTOR Position : 標準ライトの位置
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトの位置を設定します。
 ChangeLightTypePointChangeLightTypeSpot の引数 Position の値だけを変更する関数です。
 ディレクショナルライトにはライトの位置はないので、 ディレクショナルライトに対してこの関数を使用しても何もおきません。

 尚、引数 Position は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の位置を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

サンプル

  標準ライトをポイントライトに変更した後、ライトの位置をモデルの上側に移動した状態で
 モデルを描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 300.0f ) ) ; // 標準ライトをポイントライトにする ChangeLightTypePoint( VGet( 0.0f, 0.0f, 0.0f ), 2000.0f, 0.0f, 0.002f, 0.0f ) ; // 標準ライトの位置をモデルの上に移動する SetLightPosition( VGet( 320.0f, 1000.0f, 0.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightRangeAtten( float Range, float Atten0, float Atten1, float Atten2 ) ;

概略標準ライトの有効距離と距離減衰パラメータを設定する

引数 float Range : ライトの有効距離
float Atten0 : 距離減衰パラメータ0
float Atten1 : 距離減衰パラメータ1
float Atten2 : 距離減衰パラメータ2
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトの距離減衰パラメータを設定します。
 ChangeLightTypePointChangeLightTypeSpot の同名の引数の値を変更するだけの関数です。
 各パラメータの解説については ChangeLightTypePoint と ChangeLightTypeSpot 関数の解説を参照してください。
 ディレクショナルライトには距離減衰はないので、 ディレクショナルライトに対してこの関数を使用しても何もおきません。

サンプル

ありません



宣言int SetLightAngle( float OutAngle, float InAngle ) ;

概略標準ライトの照射角度パラメータを設定する

引数 float OutAngle : スポットライトコーンの外側の角度( 単位:ラジアン )
float InAngle : スポットライトコーンの内側の角度( 単位:ラジアン )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトの照射角度パラメータを設定します。
 ChangeLightTypeSpot の同名の引数の値を変更するだけの関数です。
 各パラメータの解説については ChangeLightTypeSpot 関数の解説を参照してください。

サンプル

ありません



宣言int GetLightType( void ) ;

概略標準ライトのタイプを取得する

引数 なし
戻り値−1以外:標準ライトのタイプ
 −1:エラー発生

解説  標準ライトのタイプを取得します。
 戻り値は以下のいずれかです。

DX_LIGHTTYPE_POINT
  ポイントライト

DX_LIGHTTYPE_SPOT
  スポットライト

DX_LIGHTTYPE_DIRECTIONAL
  ディレクショナルライト

サンプル

  標準ライトの情報を画面に描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { char *TypeName ; COLOR_F Color ; VECTOR Vector ; float Range, Atten0, Atten1, Atten2 ; float InAngle, OutAngle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 画面に標準ライトのタイプを描画 switch( GetLightType() ) { case DX_LIGHTTYPE_DIRECTIONAL : TypeName = "Directional" ; break ; case DX_LIGHTTYPE_POINT : TypeName = "Point" ; break ; case DX_LIGHTTYPE_SPOT : TypeName = "Spot" ; break ; } DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "LightType %s", TypeName ) ; // ライトが有効かどうかを描画 DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Enable %d", GetLightEnable() ) ; // ディフューズカラーを描画 Color = GetLightDifColor() ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "Diffuse Color %f %f %f", Color.r, Color.g, Color.b ) ; // スペキュラカラーを描画 Color = GetLightSpcColor() ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "Specular Color %f %f %f", Color.r, Color.g, Color.b ) ; // アンビエントカラーを描画 Color = GetLightAmbColor() ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "Ambient Color %f %f %f", Color.r, Color.g, Color.b ) ; // 向きを描画 Vector = GetLightDirection() ; DrawFormatString( 0, 80, GetColor( 255,255,255 ), "Direction %f %f %f", Vector.x, Vector.y, Vector.z ) ; // 位置を描画 Vector = GetLightPosition() ; DrawFormatString( 0, 96, GetColor( 255,255,255 ), "Position %f %f %f", Vector.x, Vector.y, Vector.z ) ; // 有効距離と距離減衰パラメータを描画する GetLightRangeAtten( &Range, &Atten0, &Atten1, &Atten2 ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "Range %f", Range ) ; DrawFormatString( 0, 128, GetColor( 255,255,255 ), "Attenuation0 %f", Atten0 ) ; DrawFormatString( 0, 144, GetColor( 255,255,255 ), "Attenuation1 %f", Atten1 ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "Attenuation2 %f", Atten2 ) ; // 照射角度パラメータを描画する GetLightAngle( &OutAngle, &InAngle ) ; DrawFormatString( 0, 176, GetColor( 255,255,255 ), "In Angle %f", InAngle ) ; DrawFormatString( 0, 192, GetColor( 255,255,255 ), "Out Angle %f", OutAngle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int GetLightEnable( void ) ;

概略標準ライトの有効、無効を取得する

引数 なし
戻り値TRUE:標準ライトは有効
 FALSE:標準ライトは無効

 −1:エラー発生

解説  標準ライトが有効かどうかを取得します。
   戻り値が TRUE の場合は有効で、FALSE の場合は無効です。

サンプル

 GetLightType関数 のサンプルを参照してください。



宣言COLOR_F GetLightDifColor( void ) ;

概略標準ライトのディフューズカラーを取得する

引数 なし
戻り値ディフューズカラー
解説  標準ライトのディフューズカラーを取得します。
   戻り値の COLOR_F は構造体で、中身は float r, g, b, a となっています。
 ライトのカラーでは a の値は使いません。

サンプル

 GetLightType関数 のサンプルを参照してください。



宣言COLOR_F GetLightSpcColor( void ) ;

概略標準ライトのスペキュラカラーを取得する

引数 なし
戻り値スペキュラカラー
解説  標準ライトのスペキュラカラーを取得します。
   戻り値の COLOR_F は構造体で、中身は float r, g, b, a となっています。
 ライトのカラーでは a の値は使いません。

サンプル

 GetLightType関数 のサンプルを参照してください。



宣言COLOR_F GetLightAmbColor( void ) ;

概略標準ライトのアンビエントカラーを取得する

引数 なし
戻り値アンビエントカラー
解説  標準ライトのアンビエントカラーを取得します。
   戻り値の COLOR_F は構造体で、中身は float r, g, b, a となっています。
 ライトのカラーでは a の値は使いません。

サンプル

 GetLightType関数 のサンプルを参照してください。



宣言VECTOR GetLightDirection( void ) ;

概略標準ライトの向きを取得する

引数 なし
戻り値標準ライトの向き
解説  標準ライトの向きを取得します。
   戻り値の VECTOR は構造体で、中身は float x, y, z となっています。

サンプル

 GetLightType関数 のサンプルを参照してください。



宣言VECTOR GetLightPosition( void ) ;

概略標準ライトの位置を取得する

引数 なし
戻り値標準ライトの位置
解説  標準ライトの位置を取得します。
   戻り値の VECTOR は構造体で、中身は float x, y, z となっています。

サンプル

 GetLightType関数 のサンプルを参照してください。



宣言int GetLightRangeAtten( float *Range, float *Atten0, float *Atten1, float *Atten2 ) ;

概略標準ライトの有効距離と距離減衰パラメータを取得する

引数 float *Range : 有効距離を代入する変数のアドレス
float *Atten0 : 距離減衰パラメータ0を代入する変数のアドレス
float *Atten1 : 距離減衰パラメータ1を代入する変数のアドレス
float *Atten2 : 距離減衰パラメータ2を代入する変数のアドレス
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトの有効距離と距離減衰パラメータを取得します。

サンプル

 GetLightType関数 のサンプルを参照してください。



宣言int GetLightAngle( float *OutAngle, float *InAngle ) ;

概略標準ライトの照射角度パラメータを取得する

引数 float *OutAngle : スポットライトコーンの外側の角度( 単位:ラジアン )を代入する変数のアドレス
float *InAngle : スポットライトコーンの内側の角度( 単位:ラジアン )を代入する変数のアドレス
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  標準ライトのスポットライトコーンの角度を取得します。

サンプル

 GetLightType関数 のサンプルを参照してください。



ライトハンドル関数

宣言int CreateDirLightHandle( VECTOR Direction ) ;

概略ディレクショナルタイプのライトハンドルを作成する

引数 VECTOR Direction : ライトの方向
戻り値0以上:ライトハンドル
 −1:エラー発生

解説  ディレクショナルタイプのライトハンドルを作成します。 ( ディレクショナルライトとは位置を持たず方向だけを設定するライトで、 太陽の光などの光源が遠すぎて何処に居ても同じ方向から照らされるライト効果などに使用します )

 この関数は戻り値にライトハンドル( int 型の数値 )を返してきます。
 ライトハンドルの設定を変更したり、 不要になったライトハンドルを削除したりする際に必要になりますので戻り値は必ず何かしらの変数に保存しておくようにしてください。

 引数 Direction は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の向き指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数にベクトル値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

 尚、ライトハンドル系の関数は一つしかない標準ライト以外にライトを使用したい場合に使用します。 ( とはいえ同時に有効にできるのは標準ライトを含めて3つまでですが・・・ )

サンプル

  X軸にマイナス方向のディレクショナルライトハンドルを作成して、
 効果がわかり易いように標準ライトを無効にした上でモデルを描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, LightHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 効果がわかり易いように標準ライトを無効化 SetLightEnable( FALSE ) ; // X軸にマイナス方向のディレクショナルタイプのライトの作成 LightHandle = CreateDirLightHandle( VGet( -1.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int CreatePointLightHandle( VECTOR Position, float Range, float Atten0, float Atten1, float Atten2 ) ;

概略ポイントタイプのライトハンドルを作成する

引数 VECTOR Position : ライトの位置
float Range : ライトの有効距離
float Atten0 : 距離減衰パラメータ0
float Atten1 : 距離減衰パラメータ1
float Atten2 : 距離減衰パラメータ2
戻り値0以上:ライトハンドル
 −1:エラー発生

解説  ポイントタイプのライトハンドルを作成します。 ( ポイントライトは指定した位置から全方向に光を放つライトです )

 この関数は戻り値にライトハンドル( int 型の数値 )を返してきます。
 ライトハンドルの設定を変更したり、 不要になったライトハンドルを削除したりする際に必要になりますので戻り値は必ず何かしらの変数に保存しておくようにしてください。

 引数の説明をします。

VECTER Position
 ポイントライトの位置です。

float Range
 ポイントライトの影響最大距離です。
 この引数で指定する距離以上の座標にある頂点は、 例え距離減衰計算の結果が0ではなくてもライトの影響は無くなります。

float Atten0
float Atten1
float Atten2
 ライトの影響力の距離減衰パラメータです( Atten は Attenuation の略です )。
 ディレクショナルライト以外のライトはライトの位置から離れれば離れるほどライトの影響が弱くなるようになっています。
 その計算式は以下のようなものです。
d = ライトから頂点への距離 ライトの影響力(%) = 100.0f / ( Atten0 + Atten1 * d + Atten2 * d * d )
 つまり、Atten0 はライトと頂点の距離に関係なく減衰する率を指定する引数、 Atten1 はライトの距離に比例して減衰する率、 Atten2 はライトの距離の二乗に比例して減衰する率となります。
 率を除算する値ですので、 非常に小さな値でも物凄くライトの影響範囲が狭まります。 なので引数に渡す値はこの式を理解してから決定してください。

 引数 Direction は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の向き指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数にベクトル値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

 尚、ライトハンドル系の関数は一つしかない標準ライト以外にライトを使用したい場合に使用します。 ( とはいえ同時に有効にできるのは標準ライトを含めて3つまでですが・・・ )

サンプル

  読み込んだモデルの上側にポイントライトを作成して、
 効果がわかり易いように標準ライトを無効にした上でモデルを描画します。

  ポイントライトの各パラメータを変化させるとどのような変化があるのかは
 ChangeLightTypePoint関数 のサンプルで確認できます。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, LightHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 効果がわかり易いように標準ライトを無効化 SetLightEnable( FALSE ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // モデルの上側にポイントタイプのライトを作成 LightHandle = CreatePointLightHandle( VGet( 320.0f, 1000.0f, 600.0f ), 2000.0f, 0.0f, 0.002f, 0.0f ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int CreateSpotLightHandle( VECTOR Position, VECTOR Direction, float OutAngle, float InAngle, float Range, float Atten0, float Atten1, float Atten2 ) ;

概略スポットタイプのライトハンドルを作成する

引数 VECTOR Position : ライトの位置
VECTOR Direction : ライトの向き
float OutAngle : スポットライトコーンの外側の角度( 単位:ラジアン )
float InAngle : スポットライトコーンの内側の角度( 単位:ラジアン )
float Range : ライトの有効距離
float Atten0 : 距離減衰パラメータ0
float Atten1 : 距離減衰パラメータ1
float Atten2 : 距離減衰パラメータ2
戻り値0以上:ライトハンドル
 −1:エラー発生

解説  スポットタイプのライトハンドルを作成します。 ( スポットライトは指定した位置から指定の方向に全方向に光を放つライトです )

 この関数は戻り値にライトハンドル( int 型の数値 )を返してきます。
 ライトハンドルの設定を変更したり、 不要になったライトハンドルを削除したりする際に必要になりますので戻り値は必ず何かしらの変数に保存しておくようにしてください。

 引数の説明をします。

VECTER Position
 スポットライトの位置です。

VECTOR Direction
 スポットライトの向きです

float OutAngle
 スポットライトの影響角度です。
 スポットライトの向きに対してこの引数で指定する角度以上の頂点にはライトの影響はありません。
 有効な値は 0.0f 〜 DX_PI_F までです。

float InAngle
 スポットライトの影響が減衰を始める角度です。
 スポットライトが OutAngle の角度まで100%の影響を与えて、 そこから急に影響が無い状態になりますと不自然に見えるかもしれません。
 そんなときはこの引数でスポットライトの影響が弱まり始める角度を指定します。
 スポットライトの向きに対してこの引数で指定する角度以上で且つ OutAngle 以下の場合はライトの影響が100%ではなくなります。
 有効な値は 0.0f 〜 OutAngle までです。

float Range
 スポットライトの影響最大距離です。
 この引数で指定する距離以上の座標にある頂点は、 例え距離減衰計算の結果が0ではなくてもライトの影響は無くなります。

float Atten0
float Atten1
float Atten2
 ライトの影響力の距離減衰パラメータです( Atten は Attenuation の略です )。
 ディレクショナルライト以外のライトはライトの位置から離れれば離れるほどライトの影響が弱くなるようになっています。
 その計算式は以下のようなものです。
d = ライトから頂点への距離 ライトの影響力(%) = 100.0f / ( Atten0 + Atten1 * d + Atten2 * d * d )
 つまり、Atten0 はライトと頂点の距離に関係なく減衰する率を指定する引数、 Atten1 はライトの距離に比例して減衰する率、 Atten2 はライトの距離の二乗に比例して減衰する率となります。
 率を除算する値ですので、 非常に小さな値でも物凄くライトの影響範囲が狭まります。 なので引数に渡す値はこの式を理解してから決定してください。

 引数 Direction は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の向き指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数にベクトル値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

 尚、ライトハンドル系の関数は一つしかない標準ライト以外にライトを使用したい場合に使用します。 ( とはいえ同時に有効にできるのは標準ライトを含めて3つまでですが・・・ )

サンプル

  読み込んだモデルの上側に下向きの光を放つスポットライトを作成して、
 効果がわかり易いように標準ライトを無効にした上でモデルを描画します。

  スポットライトの各パラメータを変化させるとどのような変化があるのかは
 ChangeLightTypeSpot関数 のサンプルで確認できます。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, LightHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 効果がわかり易いように標準ライトを無効化 SetLightEnable( FALSE ) ; // モデルをカメラの映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // モデルの上側に下向きのスポットタイプのライトを作成 LightHandle = CreateSpotLightHandle( VGet( 320.0f, 1000.0f, 600.0f ), VGet( 0.0f, -1.0f, 0.0f ), DX_PI_F / 2.0f, DX_PI_F / 4.0f, 2000.0f, 0.0f, 0.002f, 0.0f ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int DeleteLightHandle( int LHandle ) ;

概略ライトハンドルを削除する

引数 int LHandle : 削除するライトハンドル
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  CreateDirLightHandle, CreatePointLightHandle, CreateSpotLightHandle で作成したライトハンドルを削除します。

 作成できるライトハンドルの数には限界がありますので、 不要になったライトハンドルは必ずこの関数で削除してください。

 因みに DxLib_End を使用すると自動的にすべてのライトが削除されますので、 DxLib_End の前にすべてのライトハンドルを削除しておかなければならないということはありません。

サンプル

  ディレクショナルライトを作成してすぐ削除します。
  削除関数を使うサンプルプログラムなので実行しても何も起きません。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int LightHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // ディレクショナルライトタイプのハンドルの作成 LightHandle = CreateDirLightHandle( VGet( 1.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // 直後に削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int DeleteLightHandleAll( void ) ;

概略ライトハンドルを全て削除する

引数 なし
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  CreateDirLightHandle, CreatePointLightHandle, CreateSpotLightHandle で作成したライトハンドルを全て削除します。

 作成できるライトハンドルの数には限界がありますので、 ライトハンドルが不要になった際は必ずこの関数で削除してください。

 因みに DxLib_End を使用すると自動的にすべてのライトが削除されますので、 DxLib_End の前にこの関数を呼んでおかなければならないということはありません。

サンプル

ありません



宣言int SetLightTypeHandle( int LHandle, int LightType ) ;

概略ライトハンドルのタイプを変更する

引数 int LHandle : ライトハンドル
int LightType : ライトタイプ
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのライトタイプを変更します。
 ライトタイプに指定できる値は以下の3つです。

DX_LIGHTTYPE_DIRECTIONAL
  ディレクショナルライト

DX_LIGHTTYPE_POINT
  ポイントライト

DX_LIGHTTYPE_SPOT
  スポットライト

サンプル

  ディレクショナルタイプのライトを作成した後、それをポイントタイプのライトに変更して
 ポイントライトとしてのパラメータを設定した後モデルを描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int LightHandle, ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // ライトハンドルのライトの効果がわかり易いように標準ライトを無効化 SetLightEnable( FALSE ) ; // ディレクショナルタイプのライトハンドルの作成 LightHandle = CreateDirLightHandle( VGet( 1.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // ライトのタイプをポイントライトに変更 SetLightTypeHandle( LightHandle, DX_LIGHTTYPE_POINT ) ; // 位置を設定 SetLightPositionHandle( LightHandle, VGet( 320.0f, 1000.0f, 600.0f ) ) ; // 有効距離と距離減衰パラメータを設定 SetLightRangeAttenHandle( LightHandle, 2000.0f, 0.0f, 0.002f, 0.0f ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightEnableHandle( int LHandle, int EnableFlag ) ;

概略ライトハンドルのライトの有効、無効を設定する

引数 int LHandle : ライトハンドル
int EnableFlag : ライトを有効にするかどうか( TRUE:有効にする FALSE:無効にする )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  指定のライトハンドルのライトを有効にするかどうかを設定します。
 同時に有効にできる数は標準ライトを含めて3つまでです。

 既に3つ有効なライトがある状態でライトを有効にすると、どのライトが有効になるかは不定となります。

サンプル

  3つのディレクショナルタイプのライトハンドルを作成した後、各ライトを50%の確率で
 無効にして、そのあとモデルを描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int LightHandle[ 3 ], ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // ライトハンドルのライトの効果がわかり易いように標準ライトを無効化 SetLightEnable( FALSE ) ; // ディレクショナルタイプのライトハンドルを3つ作成 LightHandle[ 0 ] = CreateDirLightHandle( VGet( 1.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; LightHandle[ 1 ] = CreateDirLightHandle( VGet( 0.0f, 1.0f, 0.0f ) ) ; LightHandle[ 2 ] = CreateDirLightHandle( VGet( 0.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 各ライトを50%の確率で無効にする if( GetRand( 99 ) >= 50 ) { SetLightEnableHandle( LightHandle[ 0 ], FALSE ) ; } if( GetRand( 99 ) >= 50 ) { SetLightEnableHandle( LightHandle[ 1 ], FALSE ) ; } if( GetRand( 99 ) >= 50 ) { SetLightEnableHandle( LightHandle[ 2 ], FALSE ) ; } // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle[ 0 ] ) ; DeleteLightHandle( LightHandle[ 1 ] ) ; DeleteLightHandle( LightHandle[ 2 ] ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightDifColorHandle( int LHandle, COLOR_F Color ) ;

概略ライトハンドルのライトのディフューズカラーを設定する

引数 int LHandle : ライトハンドル
COLOR_F Color : ディフューズカラー
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのディフューズカラーを設定します。
 この関数で設定した値は描画対象のマテリアルのディフューズカラーと掛け合わされます。

 引数の COLOR_F は float r, g, b, a を持つ構造体です。
これの実体を定義してメンバ変数に値を代入して引数に渡す、と言うことをすると非常に面倒なので、 引数に r, g, b, a の値を渡すと COLOR_F 構造体を戻り値として返す関数 GetColorF を使用すると便利です。 ( 因みにライト関係の関数では a の値は使われません )

サンプル

  ライトハンドルのディフューズカラーを青色にした状態で SimpleModel.mqo を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int LightHandle, ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // ライトハンドルのライトの効果がわかり易いように標準ライトを無効化 SetLightEnable( FALSE ) ; // ディレクショナルタイプのライトハンドルを作成 LightHandle = CreateDirLightHandle( VGet( 1.0f, -1.0f, 1.0f ) ) ; // ライトハンドルのディフューズカラーを青色にする SetLightDifColorHandle( LightHandle, GetColorF( 0.0f, 0.0f, 1.0f, 0.0f ) ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightSpcColorHandle( int LHandle, COLOR_F Color ) ;

概略ライトハンドルのライトのスペキュラカラーを設定する

引数 int LHandle : ライトハンドル
COLOR_F Color : スペキュラカラー
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのスペキュラカラーを設定します。
 この関数で設定した値は描画対象のマテリアルのスペキュラカラーと掛け合わされます。

 引数の COLOR_F は float r, g, b, a を持つ構造体です。
これの実体を定義してメンバ変数に値を代入して引数に渡す、と言うことをすると非常に面倒なので、 引数に r, g, b, a の値を渡すと COLOR_F 構造体を戻り値として返す関数 GetColorF を使用すると便利です。 ( 因みにライト関係の関数では a の値は使われません )

サンプル

  ライトハンドルのスペキュラカラーを赤色にした状態で SimpleModel.mqo を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int LightHandle, ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // ライトハンドルのライトの効果がわかり易いように標準ライトを無効化 SetLightEnable( FALSE ) ; // ディレクショナルタイプのライトハンドルを作成 LightHandle = CreateDirLightHandle( VGet( 1.0f, -1.0f, 1.0f ) ) ; // スペキュラカラーの変更がわかり易いようにディフューズカラーを黒にする SetLightDifColorHandle( LightHandle, GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // ライトハンドルのスペキュラカラーを赤色にする SetLightSpcColorHandle( LightHandle, GetColorF( 1.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightAmbColorHandle( int LHandle, COLOR_F Color ) ;

概略ライトハンドルのライトのアンビエントカラーを設定する

引数 int LHandle : ライトハンドル
COLOR_F Color : アンビエントカラー
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのアンビエントカラーを設定します。
 この関数で設定した値は描画対象のマテリアルのアンビエントカラーと掛け合わされます。

 引数の COLOR_F は float r, g, b, a を持つ構造体です。
これの実体を定義してメンバ変数に値を代入して引数に渡す、と言うことをすると非常に面倒なので、 引数に r, g, b, a の値を渡すと COLOR_F 構造体を戻り値として返す関数 GetColorF を使用すると便利です。 ( 因みにライト関係の関数では a の値は使われません )

サンプル

  ライトハンドルのアンビエントカラーを暗い緑色にした状態で SimpleModel.mqo を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int LightHandle, ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // ライトハンドルのライトの効果がわかり易いように標準ライトを無効化 SetLightEnable( FALSE ) ; // ディレクショナルタイプのライトハンドルを作成 LightHandle = CreateDirLightHandle( VGet( 1.0f, -1.0f, 1.0f ) ) ; // ライトハンドルのアンビエントカラーを暗い緑色にする SetLightAmbColorHandle( LightHandle, GetColorF( 0.0f, 0.2f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightDirectionHandle( int LHandle, VECTOR Direction ) ;

概略ライトハンドルのライトの方向を設定する

引数 int LHandle : ライトハンドル
VECTOR Direction : 標準ライトの方向
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのライトの向きを設定します。
 CreateDirLightHandleCreateSpotLightHandle の引数 Direction の値だけを変更する関数です。
 ポイントライトにはライトの向きはないので、 ポイントライトに対してこの関数を使用しても何もおきません。

 尚、引数 Direction は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の向きを指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

サンプル

  ライトハンドルのライトの向きをX軸のプラス方向にした状態で SimpleModel.mqo を描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int LightHandle, ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // ライトハンドルのライトの効果がわかり易いように標準ライトを無効化 SetLightEnable( FALSE ) ; // ディレクショナルタイプのライトハンドルを作成 LightHandle = CreateDirLightHandle( VGet( 1.0f, -1.0f, 1.0f ) ) ; // ライトハンドルの方向をX軸のプラス方向にする SetLightDirectionHandle( LightHandle, VGet( 1.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightPositionHandle( int LHandle, VECTOR Position ) ;

概略ライトハンドルのライトの位置を設定する

引数 int LHandle : ライトハンドル VECTOR Position : 標準ライトの位置
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのライトの位置を設定します。
 CreatePointLightHandleCreateSpotLightHandle の引数 Position の値だけを変更する関数です。
 ディレクショナルライトにはライトの位置はないので、 ディレクショナルライトに対してこの関数を使用しても何もおきません。

 尚、引数 Position は float x, y, z の三つのメンバ変数を持っている構造体 VECTOR で、 この3要素を使用して3次元の位置を指定します。
 引数が構造体だと事前に引数に渡す構造体を宣言してメンバ変数に値を代入して・・・と準備が面倒ですが、 引数に x, y, z の値を渡すとそれを元にした VECTOR 構造体を戻り値で返してくれる関数 VGet を使用することで簡素に引数を渡すことができます。

サンプル

  ポイントタイプのライトを作成した後、ライトの位置をモデルの上側に移動してから
 モデルを描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int LightHandle, ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // ライトハンドルのライトの効果がわかり易いように標準ライトを無効化 SetLightEnable( FALSE ) ; // ポイントタイプのライトハンドルを作成 LightHandle = CreatePointLightHandle( VGet( 320.0f, 1000.0f, 600.0f ), 2000.0f, 0.0f, 0.002f, 0.0f ) ; // ライトハンドルの位置をモデルの上側に移動 SetLightPositionHandle( LightHandle, VGet( 320.0f, 1000.0f, 600.0f ) ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int SetLightRangeAttenHandle( int LHandle, float Range, float Atten0, float Atten1, float Atten2 ) ;

概略ライトハンドルのライトの有効距離と距離減衰パラメータを設定する

引数 int LHandle : ライトハンドル
float Range : ライトの有効距離
float Atten0 : 距離減衰パラメータ0
float Atten1 : 距離減衰パラメータ1
float Atten2 : 距離減衰パラメータ2
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのライトの距離減衰パラメータを設定します。
 CreatePointLightHandleCreateSpotLightHandle の同名の引数の値を変更するだけの関数です。
 各パラメータの解説については CreatePointLightHandle と CreateSpotLightHandle 関数の解説を参照してください。
 ディレクショナルライトには距離減衰はないので、 ディレクショナルライトに対してこの関数を使用しても何もおきません。

サンプル

ありません



宣言int SetLightAngleHandle( int LHandle, float OutAngle, float InAngle ) ;

概略ライトハンドルのライトの照射角度パラメータを設定する

引数 int LHandle : ライトハンドル
float OutAngle : スポットライトコーンの外側の角度( 単位:ラジアン )
float InAngle : スポットライトコーンの内側の角度( 単位:ラジアン )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのライトの照射角度パラメータを設定します。
 CreateSpotLightHandle の同名の引数の値を変更するだけの関数です。
 各パラメータの解説については CreateSpotLightHandle 関数の解説を参照してください。

サンプル

ありません



宣言int GetLightTypeHandle( int LHandle ) ;

概略ライトハンドルのライトのタイプを取得する

引数 int LHandle : ライトハンドル
戻り値−1以外:ライトのタイプ
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのライトのタイプを取得します。
 戻り値は以下のいずれかです。

DX_LIGHTTYPE_POINT
  ポイントライト

DX_LIGHTTYPE_SPOT
  スポットライト

DX_LIGHTTYPE_DIRECTIONAL
  ディレクショナルライト

サンプル

  スポットライトを作成して、そのライトの情報を画面に描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { char *TypeName ; COLOR_F Color ; VECTOR Vector ; float Range, Atten0, Atten1, Atten2 ; float InAngle, OutAngle ; int LightHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // スポットタイプのライトの作成 LightHandle = CreateSpotLightHandle( VGet( 320.0f, 1000.0f, 600.0f ), VGet( 0.0f, -1.0f, 0.0f ), DX_PI_F / 2.0f, DX_PI_F / 4.0f, 2000.0f, 0.0f, 0.002f, 0.0f ) ; // 画面に標準ライトのタイプを描画 switch( GetLightTypeHandle( LightHandle ) ) { case DX_LIGHTTYPE_DIRECTIONAL : TypeName = "Directional" ; break ; case DX_LIGHTTYPE_POINT : TypeName = "Point" ; break ; case DX_LIGHTTYPE_SPOT : TypeName = "Spot" ; break ; } DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "LightType %s", TypeName ) ; // ライトが有効かどうかを描画 DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Enable %d", GetLightEnableHandle( LightHandle ) ) ; // ディフューズカラーを描画 Color = GetLightDifColorHandle( LightHandle ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "Diffuse Color %f %f %f", Color.r, Color.g, Color.b ) ; // スペキュラカラーを描画 Color = GetLightSpcColorHandle( LightHandle ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "Specular Color %f %f %f", Color.r, Color.g, Color.b ) ; // アンビエントカラーを描画 Color = GetLightAmbColorHandle( LightHandle ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "Ambient Color %f %f %f", Color.r, Color.g, Color.b ) ; // 向きを描画 Vector = GetLightDirectionHandle( LightHandle ) ; DrawFormatString( 0, 80, GetColor( 255,255,255 ), "Direction %f %f %f", Vector.x, Vector.y, Vector.z ) ; // 位置を描画 Vector = GetLightPositionHandle( LightHandle ) ; DrawFormatString( 0, 96, GetColor( 255,255,255 ), "Position %f %f %f", Vector.x, Vector.y, Vector.z ) ; // 有効距離と距離減衰パラメータを描画する GetLightRangeAttenHandle( LightHandle, &Range, &Atten0, &Atten1, &Atten2 ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "Range %f", Range ) ; DrawFormatString( 0, 128, GetColor( 255,255,255 ), "Attenuation0 %f", Atten0 ) ; DrawFormatString( 0, 144, GetColor( 255,255,255 ), "Attenuation1 %f", Atten1 ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "Attenuation2 %f", Atten2 ) ; // 照射角度パラメータを描画する GetLightAngleHandle( LightHandle, &OutAngle, &InAngle ) ; DrawFormatString( 0, 176, GetColor( 255,255,255 ), "In Angle %f", InAngle ) ; DrawFormatString( 0, 192, GetColor( 255,255,255 ), "Out Angle %f", OutAngle ) ; // ライトハンドルの削除 DeleteLightHandle( LightHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int GetLightEnableHandle( int LHandle ) ;

概略ライトハンドルのライトの有効、無効を取得する

引数 int LHandle : ライトハンドル
戻り値TRUE:ライトは有効
 FALSE:ライトは無効

 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのライトが有効かどうかを取得します。
   戻り値が TRUE の場合は有効で、FALSE の場合は無効です。

サンプル

 GetLightTypeHandle関数 のサンプルを参照してください。



宣言COLOR_F GetLightDifColorHandle( int LHandle ) ;

概略ライトハンドルのライトのディフューズカラーを取得する

引数 int LHandle : ライトハンドル
戻り値ディフューズカラー
解説  ライトハンドルのライトのディフューズカラーを取得します。
   戻り値の COLOR_F は構造体で、中身は float r, g, b, a となっています。
 ライトのカラーでは a の値は使いません。

サンプル

 GetLightTypeHandle関数 のサンプルを参照してください。



宣言COLOR_F GetLightSpcColorHandle( int LHandle ) ;

概略ライトハンドルのライトのスペキュラカラーを取得する

引数 int LHandle : ライトハンドル
戻り値スペキュラカラー
解説  ライトハンドルのライトのスペキュラカラーを取得します。
   戻り値の COLOR_F は構造体で、中身は float r, g, b, a となっています。
 ライトのカラーでは a の値は使いません。

サンプル

 GetLightTypeHandle関数 のサンプルを参照してください。



宣言COLOR_F GetLightAmbColorHandle( int LHandle ) ;

概略ライトハンドルのライトのアンビエントカラーを取得する

引数 int LHandle : ライトハンドル
戻り値アンビエントカラー
解説  ライトハンドルのライトのアンビエントカラーを取得します。
   戻り値の COLOR_F は構造体で、中身は float r, g, b, a となっています。
 ライトのカラーでは a の値は使いません。

サンプル

 GetLightTypeHandle関数 のサンプルを参照してください。



宣言VECTOR GetLightDirectionHandle( int LHandle ) ;

概略ライトハンドルのライトの方向を取得する

引数 int LHandle : ライトハンドル
戻り値ライトの向き
解説  ライトハンドルのライトの向きを取得します。
   戻り値の VECTOR は構造体で、中身は float x, y, z となっています。

サンプル

 GetLightTypeHandle関数 のサンプルを参照してください。



宣言VECTOR GetLightPositionHandle( int LHandle ) ;

概略ライトハンドルのライトの位置を取得する

引数 int LHandle : ライトハンドル
戻り値ライトの位置
解説  ライトハンドルのライトの位置を取得します。
   戻り値の VECTOR は構造体で、中身は float x, y, z となっています。

サンプル

 GetLightTypeHandle関数 のサンプルを参照してください。



宣言int GetLightRangeAttenHandle( int LHandle, float *Range, float *Atten0, float *Atten1, float *Atten2 ) ;

概略ライトハンドルのライトの有効距離と距離減衰パラメータを取得する

引数 int LHandle : ライトハンドル
float *Range : 有効距離を代入する変数のアドレス
float *Atten0 : 距離減衰パラメータ0を代入する変数のアドレス
float *Atten1 : 距離減衰パラメータ1を代入する変数のアドレス
float *Atten2 : 距離減衰パラメータ2を代入する変数のアドレス
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのライトの有効距離と距離減衰パラメータを取得します。

サンプル

 GetLightTypeHandle関数 のサンプルを参照してください。



宣言int GetLightAngleHandle( int LHandle, float *OutAngle, float *InAngle ) ;

概略ライトハンドルのライトの照射角度パラメータを取得する

引数 int LHandle : ライトハンドル
float *OutAngle : スポットライトコーンの外側の角度( 単位:ラジアン )を代入する変数のアドレス
float *InAngle : スポットライトコーンの内側の角度( 単位:ラジアン )を代入する変数のアドレス
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  ライトハンドルのライトのスポットライトコーンの角度を取得します。

サンプル

 GetLightTypeHandle関数 のサンプルを参照してください。



宣言int GetEnableLightHandleNum( void ) ;

概略有効になっているライトハンドルの数を取得する

引数 なし
戻り値 0以上:有効になっているライトハンドルの数
 −1:エラー発生

解説  SetLightEnableHandle で有効( TRUE )に設定されているライトハンドルの数を取得します。
 標準ライトも内部でライトハンドルを使用しているのでライトハンドルを一つも作成していなくても SetLightEnable の設定が TRUE になっている場合の戻り値は1になります。

サンプル

 ありません。



宣言int GetEnableLightHandle( int Index ) ;

概略有効になっているライトハンドルを取得する

引数 int Index : 有効になっているライトハンドルの番号
戻り値 0以上:有効になっているライトハンドル
 −1:エラー発生

解説  SetLightEnableHandle で有効( TRUE )に設定されているライトハンドルを取得します。
 Index に指定できる値は0から GetEnableLightHandleNum の戻り値から1引いた値までです。
 また、有効になっているライトはディレクショナルライト・スポットライト・ポイントライトの順番になっています。

サンプル

 ありません。







算術演算関数

宣言VECTOR VGet( float x, float y, float z ) ;

概略ベクトルを取得する

引数 float x : 取得するベクトルのX成分
float y : 取得するベクトルのY成分
float z : 取得するベクトルのZ成分
戻り値引数 x,y,z を代入したVECTOR 構造体
解説  引数 x, y, z を VECTOR 構造体のメンバ変数 x, y, z に代入して返すだけの関数です。
戻り値.x = x ; 戻り値.y = y ; 戻り値.z = z ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect に値を代入します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect に値( x=100.0f y=200.0f z=400.0f )を代入 Vect = VGet( 100.0f, 200.0f, 400.0f ) ; // Vect の内容を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Vect x=%f y=%f z=%f", Vect.x, Vect.y, Vect.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR VAdd( VECTOR In1, VECTOR In2 ) ;

概略二つのベクトルを加算する

引数 VECTOR In1 : 加算されるベクトル
VECTOR In2 : 加算するベクトル
戻り値In1 と In2 の値を加算した VECTOR 構造体
解説  引数 In1 と In2 の x, y, z 成分を加算した結果を戻り値として返す関数です。
戻り値.x = In1.x + In2.x ; 戻り値.y = In1.y + In2.y ; 戻り値.z = In1.z + In2.z ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect1 と Vect2 を加算して、結果を Vect1 に代入します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect1 と Vect2 に値を代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 200.0f, 500.0f ) ; Vect2 = VGet( 30.0f, 100.0f, 80.0f ) ; // Vect1 と Vect2 を加算して結果を Vect1 に代入 Vect1 = VAdd( Vect1, Vect2 ) ; // Vect1 の内容を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Vect1 x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR VSub( VECTOR In1, VECTOR In2 ) ;

概略二つのベクトルを減算する

引数 VECTOR In1 : 減算されるベクトル
VECTOR In2 : 減算するベクトル
戻り値In1 から In2 の値を減算した VECTOR 構造体
解説  引数 In1 から In2 の x, y, z 成分を減算した結果を戻り値として返す関数です。
戻り値.x = In1.x - In2.x ; 戻り値.y = In1.y - In2.y ; 戻り値.z = In1.z - In2.z ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect1 から Vect2 を減算して、結果を Vect1 に代入します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect1 と Vect2 に値を代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 200.0f, 500.0f ) ; Vect2 = VGet( 30.0f, 100.0f, 80.0f ) ; // Vect1 から Vect2 を減算して結果を Vect1 に代入 Vect1 = VSub( Vect1, Vect2 ) ; // Vect1 の内容を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Vect1 x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float VDot( VECTOR In1, VECTOR In2 ) ;

概略二つのベクトルの内積を取得する

引数 VECTOR In1 : 内積するベクトル1
VECTOR In2 : 内積するベクトル2
戻り値In1 と In2 の内積値
解説  引数 In1 と In2 の内積を返す関数です。
戻り値 = In1.x * In2.x + In1.y * In2.y + In1.z * In2.z ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect1 と Vect2 の内積を画面に表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect1 と Vect2 に値を代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 200.0f, 500.0f ) ; Vect2 = VGet( 30.0f, 100.0f, 80.0f ) ; // Vect1 と Vect2 の内積を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Dot %f", VDot( Vect1, Vect2 ) ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR VCross( VECTOR In1, VECTOR In2 ) ;

概略二つのベクトルの外積を取得する

引数 VECTOR In1 : 外積するベクトル1
VECTOR In2 : 外積するベクトル2
戻り値In1 と In2 の外積値
解説  引数 In1 と In2 の外積を返す関数です。
戻り値.x = In1.y * In2.z - In1.z * In2.y ; 戻り値.y = In1.z * In2.x - In1.x * In2.z ; 戻り値.z = In1.x * In2.y - In1.y * In2.x ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect1 と Vect2 の外積を画面に表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect1 と Vect2 に値を代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 200.0f, 500.0f ) ; Vect2 = VGet( 30.0f, 100.0f, 80.0f ) ; // Vect1 と Vect2 の外戚を Vect1 に代入 Vect1 = VCross( Vect1, Vect2 ) ; // Vect1 の内容を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Vect1 x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR VScale( VECTOR In, float Scale ) ;

概略ベクトルのスケーリングをする

引数 VECTOR In : スケーリングをするベクトル
float Scale : スケーリング値
戻り値スケーリングした結果の VECTOR 構造体
解説  引数 In のベクトルを Scale 倍して返す関数です。
戻り値.x = In.y * Scale ; 戻り値.y = In.z * Scale ; 戻り値.z = In.x * Scale ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect の内容を 8.0f 倍して、その結果を画面に表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect に値を代入 Vect = VGet( 100.0f, 200.0f, 500.0f ) ; // Vect を 8.0f 倍して、その結果を Vect に代入 Vect = VScale( Vect, 8.0f ) ; // Vect の内容を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Vect x=%f y=%f z=%f", Vect.x, Vect.y, Vect.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float VSize( VECTOR In ) ;

概略ベクトルのサイズを取得する

引数 VECTOR In : サイズを取得したいベクトル
戻り値ベクトルのサイズ
解説  引数 In のベクトルのサイズを取得する関数です。
戻り値 = sqrt( In1.x * In1.x + In1.y * In1.y + In1.z * In1.z ) ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect のサイズを画面に表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect に値を代入 Vect = VGet( 100.0f, 200.0f, 500.0f ) ; // Vect のサイズを画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Size %f", VSize( Vect ) ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float VSquareSize( VECTOR In ) ;

概略ベクトルのサイズの2乗を取得する

引数 VECTOR In : サイズの二乗を取得したいベクトル
戻り値ベクトルのサイズの二乗
解説  引数 In のベクトルのサイズの二乗を取得する関数です。

 ベクトルのサイズを算出するには処理負荷の高い平方根計算を行わなければならないので、 二つのサイズの比較等、 サイズの二乗でも処理に支障が発生しない場合はこちらの関数を使用したほうが処理負荷が低くて済みます。
戻り値 = In1.x * In1.x + In1.y * In1.y + In1.z * In1.z ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect のサイズの二乗を画面に表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect に値を代入 Vect = VGet( 100.0f, 200.0f, 500.0f ) ; // Vect のサイズの二乗を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Size %f", VSquareSize( Vect ) ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR VNorm( VECTOR In ) ;

概略正規化ベクトルを取得する

引数 VECTOR In : 正規化したいベクトル
戻り値正規化したベクトル
解説  引数 In を正規化したベクトルを取得する関数です。
 正規化とはベクトルの方向は変えずにサイズを1にすることで、 ベクトルの方向成分だけを取得したい場合などに行います。
float size ; size = VSize( In ) ; 戻り値.x = In1.x / size ; 戻り値.y = In1.y / size ; 戻り値.z = In1.z / size ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect を正規化した値を画面に表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect に値を代入 Vect = VGet( 100.0f, 200.0f, 500.0f ) ; // Vect の値を正規化して、その結果を Vect に代入する Vect = VNorm( Vect ) ; // Vect の値を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Vect x=%f y=%f z=%f", Vect.x, Vect.y, Vect.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR VTransform( VECTOR InV, MATRIX InM ) ;

概略行列を使ったベクトルの変換

引数 VECTOR InV : 変換処理を行いたいベクトル
MATRIX InM : 変換処理に使用するベクトル
戻り値変換後のベクトル
解説  引数 InV のベクトルを引数 InM の行列を使用して変換処理を行います。
 計算的には InV を1x4行列として扱い( 4つめの要素は 1.0f とします ) InM の行列の左から乗算した結果を返します。
戻り値.x = InV.x * InM.m[0][0] + InV.y * InM.m[1][0] + InV.z * InM.m[2][0] + InM.m[3][0] ; 戻り値.y = InV.x * InM.m[0][1] + InV.y * InM.m[1][1] + InV.z * InM.m[2][1] + InM.m[3][1] ; 戻り値.z = InV.x * InM.m[0][2] + InV.y * InM.m[1][2] + InV.z * InM.m[2][2] + InM.m[3][2] ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect をスケーリング行列を使用して 0.5f 倍します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect ; MATRIX Matrix ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect に値を代入 Vect = VGet( 100.0f, 200.0f, 500.0f ) ; // 0.5倍スケーリングを行う行列を作成 Matrix = MGetScale( VGet( 0.5f, 0.5f, 0.5f ) ) ; // 0.5倍スケーリングを行う行列を使用してベクトルのサイズを0.5倍した結果を Vect に代入する Vect = VTransform( Vect, Matrix ) ; // Vect の値を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Vect x=%f y=%f z=%f", Vect.x, Vect.y, Vect.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR VTransformSR( VECTOR InV, MATRIX InM ) ;

概略行列を使ったベクトルの変換( スケーリング+回転成分のみ )

引数 VECTOR InV : 変換処理を行いたいベクトル
MATRIX InM : 変換処理に使用するベクトル
戻り値変換後のベクトル
解説  引数 InV のベクトルを引数 InM の行列を使用して変換処理を行います。
 計算的には InV を1x4行列として扱い( 4つめの要素は 0.0f とします ) InM の行列の左から乗算した結果を返します。
 VTransform と違い InV を行列として見立てた際の第4要素が 0.0f なので MGetTranslate 等の第4要素の 1.0f と乗算することで平行移動を実現している効果が反映されません。
戻り値.x = InV.x * InM.m[0][0] + InV.y * InM.m[1][0] + InV.z * InM.m[2][0] ; 戻り値.y = InV.x * InM.m[0][1] + InV.y * InM.m[1][1] + InV.z * InM.m[2][1] ; 戻り値.z = InV.x * InM.m[0][2] + InV.y * InM.m[1][2] + InV.z * InM.m[2][2] ;
サンプル

  VECTOR 構造体 Vect をスケーリング行列を使用して 0.5f 倍します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { VECTOR Vect ; MATRIX Matrix ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Vect に値を代入 Vect = VGet( 100.0f, 200.0f, 500.0f ) ; // 0.5倍スケーリングを行う行列を作成 Matrix = MGetScale( VGet( 0.5f, 0.5f, 0.5f ) ) ; // 0.5倍スケーリングを行う行列を使用してベクトルのサイズを0.5倍した結果を Vect に代入する Vect = VTransformSR( Vect, Matrix ) ; // Vect の値を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Vect x=%f y=%f z=%f", Vect.x, Vect.y, Vect.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MGetIdent( void ) ;

概略単位行列を取得する

引数 なし
戻り値単位行列
解説  単位行列を戻り値として返してくる関数です。
戻り値行列 m[0][0]=1.0f m[0][1]=0.0f m[0][2]=0.0f m[0][3]=0.0f m[1][0]=0.0f m[1][1]=1.0f m[1][2]=0.0f m[1][3]=0.0f m[2][0]=0.0f m[2][1]=0.0f m[2][2]=1.0f m[2][3]=0.0f m[3][0]=0.0f m[3][1]=0.0f m[3][2]=0.0f m[3][3]=1.0f
サンプル

  単位行列を取得して画面に表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 単位行列を Matrix に代入 Matrix = MGetIdent() ; // Matrix の値を画面に表示 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MGetScale( VECTOR Scale ) ;

概略拡大行列を取得する

引数 VECTOR Scale : 拡大値
戻り値拡大行列
解説  引数 Scale で指定された拡大値で拡大する行列を戻り値として返してくる関数です。
 拡大行列は VTransform 関数でベクトルに対して変換を行うと、 変換対象のベクトルがこの関数の引数 Scale で指定した分だけ拡大します。
戻り値行列 m[0][0]=Scale.x m[0][1]=0.0f m[0][2]=0.0f m[0][3]=0.0f m[1][0]=0.0f m[1][1]=Scale.z m[1][2]=0.0f m[1][3]=0.0f m[2][0]=0.0f m[2][1]=0.0f m[2][2]=Scale.z m[2][3]=0.0f m[3][0]=0.0f m[3][1]=0.0f m[3][2]=0.0f m[3][3]=1.0f
サンプル

  拡大行列を取得してベクトルの拡大変換を行います。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 8.0f, 56.0f ) ; // 拡大行列を Matrix に代入 Matrix = MGetScale( VGet( 2.0f, 5.0f, 8.0f ) ) ; // Vect1 を Matrix を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "拡大行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 96, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 144, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MGetTranslate( VECTOR Trans ) ;

概略平行移動行列を取得する

引数 VECTOR Trans : 平行移動値
戻り値平行移動行列
解説  引数 Trans で指定された平行移動を行う行列を戻り値として返してくる関数です。
 平行移動行列は VTransform 関数でベクトルに対して変換を行うと、 変換対象のベクトルがこの関数の引数 Trans で指定した分だけ移動し( 値が加算され )ます。
戻り値行列 m[0][0]=1.0f m[0][1]=0.0f m[0][2]=0.0f m[0][3]=0.0f m[1][0]=0.0f m[1][1]=1.0f m[1][2]=0.0f m[1][3]=0.0f m[2][0]=0.0f m[2][1]=0.0f m[2][2]=1.0f m[2][3]=0.0f m[3][0]=Trans.x m[3][1]=Trans.y m[3][2]=Trans.z m[3][3]=1.0f
サンプル

  平行移動行列を使用してベクトルの平行移動変換を行います。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 8.0f, 56.0f ) ; // 平行移動行列を Matrix に代入 Matrix = MGetTranslate( VGet( 100.0f, 80.0f, 85.0f ) ) ; // Vect1 を Matrix を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "平行移動行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 96, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 144, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MGetRotX( float XAxisRotate ) ;

概略X軸回転行列を取得する

引数 float XAxisRotate : 回転値( 単位:ラジアン )
戻り値X軸回転行列
解説  引数 XAxisRotate で指定された回転値分だけX軸回転する回転行列を戻り値として返してくる関数です。
 X軸回転行列は VTransform 関数でベクトルに対して変換を行うと、 変換対象のベクトルがこの関数の引数 XAxisRotate で指定した分だけX軸回転します。
戻り値行列 float Sin, Cos ; Sin = sin( XAxisRotate ) ; Cos = cos( XAxisRotate ) ; m[0][0]=1.0f m[0][1]=0.0f m[0][2]=0.0f m[0][3]=0.0f m[1][0]=0.0f m[1][1]= Cos m[1][2]=Sin m[1][3]=0.0f m[2][0]=0.0f m[2][1]=-Sin m[2][2]=Cos m[2][3]=0.0f m[3][0]=0.0f m[3][1]=0.0f m[3][2]=0.0f m[3][3]=1.0f
サンプル

  X軸回転行列を使用してベクトルのX軸回転を行います。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 8.0f, 56.0f ) ; // X軸回転行列を Matrix に代入( 45度回転する行列 ) Matrix = MGetRotX( DX_PI_F / 4.0f ) ; // Vect1 を Matrix を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "X軸回転行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 96, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 144, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MGetRotY( float YAxisRotate ) ;

概略Y軸回転行列を取得する

引数 float YAxisRotate : 回転値( 単位:ラジアン )
戻り値Y軸回転行列
解説  引数 YAxisRotate で指定された回転値分だけY軸回転する回転行列を戻り値として返してくる関数です。
 Y軸回転行列は VTransform 関数でベクトルに対して変換を行うと、 変換対象のベクトルがこの関数の引数 YAxisRotate で指定した分だけY軸回転します。
戻り値行列 float Sin, Cos ; Sin = sin( YAxisRotate ) ; Cos = cos( YAxisRotate ) ; m[0][0]=Cos m[0][1]=0.0f m[0][2]=-Sin m[0][3]=0.0f m[1][0]=0.0f m[1][1]=1.0f m[1][2]=0.0f m[1][3]=0.0f m[2][0]=Sin m[2][1]=0.0f m[2][2]= Cos m[2][3]=0.0f m[3][0]=0.0f m[3][1]=0.0f m[3][2]=0.0f m[3][3]=1.0f
サンプル

  Y軸回転行列を使用してベクトルのY軸回転を行います。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 8.0f, 56.0f ) ; // Y軸回転行列を Matrix に代入( 45度回転する行列 ) Matrix = MGetRotY( DX_PI_F / 4.0f ) ; // Vect1 を Matrix を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "Y軸回転行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 96, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 144, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MGetRotZ( float ZAxisRotate ) ;

概略Z軸回転行列を取得する

引数 float ZAxisRotate : 回転値( 単位:ラジアン )
戻り値Z軸回転行列
解説  引数 ZAxisRotate で指定された回転値分だけZ軸回転する回転行列を戻り値として返してくる関数です。
 Z軸回転行列は VTransform 関数でベクトルに対して変換を行うと、 変換対象のベクトルがこの関数の引数 ZAxisRotate で指定した分だけZ軸回転します。
戻り値行列 float Sin, Cos ; Sin = sin( ZAxisRotate ) ; Cos = cos( ZAxisRotate ) ; m[0][0]= Cos m[0][1]=Sin m[0][2]=0.0f m[0][3]=0.0f m[1][0]=-Sin m[1][1]=Cos m[1][2]=0.0f m[1][3]=0.0f m[2][0]=0.0f m[2][1]=0.0f m[2][2]=1.0f m[2][3]=0.0f m[3][0]=0.0f m[3][1]=0.0f m[3][2]=0.0f m[3][3]=1.0f
サンプル

  Z軸回転行列を使用してベクトルのZ軸回転を行います。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 8.0f, 56.0f ) ; // Z軸回転行列を Matrix に代入( 45度回転する行列 ) Matrix = MGetRotZ( DX_PI_F / 4.0f ) ; // Vect1 を Matrix を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "Z軸回転行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 96, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 144, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MGetRotAxis( VECTOR RotateAxis, float Rotate ) ;

概略指定軸で指定角度回転する行列を取得する

引数 VECTOR RotateAxis : 回転軸 float Rotate : 回転値( 単位:ラジアン )
戻り値回転行列
解説  引数 RotateAxis を回転軸として、引数 Rotate で指定された回転値分だけ回転する回転行列を戻り値として返してくる関数です。
 MGetRotYMGetRotX はそれぞれ回転軸を Y軸、X軸としていますが、 時には基本軸以外を軸として回転したい場合があります、この関数はそんなときに使用します。

サンプル

  MGetRotAxis 関数を使用して敢えてY軸回転行列を作成します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 8.0f, 56.0f ) ; // MGetRotAxis を使用して敢えてY軸回転行列を Matrix に代入( 45度回転する行列 ) Matrix = MGetRotAxis( VGet( 0.0f, 1.0f, 0.0f ), DX_PI_F / 4.0f ) ; // Vect1 を Matrix を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "Y軸回転行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 96, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 144, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MGetRotVec2( VECTOR In1, VECTOR In2 ) ;

概略ある向きからある向きへ変換する回転行列を取得する

引数 VECTOR In1 : ある向きのベクトル VECTOR In2 : ある向きを変換後のベクトル
戻り値回転行列
解説  引数 In1 の向きを引数 In2 の向きに変換するような回転行列を戻り値として返してくる関数です。
 ただ、元の向きから90度以上回転する場合は期待した回転行列が得られない可能性があります。

サンプル

  X軸のプラスの方向をY軸のマイナスの方向に回転する行列を取得する。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // X軸のプラスの方向をY軸のマイナスの方向に回転する行列を取得する Matrix = MGetRotVec2( VGet( 1.0f, 0.0f, 0.0f ), VGet( 0.0f, -1.0f, 0.0f ) ) ; // X軸に対してプラスの値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 80.0f, 0.0f, 0.0f ) ; // Vect1 を Matrix を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "回転行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 96, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 144, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MGetAxis1( VECTOR XAxis, VECTOR YAxis, VECTOR ZAxis, VECTOR Pos ) ;

概略指定の3軸上のベクトルを基本軸上のベクトルに変換する行列を取得する

引数 VECTOR XAxis : 任意のX軸の基本軸上での方向
VECTOR YAxis : 任意のY軸の基本軸上での方向
VECTOR ZAxis : 任意のZ軸の基本軸上での方向
VECTOR Pos : 任意の3軸の基本軸上での原点
戻り値変換行列
解説  任意の3軸上のXYZ値を基本軸上のXYZ値に変換する行列を作成します。
戻り値行列 m[0][0]=XAxis.x m[0][1]=XAxis.y m[0][2]=XAxis.z m[0][3]=0.0f m[1][0]=YAxis.x m[1][1]=YAxis.y m[1][2]=YAxis.z m[1][3]=0.0f m[2][0]=ZAxis.x m[2][1]=ZAxis.y m[2][2]=ZAxis.z m[2][3]=0.0f m[3][0]=Pos.x m[3][1]=Pos.y m[3][2]=Pos.z m[3][3]=1.0f
サンプル

  基本軸上のYのプラス値をX軸
  基本軸上のZのプラス値をY軸
  基本軸上のXのマイナス値をZ軸とし、
  且つ基本軸上の x=100.0f y=0.0f z=200.0f を原点とする
  3軸上のベクトルを基本軸上のベクトルに変換する行列を取得する
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 基本軸上のYのプラス値をX軸 // 基本軸上のZのプラス値をY軸 // 基本軸上のXのマイナス値をZ軸とし、 // 且つ基本軸上の x=100.0f y=0.0f z=200.0f を原点とする // 3軸上のベクトルを基本軸上のベクトルに変換する行列の取得 Matrix = MGetAxis1( VGet( 0.0f, 1.0f, 0.0f ), VGet( 0.0f, 0.0f, 1.0f ), VGet( -1.0f, 0.0f, 0.0f ), VGet( 100.0f, 0.0f, 200.0f ) ) ; // 上記軸上のX軸とY軸に対してプラスのベクトル Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 80.0f, 50.0f, 0.0f ) ; // Vect1 を Matrix を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "変換行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 96, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 144, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MGetAxis2( VECTOR XAxis, VECTOR YAxis, VECTOR ZAxis, VECTOR Pos ) ;

概略基本軸上のベクトルを指定の3軸上のベクトルに変換する行列を取得する

引数 VECTOR XAxis : 任意のX軸の基本軸上での方向
VECTOR YAxis : 任意のY軸の基本軸上での方向
VECTOR ZAxis : 任意のZ軸の基本軸上での方向
VECTOR Pos : 任意の3軸の基本軸上での原点
戻り値変換行列
解説  基本軸上のXYZ値を任意の3軸上のXYZ値に変換する行列を作成します。
戻り値行列 m[0][0]=XAxis.x m[0][1]=YAxis.x m[0][2]=ZAxis.x m[0][3]=0.0f m[1][0]=XAxis.y m[1][1]=YAxis.y m[1][2]=ZAxis.y m[1][3]=0.0f m[2][0]=XAxis.z m[2][1]=YAxis.z m[2][2]=ZAxis.z m[2][3]=0.0f m[3][0]=-( Pos.x * XAxis.x + Pos.y * XAxis.y + Pos.z * XAxis.z ) m[3][1]=-( Pos.x * YAxis.x + Pos.y * YAxis.y + Pos.z * YAxis.z ) m[3][2]=-( Pos.x * ZAxis.x + Pos.y * ZAxis.y + Pos.z * ZAxis.z ) m[3][3]=1.0f
サンプル

  基本軸上のベクトルを
  基本軸上のYのプラス値をX軸
  基本軸上のZのプラス値をY軸
  基本軸上のXのマイナス値をZ軸とし、
  且つ基本軸上の x=100.0f y=0.0f z=200.0f を原点とする
  3軸上のベクトルに変換する行列を取得する
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 基本軸上のベクトルを // 基本軸上のYのプラス値をX軸 // 基本軸上のZのプラス値をY軸 // 基本軸上のXのマイナス値をZ軸とし、 // 且つ基本軸上の x=100.0f y=0.0f z=200.0f を原点とする // 3軸上のベクトルに変換する行列の取得 Matrix = MGetAxis2( VGet( 0.0f, 1.0f, 0.0f ), VGet( 0.0f, 0.0f, 1.0f ), VGet( -1.0f, 0.0f, 0.0f ), VGet( 100.0f, 0.0f, 200.0f ) ) ; // 任意の3軸上の原点に位置する基本軸上のベクトルを Vect に代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 0.0f, 200.0f ) ; // Vect1 を Matrix を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "変換行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 96, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 144, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MAdd( MATRIX In1, MATRIX In2 ) ;

概略二つの行列の足し算を行う

引数 MATRIX In1 : 足し算を行う行列1
MATRIX In2 : 足し算を行う行列2
戻り値足し算を行った結果の行列
解説  引数 In1 と In2 で渡した行列の足し算を行い、 結果の行列を戻り値として返す関数です。
 行列の足し算は行列の要素を単純に足すだけのものです。
戻り値行列 m[0][0] = In1.m[0][0] + In2.m[0][0] m[0][1] = In1.m[0][1] + In2.m[0][1] m[0][2] = In1.m[0][2] + In2.m[0][2] m[0][3] = In1.m[0][3] + In2.m[0][3] m[1][0] = In1.m[1][0] + In2.m[1][0] m[1][1] = In1.m[1][1] + In2.m[1][1] m[1][2] = In1.m[1][2] + In2.m[1][2] m[1][3] = In1.m[1][3] + In2.m[1][3] m[2][0] = In1.m[2][0] + In2.m[2][0] m[2][1] = In1.m[2][1] + In2.m[2][1] m[2][2] = In1.m[2][2] + In2.m[2][2] m[2][3] = In1.m[2][3] + In2.m[2][3] m[3][0] = In1.m[3][0] + In2.m[3][0] m[3][1] = In1.m[3][1] + In2.m[3][1] m[3][2] = In1.m[3][2] + In2.m[3][2] m[3][3] = In1.m[3][3] + In2.m[3][3]
サンプル

  ベクトルを0.8倍する行列と0.2倍する行列を足して、その行列を使用して
 ベクトルを変換します、0.8倍と0.2倍を足すと1.0倍なので、ベクトルは
 変換前と同じ値になります。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix, Matrix1, Matrix2 ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 0.8倍に拡大する行列と0.2倍に拡大する行列を Matrix1 と Matrix2 に代入 Matrix1 = MGetScale( VGet( 0.8f, 0.8f, 0.8f ) ) ; Matrix2 = MGetScale( VGet( 0.2f, 0.2f, 0.2f ) ) ; // 二つの行列を足したものを Matrix に代入 Matrix = MAdd( Matrix1, Matrix2 ) ; // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 100.0f, 0.0f, 200.0f ) ; // Vect1 を Matrix3 を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix1 の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "0.8倍行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix1.m[0][0], Matrix1.m[0][1], Matrix1.m[0][2], Matrix1.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix1.m[1][0], Matrix1.m[1][1], Matrix1.m[1][2], Matrix1.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix1.m[2][0], Matrix1.m[2][1], Matrix1.m[2][2], Matrix1.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix1.m[3][0], Matrix1.m[3][1], Matrix1.m[3][2], Matrix1.m[3][3] ) ; // Matrix2 の値を画面に表示 DrawString( 0, 96, "0.2倍行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix2.m[0][0], Matrix2.m[0][1], Matrix2.m[0][2], Matrix2.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 128, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix2.m[1][0], Matrix2.m[1][1], Matrix2.m[1][2], Matrix2.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 144, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix2.m[2][0], Matrix2.m[2][1], Matrix2.m[2][2], Matrix2.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix2.m[3][0], Matrix2.m[3][1], Matrix2.m[3][2], Matrix2.m[3][3] ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 192, "加算後の行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 208, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 224, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 240, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 256, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 288, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 304, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 336, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 352, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MMult( MATRIX In1, MATRIX In2 ) ;

概略二つの行列の乗算を行う

引数 MATRIX In1 : 乗算する左側の行列
MATRIX In2 : 乗算する右側の行列
戻り値乗算した結果の行列
解説  引数 In1 と In2 を乗算した結果の行列を戻り値として返す関数です。
 行列と行列の乗算は複数の行列の効果を合成することができます。 ( 合成された行列は In1 → In2 の順で効果が現れます( 例:拡大行列と平行移動行列を乗算した場合、 その行列を使用して変換( VTransform )したベクトルは拡大行列→平行移動行列の順で変換( VTransform )した場合と同じ結果になります ) )
戻り値行列 m[0][0] = In1.m[0][0] * In2.m[0][0] + In1.m[0][1] * In2.m[1][0] + In1.m[0][2] * In2.m[2][0] + In1.m[0][3] * In2.m[3][0] ; m[0][1] = In1.m[0][0] * In2.m[0][1] + In1.m[0][1] * In2.m[1][1] + In1.m[0][2] * In2.m[2][1] + In1.m[0][3] * In2.m[3][1] ; m[0][2] = In1.m[0][0] * In2.m[0][2] + In1.m[0][1] * In2.m[1][2] + In1.m[0][2] * In2.m[2][2] + In1.m[0][3] * In2.m[3][2] ; m[0][3] = In1.m[0][0] * In2.m[0][3] + In1.m[0][1] * In2.m[1][3] + In1.m[0][2] * In2.m[2][3] + In1.m[0][3] * In2.m[3][3] ; m[1][0] = In1.m[1][0] * In2.m[0][0] + In1.m[1][1] * In2.m[1][0] + In1.m[1][2] * In2.m[2][0] + In1.m[1][3] * In2.m[3][0] ; m[1][1] = In1.m[1][0] * In2.m[0][1] + In1.m[1][1] * In2.m[1][1] + In1.m[1][2] * In2.m[2][1] + In1.m[1][3] * In2.m[3][1] ; m[1][2] = In1.m[1][0] * In2.m[0][2] + In1.m[1][1] * In2.m[1][2] + In1.m[1][2] * In2.m[2][2] + In1.m[1][3] * In2.m[3][2] ; m[1][3] = In1.m[1][0] * In2.m[0][3] + In1.m[1][1] * In2.m[1][3] + In1.m[1][2] * In2.m[2][3] + In1.m[1][3] * In2.m[3][3] ; m[2][0] = In1.m[2][0] * In2.m[0][0] + In1.m[2][1] * In2.m[1][0] + In1.m[2][2] * In2.m[2][0] + In1.m[2][3] * In2.m[3][0] ; m[2][1] = In1.m[2][0] * In2.m[0][1] + In1.m[2][1] * In2.m[1][1] + In1.m[2][2] * In2.m[2][1] + In1.m[2][3] * In2.m[3][1] ; m[2][2] = In1.m[2][0] * In2.m[0][2] + In1.m[2][1] * In2.m[1][2] + In1.m[2][2] * In2.m[2][2] + In1.m[2][3] * In2.m[3][2] ; m[2][3] = In1.m[2][0] * In2.m[0][3] + In1.m[2][1] * In2.m[1][3] + In1.m[2][2] * In2.m[2][3] + In1.m[2][3] * In2.m[3][3] ; m[3][0] = In1.m[3][0] * In2.m[0][0] + In1.m[3][1] * In2.m[1][0] + In1.m[3][2] * In2.m[2][0] + In1.m[3][3] * In2.m[3][0] ; m[3][1] = In1.m[3][0] * In2.m[0][1] + In1.m[3][1] * In2.m[1][1] + In1.m[3][2] * In2.m[2][1] + In1.m[3][3] * In2.m[3][1] ; m[3][2] = In1.m[3][0] * In2.m[0][2] + In1.m[3][1] * In2.m[1][2] + In1.m[3][2] * In2.m[2][2] + In1.m[3][3] * In2.m[3][2] ; m[3][3] = In1.m[3][0] * In2.m[0][3] + In1.m[3][1] * In2.m[1][3] + In1.m[3][2] * In2.m[2][3] + In1.m[3][3] * In2.m[3][3] ;
サンプル

  ベクトルをY軸回転90度する行列とY軸回転−90度する2倍に拡大する行列を乗算して
 ベクトルに対してY軸回転行列→2倍拡大行列の順で VTransform を使用した場合と同じ効果がある行列を作成します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix, Matrix1, Matrix2 ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Y軸回転90度する行列とY軸回転−90度する行列を作成 Matrix1 = MGetRotY( DX_PI_F / 2.0f ) ; Matrix2 = MGetRotY( -DX_PI_F / 2.0f ) ; // 二つの行列を0.5倍して加算したものを Matrix に代入 Matrix = MAdd( MScale( Matrix1, 0.5f ), MScale( Matrix2, 0.5f ) ) ; // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 200.0f, 0.0f, 0.0f ) ; // Vect1 を Matrix3 を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix1 の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "Y軸90度回転行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix1.m[0][0], Matrix1.m[0][1], Matrix1.m[0][2], Matrix1.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix1.m[1][0], Matrix1.m[1][1], Matrix1.m[1][2], Matrix1.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix1.m[2][0], Matrix1.m[2][1], Matrix1.m[2][2], Matrix1.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix1.m[3][0], Matrix1.m[3][1], Matrix1.m[3][2], Matrix1.m[3][3] ) ; // Matrix2 の値を画面に表示 DrawString( 0, 96, "Y軸−90度回転行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix2.m[0][0], Matrix2.m[0][1], Matrix2.m[0][2], Matrix2.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 128, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix2.m[1][0], Matrix2.m[1][1], Matrix2.m[1][2], Matrix2.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 144, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix2.m[2][0], Matrix2.m[2][1], Matrix2.m[2][2], Matrix2.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix2.m[3][0], Matrix2.m[3][1], Matrix2.m[3][2], Matrix2.m[3][3] ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 192, "乗算後の行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 208, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 224, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 240, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 256, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 288, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 304, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 336, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 352, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MScale( MATRIX InM, float Scale ) ;

概略行列のスケーリングを行う

引数 MATRIX InM : スケーリングする行列
float Scale : スケーリング値
戻り値スケーリングした結果の行列
解説  引数 InM で渡された行列の各要素に Scale を乗算した行列を戻り値として返す関数です。
戻り値行列 m[0][0] = InM.m[0][0] * Scale ; m[0][1] = InM.m[0][1] * Scale ; m[0][2] = InM.m[0][2] * Scale ; m[0][3] = InM.m[0][3] * Scale ; m[1][0] = InM.m[1][0] * Scale ; m[1][1] = InM.m[1][1] * Scale ; m[1][2] = InM.m[1][2] * Scale ; m[1][3] = InM.m[1][3] * Scale ; m[2][0] = InM.m[2][0] * Scale ; m[2][1] = InM.m[2][1] * Scale ; m[2][2] = InM.m[2][2] * Scale ; m[2][3] = InM.m[2][3] * Scale ; m[3][0] = InM.m[3][0] * Scale ; m[3][1] = InM.m[3][1] * Scale ; m[3][2] = InM.m[3][2] * Scale ; m[3][3] = InM.m[3][3] * Scale ;
サンプル

  ベクトルをY軸回転90度する行列とX軸回転90度する行列をそれぞれ0.5倍して
 加算したものを作ります。
  この行列はY軸回転90度する行列を使用して VTransform したベクトルと
 X軸回転90度する行列を使用して VTransform したベクトルをそれぞれ0.5倍して
 加算したものと同じ結果が出力される行列となります。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix, Matrix1, Matrix2 ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Y軸回転90度する行列とX軸回転90度する行列を作成 Matrix1 = MGetRotY( DX_PI_F / 2.0f ) ; Matrix2 = MGetRotX( DX_PI_F / 2.0f ) ; // 二つの行列を0.5倍して加算したものを Matrix に代入 Matrix = MAdd( MScale( Matrix1, 0.5f ), MScale( Matrix2, 0.5f ) ) ; // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 200.0f, 0.0f, 0.0f ) ; // Vect1 を Matrix3 を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix1 の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "Y軸90度回転行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix1.m[0][0], Matrix1.m[0][1], Matrix1.m[0][2], Matrix1.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix1.m[1][0], Matrix1.m[1][1], Matrix1.m[1][2], Matrix1.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix1.m[2][0], Matrix1.m[2][1], Matrix1.m[2][2], Matrix1.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix1.m[3][0], Matrix1.m[3][1], Matrix1.m[3][2], Matrix1.m[3][3] ) ; // Matrix2 の値を画面に表示 DrawString( 0, 96, "X軸90度回転行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix2.m[0][0], Matrix2.m[0][1], Matrix2.m[0][2], Matrix2.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 128, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix2.m[1][0], Matrix2.m[1][1], Matrix2.m[1][2], Matrix2.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 144, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix2.m[2][0], Matrix2.m[2][1], Matrix2.m[2][2], Matrix2.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix2.m[3][0], Matrix2.m[3][1], Matrix2.m[3][2], Matrix2.m[3][3] ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 192, "乗算後の行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 208, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 224, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 240, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 256, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 288, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 304, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 336, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 352, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MTranspose( MATRIX InM ) ;

概略転置行列を取得する

引数 MATRIX InM : 転置する行列
戻り値転置した結果の行列
解説  引数 InM で渡された行列を転置したものを戻り値として返す関数です。
 転置行列とは行列要素の行と列を逆転したものです。
 転置する行列が回転行列の場合は逆回転する行列となります。
戻り値行列 m[0][0] = InM.m[0][0] ; m[0][1] = InM.m[1][0] ; m[0][2] = InM.m[2][0] ; m[0][3] = InM.m[3][0] ; m[1][0] = InM.m[0][1] ; m[1][1] = InM.m[1][1] ; m[1][2] = InM.m[2][1] ; m[1][3] = InM.m[3][1] ; m[2][0] = InM.m[0][2] ; m[2][1] = InM.m[1][2] ; m[2][2] = InM.m[2][2] ; m[2][3] = InM.m[3][2] ; m[3][0] = InM.m[0][3] ; m[3][1] = InM.m[1][3] ; m[3][2] = InM.m[2][3] ; m[3][3] = InM.m[3][3] ;
サンプル

  ベクトルをY軸回転90度する行列を転置した行列を使用してベクトルを回転します。
  回転行列を転置した行列は逆回転( Y軸回転−90度 )する行列となります。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix, Matrix2 ; VECTOR Vect1, Vect2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // Y軸回転90度する行列を Matrix2 に代入 Matrix2 = MGetRotY( DX_PI_F / 2.0f ) ; // Matrix2 を転置した行列を Matrix に代入 Matrix = MTranspose( Matrix2 ) ; // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 200.0f, 0.0f, 0.0f ) ; // Vect1 を Matrix を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix ) ; // Matrix2 の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "Y軸90度回転行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix2.m[0][0], Matrix2.m[0][1], Matrix2.m[0][2], Matrix2.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix2.m[1][0], Matrix2.m[1][1], Matrix2.m[1][2], Matrix2.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix2.m[2][0], Matrix2.m[2][1], Matrix2.m[2][2], Matrix2.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix2.m[3][0], Matrix2.m[3][1], Matrix2.m[3][2], Matrix2.m[3][3] ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 192, "転置行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 208, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 224, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 240, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 256, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 288, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 304, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 336, "変換後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 352, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MInverse( MATRIX InM ) ;

概略逆行列を取得する

引数 MATRIX InM : 逆行列を求める行列
戻り値InM の逆行列
解説  引数 InM で渡された行列の逆行列を戻り値として返す関数です。
 行列は左から乗算する場合と右から乗算する場合で結果が変化するのですが、 逆行列は元の行列で左から乗算する場合と同じ結果が右から乗算した場合に出る行列です。

サンプル

  平行移動する行列とその逆行列を用意して、適当な値を持ったベクトルが
 平行移動行列→その逆行列 の順で VTransform すれば元の値に戻るかを試します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { MATRIX Matrix, Matrix2 ; VECTOR Vect1, Vect2, Vect3 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 平行移動する行列を Matrix2 に代入 Matrix2 = MGetTranslate( VGet( 200.0f, 100.0f, 80.0f ) ) ; // Matrix2 の逆行列を Matrix に代入 Matrix = MInverse( Matrix2 ) ; // 適当な値を Vect1 に代入 Vect1 = VGet( 200.0f, 0.0f, 0.0f ) ; // Vect1 を Matrix2 を使用して変換した値を Vect2 に代入 Vect2 = VTransform( Vect1, Matrix2 ) ; // Vect2 を Matrix2 の逆行列である Matrix で変換したものを Vect3 に代入 Vect3 = VTransform( Vect2, Matrix ) ; // Matrix2 の値を画面に表示 DrawString( 0, 0, "平行移動行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix2.m[0][0], Matrix2.m[0][1], Matrix2.m[0][2], Matrix2.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix2.m[1][0], Matrix2.m[1][1], Matrix2.m[1][2], Matrix2.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix2.m[2][0], Matrix2.m[2][1], Matrix2.m[2][2], Matrix2.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix2.m[3][0], Matrix2.m[3][1], Matrix2.m[3][2], Matrix2.m[3][3] ) ; // Matrix の値を画面に表示 DrawString( 0, 192, "逆行列", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 208, GetColor( 255,255,255 ), "m00 %f m01 %f m02 %f m03 %f", Matrix.m[0][0], Matrix.m[0][1], Matrix.m[0][2], Matrix.m[0][3] ) ; DrawFormatString( 0, 224, GetColor( 255,255,255 ), "m10 %f m11 %f m12 %f m13 %f", Matrix.m[1][0], Matrix.m[1][1], Matrix.m[1][2], Matrix.m[1][3] ) ; DrawFormatString( 0, 240, GetColor( 255,255,255 ), "m20 %f m21 %f m22 %f m23 %f", Matrix.m[2][0], Matrix.m[2][1], Matrix.m[2][2], Matrix.m[2][3] ) ; DrawFormatString( 0, 256, GetColor( 255,255,255 ), "m30 %f m31 %f m32 %f m33 %f", Matrix.m[3][0], Matrix.m[3][1], Matrix.m[3][2], Matrix.m[3][3] ) ; // 変換元のベクトル値 Vect1 を画面に表示 DrawString( 0, 288, "変換前のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 304, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect1.x, Vect1.y, Vect1.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect2 を画面に表示 DrawString( 0, 336, "平行移動後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 352, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect2.x, Vect2.y, Vect2.z ) ; // 変換後のベクトル値 Vect3 を画面に表示 DrawString( 0, 384, "逆行列乗算後のベクトル", GetColor( 255,255,255 ) ) ; DrawFormatString( 0, 400, GetColor( 255,255,255 ), "x=%f y=%f z=%f", Vect3.x, Vect3.y, Vect3.z ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




衝突検出系関数

宣言float Segment_Segment_MinLength( VECTOR SegmentAPos1, VECTOR SegmentAPos2, VECTOR SegmentBPos1, VECTOR SegmentBPos2 ) ;

概略二つの線分の最近点間の距離を得る

引数 VECTOR SegmentAPos1 : 二線分の片方の始点
VECTOR SegmentAPos2 : 二線分の片方の終点
VECTOR SegmentBPos1 : 二線分のもう片方の始点
VECTOR SegmentBPos2 : 二線分のもう片方の終点
戻り値二線分の最近点間の距離
解説  引数で渡された二つの線分が最も近づく点( 最近点 )同士の距離を得ます。

サンプル

  線分を二つ定義して、片方の線分の終点を左右動かし、二線分の最近点間の距離が 64 以下になった際に
 線分の色を赤色にします。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { float xadd, length ; VECTOR LineA1, LineA2, LineB1, LineB2 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 二線分の座標をセット LineA1 = VGet( 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; LineA2 = VGet( 0.0f, 200.0f, 0.0f ) ; LineB1 = VGet( 320.0f, 480.0f, 0.0f ) ; LineB2 = VGet( 320.0f, 240.0f, 0.0f ) ; // 座標と加算数の初期化 xadd = 8.0f ; // ウインドウが閉じられるか何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 線分の片方の終点を移動 LineA2.x += xadd ; if( LineA2.x < 0.0f || LineA2.x > 640.0f ) xadd = -xadd ; // 二線分の最近点どうしの距離を求める length = Segment_Segment_MinLength( LineA1, LineA2, LineB1, LineB2 ) ; // 片方の線分の描画 DrawLine( LineB1.x, LineB1.y, LineB2.x, LineB2.y, GetColor( 255,255,255 ) ) ; // もう一つの線分を距離が 64 以下だったら色を変えて描画 if( length < 64.0f ) { DrawLine( LineA1.x, LineA1.y, LineA2.x, LineA2.y, GetColor( 255,0,0 ) ) ; } else { DrawLine( LineA1.x, LineA1.y, LineA2.x, LineA2.y, GetColor( 0,255,0 ) ) ; } // 裏画面の内容を表画面に反映させる ScreenFlip() ; } // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float Segment_Triangle_MinLength( VECTOR SegmentPos1, VECTOR SegmentPos2, VECTOR TrianglePos1, VECTOR TrianglePos2, VECTOR TrianglePos3 ) ;

概略線分と三角形の最近点間の距離を得る

引数 VECTOR SegmentPos1 : 線分の始点
VECTOR SegmentPos2 : 線分の終点
VECTOR TrianglePos1 : 三角形を形成する頂点1
VECTOR TrianglePos2 : 三角形を形成する頂点2
VECTOR TrianglePos3 : 三角形を形成する頂点3
戻り値線分と三角形の最近点間の距離
解説  引数で渡された線分と三角形が最も近づく点( 最近点 )同士の距離を得ます。

サンプル

  線分と三角形の座標を定義して、線分の終点を左右動かし、線分と三角形の最近点間の距離が 64 以下になった際に
 三角形の色を赤色にします。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { float xadd, length ; VECTOR Line1, Line2, Tri1, Tri2, Tri3 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 線分の座標と三角形を形成する3頂点の座標をセット Line1 = VGet( 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; Line2 = VGet( 0.0f, 400.0f, 0.0f ) ; Tri1 = VGet( 320.0f, 200.0f, 0.0f ) ; Tri2 = VGet( 280.0f, 260.0f, 0.0f ) ; Tri3 = VGet( 360.0f, 260.0f, 0.0f ) ; // 座標と加算数の初期化 xadd = 8.0f ; // ウインドウが閉じられるか何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 線分の終点を移動 Line2.x += xadd ; if( Line2.x < 0.0f || Line2.x > 640.0f ) xadd = -xadd ; // 線分と三角形の最近点間の距離を求める length = Segment_Triangle_MinLength( Line1, Line2, Tri1, Tri2, Tri3 ) ; // 線分の描画 DrawLine( Line1.x, Line1.y, Line2.x, Line2.y, GetColor( 255,255,255 ) ) ; // 三角形との距離が 64 以下だったら色を変えて描画 if( length < 64.0f ) { DrawTriangle( Tri1.x, Tri1.y, Tri2.x, Tri2.y, Tri3.x, Tri3.y, GetColor( 255,0,0 ), TRUE ) ; } else { DrawTriangle( Tri1.x, Tri1.y, Tri2.x, Tri2.y, Tri3.x, Tri3.y, GetColor( 0,255,0 ), TRUE ) ; } // 裏画面の内容を表画面に反映させる ScreenFlip() ; } // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float Segment_Point_MinLength( VECTOR SegmentPos1, VECTOR SegmentPos2, VECTOR PointPos ) ;

概略線分と点の一番近い距離を得る

引数 VECTOR SegmentPos1 : 線分の始点
VECTOR SegmentPos2 : 線分の終点
VECTOR PointPos : 点の座標
戻り値線分と点が最も近づく座標間の距離
解説  引数で渡された線分と点が最も近づく座標間の距離を得ます。

サンプル

  線分と点の座標を定義して、点の座標を上下に動かし、線分と点の最近点間の距離が 64 以下になった際に
 線分の色を赤色にします。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { float yadd, length ; VECTOR Line1, Line2, Point ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 線分の座標と点の座標をセット Line1 = VGet( 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; Line2 = VGet( 640.0f, 480.0f, 0.0f ) ; Point = VGet( 320.0f, 0.0f, 0.0f ) ; // 座標と加算数の初期化 yadd = 4.0f ; // ウインドウが閉じられるか何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 点の座標を移動 Point.y += yadd ; if( Point.y < 0.0f || Point.y > 480.0f ) yadd = -yadd ; // 線分と点が最も近づく座標間の距離を求める length = Segment_Point_MinLength( Line1, Line2, Point ) ; // 点の描画 DrawPixel( Point.x, Point.y, GetColor( 255,255,255 ) ) ; // 点との距離が 64 以下だったら色を変えて描画 if( length < 64.0f ) { DrawLine( Line1.x, Line1.y, Line2.x, Line2.y, GetColor( 255,0,0 ) ) ; } else { DrawLine( Line1.x, Line1.y, Line2.x, Line2.y, GetColor( 0,255,0 ) ) ; } // 裏画面の内容を表画面に反映させる ScreenFlip() ; } // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言HITRESULT_LINE HitCheck_Line_Triangle( VECTOR LinePos1, VECTOR LinePos2, VECTOR TrianglePos1, VECTOR TrianglePos2, VECTOR TrianglePos3 ) ;

概略三角形と線分の当たり判定

引数 VECTOR LinePos1 : 線分の始点
VECTOR LinePos2 : 線分の終点
VECTOR TrianglePos1 : 三角形を形成する頂点1
VECTOR TrianglePos2 : 三角形を形成する頂点2
VECTOR TrianglePos3 : 三角形を形成する頂点3
戻り値衝突情報構造体 HITRESULT_LINE
解説  引数で渡された線分と三角形が接触しているかどうかを判定して、 その結果を衝突情報構造体 HITRESULT_LINE で返してきます。

HITRESULT_LINE 構造体は非常に単純な構造体でメンバ変数は以下の二つだけです。
// 接触しているかどうか( 1:接触している 0:接触していない ) int HitFlag ; // 接触した座標( HitFlag が 1 の場合のみ有効 ) VECTOR Position ;
サンプル

  線分と三角形の座標を定義して、線分の終点を上下に動かしながら線分と三角形の当たり判定を行い
 三角形と接触した場合は線分の始点と接触点とを結ぶ線を描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { float yadd ; HITRESULT_LINE Result ; VECTOR Line1, Line2, Tri1, Tri2, Tri3 ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 描画先を裏画面にする SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 線分の座標と三角形の座標をセット Line1 = VGet( 0.0f, 240.0f, 0.0f ) ; Line2 = VGet( 640.0f, 240.0f, 0.0f ) ; Tri1 = VGet( 320.0f, 128.0f, 0.0f ) ; Tri2 = VGet( 320.0f, 240.0f, 200.0f ) ; Tri3 = VGet( 320.0f, 240.0f, -200.0f ) ; // 座標と加算数の初期化 yadd = 4.0f ; // ウインドウが閉じられるか何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 線の終点座標を移動 Line2.y += yadd ; if( Line2.y < 0.0f || Line2.y > 480.0f ) yadd = -yadd ; // 線分と点が最も近づく座標間の距離を求める Result = HitCheck_Line_Triangle( Line1, Line2, Tri1, Tri2, Tri3 ) ; // 三角形を真横から見たときにできる線を描画 DrawLine( Tri1.x, Tri1.y, Tri2.x, Tri2.y, GetColor( 255,255,255 ) ) ; // 三角形と接触していたら始点と接触点を結ぶ線を // そうでない場合は始点と終点を結ぶ線を描画する if( Result.HitFlag == 1 ) { DrawLine( Line1.x, Line1.y, Result.Position.x, Result.Position.y, GetColor( 255,0,0 ) ) ; } else { DrawLine( Line1.x, Line1.y, Line2.x, Line2.y, GetColor( 0,255,0 ) ) ; } // 裏画面の内容を表画面に反映させる ScreenFlip() ; } // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




モデルの読み込み・複製関係の関数

宣言int MV1LoadModel( char *FileName ) ;

概略モデルの読み込み

引数 FileName : ロードする3Dモデルファイルのパス文字列のアドレス
戻り値 −1    : エラー発生
−1以外 : モデルのハンドル

解説  3Dモデルファイルをメモリにロードします。
DXライブラリで3Dモデルを扱うときに必ず使用する関数です。
 この関数が成功するとモデルハンドルというものが返ってきます。
これはメモリに読み込んだ3Dモデルファイルの識別番号で int 型の数値です。
 読み込んだモデルを扱う際にこの識別番号を使用することになりますので、 MV1LoadModel の戻り値は必ずなんらかの変数に格納しておく必要があります。

例  DxChara.x をロードして、戻り値であるモデルハンドルを
  int 型変数 MHandle に保存します

int MHandle ; MHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ;

読み込むことのできるモデルファイル形式は x, mqo, mv1, pmd( + vmd ), pmx( + vmd ) の4種類です。
( 但し、pmx は pmd 相当の機能だけを使用していた場合のみ正常に読み込める仮対応状態です )


 尚、形状情報とアニメーション(アニメーション)情報はファイルの内容通りに読み込めますが、 マテリアル情報は各ファイル形式それぞれで異なる表現をしているものを無理矢理DXライブラリのマテリアル表現で扱おうとするため、 大抵の場合モデリングソフト上とは異なった見た目になってしまいます。
 なので、そのような場合はDXライブラリに合わせてモデルファイルのマテリアルを調整していただくか、 DXライブラリの3Dツールでマテリアルを調整してからライブラリの専用形式である mv1 形式で保存して、そのファイルを使っていただくことになります。
 また、モデルファイルで使用されているテクスチャはモデルファイルの中には含まれませんので、 モデルファイルで指定されているフォルダにテクスチャファイルを格納しておく必要があります。


MMD( MikuMikuDance )のモデルファイル( pmd or pmx )とモーションファイル( vmd )について。

<対応度について>

 一応モーションの再生と取れに伴うIK、物理演算に対応していますが、完全に本家 MikuMikuDance と同じというわけではありません。


<読み込みについて>

 MikuMikuDance ではトゥーン用のテクスチャ( toon01.bmp 等 )はモデルファイル( pmd or pmx )が存在するテクスチャとは別のフォルダにあっても問題なく読み込むことが出来ますが、 DXライブラリではトゥーン用のテクスチャもモデルファイル( pmd or pmx )と同じフォルダに格納しておく必要があります。( トゥーン用のデフォルトテクスチャは MikuMikuDance の Dataフォルダの中にあります )

 また、DXライブラリでは MMD のモデルファイル形式( pmd or pmx )とモーションファイル形式( vmd )の読み込みに対応していますが、 モーションファイル( vmd )はモデルファイル( pmd or pmx )を読み込む際に一緒に読み込まれるようになっています。
 ただ、MV1LoadModel にはモーションファイルのファイル名を渡す引数はありませんので、 次のようなルールでモデルファイル( pmd or pmx )用のモーションファイルを検索します。

 1.モデルファイル名に3桁の番号がついたモーションファイルがあるか検索して、あったら読み込む
   ( 検索する番号は 000 から )

     例えば、Miku.pmd ( 若しくは Miku.pmx ) というファイル名を FileName として渡した場合は、
     最初に Miku000.vmd というモーションファイルが存在するか調べます。

 2.検索する番号を000から順に1づつ増やしていき、存在しないファイル名になるまで読み込む

     例えば、Miku000.vmd、Miku001.vmd、Miku002.vmd と数字の繋がった3つのモーションファイルが
     あった場合は3つとも読み込まれます。
     仮に Miku000.vmd, Miku001.vmd, Miku005.vmd のように、番号が途切れていたら、Miku000.vmd と
     Miku001.vmd の二つだけ読み込まれ、Miku005.vmd は読み込まれません。

 尚、読み込み時にIK計算を行いますので、xファイルやmv1ファイルに比べて読み込み時間が非常に長くなっています。


<ループ再生するモーションについて>

 モーションの中には歩きや走りといったループさせて再生を行う用途のモーションがあると思います。

 そのようなモーションの vmd ファイルは、<読み込みについて>の解説にあったファイル名の付け方にある3桁のモーションの番号の最後に半角の L をつけてください。

例:Miku000.vmd 〜 Miku002.vmd の3つのファイルがあり、Miku000.vmd と Miku002.vmd が
  ループ再生用途のモーションの場合

 Miku000.vmd Miku001.vmd Miku002.vmd

         ↓

 Miku000L.vmd Miku001.vmd Miku002L.vmd


 L を付けることで関数 MV1SetLoadModelUsePhysicsMode の設定が「読み込み時に物理演算を行う」 DX_LOADMODEL_PHYSICS_LOADCALC となっている場合( デフォルトの設定は DX_LOADMODEL_PHYSICS_LOADCALC です )の物理演算がループ再生用途のモーション用にモーションの最初と最後のフレームが綺麗に繋がり自然なループ再生ができるように処理されます。
 逆にループ用途のモーションではないのに L を付けてしまうとモーションの最後の部分が変になってしまうので注意してください。
 また、L を付けても物理演算によって動く部分の動きが激しいときはやっぱりループ時に不自然な見え方になってしまいますので、 その際はリアルタイム物理演算の設定である DX_LOADMODEL_PHYSICS_REALTIME をお使いください。


<モーションの再生について>

 モーションの再生は他の形式と同じように MV1AttachAnim を使用します( AnimIndex は vmd についている番号を指定します )
 フレーム構造の違う他のモデルのモーションを使用する場合は MV1AttachAnim の NameCheck を TRUE にしてください。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x を読み込んで画面に表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1DuplicateModel( int SrcMHandle ) ;

概略指定のモデルと同じ基礎データを使用してモデルを作成する

引数 int SrcMHandle : 作成するモデルの基礎データを持つモデルのハンドル
戻り値 −1    : エラー発生
−1以外 : モデルのハンドル

解説  SrcMHandle が持つ基礎モデルデータを使用してモデルを作成します。
 用途としては、たとえばアクションゲームの雑魚敵など、 同じ見た目で大量に登場するキャラクターが居る場合、 その数だけ MV1LoadModel をしてしまうと同じ3Dモデルデータが幾つもメモリ上に存在することになり効率的ではありません( それに読み込み時間も掛かります )、 なのでそんな場合にはキャラクターモデル一つに付き一回だけ MV1LoadModel で読み込んで、 後は MV1LoadModel ではなく MV1DuplicateModel を使用してモデルハンドルを作成するようにすれば使用メモリ容量と読み込み時間を大幅に削減することができます。

 因みに画像ハンドルのように一つのモデルを使用して一体描画する度に位置や再生するアニメーションなどを切り替え、 再度描画するといったことをすることでモデルハンドル一つで複数のキャラクターを表現することは可能ですが、 2Dの画像一枚と違い3Dモデルには色々な状態情報が含まれていますので、キャラクターの数だけモデルハンドルを作成したほうが速度的には有利です。

 なお、作成されるモデルハンドルには、SrcMHandle が示すモデルの座標値や回転値、 アタッチしているアニメーションなど MV1LoadModel 以降に設定された情報は基本的に継承されません。 ( 特別に継承される情報を変更する関数には、その関数の解説でその旨を記載しています )



サンプル

  モデルファイル DxChara.x を読み込んだあと、同じデータを使用するモデルハンドルを3つ作成し、 それぞれ座標をずらして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle[ 4 ] ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle[ 0 ] = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 同じデータを使用するモデルハンドルを3つ作成する ModelHandle[ 1 ] = MV1DuplicateModel( ModelHandle[ 0 ] ) ; ModelHandle[ 2 ] = MV1DuplicateModel( ModelHandle[ 0 ] ) ; ModelHandle[ 3 ] = MV1DuplicateModel( ModelHandle[ 0 ] ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle[ 0 ], VGet( -200.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; MV1SetPosition( ModelHandle[ 1 ], VGet( 150.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; MV1SetPosition( ModelHandle[ 2 ], VGet( 500.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; MV1SetPosition( ModelHandle[ 3 ], VGet( 850.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle[ 0 ] ) ; MV1DrawModel( ModelHandle[ 1 ] ) ; MV1DrawModel( ModelHandle[ 2 ] ) ; MV1DrawModel( ModelHandle[ 3 ] ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle[ 0 ] ) ; MV1DeleteModel( ModelHandle[ 1 ] ) ; MV1DeleteModel( ModelHandle[ 2 ] ) ; MV1DeleteModel( ModelHandle[ 3 ] ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1DeleteModel( int MHandle ) ;

概略モデルを削除する

引数 int MHandle : 削除するモデルのハンドル
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle で渡されたモデルハンドルが示すモデルをメモリ上から削除します。
 用途はメモリの節約と、モデルハンドルの節約です。( モデルハンドルは最大で 65536 個までしか作れません )
 使用しなくなったモデルハンドルをこの関数で削除せずに次々と新たなモデルを読み込んだり MV1DuplicateModel で複製したりすると何れメモリが足りなくなるかモデルハンドルの限界数に達するかをしてしまいますので、 使用しなくなったモデルハンドルはこの関数で削除するようにしてください。

 因みに DxLib_End を呼ぶと作成されていたモデルは自動的に削除されますので、 DxLib_End の前に作成していたモデル全てに対して MV1DeleteModel をする必要はありません。

サンプル

 DxChara.x を MV1LoadModel で読み込んだ後、ひたすら MV1DuplicateModel でモデルを作成 → 描画 → MV1DeleteModel で削除を繰り返します。 ( サンプルでは MV1DeleteModel を使うために無意味に作成と削除を繰り返していますが、移動して描画する度に削除と作成をしなければいけないわけではありません )

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, DupModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 何かボタンが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 読み込んだデータと同じデータを使用するモデルハンドルを作成する DupModelHandle = MV1DuplicateModel( ModelHandle ) ; // 画面に映るランダムな位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( DupModelHandle, VGet( ( float )GetRand( 639 ), ( float )-GetRand( 300 ), GetRand( 300 ) + 300.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( DupModelHandle ) ; // 3Dモデルの削除 MV1DeleteModel( DupModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SetLoadModelUsePhysicsMode( int PhysicsMode ) ;

概略読み込むモデルの物理演算モードを設定する

引数 int PhysicsMode : 読み込むモデルに適用する物理演算モード
     DX_LOADMODEL_PHYSICS_LOADCALC  ファイル読み込み時に物理演算を行う
     DX_LOADMODEL_PHYSICS_REALTIME   リアルタイム物理演算を行う
     DX_LOADMODEL_PHYSICS_DISABLE    物理演算を使用しない
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MV1LoadModel で読み込まれる3Dモデルに物理演算用の情報がある場合の処理を設定します。
 物理演算用の情報がないモデルを読み込む場合はこの関数の設定は関係ありません。


DX_LOADMODEL_PHYSICS_LOADCALC  ファイル読み込み時に物理演算を行う(デフォルト)

  ファイル読み込み時にアニメーションを再生しながらの物理演算をシミュレーション(計算)して、
 その結果をアニメーションに含めてしまいます。

  物理演算用情報を持ったモデル特有の処理をしなくても物理演算の恩恵を受けることができ、
 処理負荷もアニメーションを再生しながら物理演算を行う DX_LOADMODEL_PHYSICS_REALTIME より
 低くなりますが、シミュレーションは「その場に立ち止まった状態でアニメーションを再生した」ことを
 前提として行われるため、見た目は DX_LOADMODEL_PHYSICS_REALTIME より不自然になります。


DX_LOADMODEL_PHYSICS_REALTIME  リアルタイム物理演算を行う

  DX_LOADMODEL_PHYSICS_LOADCALC と違いリアルタイムに物理演算を行います。
  リアルタイムに3Dモデルの挙動に即した物理演算が行われるため、
 DX_LOADMODEL_PHYSICS_LOADCALC より自然な動きになります。

  ただ、代わりに MV1SetScale によるスケーリングができないという点と、処理負荷が
 DX_LOADMODEL_PHYSICS_LOADCALC より高いというデメリットがあります。

  リアルタイムの物理演算には通常の3Dモデルを扱う関数のほかに実際に物理演算を行う関数
 MV1PhysicsCalculation と物理演算の状態をリセットする関数 MV1PhysicsResetState を使用します。

  尚、現時点では各モデル個別に物理演算を行うため、物理演算の情報を持つモデル同士の
 衝突などには対応していません。


DX_LOADMODEL_PHYSICS_DISABLE  物理演算を使用しない

  物理演算用の情報が含まれる3Dモデルを読み込んだ際も物理演算用の情報が
 ない3Dモデルとして扱います。

サンプル

 リアルタイム物理演算モードで Test.pmd と Test000.vmd を MV1LoadModel で読み込んで
リアルタイム物理演算を行いながらアニメーション0をループ再生します。
 尚、Test.pmd と Test000.vmd はDXライブラリのパッケージには含まれていませんので、別途用意してください。
 PMDのキャラクターは大体同じ大きさですので、カメラの設定などはそのままで問題ないと思います。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, AttachIndex ; float TotalTime, PlayTime ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 次に読み込むモデルの物理演算モードをリアルタイム物理演算にする MV1SetLoadModelUsePhysicsMode( DX_LOADMODEL_PHYSICS_REALTIME ) ; // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "Test.pmd" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // カメラに映る範囲( カメラからの距離の範囲 )を設定 SetCameraNearFar( 10.0f, 1000.0f ) ; // カメラの位置と向きを設定 SetCameraPositionAndTarget_UpVecY( VGet( 0.0f, 19.0f, -22.5f ), VGet( 0.0f, 10.0f, 0.0f ) ) ; // 3Dモデルの0番目のアニメーションをアタッチする AttachIndex = MV1AttachAnim( ModelHandle, 0, -1, FALSE ) ; // アタッチしたアニメーションの総再生時間を取得する TotalTime = MV1GetAttachAnimTotalTime( ModelHandle, AttachIndex ) ; // 物理演算の状態をリセット MV1PhysicsResetState( ModelHandle ) ; // 再生時間の初期化 PlayTime = 0.0f ; // 何かキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 再生時間を進める PlayTime += 0.5f ; // 再生時間がアニメーションの総再生時間に達したら再生時間を0に戻す if( PlayTime >= TotalTime ) { PlayTime = 0.0f ; // 再生時間をセットする MV1SetAttachAnimTime( ModelHandle, AttachIndex, PlayTime ) ; // モーションがループしたときに位置が移動することがあるので物理演算の状態をリセット MV1PhysicsResetState( ModelHandle ) ; } else { // 再生時間をセットする MV1SetAttachAnimTime( ModelHandle, AttachIndex, PlayTime ) ; } // 物理演算を60分の1秒経過したという設定で実行 MV1PhysicsCalculation( ModelHandle, 1000.0f / 60.0f ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SetLoadModelPhysicsWorldGravity( float Gravity ) ;

概略読み込むモデルの物理演算に適用する重力パラメータを設定する

引数 float Gravity : Y軸方向の重力の強さ( デフォルト値:-122.5f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MV1LoadModel で読み込まれる3Dモデルに物理演算用の情報があり、且つ物理演算を行う場合に適用する重力のY軸方向の強さを設定します。
 デフォルト値は -122.5f で、値をより低くすれば( マイナス方向に値を大きくすれば )重力は強くなり、高くすれば( プラス方向に値を大きくすれば )重力は小さくなります。
 例えば値をプラスにすると空に向かって重力が働くことになります。

 この関数は MV1LoadModel を呼び出す前に使用します。

サンプル

ありません






モデル描画関係

宣言int MV1DrawModel( int MHandle ) ;

概略モデルを描画する

引数 int MHandle : 描画するモデルのハンドル
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルを画面に描画します。
 用途はモデルを画面に表示したい場合など・・・

 因みに、Zバッファを使用した現状の3Dレンダリングでは半透明の描画物は視点から最も離れているものから順に描画しないと正常な見た目になりませんので、 もし描画するモデルの中に半透明の部分が含まれている場合は視点からの距離を考慮した上で MV1DrawFrameMV1DrawMesh で描画する必要があります。 ( DXライブラリ自体にZソートの機能はありません )

サンプル

 MV1LoadModel のサンプルを参考にして下さい。



宣言int MV1DrawFrame( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略モデルの指定のフレームを描画する

引数 int MHandle : 描画するモデルのハンドル
int FrrameIndex : 描画するフレームの番号
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデル中の FrameIndex 番目のフレームが持つメッシュ( ポリゴンの集合 )を画面に描画します。 ( DXライブラリではモデル中の階層構造を「フレーム」と呼称します。また、フレームの構造は基本的にモデルファイルの通りになります )
 フレームにメッシュが含まれていない場合は何も描画されません。

 用途としては、モデルの一部分のみを描画したい場合や、モデル中に半透明の部分がありパーツ単位で前後関係を考慮して描画しなければならない場合などに使用します。

 尚、モデル中に何個フレームがあるかは MV1GetFrameNum 関数で、各フレームの名前等はそれぞれの座標などは『フレーム関係』の関数を使用することで取得することができます。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x を読み込んで、2番目のフレームのみ画面に描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの2番目のフレームを描画 MV1DrawFrame( ModelHandle, 2 ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1DrawMesh( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略モデルの指定のメッシュを描画する

引数 int MHandle : 描画するモデルのハンドル
int MeshIndex : 描画するメッシュの番号
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデル中の MeshIndex 番目のメッシュを描画します。 ( DXライブラリではポリゴンの集合のことを「メッシュ」と呼称します )
 モデルの一部分を描画したい場合は MV1DrawFrame 関数を使用しますが、この関数は「フレーム」より細かい単位の「メッシュ」で描画を行います。
 用途は MV1DrawFrame と同じで、フレームより細かい単位で描画したい場合や、フレーム中の一部分のみ半透明のものがあり、前後関係を考慮した上で個別に描画したい場合などに使用します。

 構造的には、メッシュは必ずどこかのフレームに所属していて、フレームが持つメッシュを全て描画するのが MV1DrawFrame 関数、その内の一つだけを描画するのが MV1DrawMesh 関数となります。

 フレームに含まれるメッシュの数ははフレームに含まれるポリゴンに使用されているマテリアル( 材質 )の数と比例します。つまり、マテリアル毎にメッシュが分かれているというわけです。
 なので、例えば「布」「金属」「革」といった3つのマテリアルを使用したフレームが存在した場合は、そのフレームが持つメッシュの数は3つになります。

 モデル中に何個メッシュがあるかは MV1GetMeshNum 関数で、各フレームに含まれるメッシュの数は MV1GetFrameMeshNum 関数で、 各フレームに含まれるメッシュの識別番号は MV1GetFrameMesh で取得することができます。
 また、各メッシュの情報を取得したり設定したりする関数は『メッシュ関係』に一覧があります。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x を読み込んで、0番目のメッシュを画面に描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの0番目のメッシュを描画 MV1DrawMesh( ModelHandle, 0 ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1DrawTriangleList( int MHandle, int TriangleListIndex ) ;

概略モデルの指定のトライアングルリストを描画する

引数 int MHandle : 描画するモデルのハンドル
int TriangleListIndex : 描画するトライアングルリストの番号
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデル中の TriangleListIndex 番目のトライアングルリストを描画します。
 「メッシュ」は一つ又は複数の「トライアングルリスト」から構成されています。
 普通は一つのメッシュに含まれるトライアングルリスト( 3角形ポリゴンの塊 )は一つですが、 一度に処理できるポリゴンや頂点の数が限界を超えた場合や、種類の違うタイプの頂点が一つのメッシュに混在する場合などは複数のトライアングルリストが一つのメッシュ内に含まれることがあります。
 普段3Dモデルを描画する際にメッシュ以上に細かい単位で描画することは無いのですが、 オリジナルのシェーダープログラムを使用してモデル描画を行う場合は頂点のタイプによって使用するシェーダープログラムを変更しなければならないので、 オリジナルのシェーダーを使用して、且つ複数種類の頂点が混合しているようなメッシュを描画する場合のみこの関数を使用します。  つまり滅多に使用する機会はありません。

サンプル

 ありません




モデル描画設定関数

宣言int MV1SetUseOrigShader( int UseFlag ) ;

概略モデルの描画にオリジナルシェーダープログラムを使用するかどうかを設定する

引数 int UseFlag : オリジナルのシェーダーを使用するかどうかのフラグ
           ( TRUE:使用する  FALSE:使用しない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MV1DrawModelMV1DrawFrame などのモデル描画関数を使用してモデルを描画する場合に関数 SetUseVertexShader, SetUsePixelShader で設定したシェーダーを使用するかどうかをこの関数で設定します。

 TRUE を渡してこの関数を呼び出した場合は、SetUseVertexShader と SetUsePixelShader で設定したシェーダーで描画が行われます。
 その際の頂点シェーダーに渡される頂点データの形式については LoadVertexShader の解説を参照してください。

 また、メッシュに含まれるトライアングルリストがどの頂点データ形式が頂点シェーダーに渡されるかは、以下のプログラムによって判断することができます。


int MeshNo = 0 ; // 任意のメッシュ int TriangleListIndex ; int TriangleListDataType ; // メッシュに含まれるトライアングルリスト番号 0 のモデル全体でのトライアングルリスト番号を取得 TriangleListIndex = MV1GetMeshTList( MeshNo, 0 ) ; // トライアングルリストの頂点データタイプを取得 TriangleListDataType = MV1GetTriangleListVertexType( TriangleListIndex ) ;


 上記プログラムの結果、TriangleListDataType に代入された値が

DX_MV1_VERTEX_TYPE_1FRAME の場合は
 LoadVeretxShader の解説にある「剛体メッシュの場合」のデータ形式、

DX_MV1_VERTEX_TYPE_4FRAME の場合は
 「1頂点へ影響を与えるフレームの数が1〜4個のスキニングメッシュの場合」のデータ形式、

DX_MV1_VERTEX_TYPE_8FRAME の場合は
 「1頂点へ影響を与えるフレームの数が1〜8個のスキニングメッシュの場合」のデータ形式、

DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_1FRAME の場合は
 「法線マップ付き剛体メッシュの場合」のデータ形式、

DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_4FRAME の場合は
 「1頂点へ影響を与えるフレームの数が1〜4個の法線マップ付きスキニングメッシュの場合」のデータ形式、

DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_8FRAME の場合は
 「1頂点へ影響を与えるフレームの数が1〜8個の法線マップ付きスキニングメッシュの場合」のデータ形式、

 となります。

 また、SetUseTextureToShader で特にテクスチャが設定されていない場合は3Dモデル描画時はデフォルトで

StageIndex 0 にディフューズマップテクスチャが、
StageIndex 1 に法線マップテクスチャが
StageIndex 2 にスペキュラマップテクスチャが、
StageIndex 3 にトゥーンレンダリング用のディフューズグラデーションテクスチャが、
StageIndex 4 にトゥーンレンダリング用のスペキュラグラデーションテクスチャが、
StageIndex 5 にトゥーンレンダリング用の数値飽和処理用のボリュームテクスチャが、
StageIndex 6 にトゥーンレンダリング用のスフィアマップテクスチャが、

 それぞれ存在する場合は設定されます。


 尚、この関数で TRUE を設定したとしてもプログラムを実行するPCがプログラマブルシェーダーに対応していない場合はシェーダープログラムを使用しない描画になりますので注意してください。 ( プログラマブルシェーダーが使用できるかどうかは GetValidShaderVersion で確認することができます )

サンプル

  オリジナルシェーダーを利用した3Dモデルの描画サンプルや、デフォルトのシェーダー処理についての情報などは
 こちらをご参照ください。



宣言int MV1SetSemiTransDrawMode( int DrawMode ) ;

概略モデルの半透明要素がある部分についての描画モードを設定する

引数 int DrawMode : モデルの半透明要素がある部分についての描画モード
     DX_SEMITRANSDRAWMODE_ALWAYS     : 半透明かどうか関係なく描画する( デフォルト )
     DX_SEMITRANSDRAWMODE_SEMITRANS_ONLY   : 半透明の部分のみ描画する
     DX_SEMITRANSDRAWMODE_NOT_SEMITRANS_ONLY : 半透明ではない部分のみ描画する
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  モデルの半透明要素がある部分についての描画モードを設定します。
設定できるモードは以下の3つです。


 DX_SEMITRANSDRAWMODE_ALWAYS

  半透明の要素があるかどうか関係なく必ず描画します。
  デフォルトではこのモードになっています。


 DX_SEMITRANSDRAWMODE_SEMITRANS_ONLY

  半透明の要素がある部分のみ描画します。少しでも半透明の要素がある場合は描画され、
  半透明の要素が少しも無い場合は描画されません。


 DX_SEMITRANSDRAWMODE_NOT_SEMITRANS_ONLY

  DX_SEMITRANSDRAWMODE_SEMITRANS_ONLY とは逆に半透明の要素が少しでもある部分は
  描画されないモードです。



 この関数を呼んだ後の MV1DrawModel、MV1DrawFrame、MV1DrawMesh、MV1DrawTriangleList の呼び出しに影響を与えます。

 この関数の用途ですが、主に「描画する全ての3Dモデルの半透明要素が無い部分のみ」を先に描画して、 その後に「描画する全ての3Dモデルの半透明要素がある部分のみ」を描画するために使用します。

 何故先に「半透明要素が無い部分のみ」を描画する必要があるのかと言いますと、 それは3D描画の前後関係解決に使用されるZバッファと半透明描画の相性の悪さにあります。

 Zバッファは「3D描画を行った際の各ピクセルの奥行き」を記録しておき、 後から同じピクセルに対して3D描画された際に「前回の3D描画を行った際に記録しておいた奥行き」より 「後から行った3D描画の奥行き」の方が大きい( 奥にある )場合は描画せず、 小さい( 手前にある )場合は描画するという処理をしてくれるもので、3D描画にはとても便利( 2D描画のように手前に表示したいものを後から描画しないといけない、といった前後関係を気にする必要が無くなる為 ) な機能なのですが、この機能は半透明描画とはとても相性が悪いのです。

 例えば「半透明のもの」は本来「半透明のものより奥のもの」が透けて見えますが、 このZバッファの機能を使用しながら「半透明のもの」を「半透明のものより奥にあるもの」より先に描画してしまうと、 「半透明のものより奥にあるもの」を後から描画してもZバッファに「既にもっと手前に描画されたものがあるから描画しません」 と、本来なら「半透明のもの」が透けてその奥に見える筈の「半透明のものより奥にあるもの」が描画されないという事態を引き起こしてしまいます。

 この問題を回避するには、以下の様な手順で描画を行う必要があります。


1.半透明要素が無いものを全て描画する

2.半透明要素があるものを、奥のものから順番に描画する


 まずZバッファと相性の良い「半透明要素が無いもの」を先に全て描画してしまい 『半透明のものの奥にあるはずのものが表示されていない』という事態を回避します。

 その次に、Zバッファと相性の悪い「半透明要素があるもの」を奥のものから順番に描画します。
( 前述の通り半透明のものはZバッファを頼りにした前後関係の解決は望めないため )

 これで正常な描画結果を得ることができます。

 尚、「半透明要素があるもの」を奥のものから順番に描画しなかった場合に不都合が発生するのは

『「半透明要素があるもの」同士が画面内で重なり、
 且つ手前にある「半透明要素があるもの」が先に描画された場合』

なので、 「半透明要素があるもの」が少なく、滅多に「半透明要素があるもの」同士が画面内で重なることが無い、 重なっても一瞬で気付かない程度、という場合は「半透明要素があるもの」についても前後関係を無視して描画してしまうのもありです。 ( 奥のものから順番に描画するためのソート処理は負荷が高いことも多いので )

 改めて MV1SetSemiTransDrawMode の用途ですが、上記の「半透明要素が無いものを先に全て描画する」 「半透明要素があるものを後から全て描画する」を実現するために使用します。

 「半透明要素が無いものを先に全て描画する」を行う場合は DrawMode に DX_SEMITRANSDRAWMODE_NOT_SEMITRANS_ONLY を渡して MV1SetSemiTransDrawMode を呼び出した後に全ての3Dモデルを MV1DrawModel で描画、

 「半透明要素があるものを後から全て描画する」を行う場合は DrawMode に  DX_SEMITRANSDRAWMODE_SEMITRANS_ONLY を渡して MV1SetSemiTransDrawMode を呼び出した後に全ての3Dモデルを MV1DrawModel で描画します。

サンプル

  画面左側に通常の設定で半透明の3Dモデルと不透明の3Dモデルを描画、画面右側に解説にある
 手順で同様に半透明の3Dモデルと不透明の3Dモデルを描画して結果を比較するサンプルです。

Windows用
#include "DxLib.h" #define CHARA_SPACE (300.0f) #define CHARA_X (250.0f) int CharaModelHandle ; // キャラクターモデルの描画 void Chara_Draw( float x ) { int i ; // 手前から2体描画 for( i = 0 ; i < 2 ; i ++ ) { // 先頭のキャラを半透明にする MV1SetOpacityRate( CharaModelHandle, i == 0 ? 0.5f : 1.0f ) ; // 座標を設定 MV1SetPosition( CharaModelHandle, VGet( x, 0.0f, i * CHARA_SPACE ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( CharaModelHandle ) ; } } int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら終了 return -1 ; } // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // キャラクターモデルの読み込み CharaModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // カメラの位置と向きを設定 SetCameraPositionAndTarget_UpVecY( VGet( 0.0f, 400.0f, -700.0f ), VGet( 0.0f, 400.0f, 0.0f ) ); // 描画する奥行き方向の範囲を設定 SetCameraNearFar( 20.0f, 5000.0f ); // 背景の色を灰色に変更 SetBackgroundColor( 128,128,128 ) ; // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // メインループ while( ProcessMessage() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 通常の設定で画面左側にキャラクターを描画 MV1SetSemiTransDrawMode( DX_SEMITRANSDRAWMODE_ALWAYS ) ; Chara_Draw( -CHARA_X ) ; // 画面右側に先に半透明要素の無い3Dモデルのみ描画する設定でキャラクターを描画した後、 // 半透明要素のある3Dモデルのみ描画する設定でキャラクターを描画する MV1SetSemiTransDrawMode( DX_SEMITRANSDRAWMODE_NOT_SEMITRANS_ONLY ) ; Chara_Draw( CHARA_X ) ; MV1SetSemiTransDrawMode( DX_SEMITRANSDRAWMODE_SEMITRANS_ONLY ) ; Chara_Draw( CHARA_X ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( CharaModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。






モデル基本制御関係

宣言int MV1SetPosition( int MHandle, VECTOR Position ) ;

概略モデルの座標をセットする

引数 int    MHandle : モデルのハンドル
VECTOR Position : モデルにセットする座標
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの座標をセットします。

 グラフィックハンドルでは座標やスケールと言ったものは画像自体には保持せず DrawGraphDrawExtendGraph などの描画関数を呼ぶ際に直接指定していましたが、 3Dモデルは設定すべき情報が多く、項目の数に合わせて描画関数のバリエーションを増やしたらとんでもないことになってしまうので、 この MV1SetPosition などの関数で描画を行う前に予め座標や回転値を設定するようになっています。

 座標は VECTOR 型の構造体( float x, y, z をメンバ変数に持つ構造体 )が引数になっていて、 いちいち VECTOR 構造体を定義してメンバ変数に座標値を代入して、という手順を踏まなければならなくて面倒ですが、 x, y, z の値を引数で渡すと VECTOR 構造体を戻り値として返してくれる VGet 関数を使用すれば面倒ではなくなります。

// 普通に引数を渡そうとすると面倒・・・ VECTOR Position ; Position.x = 0.0f ; Position.y = 400.0f ; Position.z = -600.0f ; MV1SetPosition( MHandle, Position ) ; ----------------------------------------------- // VGet 関数を使用すれば簡単 MV1SetPosition( MHandle, VGet( 0.0f, 400.0f, -600.0f ) ) ;


サンプル

 MV1LoadModel のサンプルを参考にして下さい。



宣言VECTOR MV1GetPosition( int MHandle ) ;

概略モデルの座標を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値モデルの座標

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの座標を取得します。
 MV1SetPosition でセットした座標を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetScale( int MHandle, VECTOR Scale ) ;

概略モデルの拡大値をセットする

引数 int    MHandle : モデルのハンドル
VECTOR Scale  : 拡大値
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの拡大値を設定します。
 Scale で渡す VECTOR 構造体の各メンバ変数( x, y, z )の値を 2.0f にするとモデルが2倍の大きさに、逆に 0.5f 等にすると半分の大きさになります。 尚、マイナスの値を渡すと見た目が破綻します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x を読み込んで、x軸方向に2倍に拡大して描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルのスケールをx軸方向に2倍にする MV1SetScale( ModelHandle, VGet( 2.0f, 1.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR MV1GetScale( int MHandle ) ;

概略モデルの拡大値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値モデルの拡大値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの拡大値を取得します。
 MV1SetScale でセットした拡大値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetRotationXYZ( int MHandle, VECTOR Rotate ) ;

概略モデルの回転値をセットする

引数 int    MHandle : モデルのハンドル
VECTOR Rotate  : 回転値( 単位はラジアン )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの回転値を設定します。
 Rotate で渡す VECTOR 構造体の各メンバ変数( x, y, z )の値はそれぞれ x軸回転値、y軸回転値、z軸回転値を代入しておきます。 ( 回転値の単位はラジアンですので、度数単位の値を代入する場合は 度 * DX_PI_F / 180.0f の計算をしてください )

 キャラクターモデルの向いている方向を設定する場合は y軸回転を使用します。

 尚、回転の順番は x軸回転 → y軸回転 → z軸回転 です。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x を読み込んで、y軸を回転軸として90度回転して描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3DモデルのY軸の回転値を90度にセットする MV1SetRotationXYZ( ModelHandle, VGet( 0.0f, 90.0f * DX_PI_F / 180.0f, 0.0f ) ) ; // 3Dモデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言VECTOR MV1GetRotationXYZ( int MHandle ) ;

概略モデルの回転値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値モデルの回転値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの回転値を取得します。
 MV1SetRotationXYZ でセットした回転値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetRotationZYAxis( int MHandle, VECTOR ZAxis, VECTOR YAxis, float ZTwist ) ;

概略モデルのZ軸とY軸の方向をセットする

引数 int    MHandle : モデルのハンドル
VECTOR ZAxis : Z軸の方向
VECTOR YAxis : Y軸の方向
float   ZTwist : ZAxis を回転軸とした回転値( 単位はラジアン )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの回転値をZ軸の方向、Y軸の方向と、ZAxis で指定した方向を軸とした回転値で設定します。 ( ZAxis, YAxis は正規化されている必要はありません )

 この関数は何かのモデルをある方向に向けたい場合などに使用します。( 砲台を敵の方向に向けるなど )

サンプル

  モデルファイル DxChara.x を読み込んで、モデルのz軸の方向を画面左上の方に向けて描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 0.0f, 600.0f ) ) ; // 3DモデルのZ軸を画面左上方向に向ける // ( DxChara.x はZ軸のマイナス方向に向いているので右下方向に傾きます ) MV1SetRotationZYAxis( ModelHandle, VGet( -0.5f, 0.5f, 0.0f ), VGet( 0.5f, 0.5f, 0.0f ), 0.0f ) ; // 3Dモデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SetMatrix( int MHandle, MATRIX Matrix ) ;

概略モデルの座標変換用行列をセットする

引数 int    MHandle : モデルのハンドル
MATRIX Matrix : 座標変換用行列
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの座標変換用行列をセットします。

 この関数は MV1SetPosition 関数や MV1SetScaleMV1SetRotationXYZ関数などの代わりに行列を使用してローカル → ワールド座標変換を行いたい場合に使用します。

 この関数に単位行列以外の行列を渡すと、以後 MV1SetPosition や MV1SetScale 等の関数の設定は無視され、 MV1SetMatrix 関数で設定した行列のみを使用してローカル → ワールド座標変換が行われるようになります。 ( 解除する場合は MV1SetMatrix 関数に単位行列を渡します )

サンプル

  モデルファイル DxChara.x を読み込んで、拡大率を2倍にしてから座標をカメラの写る位置に移動するということを行列を使用して設定した後に描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 2倍に拡大した後画面に映る位置に3Dモデルを移動する行列のセット MV1SetMatrix( ModelHandle, MMult( MGetScale( VGet( 2.0f, 2.0f, 2.0f ) ), MGetTranslate( VGet( 320.0f, -600.0f, 600.0f ) ) ) ) ; // 3Dモデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MATRIX MV1GetMatrix( int MHandle ) ;

概略モデルの座標変換用行列を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値モデルの座標変換用行列

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの座標変換用行列を取得します。
 事前に MV1SetMatrix で行列を設定していた場合はその値が、 設定していなかった場合は MV1SetPositionMV1SetScale 等の関数で設定した値の結果( 行列 )が返ってきます。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x を読み込んで複製した後、最初に読み込んだモデルハンドルの方に座標位置変更や拡大率の設定を行い、 その結果の行列を複製したモデルに設定して描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, SubModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // ModelHandle と同じモデルを使用するモデルの作成 SubModelHandle = MV1DuplicateModel( ModelHandle ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 0.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの拡大率を0.5倍にする MV1SetScale( ModelHandle, VGet( 0.5f, 0.5f, 0.5f ) ) ; // ModelHandle に設定した座標変換パラメータの結果の行列を SubModelHandle の座標変換行列として設定する MV1SetMatrix( SubModelHandle, MV1GetMatrix( ModelHandle ) ) ; // SubModelHandle の方の3Dモデルを描画 MV1DrawModel( SubModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; MV1DeleteModel( SubModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SetVisible( int MHandle, int VisibleFlag ) ;

概略モデルを描画するかどうかを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int VisibleFlag : 描画するかどうか( TRUE:表示する FALSE:表示しない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルを描画するかどうかを設定します。
 この関数で描画しない設定にすると、以後 MV1DrawModel 等の描画関数を使用しても描画されなくなります。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x を GetNowCount が返す値が奇数秒の時だけ描画する。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 何かキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループする while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリアする ClearDrawScreen() ; // 3Dモデルをカウンタが奇数秒の時は描画して、偶数表のときは描画しないようにする if( GetNowCount() % 2000 < 1000 ) { MV1SetVisible( ModelHandle, TRUE ) ; } else { MV1SetVisible( ModelHandle, FALSE ) ; } // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetVisible( int MHandle ) ;

概略モデルを描画するかどうかを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値 TRUE:モデルを描画する FALSE:モデルを描画しない
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルを描画するかどうかの設定値を取得します。
 MV1SetVisible でセットした設定値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetDifColorScale( int MHandle, COLOR_F Scale ) ;

概略モデルのディフューズカラーのスケール値を設定する

引数 int     MHandle : モデルのハンドル
COLOR_F Scale  : カラースケール値( 0.0f 〜 1.0f = 0% 〜 100% )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルのマテリアルのディフューズカラー( 拡散光色 )のスケール値を設定します。

 例えばこの関数の引数で渡す Scale の 赤、緑、青、α成分の内の 緑とα成分を 1.0f、他を 0.0f にして呼ぶと、 モデル描画時にマテリアル中のディフューズカラーの緑成分とα成分以外が 0.0f として描画されます。

 用途としては選択されているモデルの表現や、簡単な色違い表現などがあります。

 因みに引数の COLOR_F は float r, g, b, a を持つ構造体です。
これの実体を定義してメンバ変数に値を代入して引数に渡す、と言うことをすると非常に面倒なので、 引数に r, g, b, a の値を渡すと COLOR_F 構造体を戻り値として返す関数 GetColorF を使用すると便利です。

// ディフューズカラーの赤成分を50%にする MV1SetDifColorScale( ModelHandle, GetColorF( 0.5f, 1.0f, 1.0f, 1.0f ) ) ;


サンプル

  モデルファイル DxChara.x のディフューズカラーの緑成分と青成分を0%にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルのディフューズカラーの緑成分と青成分を0%にする MV1SetDifColorScale( ModelHandle, GetColorF( 1.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetDifColorScale( int MHandle ) ;

概略モデルのディフューズカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値ディフューズカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルを描画する際にマテリアルのディフューズカラーに適用するスケール値を取得します。
 MV1SetDifColorScale でセットした設定値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetSpcColorScale( int MHandle, COLOR_F Scale ) ;

概略モデルのスペキュラカラーのスケール値を設定する

引数 int     MHandle : モデルのハンドル
COLOR_F Scale  : カラースケール値( 0.0f 〜 1.0f = 0% 〜 100% )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルのマテリアルのスペキュラカラー( 反射光色 )のスケール値を設定します。

 例えばこの関数の引数で渡す Scale の 赤、緑、青、α成分の内の 緑とα成分を 1.0f、他を 0.0f にして呼ぶと、 モデル描画時にマテリアル中のスペキュラカラーの緑成分とα成分以外が 0.0f として描画されます。

 用途としては光沢があるオブジェクトの光沢の色を変化させたり、光沢を無くしたりすることができます。

 因みに、モデルのマテリアルに設定されているスペキュラカラー値に対するスケールなので、 設定対象のモデルのマテリアルに元々スペキュラカラー成分が無い場合( スペキュラカラー成分 r, g, b, a が 0.0f の場合 )はスケール値を何にしても見た目の変化はありません。
サンプル

  モデルファイル DxChara.x のスペキュラカラーの緑成分と青成分を0%にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルのスペキュラカラーの緑成分と青成分を0%にする MV1SetSpcColorScale( ModelHandle, GetColorF( 1.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetSpcColorScale( int MHandle ) ;

概略モデルのスペキュラカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値スペキュラカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルを描画する際にマテリアルのスペキュラカラーに適用するスケール値を取得します。
 MV1SetSpcColorScale でセットした設定値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetEmiColorScale( int MHandle, COLOR_F Scale ) ;

概略モデルのエミッシブカラーのスケール値を設定する

引数 int     MHandle : モデルのハンドル
COLOR_F Scale  : カラースケール値( 0.0f 〜 1.0f = 0% 〜 100% )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルのマテリアルのエミッシブカラー( 自己発光色 )のスケール値を設定します。

 例えばこの関数の引数で渡す Scale の 赤、緑、青、α成分の内の 緑とα成分を 1.0f、他を 0.0f にして呼ぶと、 モデル描画時にマテリアル中のエミッシブカラーの緑成分とα成分以外が 0.0f として描画されます。

 用途としては自己発光しているオブジェクトの自己発光を止めたり、自己発光の色を変化させたりすることができます。

 因みに、モデルのマテリアルに設定されているエミッシブカラー値に対するスケールなので、 設定対象のモデルのマテリアルに元々エミッシブカラー成分が無い場合( エミッシブカラー成分 r, g, b, a が 0.0f の場合 )はスケール値を何にしても見た目の変化はありません。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x のエミッシブカラーの緑成分と青成分を0%にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルのエミッシブカラーの緑成分と青成分を0%にする MV1SetEmiColorScale( ModelHandle, GetColorF( 1.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetEmiColorScale( int MHandle ) ;

概略モデルのエミッシブカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値エミッシブカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルを描画する際にマテリアルのエミッシブカラーに適用するスケール値を取得します。
 MV1SetEmiColorScale でセットした設定値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetAmbColorScale( int MHandle, COLOR_F Scale ) ;

概略モデルのアンビエントカラーのスケール値を設定する

引数 int     MHandle : モデルのハンドル
COLOR_F Scale  : カラースケール値( 0.0f 〜 1.0f = 0% 〜 100% )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルのマテリアルのアンビエントカラー( 環境光色 )のスケール値を設定します。

 例えばこの関数の引数で渡す Scale の 赤、緑、青、α成分の内の 緑とα成分を 1.0f、他を 0.0f にして呼ぶと、 モデル描画時にマテリアル中のアンビエントカラーの緑成分とα成分以外が 0.0f として描画されます。

 用途はあまり思いつきませんが、環境光の影響を受けたり受けなかったりを変化させることができます。

 因みに、モデルのマテリアルに設定されているアンビエントカラー値に対するスケールなので、 設定対象のモデルのマテリアルに元々アンビエントカラー成分が無い場合( アンビエントカラー成分 r, g, b, a が 0.0f の場合 )はスケール値を何にしても見た目の変化はありません。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x のアンビエントカラーの緑成分と青成分を0%にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルのアンビエントカラーの緑成分と青成分を0%にする MV1SetAmbColorScale( ModelHandle, GetColorF( 1.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetAmbColorScale( int MHandle ) ;

概略モデルのアンビエントカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値アンビエントカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルを描画する際にマテリアルのアンビエントカラーに適用するスケール値を取得します。
 MV1SetAmbColorScale でセットした設定値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1GetSemiTransState( int MHandle ) ;

概略モデルに半透明要素があるかどうかを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値TRUE:半透明要素がある FALSE:半透明要素は無い
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに半透明の要素があるかどうかを取得します。

 例えば、モデル中のどれかのマテリアルのテクスチャに半透明の部分があったり、 モデル中のどれかのフレームの不透明度が 1.0f ではなかったりすると TRUE が返ってきます。

 半透明要素を持つモデルをZソートする場合に、各モデルに半透明要素があるかどうかを判定する際などに使用します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x の不透明度を上下キーで操作できるようにした上で、 画面上に MV1GetSemiTransState 関数の戻り値を表示して半透明要素があるかどうかを確認できるようにしています。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; float OpacityRate ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 不透明度を初期化 OpacityRate = 1.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面のクリア ClearDrawScreen() ; // 上キーが押されたら不透明度を上げる if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) ) { OpacityRate += 0.05f ; if( OpacityRate > 1.0f ) { OpacityRate = 1.0f ; } } // 下キーが押されたら不透明度を下げる if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) ) { OpacityRate -= 0.05f ; if( OpacityRate < 0.0f ) { OpacityRate = 0.0f ; } } // 3Dモデルの不透明度を設定する MV1SetOpacityRate( ModelHandle, OpacityRate ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 現在の不透明度と、MV1GetSemiTransState の戻り値を描画する DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "ESC Key:Exit OpacityRate:%f SemiTransState:%d", OpacityRate, MV1GetSemiTransState( ModelHandle ) ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SetOpacityRate( int MHandle, float Rate ) ;

概略モデルの不透明度を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
float Rate : 不透明度( 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの不透明度を設定します。

 Rate の値が 0.0f に近いほど不透明度が下がり( 透明度が上がり )、 1.0f に近いほど不透明度が上がり( 透明度が下がり )ます。

 モデルを半透明で表示したかったり、だんだん透明になって消えていくなどの演出をしたい場合に使用します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x の不透明度を50%にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 透明で描画されているということが分かるように画面全体を赤で塗りつぶす DrawBox( 0, 0, 640, 480, GetColor( 255,0,0 ), TRUE ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの不透明度を50%にする MV1SetOpacityRate( ModelHandle, 0.5f ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float MV1GetOpacityRate( int MHandle ) ;

概略モデルの不透明度を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値モデルに設定されている不透明度

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに設定されている不透明度を取得します。
 MV1SetOpacityRate でセットした値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetUseZBuffer( int MHandle, int Flag ) ;

概略モデルを描画する際にZバッファを使用するかどうかを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int Flag : Zバッファを使用するかどうかのフラグ
      ( TRUE:使用する( 初期設定 ) FALSE:使用しない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルを描画する際にZバッファを使用するかどうかを設定します。

 SetUseZBuffer3D のモデル用の関数で、 効果は SetUseZBuffer3D と全く同じです。 ( Zバッファの詳しい説明は SetUseZBuffer3D 関数の解説に記述してあります )

サンプル

ありません



宣言int MV1SetWriteZBuffer( int MHandle, int Flag ) ;

概略モデルを描画する際にZバッファを使用するかどうかを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int Flag : Zバッファに書き込みを行うかどうかのフラグ
      ( TRUE:書き込む( 初期設定 ) FALSE:書き込まない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルを描画する際にZバッファを使用するかどうかを設定します。

 SetWriteZBuffer3D のモデル用の関数で、 効果は SetWriteZBuffer3D と全く同じです。 ( Zバッファの詳しい説明は SetUseZBuffer3D 関数の解説に記述してあります )

サンプル

ありません



宣言int MV1SetUseVertDifColor( int MHandle, int UseFlag ) ;

概略モデル描画のライティング計算に頂点データのディフューズカラーを使用するかどうかを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int UseFlag : 頂点データのディフューズカラーを使用するかどうか
        ( TRUE=使用する( デフォルト )  FALSE=使用しない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルを描画する際のライティング計算に頂点データのディフューズカラーをマテリアルのディフューズカラーとして使用するかどうかを設定します。( 初期設定では使用しません )

 この関数で頂点ディフューズカラーを使用する設定にした場合はマテリアルのディフューズカラー設定は無視され、 代わりに頂点ディフューズカラーが使用されます。

 尚、ライティング計算を SetUseLighting 関数で無効にした場合はこの関数の設定に関係なくマテリアルのディフューズカラーは無視され、頂点ディフューズカラーが使用されます。

サンプル

 MV1SetMeshUseVertDifColor関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetUseVertSpcColor( int MHandle, int UseFlag ) ;

概略モデル描画のライティング計算に頂点データのスペキュラカラーを使用するかどうかを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int UseFlag : 頂点データのスペキュラカラーを使用するかどうか
        ( TRUE=使用する( デフォルト )  FALSE=使用しない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルを描画する際のライティング計算に頂点データのスペキュラカラーをマテリアルのスペキュラカラーとして使用するかどうかを設定します。( 初期設定では使用しません )

 この関数で頂点スペキュラカラーを使用する設定にした場合はマテリアルのスペキュラカラー設定は無視され、 代わりに頂点スペキュラカラーが使用されます。

 尚、ライティング計算を SetUseLighting 関数で無効にした場合はこの関数の設定に関係なくマテリアルのスペキュラカラーは無視され、頂点スペキュラカラーが使用されます。

サンプル

ありません



宣言int MV1PhysicsCalculation( int MHandle, float MillisecondTime ) ;

概略モデルの物理演算を指定時間分経過したと仮定して計算する

引数 int MHandle      : モデルのハンドル
float MillisecondTime : 経過時間( 単位:ミリ秒 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  関数 MV1SetLoadModelUsePhysicsModeを使用して読み込む3Dモデルに対してリアルタイム物理演算を行うように指定した上で、 物理演算用の情報を持つ3Dモデルを関数 MV1LoadModel で読み込んだ場合に、この関数を使用して実際の物理演算を行います。

 引数の MillisecondTime で経過したと仮定する時間を指定します。
 単位はミリ秒( 1秒は 1000.0fミリ秒 )です、通常のゲームは1秒間に60回、 若しくは30回画面が更新されるので、これに基づいて引数を指定する場合は

1秒間に60回の場合は1回に 1000.0f ミリ秒の60分の1分だけ処理するので

  1000.0f / 60.0f = 16.66667f

1秒間に30回の場合は1回に 1000.0f ミリ秒の30分の1分だけ処理するので

  1000.0f / 30.0f = 33.33333f

となります。

 この関数の結果はモデルの位置や姿勢を変更する関数( MV1SetPositionMV1SetRotationXYZMV1SetMatrixMV1AttachAnimMV1SetAttachAnimTime )を使用すると無効になってしまいますので、物理演算の結果を描画する場合は必ず

 MV1SetPosition や MV1SetRotationXYZ、MV1SetAttachAnimTime などの関数で姿勢を決定した後

に、この関数を実行するようにしてください。

<注意>
リアルタイム物理演算を使用する場合は MV1SetScale によるスケーリングを行うと正常な演算結果が得られなくなりますので MV1SetScale を使用する場合はリアルタイム物理演算は行わないでください。

サンプル

 リアルタイム物理演算モードで Test.pmd を MV1LoadModel で読み込んで
リアルタイム物理演算を行いながらキーボードの上下左右でモデルの位置を移動します。
 尚、Test.pmd はDXライブラリのパッケージには含まれていませんので、別途用意してください。
 PMDのキャラクターは大体同じ大きさですので、カメラの設定などはそのままで問題ないと思います。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int PosX, PosZ, PosY ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 次に読み込むモデルの物理演算モードをリアルタイム物理演算にする MV1SetLoadModelUsePhysicsMode( DX_LOADMODEL_PHYSICS_REALTIME ) ; // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "Test.pmd" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // カメラに映る範囲( カメラからの距離の範囲 )を設定 SetCameraNearFar( 10.0f, 1000.0f ) ; // カメラの位置と向きを設定 SetCameraPositionAndTarget_UpVecY( VGet( 0.0f, 19.0f, -22.5f ), VGet( 0.0f, 10.0f, 0.0f ) ) ; // 座標をリセット PosX = 0 ; PosY = 0 ; PosZ = 0 ; // ウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // キーボードの上下左右でモデルの座標を変更 // ( シフトキーを押しながら上下キーでモデルを上下に移動 ) if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LSHIFT ) ) { if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) ) PosY -- ; if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) ) PosY ++ ; } else { if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LEFT ) ) PosX -- ; if( CheckHitKey( KEY_INPUT_RIGHT ) ) PosX ++ ; if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) ) PosZ -- ; if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) ) PosZ ++ ; } // モデルの座標をセット MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( PosX * 0.5f, PosY * 0.5f, PosZ * 0.5f ) ) ; // 物理演算を60分の1秒経過したという想定で実行 MV1PhysicsCalculation( ModelHandle, 1000.0f / 60.0f ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1PhysicsResetState( int MHandle ) ;

概略モデルの物理演算の状態をリセットする

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  関数 MV1SetLoadModelUsePhysicsModeを使用して読み込む3Dモデルに対してリアルタイム物理演算を行うように指定した上で、 物理演算用の情報を持つ3Dモデルを関数 MV1LoadModel で読み込んだ場合に、この関数を使用して物理演算の状態のリセットを行います。

 リセットする必要が発生するタイミングは主にワープ( 瞬間的に離れた場所に移動 )した場合です。

 現実では人間はワープしませんし( できませんし )、ゲーム中のキャラクターも特殊能力の設定でもない限りはワープしませんが、 ステージを移動した場合や、ゲームオーバーになってキャラクターがスタート地点に移動した場合など、 ゲームの手続きとしてのワープはごく普通に発生します。

 ゲームの手続きとして瞬間的に長距離移動しただけなのにも関わらす、この際に物理演算の状態をリセットしないと物理演算プログラムは 「その物体がものすごい速さで瞬間的に長距離移動した」として物理演算を行ってしまい、モデルの表示がおかしくなってしまいます。

 なので、キャラクターをワープさせた際などにはこの関数でモデルの物理演算の状態をリセットしてやってください。
サンプル

 リアルタイム物理演算モードで Test.pmd を MV1LoadModel で読み込んで
リアルタイム物理演算を行いながらキーボードの上下左右でモデルの位置を移動します。

 スペースキーが押されたらモデルを原点にワープさせ、MV1PhysicsResetState でモデルの物理演算の状態をリセットします。

 尚、Test.pmd はDXライブラリのパッケージには含まれていませんので、別途用意してください。
 PMDのキャラクターは大体同じ大きさですので、カメラの設定などはそのままで問題ないと思います。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int PosX, PosZ, PosY ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 次に読み込むモデルの物理演算モードをリアルタイム物理演算にする MV1SetLoadModelUsePhysicsMode( DX_LOADMODEL_PHYSICS_REALTIME ) ; // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "Test.pmd" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // カメラに映る範囲( カメラからの距離の範囲 )を設定 SetCameraNearFar( 10.0f, 1000.0f ) ; // カメラの位置と向きを設定 SetCameraPositionAndTarget_UpVecY( VGet( 0.0f, 19.0f, -22.5f ), VGet( 0.0f, 10.0f, 0.0f ) ) ; // 座標をリセット PosX = 0 ; PosY = 0 ; PosZ = 0 ; // ウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // キーボードの上下左右でモデルの座標を変更 // ( シフトキーを押しながら上下キーでモデルを上下に移動 ) if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LSHIFT ) ) { if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) ) PosY -- ; if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) ) PosY ++ ; } else { if( CheckHitKey( KEY_INPUT_LEFT ) ) PosX -- ; if( CheckHitKey( KEY_INPUT_RIGHT ) ) PosX ++ ; if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) ) PosZ -- ; if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) ) PosZ ++ ; } // モデルの座標をセット MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( PosX * 0.5f, PosY * 0.5f, PosZ * 0.5f ) ) ; // スペースキーが押されたら原点に戻る if( GetInputChar( TRUE ) == ' ' ) { PosX = 0 ; PosY = 0 ; PosZ = 0 ; // モデルの座標を原点に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // モデルの物理演算の状態をリセット MV1PhysicsResetState( ModelHandle ) ; } // 物理演算を60分の1秒経過したという想定で実行 MV1PhysicsCalculation( ModelHandle, 1000.0f / 60.0f ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




アニメーション関係

宣言int MV1AttachAnim( int MHandle, int AnimIndex, int AnimSrcMHandle, int NameCheck ) ;

概略アニメーションをアタッチする

引数 int MHandle      : アニメーションをアタッチするモデルのハンドル
int AnimIndex     : アタッチするアニメーション番号
int AnimSrcMHandle : アタッチするアニメーションを持っているモデルのハンドル
               ( -1 を渡すと MHandle と同じモデルハンドルが使用されます )
int NameCheck    : AnimSrcMHandle が -1 以外の場合にアタッチするアニメーションの
              フレームの名前とアタッチされる側のモデルのフレームの名前が
              一致していない場合アタッチしないかどうか
              ( TRUE:アタッチしない FALSE:アタッチする )
              この引数は AnimSrcMHandle が -1 の場合は無視されます
戻り値−1以外:アニメーションアタッチ番号
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルにアニメーションをアタッチします。

 アニメーションとは主にモデル内のフレームに対する動きのデータで、 キャラクターモデルが歩いたり走ったりといった表現をする際に使用します。 ( アニメーションのデータ自体は予めアニメーションデータを作成できるソフトを使用して作成しておく必要があります )

 DXライブラリではアニメーションを再生する際に、 最初に再生したいアニメーションを指定する作業「アニメーションのアタッチ」をする必要があります。

 アタッチ自体は簡単で、この関数でアタッチしたいアニメーションの番号を渡すだけです。

 そして、アニメーションのアタッチが無事完了すると戻り値としてアタッチ番号が返ってきます。
 これは「ハンドル」と呼べるほどのものではありませんが、 モデルハンドルなどと同様にアタッチしたアニメーションに関する操作はすべてこのアタッチ番号を使用して行いますので、 アタッチ番号もモデルハンドルなどと同じように何かの変数にとっておく必要があります。

// 例 : モデルに含まれる 0番目のアニメーションをアタッチしてアニメーションの総時間を取得する int AttachIndex ; float AnimTime ; AttachIndex = MV1AttachAnim( MHandle, 0, -1, FALSE ) ; AnimTime = MV1GetAttachAnimTotalTime( MHandle, AttachIndex ) ;

 アニメーションはアタッチした時点でアタッチしたアニメーションのカウント0の状態がモデルに反映されます。
 そして、アニメーションの再生カウントを変更する際は MV1SetAttachAnimTime を使用します。
 DXライブラリには自動的にカウンタを進める仕組みはありませんので、 「MV1PlayAnim」 や 「MV1StopAnim」 のような名称の関数は存在しません。
 なので、MV1SetAttachAnimTime にセットする再生時間を徐々に進めることでアニメーションを再生します。

 引数 AnimSrcMHandle は同じフレーム構造を持った MHandle とは別のモデルのモデルに含まれているアニメーションを MHandle のモデルで再生する際に使用します。 ( 同じアニメーションを使用する見た目の違うキャラクターモデルが複数ある場合などは、 アニメーションだけのファイルと見た目の違うフレーム構造が同じメッシュだけのファイルを別々に用意することで各キャラクターモデルのファイルにはアニメーションデータを含める必要がなくなるので、 アニメーションデータの容量分だけデータサイズを削減することができます )

 引数 NameCheck は AnimSrcMHandle を使用して別のモデルファイルに含まれるアニメーションをアタッチする場合に、 アニメーションデータ側のフレームの名前とモーションをアタッチするモデルデータ側のフレームの名前を比較して違った場合はアタッチしないという処理をするかどうかを指定する引数で、 TRUE を渡すと比較して、FALSE を渡すと比較しません。

 名前を比較しない場合はフレームの階層構造と各階層のフレームの数がモデル側とアニメーション側で完全に一致していないと正常にアニメーションを再生することができません。
 名前を比較する場合はフレームの階層構造と名前が一致していればモデル側にあってアニメーション側に無いフレームがあっても正常にアニメーションを再生することができます。 ( ただし、同じ階層に同名のフレームが複数ある場合は正常にアニメーションを再生することはできません )

 名前比較を行うかどうかはアタッチするモーションデータにあわせて判断してください。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる0番目のアニメーションをループ再生します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, AttachIndex ; float TotalTime, PlayTime ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの0番目のアニメーションをアタッチする AttachIndex = MV1AttachAnim( ModelHandle, 0, -1, FALSE ) ; // アタッチしたアニメーションの総再生時間を取得する TotalTime = MV1GetAttachAnimTotalTime( ModelHandle, AttachIndex ) ; // 再生時間の初期化 PlayTime = 0.0f ; // 何かキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 再生時間を進める PlayTime += 100.0f ; // 再生時間がアニメーションの総再生時間に達したら再生時間を0に戻す if( PlayTime >= TotalTime ) { PlayTime = 0.0f ; } // 再生時間をセットする MV1SetAttachAnimTime( ModelHandle, AttachIndex, PlayTime ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1DetachAnim( int MHandle, int AttachIndex ) ;

概略アニメーションをデタッチする

引数 int MHandle : アニメーションをデタッチするモデルのハンドル
int AttachIndex : デタッチするアニメーションのアタッチ番号
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルにアタッチしたアニメーションをデタッチ( 外すこと )します。

 アニメーションは同時に幾つでもアタッチすることができ、 MV1SetAttachAnimBlendRate 関数でアタッチしている各アニメーションの影響率も設定することができるので、 一応、すべてのアニメーションをアタッチして、MV1SetAttachAnimBlendRate 関数で表示したいアニメーションの影響率だけを上げるということもできるのですが、 それをすると使用メモリや処理負荷が多少上昇します。

 なので、DXライブラリのモデル機能では使用するアニメーションのみをアタッチして、 再生が終わったらこの関数でアタッチしたアニメーションをデタッチする( 外す )ことを想定しています。

 因みに、 MV1DeleteModel 関数でモデルを削除する際にアタッチしたアニメーションは自動的にデタッチされますので、 削除する前にアタッチしたすべてのアニメーションをこの関数でデタッチしておかなければならないということはありません。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる0番目のアニメーションと1番のアニメーションを交互に再生します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, AttachIndex, PlayAnim ; float TotalTime, PlayTime ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの0番目のアニメーションをアタッチする AttachIndex = MV1AttachAnim( ModelHandle, 0, -1, FALSE ) ; // アタッチしたアニメーションの総再生時間を取得する TotalTime = MV1GetAttachAnimTotalTime( ModelHandle, AttachIndex ) ; // 再生時間の初期化 PlayTime = 0.0f ; // 再生しているアニメーションを0番にする PlayAnim = 0 ; // アニメーション0の再生が終わるか、何かキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 再生時間を進める PlayTime += 100.0f ; // 再生時間がアニメーションの総再生時間に達したら次のアニメーションにする if( PlayTime >= TotalTime ) { // 再生しているアニメーションを、今までが0番だったら1番に、1番だったら0番にする if( PlayAnim == 0 ) { PlayAnim = 1 ; } else { PlayAnim = 0 ; } // 今までアタッチしていたアニメーションのデタッチ MV1DetachAnim( ModelHandle, AttachIndex ) ; // 3Dモデルの PlayAnim 番目のアニメーションをアタッチする AttachIndex = MV1AttachAnim( ModelHandle, PlayAnim, -1, FALSE ) ; // アタッチしたアニメーションの総再生時間を取得する TotalTime = MV1GetAttachAnimTotalTime( ModelHandle, AttachIndex ) ; // 再生時間の初期化 PlayTime = 0.0f ; } // 再生時間をセットする MV1SetAttachAnimTime( ModelHandle, AttachIndex, PlayTime ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SetAttachAnimTime( int MHandle, int AttachIndex, float Time ) ;

概略アタッチしているアニメーションの再生時間を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int AttachIndex : 再生時間を設定するアニメーションのアタッチ番号
float Time : 再生時間
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルにアタッチしたアニメーションの再生時間を設定します。

 DXライブラリのアニメーション機能には自動的にアニメーションを再生する機能はありませんので、 この関数を使用してアニメーションの再生時間を設定します。

 アニメーションのキーが存在しない時間が指定された場合は、 指定された時間の前後にあるキーからの補間値がモデルに反映されます。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる0番目のアニメーションの再生時間 10000.0f の状態を描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, AttachIndex ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの0番目のアニメーションをアタッチする AttachIndex = MV1AttachAnim( ModelHandle, 0, -1, FALSE ) ; // アタッチしたアニメーションの再生時間を 10000.0f にする MV1SetAttachAnimTime( ModelHandle, AttachIndex, 10000.0f ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float MV1GetAttachAnimTime( int MHandle, int AttachIndex ) ;

概略アタッチしているアニメーションの再生時間を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int AttachIndex : 再生時間を取得するアニメーションのアタッチ番号
戻り値アニメーションに設定されている再生時間

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルにアタッチしたアニメーションの再生時間を取得します。
MV1SetAttachAnimTime でセットした値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言float MV1GetAttachAnimTotalTime( int MHandle, int AttachIndex ) ;

概略アタッチしているアニメーションの総時間を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int AttachIndex : 総時間取得するアニメーションのアタッチ番号
戻り値アニメーションの総時間

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルにアタッチしたアニメーションの総時間を取得します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる0番目のアニメーションの総時間を画面左上に描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, AttachIndex ; float TotalTime ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 3Dモデルの0番目のアニメーションをアタッチする AttachIndex = MV1AttachAnim( ModelHandle, 0, -1, FALSE ) ; // アニメーション0番の総時間を画面に描画 TotalTime = MV1GetAttachAnimTotalTime( ModelHandle, AttachIndex ) ; DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "%f", TotalTime ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SetAttachAnimBlendRate( int MHandle, int AttachIndex, float Rate ) ;

概略アタッチしているアニメーションのブレンド率を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int AttachIndex : アニメーションのアタッチ番号
float Rate : ブレンド率( 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルにアタッチしたアニメーションのブレンド率を設定します。

 例えば、アニメーション0とアニメーション1を合成して表示したいときにします。
 そんな状況があるのかといいますと、結構あります。

 例えば歩いている状態から走っているアニメーションに切り替えたい場合、 最良の見た目を求めるのでしたら歩いている状態から走っている状態に移行するアニメーションを作り、 それを歩くアニメーションと走るアニメーションの間に再生するべきですが、 実際のゲームでは大抵の場合歩いているアニメーションのどのタイミングで走るアニメーションに切り替わるのかを事前に知る方法はありませんので、 歩くアニメーションを途中で止めて走るアニメーションを流すことになります。

 ですが、歩くアニメーションを止めて走るアニメーションを再生するとはっきりと切り替わりが見えてしまいあまり見た目的に良くありません、 こんな時にこの関数を使用して歩くアニメーションのブレンド率を徐々に下げ、 走るアニメーションのブレンド率を徐々に上げることで歩くアニメーションから走るアニメーションへの以降の様子をぼかして違和感を軽減することが出来ます。

 他にも全く姿勢の違うアニメーションへの切り替えの違和感を軽減する際などに使用できます。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる直立しているアニメーションから右手を前に出しているアニメーションへ徐々に移行します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, AttachIndex1, AttachIndex2 ; float Rate ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 画面が切り替わるのをちょっと待つ WaitTimer( 1000 ) ; // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの立っているアニメーション( 4番目のアニメーション )をアタッチする AttachIndex1 = MV1AttachAnim( ModelHandle, 4, -1, FALSE ) ; // 3Dモデルの手を前に出しているアニメーション( 5番目のアニメーション )をアタッチする AttachIndex2 = MV1AttachAnim( ModelHandle, 5, -1, FALSE ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 4番目のアニメーションから5番目のアニメーションに徐々に移行する for( Rate = 0.0f ; Rate < 1.0f ; Rate += 0.01f ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 立っているアニメーションのブレンド率をセット MV1SetAttachAnimBlendRate( ModelHandle, AttachIndex1, 1.0f - Rate ) ; // 手を前に出しているアニメーションのブレンド率をセット MV1SetAttachAnimBlendRate( ModelHandle, AttachIndex2, Rate ) ; // モデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映する ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float MV1GetAttachAnimBlendRate( int MHandle, int AttachIndex ) ;

概略アタッチしているアニメーションのブレンド率を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int AttachIndex : ブレンド率を取得するアニメーションのアタッチ番号
戻り値アニメーションに設定されているブレンド率

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルにアタッチしたアニメーションのブレンド率を取得します。
MV1SetAttachAnimBlendRate でセットした値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1GetAttachAnim( int MHandle, int AttachIndex ) ;

概略アタッチしているアニメーションのアニメーション番号を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int AttachIndex : アニメーション番号を取得するアニメーションのアタッチ番号
戻り値アタッチしているアニメーションの番号

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルにアタッチしたアニメーションの番号を取得します。
MV1AttachAnim の第二引数( int AnimIndex )で渡した値がそのまま返ってきます。

具体的な用途は思いつきませんが、必要になることがあるような気がするので追加しました。

サンプル

ありません



宣言VECTOR MV1GetAttachAnimFrameLocalPosition( int MHandle, int AttachIndex, int FrameIndex ) ;

概略アタッチしているアニメーションの指定フレーム( ボーン )のローカル座標を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int AttachIndex : アニメーション番号を取得するアニメーションのアタッチ番号
int FrameIndex : ローカル座標を取得するフレーム( ボーン )番号
戻り値指定のフレーム( ボーン )のローカル座標

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルにアタッチしたアニメーションの、MV1SetAttachAnimTime で設定されている再生時間での FrameIndex で指定するフレーム( ボーン )のローカル座標を取得します。
 アニメーションに設定されている各フレームの移動値を取得したい場合に使用します。

サンプル

サンプルプログラムコーナーの『アニメーションによる座標移動』を参照してください。



宣言int MV1GetAnimNum( int MHandle ) ;

概略アニメーションの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値−1以外:モデルに含まれるアニメーションの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるアニメーションの総数を取得します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれるアニメーションの一覧を描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, AnimNum, i ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // モデルに含まれるアニメーションの数を取得する AnimNum = MV1GetAnimNum( ModelHandle ) ; // アニメーションの一覧を描画する for( i = 0 ; i < AnimNum ; i ++ ) { // 左から順に、アニメーション番号、アニメーション名、アニメーションの総時間を描画する DrawFormatString( 0, i * 16, GetColor( 255,255,255 ), "No:%d Name:%s Time:%f", i, MV1GetAnimName( ModelHandle, i ), MV1GetAnimTotalTime( ModelHandle, i ) ) ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言const char *MV1GetAnimName( int MHandle, int AnimIndex ) ;

概略指定番号のアニメーション名を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int AnimIndex : アニメーション名を取得したいアニメーションの番号
戻り値NULL以外:指定番号のアニメーション名
 NULL:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるアニメーションの名前を取得します。

 尚、戻り値は const 型( 変更不可能型 )ですので、もし戻り値を変数に代入する場合は const char * 型の変数にする必要があります。

サンプル

 MV1GetAnimNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言MV1GetAnimIndex( int MHandle, char *AnimName ) ;

概略指定名のアニメーション番号を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
char *AnimName : 番号を取得したいアニメーションの名前
戻り値−1以外:アニメーション番号
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれる指定名を持つアニメーションの番号を取得します。

 名前からアニメーション番号を検索したい場合に使用します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる Animation_2 という名前のアニメーションを再生します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, AnimIndex, AttachIndex ; float TotalTime, PlayTime ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // Animation_2 という名前のアニメーションの番号を取得する AnimIndex = MV1GetAnimIndex( ModelHandle, "Animation_2" ) ; // 取得したアニメーション番号のアニメーションをアタッチする AttachIndex = MV1AttachAnim( ModelHandle, AnimIndex, -1, FALSE ) ; // アタッチしたアニメーションの総再生時間を取得する TotalTime = MV1GetAttachAnimTotalTime( ModelHandle, AttachIndex ) ; // 再生時間の初期化 PlayTime = 0.0f ; // 何かキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 再生時間を進める PlayTime += 100.0f ; // 再生時間がアニメーションの総再生時間に達したら再生時間を0に戻す if( PlayTime >= TotalTime ) { PlayTime = 0.0f ; } // 再生時間をセットする MV1SetAttachAnimTime( ModelHandle, AttachIndex, PlayTime ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float MV1GetAnimTotalTime( int MHandle, int AnimIndex ) ;

概略指定番号のアニメーションの総時間を得る

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int AnimIndex : 総時間を取得したいアニメーションの番号
戻り値−1.0f以外:指定番号のアニメーションの総時間
 −1.0f:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるアニメーションの総時間を取得します。

サンプル

 MV1GetAnimNum関数 のサンプルを参照してください。



マテリアル関係

宣言int MV1GetMaterialNum( int MHandle ) ;

概略モデルで使用しているマテリアルの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値−1以外:モデルに含まれるマテリアルの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの総数を取得します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれるアニメーションの情報を一つづつ描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, MaterialNum, i ; COLOR_F Color ; char *Name ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // モデルに含まれるマテリアルの数を取得する MaterialNum = MV1GetMaterialNum( ModelHandle ) ; // マテリアルの情報を一つづつ描画する for( i = 0 ; i < MaterialNum ; i ++ ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // マテリアルの名前を描画 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Name %s", MV1GetMaterialName( ModelHandle, i ) ) ; // マテリアルのディフューズカラーを描画 Color = MV1GetMaterialDifColor( ModelHandle, i ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Diffuse Color R:%f G:%f B:%f A:%f", Color.r, Color.g, Color.b, Color.a ) ; // マテリアルのスペキュラカラーを描画 Color = MV1GetMaterialSpcColor( ModelHandle, i ) ; DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "Specular Color R:%f G:%f B:%f A:%f", Color.r, Color.g, Color.b, Color.a ) ; // マテリアルのエミッシブカラーを描画 Color = MV1GetMaterialEmiColor( ModelHandle, i ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "Emissive Color R:%f G:%f B:%f A:%f", Color.r, Color.g, Color.b, Color.a ) ; // マテリアルのアンビエントカラーを描画 Color = MV1GetMaterialAmbColor( ModelHandle, i ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "Ambient Color R:%f G:%f B:%f A:%f", Color.r, Color.g, Color.b, Color.a ) ; // マテリアルのスペキュラの強さ描画 DrawFormatString( 0, 80, GetColor( 255,255,255 ), "Specular Power %f", MV1GetMaterialSpcPower( ModelHandle, i ) ) ; // 描画ブレンドモードの描画 switch( MV1GetMaterialDrawBlendMode( ModelHandle, i ) ) { case DX_BLENDMODE_NOBLEND : Name = "DX_BLENDMODE_NOBLEND" ; break ; case DX_BLENDMODE_ALPHA : Name = "DX_BLENDMODE_ALPHA" ; break ; case DX_BLENDMODE_ADD : Name = "DX_BLENDMODE_ADD" ; break ; case DX_BLENDMODE_SUB : Name = "DX_BLENDMODE_SUB" ; break ; case DX_BLENDMODE_INVSRC : Name = "DX_BLENDMODE_INVSRC" ; break ; case DX_BLENDMODE_MULA : Name = "DX_BLENDMODE_MULA" ; break ; } DrawFormatString( 0, 96, GetColor( 255,255,255 ), "Draw Blend Mode %s", Name ) ; // 描画ブレンドパラメータの描画 DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "Draw Blend Param %d", MV1GetMaterialDrawBlendParam( ModelHandle, i ) ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言const char *MV1GetMaterialName( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルの名前を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : 名前を取得したいマテリアルの番号
戻り値NULL 以外:マテリアルの名前
 NULL:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの名前を取得します。

 尚、戻り値は const 型( 変更不可能型 )ですので、もし戻り値を変数に代入する場合は const char * 型の変数にする必要があります。

サンプル

 MV1GetMaterialNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetMaterialDifColor( int MHandle, int MaterialIndex, COLOR_F Color ) ;

概略指定のマテリアルのディフューズカラーを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : ディフューズカラーを変更するマテリアルの番号
COLOR_F Color : ディフューズカラー( 拡散光色 )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのディフューズカラー( 拡散光色 )を変更します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる0番目のマテリアルのディフューズカラーを真っ赤にしてモデルを描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる0番目のマテリアルのディフューズカラーを真っ赤にします MV1SetMaterialDifColor( ModelHandle, 0, GetColorF( 1.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetMaterialDifColor( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルのディフューズカラーを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値ディフューズカラー
解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのディフューズカラー( 拡散光色 )を取得します。

 戻り値は COLOR_F 構造体で、中にはそれぞれ赤、緑、青、α成分を表す変数 float r, g, b, a ; が含まれています。 ( 値の範囲は 0.0f 〜 1.0f ( 0%〜100% ) )

サンプル

 MV1GetMaterialNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetMaterialSpcColor( int MHandle, int MaterialIndex, COLOR_F Color ) ;

概略指定のマテリアルのスペキュラカラーを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : スペキュラカラーを変更するマテリアルの番号
COLOR_F Color : スペキュラカラー( 拡散光色 )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのスペキュラカラー( 反射光色 )を変更します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる0番目のマテリアルのスペキュラカラーを緑色にしてモデルを描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる0番目のマテリアルのスペキュラカラーを緑にします MV1SetMaterialSpcColor( ModelHandle, 0, GetColorF( 0.0f, 1.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetMaterialSpcColor( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルのスペキュラカラーを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値スペキュラカラー
解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのスペキュラカラー( 反射光色 )を取得します。

 戻り値は COLOR_F 構造体で、中にはそれぞれ赤、緑、青、α成分を表す変数 float r, g, b, a ; が含まれています。 ( 値の範囲は 0.0f 〜 1.0f ( 0%〜100% ) )

サンプル

 MV1GetMaterialNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetMaterialEmiColor( int MHandle, int MaterialIndex, COLOR_F Color ) ;

概略指定のマテリアルのエミッシブカラーを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : エミッシブカラーを変更するマテリアルの番号
COLOR_F Color : エミッシブカラー( 自己発光色 )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのエミッシブカラー( 自己発光色 )を変更します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる0番目のマテリアルのエミッシブカラーを暗い黄色にしてモデルを描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる0番目のマテリアルのエミッシブカラーを暗い黄色にします MV1SetMaterialEmiColor( ModelHandle, 0, GetColorF( 0.2f, 0.2f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetMaterialEmiColor( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルのエミッシブカラーを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値エミッシブカラー
解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのエミッシブカラー( 自己発光色 )を取得します。

 戻り値は COLOR_F 構造体で、中にはそれぞれ赤、緑、青、α成分を表す変数 float r, g, b, a ; が含まれています。 ( 値の範囲は 0.0f 〜 1.0f ( 0%〜100% ) )

サンプル

 MV1GetMaterialNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetMaterialAmbColor( int MHandle, int MaterialIndex, COLOR_F Color ) ;

概略指定のマテリアルのアンビエントカラーを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : アンビエントカラーを変更するマテリアルの番号
COLOR_F Color : アンビエントカラー( 環境光色 )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのアンビエントカラー( 環境光色 )を変更します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる0番目のマテリアルのアンビエントカラーを紫色にしてモデルを描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる0番目のマテリアルのアンビエントカラーを紫色にします MV1SetMaterialAmbColor( ModelHandle, 0, GetColorF( 1.0f, 0.0f, 1.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetMaterialAmbColor( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルのアンビエントカラーを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値アンビエントカラー
解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのアンビエントカラー( 環境光色 )を取得します。

 戻り値は COLOR_F 構造体で、中にはそれぞれ赤、緑、青、α成分を表す変数 float r, g, b, a ; が含まれています。 ( 値の範囲は 0.0f 〜 1.0f ( 0%〜100% ) )

サンプル

 MV1GetMaterialNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetMaterialSpcPower( int MHandle, int MaterialIndex, float Power ) ;

概略指定のマテリアルのスペキュラの強さを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : スペキュラの強さを変更するマテリアルの番号
float Power : スペキュラの強さ
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのスペキュラの強さを変更します。

 具体的には反射する光の範囲が鋭くなります。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる0番目のマテリアルのスペキュラの強さを変更します。
  ( 変化がわかりにくいので、スペキュラカラーも明るくしています )

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる0番目のマテリアルのスペキュラカラーを明るくします MV1SetMaterialSpcColor( ModelHandle, 0, GetColorF( 0.457f, 0.687f, 0.948f, 0.f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる0番目のマテリアルのスペキュラの強さを 0.1f にします MV1SetMaterialSpcPower( ModelHandle, 0, 19.0f ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float MV1GetMaterialSpcPower( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルのスペキュラの強さを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値スペキュラの強さ
解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのスペキュラの強さを取得します。

サンプル

 MV1GetMaterialNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1GetMaterialDifMapTexture( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルでディフューズマップとして使用されているテクスチャ番号を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値0以上:テクスチャの番号
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのディフューズマップとして使用されているテクスチャの番号を取得します。
 取得した番号は関数 MV1GetTextureGraphHandle などの引数として使用します。 ( テクスチャの番号はモデルに含まれるテクスチャに振られる番号で、グラフィックハンドルではありませんのでご注意ください )

 モデルのテクスチャを変更したり利用したりしたいときに使用します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる4番目のマテリアルにディフューズテクスチャとして使用されている
 テクスチャの番号を取得して、そのテクスチャのグラフィックハンドルを取得して画面に描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int TexIndex ; int GrHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // マテリアル番号4で使用されているテクスチャの番号を取得する TexIndex = MV1GetMaterialDifMapTexture( ModelHandle, 4 ) ; // モデルで使用されているテクスチャのグラフィックハンドルを取得する GrHandle = MV1GetTextureGraphHandle( ModelHandle, TexIndex ) ; // 取得したグラフィックハンドルを画面に描画する DrawGraph( 0, 0, GrHandle, TRUE ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetMaterialSpcMapTexture( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルでスペキュラマップとして使用されているテクスチャ番号を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値0以上:テクスチャの番号
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのスペキュラマップとして使用されているテクスチャの番号を取得します。
 取得した番号は関数 MV1GetTextureGraphHandle などの引数として使用します。 ( テクスチャの番号はモデルに含まれるテクスチャに振られる番号で、グラフィックハンドルではありませんのでご注意ください )

 モデルのテクスチャを変更したり利用したりしたいときに使用します。

サンプル

  マテリアルで使用されているテクスチャを画面に描画するサンプルが MV1GetMaterialDifMapTexture 関数 にあります。



宣言int MV1GetMaterialNormalMapTexture( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルで法線マップとして使用されているテクスチャ番号を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値0以上:テクスチャの番号
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの法線マップとして使用されているテクスチャの番号を取得します。
 取得した番号は関数 MV1GetTextureGraphHandle などの引数として使用します。 ( テクスチャの番号はモデルに含まれるテクスチャに振られる番号で、グラフィックハンドルではありませんのでご注意ください )

 モデルのテクスチャを変更したり利用したりしたいときに使用します。

サンプル

  マテリアルで使用されているテクスチャを画面に描画するサンプルが MV1GetMaterialDifMapTexture 関数 にあります。



宣言int MV1SetMaterialDrawBlendMode( int MHandle, int MaterialIndex, int BlendMode ) ;

概略指定のマテリアルの描画ブレンドモードを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
int BlendMode : 描画ブレンドモード( DX_BLENDMODE_ALPHA 等 )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのブレンドモードを変更します。
 現在モデル描画で正常に動作するブレンドモードは DX_BLENDMODE_ALPHA, DX_BLENDMODE_ADD の2種類のみです。 ( ハードウエアが対応している場合は DX_BLENDMODE_SUB も正常に機能します )
 ブレンドモードの説明に関しては SetDrawBlendMode 関数の解説を参照してください。

 ブレンドモードのパラメータの変更は MV1SetMaterialDrawBlendParam 関数を使用します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる1番目のマテリアルの描画ブレンドモードを加算ブレンド( DX_BLENDMODE_ADD )に変更します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // ブレンドモードが変更されたことがわかるように画面全体を青色で塗りつぶす DrawBox( 0, 0, 640, 480, GetColor( 0,0,255 ), TRUE ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる1番目のマテリアルの描画ブレンドモードを DX_BLENDMODE_ADD に変更する MV1SetMaterialDrawBlendMode( ModelHandle, 1, DX_BLENDMODE_ADD ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetMaterialDrawBlendMode( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルの描画ブレンドモードを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値描画ブレンドモード( DX_BLENDMODE_ALPHA 等 )
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの描画ブレンドモードを取得します。


サンプル

 MV1GetMaterialNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetMaterialDrawBlendParam( int MHandle, int MaterialIndex, int BlendParam ) ;

概略指定のマテリアルの描画ブレンドパラメータを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
int BlendParame : 描画ブレンドパラメータ( 0 〜 255 )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルのブレンドパラメータを変更します。
( ブレンドパラメータの説明に関しては SetDrawBlendMode 関数の解説を参照してください )

 尚、ブレンドモードの変更は MV1SetMaterialDrawBlendMode 関数を使用してください。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる1番目のマテリアルの描画ブレンドモードを加算ブレンド( DX_BLENDMODE_ADD )に変更して、 ブレンドパラメータを128にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // ブレンドモードが変更されたことがわかるように画面全体を青色で塗りつぶす DrawBox( 0, 0, 640, 480, GetColor( 0,0,255 ), TRUE ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる0番目のマテリアルの描画ブレンドモードを DX_BLENDMODE_ADD に変更する MV1SetMaterialDrawBlendMode( ModelHandle, 1, DX_BLENDMODE_ADD ) ; // マテリアルのブレンドパラメータを 128 に変更する MV1SetMaterialDrawBlendParam( ModelHandle, 1, 128 ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetMaterialDrawBlendParam( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルの描画ブレンドパラメータを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値描画ブレンドパラメータ( 0 〜 255 )
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの描画ブレンドパラメータを取得します。


サンプル

 MV1GetMaterialNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetMaterialDrawAlphaTest( int MHandle, int MaterialIndex, int Enable, int Mode, int Param ) ;

概略指定のマテリアルの描画アルファテストの設定を行う

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
int Enable : アルファテストを有効にするかどうか( TRUE:有効にする FALSE:無効にする(デフォルト) )
int Mode : テストモード( DX_CMP_GREATER等 )
int Param : 描画アルファ値との比較に使用する値( 0〜255 )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれる指定のマテリアルの描画時にアルファテストを行うかどうかや、行う場合のテストモードを変更します。
 アルファテストとは描画する色のアルファ値によって描画を行うかどうかを決定する機能で、 主に描画負荷の軽減とZバッファへどれだけ透明なピクセルでも書き込むか等を決定する為に使用します。

 Zバッファにはアルファ値が 1 でほぼ完全に透明の物でも不透明の物と同様にしっかりと深度情報が書き込まれてしまいます。
 すると、その後『ほぼ完全に透明の物』の奥に別の物を描画しようとすると『ほぼ完全に透明の物』に隠れて描画されないという現象が発生してしまいます。
 理想的には描画物を画面奥にあるものから順に描画すればこのような問題は発生しないのですが、 描画物が大量にあって画面奥にあるものから順に描画しようとするとソートの処理負荷が高くなってしまう等必ずしも常に理想的な描画が行えるとは限らないので、 そのような場合にアルファテスト機能を使って、一定以上の透明度のものはそもそも描画しない、などの設定を行ってから描画します。

アルファテストとして使用できるモードは引数 Mode で指定するのですが、モードには以下の種類があります。

DX_CMP_NEVER描画アルファ値がどのような値でも描画しない
DX_CMP_LESS描画アルファ値が Param より小さい場合は描画する
DX_CMP_EQUAL描画アルファ値が Param と等しい場合は描画する
DX_CMP_LESSEQUAL描画アルファ値が Param と同じか、より小さい場合は描画する
DX_CMP_GREATER描画アルファ値が Param より大きい場合は描画する
DX_CMP_NOTEQUAL描画アルファ値が Param と異なる場合は描画する
DX_CMP_GREATEREQUAL描画アルファ値が Param と同じか、より大きい場合は描画する
DX_CMP_ALWAYS描画アルファ値がどのような値でも描画する

 DX_CMP_NEVER と DX_CMP_ALWAYS 以外のモードでは引数 Param で指定するアルファ値を比較用の値として使用します。
 大体は『一定以上のアルファ値の場合のみ描画するようにしたい』ので、DX_CMP_GREATER か DX_CMP_GREATEREQUAL を使用します。

 例:マテリアル番号1を透明度が80%以下(アルファ値が51以上)の部分のみ描画するように設定する

   MV1SetMaterialDrawAlphaTest( MHandle, 1, TRUE, DX_CMP_GREATEREQUAL, 51 ) ;

サンプル

  ありません



宣言int MV1SetMaterialDrawAlphaTestAll( int MHandle, int Enable, int Mode, int Param ) ;

概略全てのマテリアルの描画アルファテストの設定を行う

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int Enable : アルファテストを有効にするかどうか( TRUE:有効にする FALSE:無効にする(デフォルト) )
int Mode : テストモード( DX_CMP_GREATER等 )
int Param : 描画アルファ値との比較に使用する値( 0〜255 )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれる全てのマテリアルに対して描画時にアルファテストを行うかどうかや、行う場合のテストモードを変更します。

 MV1SetMaterialDrawAlphaTest の処理を全てのマテリアルに対して行うという以外は全て MV1SetMaterialDrawAlphaTest と同じなので、 引数の解説などは MV1SetMaterialDrawAlphaTest の解説を参照してください。

サンプル

  ありません



宣言int MV1SetMaterialOutLineWidth( int MHandle, int MaterialIndex, float Width ) ;

概略指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線の太さを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
float Width : 輪郭線の太さ
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの立体的な( カメラとモデルとの距離に影響される )輪郭線の太さを変更します。
 輪郭線は pmd ファイルを読み込んだ場合に表示されます。


<<輪郭線の太さ決定の仕組み>>

 輪郭線は立体的な太さ( MV1SetMaterialOutLineWidth で指定する太さ )と、平面的な太さ( MV1SetMaterialOutLineDotWidth で指定する太さ )の二種類があります。
 立体的な太さはカメラとモデルとの距離で実際に画面に描画される輪郭線の太さが変化します。( 離れれば離れるほど細く、近づけば近づくほど太く )
 平面的な太さはカメラとモデルとの距離に関係なく常に一定の太さで描画されます。

 DXライブラリでは、立体的・平面的の両方の計算で太さを求め、より太い結果の太さを用いて輪郭線を描画します。
 これは「近づけば近づくほど輪郭線は太くなって欲しいけど、どれだけ離れても最低限の太さで輪郭線を描画したい」 という処理を実現するためにこうなりました。

 尚、より太い計算結果を採用する関係で、輪郭線を描画したくない場合は MV1SetMaterialOutLineWidth と MV1SetMaterialOutLineDotWidth の両方で太さを 0.0f に設定する必要があります。

 また、MV1SetScale でモデルのスケールを変更するとこのパラメータにもスケーリングが掛かってしまいますので注意してください。
サンプル

  ありません



宣言float MV1GetMaterialOutLineWidth( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線の太さを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値輪郭線の太さ
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの立体的な輪郭線の太さを取得します。

   輪郭線の太さの詳細は MV1SetMaterialOutLineWidth の解説を参照してください。
サンプル

  ありません



宣言int MV1SetMaterialOutLineDotWidth( int MHandle, int MaterialIndex, float Width ) ;

概略指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線のドット単位の太さを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
float Width : 輪郭線の太さ
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの平面的な( カメラとモデルとの距離に影響されない )輪郭線の太さを変更します。
 輪郭線は pmd ファイルを読み込んだ場合に表示されます。

   輪郭線の太さの詳細は MV1SetMaterialOutLineWidth の解説を参照してください。
サンプル

  ありません



宣言float MV1GetMaterialOutLineDotWidth( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線のドット単位の太さを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値輪郭線の太さ
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの平面的な輪郭線の太さを取得します。

   輪郭線の太さの詳細は MV1SetMaterialOutLineWidth の解説を参照してください。
サンプル

  ありません



宣言int MV1SetMaterialOutLineColor( int MHandle, int MaterialIndex, COLOR_F Color ) ;

概略指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線の色を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
COLOR_F Color : 輪郭線の色
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの輪郭線の色を変更します。デフォルトの輪郭線の色は真っ黒 GetColorF( 0.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f ) です。
 色の値の取得は GetColorF を使うと便利です。
 尚、輪郭線は pmd ファイルを読み込んだ場合に表示されます。

サンプル

  ありません



宣言COLOR_F MV1GetMaterialOutLineColor( int MHandle, int MaterialIndex ) ;

概略指定のマテリアルのトゥーンレンダリングで使用する輪郭線の色を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MaterialIndex : マテリアルの番号
戻り値輪郭線の色
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるマテリアルの輪郭線の色を取得します。

 基本的に MV1SetMaterialOutLineColor で設定した値を返すだけの関数です。
サンプル

  ありません





テクスチャ関係

宣言int MV1GetTextureNum( int MHandle ) ;

概略モデルで使用されているテクスチャの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値−1以外:モデルで使用されているテクスチャの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルで使用されているテクスチャの総数を取得します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo で使用されているテクスチャの情報を一つづつ描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int i, TextureNum ; int Width, Height, GrHandle ; const char *String ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // モデルに含まれるテクスチャの総数を取得する TextureNum = MV1GetTextureNum( ModelHandle ) ; // テクスチャの数だけ繰り返し for( i = 0 ; i < TextureNum ; i ++ ) { // 画面をクリアする ClearDrawScreen() ; // テクスチャのグラフィックハンドルを取得する GrHandle = MV1GetTextureGraphHandle( ModelHandle, i ) ; // テクスチャの名前を描画する DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Name %s", MV1GetTextureName( ModelHandle, i ) ) ; // テクスチャの大きさを描画する GetGraphSize( GrHandle, &Width, &Height ) ; DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Size %dx%d", Width, Height ) ; // テクスチャのU値のアドレスモードを描画する switch( MV1GetTextureAddressModeU( ModelHandle, i ) ) { case DX_TEXADDRESS_WRAP : String = "DX_TEXADDRESS_WRAP" ; break ; case DX_TEXADDRESS_MIRROR : String = "DX_TEXADDRESS_MIRROR" ; break ; case DX_TEXADDRESS_CLAMP : String = "DX_TEXADDRESS_CLAMP" ; break ; } DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "Address Mode U %s", String ) ; // テクスチャのV値のアドレスモードを描画する switch( MV1GetTextureAddressModeV( ModelHandle, i ) ) { case DX_TEXADDRESS_WRAP : String = "DX_TEXADDRESS_WRAP" ; break ; case DX_TEXADDRESS_MIRROR : String = "DX_TEXADDRESS_MIRROR" ; break ; case DX_TEXADDRESS_CLAMP : String = "DX_TEXADDRESS_CLAMP" ; break ; } DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "Address Mode V %s", String ) ; // テクスチャのフィルタリングモードを描画する switch( MV1GetTextureSampleFilterMode( ModelHandle, i ) ) { case DX_DRAWMODE_NEAREST : String = "DX_DRAWMODE_NEAREST" ; break ; case DX_DRAWMODE_BILINEAR : String = "DX_DRAWMODE_BILINEAR" ; break ; case DX_DRAWMODE_ANISOTROPIC : String = "DX_DRAWMODE_ANISOTROPIC" ; break ; } DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "Sample Filter Mode %s", String ) ; // テクスチャを描画する DrawGraph( 0, 80, GrHandle, TRUE ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言const char *MV1GetTextureName( int MHandle, int TexIndex ) ;

概略テクスチャの名前を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TexIndex : テクスチャの番号
戻り値NULL以外:テクスチャの名前( ファイルパスではありません )
 NULL:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルで使用されているテクスチャの名前を取得します。
 xファイル や mqoファイルではテクスチャの名前という情報が無いので、 ファイル名がテクスチャの名前として使用されます。


サンプル

 MV1GetTextureNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetTextureGraphHandle( int MHandle, int TexIndex, int GrHandle, int SemiTransFlag ) ;

概略テクスチャとして使用するグラフィックハンドルを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TexIndex : テクスチャの番号
int GrHandle : テクスチャとして使用するグラフィックハンドル
int SemiTransFlag : グラフィックハンドルに半透明要素があるかどうか( TRUE:ある FALSE:ない )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルで使用するテクスチャのグラフィックハンドルを変更します。
 変更後はモデル中の変更されたテクスチャを使用しているマテリアルの部分が GrHandle で指定した画像になります。
 色違いキャラクターを表現したりする場合に便利です。

 尚、3Dモデルは半透明要素があるかどうかの情報をよく使いますので、 セットするグラフィックハンドルに半透明の部分があるかどうかを SemiTransFlag で指定します、ある場合は TRUE を、無い場合は FALSE を渡してください。

 注意点として、GrHandle に渡すグラフィックハンドルの画像の幅や高さは 2 の n乗( 1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 512, 1024, 2048, 4096 ... ) である必要があり、また、LoadDivGraph で分割読込した画像や、DerivationGraph で派生させた画像は使用することができません。 ( エラーにはなりませんが期待する描画結果は得られません )

 画像のサイズについては、グラフィックスデバイスの性能によって扱える画像の最大サイズが変化しますので。
 2009年時点で多くの環境で安心して使える画像の最大サイズは恐らく 2048 くらいまで、 3D機能を持ち始めたばかりのノートパソコン等では 1024 くらいまでの対応となります。

 因みに、GrHandle に -1 を渡すと元のテクスチャのグラフィックハンドルを使用するようになります。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x で使用されている目のテクスチャを緑色の目の画像に変更します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int GrHandle ; int TexIndex ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 緑色の目の画像の読みこみ GrHandle = LoadGraph( "DxCharaEye2.tga" ) ; // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // モデルを画面に映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 400.0f ) ) ; // 目の部分のマテリアルで使用されているテクスチャの番号を取得 TexIndex = MV1GetMaterialDifMapTexture( ModelHandle, 4 ) ; // テクスチャで使用するグラフィックハンドルを変更する MV1SetTextureGraphHandle( ModelHandle, TexIndex, GrHandle, FALSE ) ; // モデルを描画する MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // 読み込んだ画像のグラフィックハンドルを削除 DeleteGraph( GrHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetTextureGraphHandle( int MHandle, int TexIndex ) ;

概略テクスチャのグラフィックハンドルを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TexIndex : テクスチャの番号
戻り値−1以外:テクスチャのグラフィックハンドル
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルで使用されているテクスチャで使用されるグラフィックハンドルを取得します。
 取得したグラフィックハンドルは普通のグラフィックハンドルと同じように DrawGraph で描画したり、 GetGraphSize でサイズを取得したりすることができます。


サンプル

 MV1GetTextureNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetTextureAddressMode( int MHandle, int TexIndex, int AddrUMode, int AddrVMode ) ;

概略テクスチャのアドレスモードを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TexIndex : テクスチャの番号
int AddrUMode : U値のアドレスモード
int AddrVMode : V値のアドレスモード
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルで使用するテクスチャを描画する際に使用されるアドレスモードを変更します。

 アドレスモードとは画像サイズ以上のテクスチャ座標が指定された場合にどう表示するかというもので、以下の3種類があります。


DX_TEXADDRESS_WRAP

 画像サイズ以上のテクスチャ座標の部分は素直に繰り返します。


DX_TEXADDRESS_MIRROR

 画像サイズ以上のテクスチャ座標の部分は鏡に映されたように反転する表示と、もとの反転していない表示とを繰り返します。
 例えば4倍のテクスチャ座標が指定された場合 通常の見た目・反転した見た目・通常の見た目・反転した見た目 という風になります。


DX_TEXADDRESS_CLAMP

 他のモードと違って画像が繰り返されず、画像サイズ以上のテクスチャ座標の部分は画像の端のピクセルが引き伸ばされたような見た目になります。


 アドレスモードはU方向とV方向で別々に指定することができます。
 初期状態ではU,V共に DX_TEXADDRESS_WRAP です。

サンプル

  モデルファイル AddressTest.mqo で使用されているテクスチャのアドレスモードを、横方向は DX_TEXADDRESS_MIRROR に
 縦方向は DX_TEXADDRESS_CLAMP にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "AddressTest.mqo" ) ; // モデルを画面に映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 400.0f ) ) ; // テクスチャ0番のアドレスモードを横方向は DX_TEXADDRESS_MIRROR に、 // 縦方向は DX_TEXADDRESS_CLAMP に変更する MV1SetTextureAddressMode( ModelHandle, 0, DX_TEXADDRESS_MIRROR, DX_TEXADDRESS_CLAMP ) ; // モデルを描画する MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetTextureAddressModeU( int MHandle, int TexIndex ) ;

概略テクスチャのU値のアドレスモードを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TexIndex : テクスチャの番号
戻り値−1以外:テクスチャのU値のアドレスモード
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルで使用されているテクスチャを描画する際に使用されるU値のアドレスモードを取得します。
 戻り値であるアドレスモードについては関数 MV1SetTextureAddressMode の解説を参照してください。


サンプル

 MV1GetTextureNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1GetTextureAddressModeV( int MHandle, int TexIndex ) ;

概略テクスチャのV値のアドレスモードを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TexIndex : テクスチャの番号
戻り値−1以外:テクスチャのV値のアドレスモード
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルで使用されているテクスチャを描画する際に使用されるV値のアドレスモードを取得します。
 戻り値であるアドレスモードについては関数 MV1SetTextureAddressMode の解説を参照してください。


サンプル

 MV1GetTextureNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetTextureSampleFilterMode( int MHandle, int TexIndex, int FilterMode ) ;

概略テクスチャのフィルタリングモードを変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TexIndex : テクスチャの番号
int FilterMode : フィルタリングモード
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルで使用するテクスチャを描画する際に使用されるフィルタリングモードを変更します。

 フィルタリングモードはポリゴンに貼り付けられ、変形して画面に表示されることになるテクスチャをどのように描画するかと言うもので、以下の3種類があります。


DX_DRAWMODE_NEAREST

 最近点フィルタリング方式です。
 画面にピクセルを描画する際に、テクスチャ中の計算上一番適している1ピクセルのみを使って描画します。
 画面にテクスチャの解像度以上の大きさに描画されるとドットが四角く表示されます。

DX_DRAWMODE_BILINEAR

 線形フィルタリング方式です。
 画面にピクセルを描画する際に、テクスチャ中の計算上適している上位4ピクセルの色を合成して描画します。
 画面にテクスチャの解像度以上の大きさに描画されると、 ドット同士の色の合成が行われるので DX_DRAWMODE_NEAREST と違いボヤっとした見た目になります。

DX_DRAWMODE_ANISOTROPIC

 異方性フィルタリング方式です。
 画面に描画するピクセルの色を複雑な計算をして決定します。
 画面に拡大されて描画される際は DX_DRAWMODE_BILINEAR とあまり違いはありませんが、 画面に元の画像よりも小さく、つまり縮小されて描画される場合は DX_DRAWMODE_BILINEAR より良好な描画結果が得られます。( デフォルトではこのタイプです )


 因みに描画負荷は DX_DRAWMODE_ANISOTROPIC が一番重く、 次に DX_DRAWMODE_BILINEAR、一番軽いのは DX_DRAWMODE_NEAREST です。

サンプル

  モデルファイル FilterTest.mqo で使用されているテクスチャのフィルタリングモードを DX_DRAWMODE_NEAREST にして描画します。
  ドットとドットの間がくっきり分かれた見た目になります。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "FilterTest.mqo" ) ; // モデルを画面に映る位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 400.0f ) ) ; // テクスチャ0番のフィルタリングモードを DX_DRAWMODE_NEAREST に変更 MV1SetTextureSampleFilterMode( ModelHandle, 0, DX_DRAWMODE_NEAREST ) ; // モデルを描画する MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetTextureSampleFilterMode( int MHandle, int TexIndex ) ;

概略テクスチャのフィルタリングモードを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TexIndex : テクスチャの番号
戻り値−1以外:テクスチャのフィルタリングモード
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルで使用されているテクスチャを描画する際に使用されるフィルタリングモードを取得します。
 戻り値であるアドレスモードについては関数 MV1SetTextureSampleFilterMode の解説を参照してください。


サンプル

 MV1GetTextureNum関数 のサンプルを参照してください。



フレーム関係

宣言int MV1GetFrameNum( int MHandle ) ;

概略フレームの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値−1以外:モデルに含まれるフレームの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームの数を取得します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれるフレームの情報を一つづつ表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, FrameNum, i, Parent ; VECTOR Position ; MATRIX Matrix ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // フレームの数を取得する FrameNum = MV1GetFrameNum( ModelHandle ) ; // フレームの数だけループ for( i = 0 ; i < FrameNum ; i ++ ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // フレーム名の描画 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Name %s", MV1GetFrameName( ModelHandle, i ) ) ; // 親フレーム名の描画 Parent = MV1GetFrameParent( ModelHandle, i ) ; if( Parent == -2 ) { DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Parent Name None" ) ; } else { DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Parent Name %s", MV1GetFrameName( ModelHandle, Parent ) ) ; } // 子フレームの数を描画 DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "Child Num %d", MV1GetFrameChildNum( ModelHandle, i ) ) ; // フレームのワールド座標の描画 Position = MV1GetFramePosition( ModelHandle, i ) ; DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "Position x:%f y:%f z:%f", Position.x, Position.y, Position.z ) ; // 変換行列を描画する Matrix = MV1GetFrameLocalMatrix( ModelHandle, i ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), " Matrix %f %f %f %f", Matrix.m[ 0 ][ 0 ], Matrix.m[ 0 ][ 1 ], Matrix.m[ 0 ][ 2 ], Matrix.m[ 0 ][ 3 ] ) ; DrawFormatString( 0, 80, GetColor( 255,255,255 ), " %f %f %f %f", Matrix.m[ 1 ][ 0 ], Matrix.m[ 1 ][ 1 ], Matrix.m[ 1 ][ 2 ], Matrix.m[ 1 ][ 3 ] ) ; DrawFormatString( 0, 96, GetColor( 255,255,255 ), " %f %f %f %f", Matrix.m[ 2 ][ 0 ], Matrix.m[ 2 ][ 1 ], Matrix.m[ 2 ][ 2 ], Matrix.m[ 2 ][ 3 ] ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), " %f %f %f %f", Matrix.m[ 3 ][ 0 ], Matrix.m[ 3 ][ 1 ], Matrix.m[ 3 ][ 2 ], Matrix.m[ 3 ][ 3 ] ) ; // フレームのローカル座標からワールド座標に変換する行列を描画する Matrix = MV1GetFrameLocalWorldMatrix( ModelHandle, i ) ; DrawFormatString( 0, 128, GetColor( 255,255,255 ), "LW Matrix %f %f %f %f", Matrix.m[ 0 ][ 0 ], Matrix.m[ 0 ][ 1 ], Matrix.m[ 0 ][ 2 ], Matrix.m[ 0 ][ 3 ] ) ; DrawFormatString( 0, 144, GetColor( 255,255,255 ), " %f %f %f %f", Matrix.m[ 1 ][ 0 ], Matrix.m[ 1 ][ 1 ], Matrix.m[ 1 ][ 2 ], Matrix.m[ 1 ][ 3 ] ) ; DrawFormatString( 0, 160, GetColor( 255,255,255 ), " %f %f %f %f", Matrix.m[ 2 ][ 0 ], Matrix.m[ 2 ][ 1 ], Matrix.m[ 2 ][ 2 ], Matrix.m[ 2 ][ 3 ] ) ; DrawFormatString( 0, 176, GetColor( 255,255,255 ), " %f %f %f %f", Matrix.m[ 3 ][ 0 ], Matrix.m[ 3 ][ 1 ], Matrix.m[ 3 ][ 2 ], Matrix.m[ 3 ][ 3 ] ) ; // フレームの表示状態を描画 DrawFormatString( 0, 192, GetColor( 255,255,255 ), "Visible %d", MV1GetFrameVisible( ModelHandle, i ) ) ; // フレームに半透明要素があるかどうかを描画 DrawFormatString( 0, 208, GetColor( 255,255,255 ), "Semi Trans %d", MV1GetFrameSemiTransState( ModelHandle, i ) ) ; // フレームに含まれるメッシュの数を描画 DrawFormatString( 0, 224, GetColor( 255,255,255 ), "Mesh Num %d", MV1GetFrameMeshNum( ModelHandle, i ) ) ; // フレームに含まれる三角形ポリゴンの数を描画 DrawFormatString( 0, 240, GetColor( 255,255,255 ), "Triangle Num %d", MV1GetFrameTriangleNum( ModelHandle, i ) ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SearchFrame( int MHandle, char *FrameName ) ;

概略指定名のフレームをモデル中から検索する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
char *FrameName : フレーム名
戻り値0以上:指定名のフレームの番号
  −2:指定名のフレームが見つからなかった
  −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームから、指定の名前のものを検索します。

 同名のフレームが複数含まれる場合は番号の若いフレームが返ってきます。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる名前が Mesh_1 のフレームの番号を表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // フレーム名 Mesh_1 のフレームの番号を画面に描画する DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "%d", MV1SearchFrame( ModelHandle, "Mesh_1" ) ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SearchFrameChild( int MHandle, int FrameIndex, char *ChildName ) ;

概略指定名のフレームを指定のフレームの子フレームの中から検索する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : 検索対象のフレームの番号
char *ChildName : フレーム名
戻り値0以上:指定名のフレームの番号
  −2:指定名のフレームが見つからなかった
  −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデル内の指定のフレームが持つ子フレームの中から、指定の名前のフレームを検索します。

 指定のフレームが持つ子フレームだけではなく、子フレームが持つ子フレームも検索の対象になります。
 同名のフレームが含まれる場合は番号の若いフレームが返ってきます。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる2番目のフレームの子フレームの中から Koshi という名前のフレームの番号を検索します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // モデルの2番目のフレームが持つ子フレームの中から AnkleR という名前のフレームの番号を検索して画面に描画する DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "%d", MV1SearchFrameChild( ModelHandle, 2, "AnkleR" ) ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言char *MV1GetFrameName( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームの名前を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値NULL以外:フレームの名前
 NULL:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームの名前を取得します。

サンプル

 MV1GetFrameNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1GetFrameParent( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームの親フレームを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値0以上:親フレームの番号
 −2:親フレームが無い
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームの親フレームのフレーム番号を取得します。

サンプル

 MV1GetFrameNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1GetFrameChildNum( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームの子フレームの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値0以上:子フレームの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームが持つ子フレームの数を取得します。

 FrameIndex を -1 にすると親が居ないフレームの数が返ってきます。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる0番目のフレームの子フレームの名前を描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, i, ChildNum, FrameIndex ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // フレーム0番の子フレームの数を取得 ChildNum = MV1GetFrameChildNum( ModelHandle, 0 ) ; // 子フレームの数だけループ for( i = 0 ; i < ChildNum ; i ++ ) { // 子フレームのフレーム番号を取得 FrameIndex = MV1GetFrameChild( ModelHandle, 0, i ) ; // 子フレームの名前を表示 DrawFormatString( 0, i * 16, GetColor( 255,255,255 ), "%s", MV1GetFrameName( ModelHandle, FrameIndex ) ) ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetFrameChild( int MHandle, int FrameIndex, int ChildIndex ) ;

概略フレームの子フレームを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
int ChildIndex : 子フレーム番号
戻り値0以上:子フレームのフレーム番号
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームが持つ子フレームのフレーム番号を取得します。

 FrameIndex を -1 にすると、親の居ないフレームが取得できます。

 尚、ChildIndex に MV1GetFrameChildNum 関数で取得できる子フレームの数以上の値を渡すとエラーとなります。

サンプル

 MV1GetFrameChildNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言VECTOR MV1GetFramePosition( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームの座標を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値フレームのワールド座標
解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームのワールド座標を取得します。

サンプル

 MV1GetFrameNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言MATRIX MV1GetFrameLocalMatrix( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームの座標変換行列を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値フレームの変換行列
解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームの変換行列を取得します。

サンプル

 MV1GetFrameNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言MATRIX MV1GetFrameLocalWorldMatrix( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームのローカル座標からワールド座標に変換する行列を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値フレームのローカル→ワールド行列

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームのローカル座標からワールド座標に変換する行列を取得します。

サンプル

 MV1GetFrameNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetFrameUserLocalMatrix( int MHandle, int FrameIndex, MATRIX Matrix ) ;

概略フレームの座標変換行列を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
MATRIX Matrix : フレームに設定する変換行列
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームの変換行列として引数で渡す Matrix の値を使用するようにします。

 この関数を使用して行列を設定すると、 以降 MV1ResetFrameUserLocalMatrix で設定が解除されるまでこの関数で設定した行列が使用されます。 ( 行列を設定したフレームに対するキーが打たれているアニメーションを再生しても、 この関数で設定した行列が優先されます )

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo に含まれる2番目のフレームの変換行列を下方向に 300.0f 移動する
 行列にしてから描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // モデルを見える位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 800.0f ) ) ; // 2番目のフレームに下に動くのローカル行列をセットする MV1SetFrameUserLocalMatrix( ModelHandle, 2, MGetTranslate( VGet( 0.0f, -300.0f, 0.0f ) ) ) ; // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1ResetFrameUserLocalMatrix( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームの座標変換行列をデフォルトに戻す

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  関数 MV1SetFrameUserLocalMatrix で設定した行列の効果を解除します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo に含まれる2番目のフレームの変換行列を下方向に 300.0f 移動する
 行列をセットしたり解除したりを1秒単位で行いつつ描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, Time, UseMatrix ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // モデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // モデルを見える位置に移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 800.0f ) ) ; // 行列を使用するかどうかのフラグを1にする UseMatrix = 1 ; // 現在のタイムカウントを記録しておく Time = GetNowCount() ; // 何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 1秒経つ毎に独自の行列を使用するかどうかを変更する if( GetNowCount() - Time > 1000 ) { // フラグによって処理を分岐 if( UseMatrix == 1 ) { // 2番目のフレームに下に動くのローカル行列をセットする MV1SetFrameUserLocalMatrix( ModelHandle, 2, MGetTranslate( VGet( 0.0f, -300.0f, 0.0f ) ) ) ; // フラグを0にする UseMatrix = 0 ; } else { // 2番目のフレームに設定した行列を無効化する MV1ResetFrameUserLocalMatrix( ModelHandle, 2 ) ; // フラグを1にする UseMatrix = 1 ; } // 現在のタイムカウントを記録しておく Time = GetNowCount() ; } // モデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SetFrameVisible( int MHandle, int FrameIndex, int VisibleFlag ) ;

概略フレームの表示・非表示状態を変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
int VisibleFlag : 表示状態( TRUE:表示 FALSE:非表示 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームの表示状態を変更します。

 VisibleFlag に FALSE を渡すと、指定のフレームが持つメッシュ、及び指定のフレームの子フレームが持つメッシュと子フレームの子フレームが持つメッシュも描画されなくなります。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo に含まれる1番目のフレームの表示状態を「非表示」にして描画します。
 「円柱」フレームの子フレームである「子円柱」も一緒に表示されなくなります。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 1番のフレームの表示状態を「非表示」にする MV1SetFrameVisible( ModelHandle, 1, FALSE ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetFrameVisible( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームの表示・非表示状態を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値0以上:フレームの表示状態( TRUE:表示 FALSE:非表示 )
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるフレームの表示状態を取得します。

 親フレームの表示状態が仮に「非表示」になっていても、この関数はあくまで指定のフレームに設定されている表示状態を返します。

サンプル

 MV1GetFrameNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetFrameDifColorScale( int MHandle, int FrameIndex, COLOR_F Scale ) ;

概略フレームのディフューズカラーのスケール値を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
COLOR_F Scale : スケール値( 各色 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれるメッシュを描画する際に行うマテリアルのディフューズカラーに対するスケーリングの値を設定します。

 モデル中の一部分だけ色を変えたい場合などに使用します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo に含まれる3番目のフレームのディフューズカラーを赤にします。
 「立方体」フレームの子フレームである「子立方体」も一緒に赤色になります。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 3番のフレームのディフューズカラーを赤にする MV1SetFrameDifColorScale( ModelHandle, 3, GetColorF( 1.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetFrameDifColorScale( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームのディフューズカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値フレームのディフューズカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれるメッシュを描画する際に行うマテリアルのディフューズカラーに対するスケーリングの値を取得します。

 スケーリングの影響は子フレームにも及びますが、この関数は指定のフレームに対して MV1SetFrameDifColorScale 関数で設定された値をそのまま返します。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetFrameSpcColorScale( int MHandle, int FrameIndex, COLOR_F Scale ) ;

概略フレームのスペキュラカラーのスケール値を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
COLOR_F Scale : スケール値( 各色 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれるメッシュを描画する際に行うマテリアルのスペキュラカラーに対するスケーリングの値を設定します。

 モデル中の一部分だけ色を変えたい場合などに使用します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo に含まれる1番目のフレームのスペキュラカラーを黄色にします。
 「円柱」フレームの子フレームである「子円柱」も一緒に黄色になります。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 1番のフレームのスペキュラカラーを黄色にする MV1SetFrameSpcColorScale( ModelHandle, 1, GetColorF( 1.0f, 1.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetFrameSpcColorScale( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームのスペキュラカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値フレームのスペキュラカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれるメッシュを描画する際に行うマテリアルのスペキュラカラーに対するスケーリングの値を取得します。

 スケーリングの影響は子フレームにも及びますが、この関数は指定のフレームに対して MV1SetFrameSpcColorScale 関数で設定された値をそのまま返します。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetFrameEmiColorScale( int MHandle, int FrameIndex, COLOR_F Scale ) ;

概略フレームのエミッシブカラーのスケール値を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
COLOR_F Scale : スケール値( 各色 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれるメッシュを描画する際に行うマテリアルのエミッシブカラーに対するスケーリングの値を設定します。

 モデル中の一部分だけ色を変えたい場合などに使用します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo に含まれる1番目のフレームのエミッシブカラーを水色にします。
 「円柱」フレームの子フレームである「子円柱」も一緒に水色になります。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 1番のフレームのエミッシブカラーのスケール値を水色にする MV1SetFrameEmiColorScale( ModelHandle, 1, GetColorF( 0.0f, 1.0f, 1.0f, 0.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetFrameEmiColorScale( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームのエミッシブカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値フレームのエミッシブカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれるメッシュを描画する際に行うマテリアルのエミッシブカラーに対するスケーリングの値を取得します。

 スケーリングの影響は子フレームにも及びますが、この関数は指定のフレームに対して MV1SetFrameEmiColorScale 関数で設定された値をそのまま返します。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetFrameAmbColorScale( int MHandle, int FrameIndex, COLOR_F Scale ) ;

概略フレームのアンビエントカラーのスケール値を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
COLOR_F Scale : スケール値( 各色 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれるメッシュを描画する際に行うマテリアルのアンビエントカラーに対するスケーリングの値を設定します。

 モデル中の一部分だけ色を変えたい場合などに使用します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo に含まれる1番目のフレームのアンビエントカラーを紫色にします。
 「円柱」フレームの子フレームである「子円柱」も一緒に水色になります。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 1番のフレームのアンビエントカラーのスケール値を紫色にする MV1SetFrameAmbColorScale( ModelHandle, 1, GetColorF( 1.0f, 0.0f, 1.0f, 0.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetFrameAmbColorScale( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームのアンビエントカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値フレームのアンビエントカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれるメッシュを描画する際に行うマテリアルのアンビエントカラーに対するスケーリングの値を取得します。

 スケーリングの影響は子フレームにも及びますが、この関数は指定のフレームに対して MV1SetFrameAmbColorScale 関数で設定された値をそのまま返します。

サンプル

ありません



宣言int MV1GetFrameSemiTransState( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームに半透明要素があるかどうかを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値TRUE:半透明要素がある FALSE:半透明要素は無い
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに半透明の要素があるかどうかを取得します。

 例えば、フレーム内のメッシュが使用しているマテリアルのテクスチャに半透明の部分があったり、 指定のフレームや子フレームの何れかの不透明が 1.0f ではなかったりすると TRUE が返ってきます。

 半透明要素を持つフレーム同士をZソートする場合に、各フレームに半透明要素があるかどうかを判定する際などに使用します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo の3番目のフレームの不透明度を上下キーで操作できるようにした上で、 画面上に MV1GetFrameSemiTransState 関数の戻り値を表示して半透明要素があるかどうかを確認できるようにしています。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; float OpacityRate ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 100.0f, 600.0f ) ) ; // 不透明度を初期化 OpacityRate = 1.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面のクリア ClearDrawScreen() ; // 上キーが押されたら不透明度を上げる if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) ) { OpacityRate += 0.05f ; if( OpacityRate > 1.0f ) { OpacityRate = 1.0f ; } } // 下キーが押されたら不透明度を下げる if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) ) { OpacityRate -= 0.05f ; if( OpacityRate < 0.0f ) { OpacityRate = 0.0f ; } } // 3番目のフレームの不透明度を設定する MV1SetFrameOpacityRate( ModelHandle, 3, OpacityRate ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 現在の3番目のフレームの不透明度と、MV1GetFrameOpacityState の戻り値を描画する DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "ESC Key:Exit OpacityRate:%f SemiTransState:%d", OpacityRate, MV1GetFrameSemiTransState( ModelHandle, 3 ) ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SetFrameOpacityRate( int MHandle, int FrameIndex, float Rate ) ;

概略フレームの不透明度を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
float Rate : 不透明度( 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームの不透明度を設定します。

 Rate の値が 0.0f に近いほど不透明度が下がり( 透明度が上がり )、 1.0f に近いほど不透明度が上がり( 透明度が下がり )ます。
 指定のフレームの子フレームにも影響を与えます。

 モデルの一部のフレームを半透明で表示したかったり、だんだん透明になって消えていくなどの演出をしたい場合に使用します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo の1番目のフレームの不透明度を50%にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 透明で描画されているということが分かるように画面全体を赤で塗りつぶす DrawBox( 0, 0, 640, 480, GetColor( 255,0,0 ), TRUE ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 100.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの1番目のフレームの不透明度を50%にする MV1SetFrameOpacityRate( ModelHandle, 1, 0.5f ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float MV1GetFrameOpacityRate( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームの不透明度を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値フレームに設定されている不透明度

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに設定されている不透明度を取得します。
 MV1SetFrameOpacityRate でセットした値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetFrameTextureAddressTransform( int MHandle, int FrameIndex, float TransU, float TransV, float ScaleU, float ScaleV, float RotCenterU, float RotCenterV, float Rotate ) ;

概略フレームのテクスチャ座標変換パラメータを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
float TransU : テクスチャ座標のU値に加算する値( 初期値 0.0f )
float TransV : テクスチャ座標のV値に加算する値( 初期値 0.0f )
float ScaleU : テクスチャ座標のU値に掛ける値( 初期値 1.0f )
float ScaleV : テクスチャ座標のV値に掛ける値( 初期値 1.0f )
float RotCenterU : テクスチャ座標の回転中心となるU値( 初期値 0.0f )
float RotCenterV : テクスチャ座標の回転中心となるV値( 初期値 0.0f )
float Rotate : テクスチャ座標の回転値( 単位はラジアン )( 初期値 0.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  メッシュのテクスチャ座標に対して行う変換処理のパラメータを設定します。

 用途としては、例えばキャラクターの顔のテクスチャに複数の表情を予め描いておいて、 表情を変えたいタイミングでその表情が描かれているテクスチャ座標に TransU と TransV の引数を使用してメッシュに含まれる頂点のテクスチャ座標をスライドさせて描画される表情を変更する、などがあります。

尚、各引数の意味は上記の注釈の通りですが、パラメータによる演算が行われる順序は

1.RotCenterU, RotCenterV, Rotate による座標値の回転
2.TransU, TransV を座標値に加算
3.ScaleU, ScaleV による座標値の拡大

となります。
この関数による設定をリセットしたい場合は MV1ResetFrameTextureAddressTransform を使用してください。

サンプル

  モデルファイル TexAddrTransfTest.mqo を約1秒毎にテクスチャ座標をずらしてアニメーションさせます。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int WaitCounter, ViewPattern ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "TexAddrTransfTest.mqo" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 240.0f, 600.0f ) ) ; // 描画するパターンと、描画パターンを変更する間隔をカウントする変数の初期化 ViewPattern = 0 ; WaitCounter = 0 ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 描画するパターンを変更する処理 WaitCounter ++ ; if( WaitCounter == 60 ) { WaitCounter = 0 ; // 60フレーム経過したら描画パターンを変更 ViewPattern ++ ; if( ViewPattern == 4 ) { ViewPattern = 0 ; } } // 描画するパターンに応じてテクスチャ座標のU値をずらす値を変更 MV1SetFrameTextureAddressTransform( ModelHandle, 0, 0.25f * ViewPattern, 0.0f, 1.0f, 1.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f ) ; // モデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1ResetFrameTextureAddressTransform( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームのテクスチャ座標変換パラメータをリセットする

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  関数 MV1SetFrameTextureAddressTransform で設定したテクスチャ座標変換パラメータを初期値にリセットします。 効果的には MV1SetFrameTextureAddressTransform 関数の引数を注釈に「初期値」として記載されている値を渡して呼んだ場合と同じです。

サンプル

ありません



宣言int MV1GetFrameTriangleNum( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームに含まれるポリゴンの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値0以上:三角形ポリゴンの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれる三角形ポリゴンの数を取得します。

サンプル

 MV1GetFrameNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1GetFrameMeshNum( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略フレームが持つメッシュの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
戻り値0以上:フレームに含まれるメッシュの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれるメッシュの数を取得します。

 この関数の戻り値には、子フレームが持つメッシュの数は含まれません。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x の1番目のフレームに含まれるメッシュの情報を表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, MeshNum, i, MeshIndex ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 1番目のフレームに含まれるメッシュの数を取得する MeshNum = MV1GetFrameMeshNum( ModelHandle, 1 ) ; // メッシュの数だけループ for( i = 0 ; i < MeshNum ; i ++ ) { // メッシュ番号の取得 MeshIndex = MV1GetFrameMesh( ModelHandle, 1, i ) ; // メッシュが使用しているマテリアルとメッシュに含まれる三角形ポリゴンの数を描画 DrawFormatString( 0, i * 16, GetColor( 255,255,255 ), "Mesh No %d Material %d Triangle Polygon Num %d", i, MV1GetMeshMaterial( ModelHandle, MeshIndex ), MV1GetMeshTriangleNum( ModelHandle, MeshIndex ) ) ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetFrameMesh( int MHandle, int FrameIndex, int Index ) ;

概略フレームの表示・非表示状態を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : フレームの番号
int Index : フレーム内メッシュの番号
戻り値0以上:メッシュの番号
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレームに含まれるメッシュの番号を取得します。

 Index に MV1GetFrameMeshNum 関数の戻り値以上の値を渡すとエラーになります。

 取得したメッシュ番号は MV1GetMeshMaterial などのメッシュ番号を必要とする関数で使用します。

サンプル

 MV1GetFrameMeshNum関数 のサンプルを参照してください。



メッシュ関係

宣言int MV1GetMeshNum( int MHandle ) ;

概略モデルに含まれるメッシュの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値0以上:モデルに含まれるメッシュの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるメッシュの数を取得します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれるメッシュの情報を表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, MeshNum, i ; VECTOR Position ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // モデルに含まれるメッシュの数を取得する MeshNum = MV1GetMeshNum( ModelHandle ) ; // メッシュの数だけループ for( i = 0 ; i < MeshNum ; i ++ ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // メッシュが使用しているマテリアルの描画 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Material %d", MV1GetMeshMaterial( ModelHandle, i ) ) ; // メッシュに含まれる三角形ポリゴンの数を描画 DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Triangle Polygon Num %d", MV1GetMeshTriangleNum( ModelHandle, i ) ) ; // メッシュの表示・非表示状態を描画 DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "Visible %d", MV1GetMeshVisible( ModelHandle, i ) ) ; // メッシュに半透明要素があるかどうかを描画 DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "Semi Trans State %d", MV1GetMeshSemiTransState( ModelHandle, i ) ) ; // メッシュがバックカリングを行うかどうかを描画 DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), "Back Culling %d", MV1GetMeshBackCulling( ModelHandle, i ) ) ; // メッシュの頂点ディフューズカラーを使用するかどうかを描画 DrawFormatString( 0, 80, GetColor( 255,255,255 ), "Use Vertex Dif Color %d", MV1GetMeshUseVertDifColor( ModelHandle, i ) ) ; // メッシュの頂点スペキュラカラーを使用するかどうかを描画 DrawFormatString( 0, 96, GetColor( 255,255,255 ), "Use Vertex Spc Color %d", MV1GetMeshUseVertSpcColor( ModelHandle, i ) ) ; // メッシュに含まれる頂点のローカル座標の最大座標値を描画 Position = MV1GetMeshMaxPosition( ModelHandle, i ) ; DrawFormatString( 0, 112, GetColor( 255,255,255 ), "Max Position x %f y %f z %f", Position.x, Position.y, Position.z ) ; // メッシュに含まれる頂点のローカル座標の最小座標値を描画 Position = MV1GetMeshMinPosition( ModelHandle, i ) ; DrawFormatString( 0, 128, GetColor( 255,255,255 ), "Min Position x %f y %f z %f", Position.x, Position.y, Position.z ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetMeshMaterial( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュが使用しているマテリアルの番号を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値0以上:マテリアルの番号
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュで使用されているマテリアルの番号を取得します。

サンプル

 MV1GetMeshNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1GetMeshTriangleNum( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュに含まれる三角形ポリゴンの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値0以上:三角形ポリゴンの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに含まれる三角形ポリゴンの数を取得します。

サンプル

 MV1GetMeshNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetMeshVisible( int MHandle, int MeshIndex, int VisibleFlag ) ;

概略メッシュの表示・非表示状態を変更する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
int VisibleFlag : 変更後の表示状態( TRUE:表示 FALSE:非表示 )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュの表示状態を変更します。

 VisibleFlag を FALSE にした場合、MV1DrawModel 等の描画関数を呼んでも描画されなくなります。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる1番目のメッシュを非表示にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 1番のメッシュの表示状態を「非表示」にする MV1SetMeshVisible( ModelHandle, 1, FALSE ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetMeshVisible( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュの表示・非表示状態を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値0以上:メッシュの表示状態( TRUE:表示 FALSE:非表示 )
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュの表示状態を取得します。

サンプル

 MV1GetMeshNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetMeshDifColorScale( int MHandle, int MeshIndex, COLOR_F Scale ) ;

概略フレームのディフューズカラーのスケール値を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
COLOR_F Scale : スケール値( 各色 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュを描画する際に行うマテリアルのディフューズカラーに対するスケーリングの値を設定します。

 モデル中の一部分だけ色を変えたい場合などに使用します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo に含まれる0番のメッシュのディフューズカラーを赤にします。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 0番のメッシュのディフューズカラーを赤にする MV1SetMeshDifColorScale( ModelHandle, 0, GetColorF( 1.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetMeshDifColorScale( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュのディフューズカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュ番号
戻り値メッシュのディフューズカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュを描画する際に行うマテリアルのディフューズカラーに対するスケーリングの値を取得します。

 MV1SetMeshDifColorScale 関数で設定された値をそのまま返すだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetMeshSpcColorScale( int MHandle, int MeshIndex, COLOR_F Scale ) ;

概略フレームのスペキュラカラーのスケール値を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
COLOR_F Scale : スケール値( 各色 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュを描画する際に行うマテリアルのスペキュラカラーに対するスケーリングの値を設定します。

 モデル中の一部分だけ色を変えたい場合などに使用します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる1番のメッシュのスペキュラカラーを緑にします。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 1番のメッシュのスペキュラカラーを緑にする MV1SetMeshSpcColorScale( ModelHandle, 1, GetColorF( 0.0f, 1.0f, 0.0f, 0.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetMeshSpcColorScale( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュのスペキュラカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュ番号
戻り値メッシュのスペキュラカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュを描画する際に行うマテリアルのスペキュラカラーに対するスケーリングの値を取得します。

 MV1SetMeshSpcColorScale 関数で設定された値をそのまま返すだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetMeshEmiColorScale( int MHandle, int MeshIndex, COLOR_F Scale ) ;

概略フレームのエミッシブカラーのスケール値を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
COLOR_F Scale : スケール値( 各色 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュを描画する際に行うマテリアルのエミッシブカラーに対するスケーリングの値を設定します。

 モデル中の一部分だけ色を変えたい場合などに使用します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo に含まれる1番のメッシュのエミッシブカラーを青にします。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 1番のメッシュのエミッシブカラーを青にする MV1SetMeshEmiColorScale( ModelHandle, 1, GetColorF( 0.0f, 0.0f, 1.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetMeshEmiColorScale( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュのエミッシブカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュ番号
戻り値メッシュのエミッシブカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュを描画する際に行うマテリアルのエミッシブカラーに対するスケーリングの値を取得します。

 MV1SetMeshEmiColorScale 関数で設定された値をそのまま返すだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetMeshAmbColorScale( int MHandle, int MeshIndex, COLOR_F Scale ) ;

概略フレームのアンビエントカラーのスケール値を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
COLOR_F Scale : スケール値( 各色 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュを描画する際に行うマテリアルのアンビエントカラーに対するスケーリングの値を設定します。

 モデル中の一部分だけ色を変えたい場合などに使用します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo に含まれる3番のメッシュのアンビエントカラーを黄色にします。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 3番のメッシュのアンビエントカラーを黄色にする MV1SetMeshAmbColorScale( ModelHandle, 3, GetColorF( 0.0f, 0.0f, 1.0f, 1.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言COLOR_F MV1GetMeshAmbColorScale( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュのアンビエントカラーのスケール値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュ番号
戻り値メッシュのアンビエントカラーのスケール値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュを描画する際に行うマテリアルのアンビエントカラーに対するスケーリングの値を取得します。

 MV1SetMeshAmbColorScale 関数で設定された値をそのまま返すだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetMeshOpacityRate( int MHandle, int MeshIndex, float Rate ) ;

概略メッシュの不透明度を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
float Rate : 不透明度( 0.0f 〜 1.0f )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュの不透明度を設定します。

 Rate の値が 0.0f に近いほど不透明度が下がり( 透明度が上がり )、 1.0f に近いほど不透明度が上がり( 透明度が下がり )ます。
 モデルの一部のメッシュを半透明で表示したかったり、だんだん透明になって消えていくなどの演出をしたい場合に使用します。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo の0番目のメッシュの不透明度を50%にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 透明で描画されているということが分かるように画面全体を赤で塗りつぶす DrawBox( 0, 0, 640, 480, GetColor( 255,0,0 ), TRUE ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 100.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの0番目のメッシュの不透明度を50%にする MV1SetMeshOpacityRate( ModelHandle, 0, 0.5f ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言float MV1GetMeshOpacityRate( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュの不透明度を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値メッシュに設定されている不透明度

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに設定されている不透明度を取得します。
 MV1SetMeshOpacityRate でセットした値を取得するだけの関数です。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetMeshDrawBlendMode( int MHandle, int MeshIndex, int BlendMode ) ;

概略メッシュの描画ブレンドモードを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
int BlendMode : 描画ブレンドモード( DX_BLENDMODE_ALPHA 等 )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるメッシュの描画ブレンドモードを変更します。
 マテリアルにも描画ブレンドモードの設定がありますので、この関数はマテリアルの設定を無視して描画ブレンドモードを変更したい場合に使用します。 ( BlendMode を -1 にすると、マテリアルのブレンドモードが使用されるようになります )

 尚、現在モデル描画で正常に動作するブレンドモードは DX_BLENDMODE_ALPHA, DX_BLENDMODE_ADD の2種類のみです。 ( ハードウエアが対応している場合は DX_BLENDMODE_SUB も正常に機能します )
 ブレンドモードの説明に関しては SetDrawBlendMode 関数の解説を参照してください。

 ブレンドモードのパラメータの変更は関数 MV1SetMeshDrawBlendParam を使用します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる1番目のメッシュの描画ブレンドモードを加算ブレンド( DX_BLENDMODE_ADD )に変更します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // ブレンドモードが変更されたことがわかるように画面全体を青色で塗りつぶす DrawBox( 0, 0, 640, 480, GetColor( 0,0,255 ), TRUE ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる1番目のメッシュの描画ブレンドモードを DX_BLENDMODE_ADD に変更する MV1SetMeshDrawBlendMode( ModelHandle, 1, DX_BLENDMODE_ADD ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetMeshDrawBlendMode( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略指定のマテリアルの描画ブレンドモードを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値描画ブレンドモード( DX_BLENDMODE_ALPHA 等 )
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるメッシュのの描画ブレンドモードを取得します。

 MV1SetMeshDrawBlendMode 関数で設定した値を返すだけの関数です。


サンプル

ありません



宣言int MV1SetMeshDrawBlendParam( int MHandle, int MeshIndex, int BlendParam ) ;

概略メッシュの描画ブレンドパラメータを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
int BlendParame : 描画ブレンドパラメータ( 0 〜 255 )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるメッシュのブレンドパラメータを変更します。
( ブレンドパラメータの説明に関しては SetDrawBlendMode 関数の解説を参照してください )

 尚、ブレンドモードの変更は MV1SetMeshDrawBlendMode 関数を使用してください。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれる1番目のメッシュの描画ブレンドモードを加算ブレンド( DX_BLENDMODE_ADD )に変更して、 ブレンドパラメータを128にして描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // ブレンドモードが変更されたことがわかるように画面全体を青色で塗りつぶす DrawBox( 0, 0, 640, 480, GetColor( 0,0,255 ), TRUE ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる1番目のメッシュの描画ブレンドモードを DX_BLENDMODE_ADD に変更する MV1SetMeshDrawBlendMode( ModelHandle, 1, DX_BLENDMODE_ADD ) ; // モデルに含まれる1番目のメッシュのブレンドパラメータを 128 に変更する MV1SetMeshDrawBlendParam( ModelHandle, 1, 128 ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetMeshDrawBlendParam( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュの描画ブレンドパラメータを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値描画ブレンドパラメータ( 0 〜 255 )
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるメッシュの描画ブレンドパラメータを取得します。

 この関数は MV1SetMeshDrawBlendParam 関数で設定した値を返すだけの関数です。


サンプル

ありません



宣言int MV1SetMeshBackCulling( int MHandle, int MeshIndex, int CullingFlag ) ;

概略メッシュのバックカリングを行うかどうかを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
int CullingFlag : バックカリングを行うかどうか( TRUE:行う FALSE:行わない )
戻り値0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるメッシュを描画する際にバックカリング( 反対向きのポリゴンを描画しない )を行うかどうか変更します。

 ポリゴンは多くの場合裏から見られることはありませんので、基本的にはバックカリングを行うという設定にしておくことで描画負荷を下げることが出来、それで何も問題はありませんが、 例えばペラペラの紙やスカート等、態々裏面のポリゴンを用意するのはポリゴン数的に勿体無いという場合はこの関数でバックかリングを無効にします。

 ただし裏面のポリゴンを描画する際も表面のポリゴンを描画する際もライティング計算に使用される法線は同じものとなりますので、 ライティングの影響が強いメッシュに対してバックカリングを無効にすると見た目が変になります。( その場合は仕方が無いので裏面用に別のポリゴンを用意するしかありません )

サンプル

  モデルファイル BackCulling.mqo に含まれる0番目のメッシュのバックカリングを有効な状態と無効にした状態での2パターンで描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "BackCulling.mqo" ) ; // バックカリングされているのがわかり易いように画面全体を青で塗りつぶす DrawBox( 0, 0, 640, 480, GetColor( 0,0,255 ), TRUE ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 490.0f, 50.0f, 600.0f ) ) ; // 最初は何もせずに3Dモデルを描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 最初の位置から少し移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 50.0f, 50.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルに含まれる0番目のバックカリングを無効にする MV1SetMeshBackCulling( ModelHandle, 0, FALSE ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetMeshBackCulling( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュのバックカリングを行うかどうかを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値0以上:バックカリングを行うかどうか( TRUE:行う FALSE:行わない )
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュでバックカリングを行うかどうかを取得します。

サンプル

 MV1GetMeshNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言VECTOR MV1GetMeshMaxPosition( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュに含まれる頂点のローカル座標での最大値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値メッシュに含まれる頂点のローカル座標での最大値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに含まれる頂点のローカル座標での最大値を取得します。

サンプル

 MV1GetMeshNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言VECTOR MV1GetMeshMinPosition( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュに含まれる頂点のローカル座標での最小値を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値メッシュに含まれる頂点のローカル座標での最小値

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに含まれる頂点のローカル座標での最小値を取得します。

サンプル

 MV1GetMeshNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1GetMeshTListNum( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュに含まれるトライアングルリストの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値0以上:メッシュに含まれるトライアングルリストの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに含まれるトライアングルリストの数を取得します。( メッシュは1つ又は複数のトライアングルリスト( ポリゴンの塊 )で構成されています )

サンプル

  モデルファイル DxChara.x の1番目のメッシュに含まれるトライアングルリストの情報を表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, TriangleListNum, i, TriangleListIndex ; int y ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 1番目のメッシュに含まれるトライアングルリストの数を取得する TriangleListNum = MV1GetMeshTListNum( ModelHandle, 1 ) ; // トライアングルリストの数だけループ y = 0 ; for( i = 0 ; i < TriangleListNum ; i ++ ) { // トライアングルリスト番号の取得 TriangleListIndex = MV1GetMeshTList( ModelHandle, 1, i ) ; // トライアングルリスト番号を描画 DrawFormatString( 0, y, GetColor( 255,255,255 ), "TriangleListIndex %d", TriangleListIndex ) ; // トライアングルリストの頂点タイプを描画 switch( MV1GetTriangleListVertexType( ModelHandle, TriangleListIndex ) ) { case DX_MV1_VERTEX_TYPE_1FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:1フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_4FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:1〜4フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_8FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:1〜8フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_FREE_FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:9フレーム以上の影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_1FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:法線マップ用の情報が含まれる1フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_4FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:法線マップ用の情報が含まれる1〜4フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_8FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:法線マップ用の情報が含まれる1〜8フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_FREE_FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:法線マップ用の情報が含まれる9フレーム以上の影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; } // トライアングルリストのポリゴン数と頂点数を描画 DrawFormatString( 0, y + 32, GetColor( 255,255,255 ), "ポリゴン数:%-5d 頂点数:%-5d", MV1GetTriangleListPolygonNum( ModelHandle, TriangleListIndex ), MV1GetTriangleListVertexNum( ModelHandle, TriangleListIndex ) ) ; // 描画Y座標を進める y += 64 ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetMeshTList( int MHandle, int MeshIndex, int Index ) ;

概略メッシュに含まれるトライアングルリストを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
int Index : メッシュ内トライアングルリストの番号
戻り値0以上:トライアングルリストの番号
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに含まれるトライアングルリストの番号を取得します。

 Index に MV1GetMeshTListNum 関数の戻り値以上の値を渡すとエラーになります。

 取得したトライアングルリストの番号は MV1DrawTriangleList や MV1GetTriangleListVertexType などの関数で使用します。

サンプル

 MV1GetMeshTListNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1GetMeshSemiTransState( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュに半透明要素があるかどうかを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値TRUE:半透明要素がある FALSE:半透明要素は無い
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに半透明の要素があるかどうかを取得します。

 例えば、メッシュが使用しているマテリアルのテクスチャに半透明の部分があったり、 メッシュの不透明度が 1.0f ではなかったりすると TRUE が返ってきます。

 半透明要素を持つメッシュをZソートする場合に、各メッシュに半透明要素があるかどうかを判定する際などに使用します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x の0番目のメッシュの不透明度を上下キーで操作できるようにした上で、 画面上に MV1GetMeshSemiTransState 関数の戻り値を表示して半透明要素があるかどうかを確認できるようにしています。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; float OpacityRate ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, -300.0f, 600.0f ) ) ; // 不透明度を初期化 OpacityRate = 1.0f ; // ESCキーが押されるかウインドウが閉じられるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面のクリア ClearDrawScreen() ; // 上キーが押されたら不透明度を上げる if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) ) { OpacityRate += 0.05f ; if( OpacityRate > 1.0f ) { OpacityRate = 1.0f ; } } // 下キーが押されたら不透明度を下げる if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) ) { OpacityRate -= 0.05f ; if( OpacityRate < 0.0f ) { OpacityRate = 0.0f ; } } // 3Dモデルの1番目のメッシュの不透明度を設定する MV1SetMeshOpacityRate( ModelHandle, 1, OpacityRate ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 現在の不透明度と、MV1GetMeshSemiTransState の戻り値を描画する DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "ESC Key:Exit OpacityRate:%f SemiTransState:%d", OpacityRate, MV1GetMeshSemiTransState( ModelHandle, 1 ) ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1SetMeshUseVertDifColor( int MHandle, int MeshIndex, int UseFlag ) ;

概略メッシュの頂点ディフューズカラーをマテリアルのディフューズカラーの代わりに使用するかどうかを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
int UseFlag : 頂点ディフューズカラーをマテリアルのディフューズカラーの代わりに使用するかどうか( TRUE:使用する FALSE:使用しない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに含まれる頂点ディフューズカラーをマテリアルのディフューズカラーの代わりに使用するかどうかを設定します。
( デフォルトでは頂点ディフューズカラーは使用しません )

 この関数で頂点ディフューズカラーを使用する設定にした場合はマテリアルのディフューズカラー設定は無視され、代わりに頂点ディフューズカラーが使用されます。

 モデリングソフトでライティングの結果を頂点カラーに反映した場合等に使用します。
 尚、ライティング計算を SetUseLighting 関数で無効にした場合はこの関数の設定に関係なくマテリアルのディフューズカラーは無視され、頂点ディフューズカラーが使用されます。

サンプル

  モデルファイル SimpleModelVertexColor.mqo を最初は普通に描画し、キーが押された後3番目のメッシュの頂点ディフューズカラーを
 有効にして( マテリアルのディフューズカラーを無効にして )再度モデルを描画します。
  3番目のメッシュの頂点ディフューズカラーは真っ黒なので、キーが押された後はエミッシブカラー( 自己発光色 )と
 アンビエントカラー( 環境光色 )のみの平坦な見た目に変化します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModelVertexColor.mqo" ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 3番目のメッシュの頂点ディフューズカラーを使用する設定に変更する MV1SetMeshUseVertDifColor( ModelHandle, 3, TRUE ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetMeshUseVertDifColor( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュの頂点ディフューズカラーをマテリアルのディフューズカラーの代わりに使用するかどうかの設定を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値頂点ディフューズカラーをマテリアルのディフューズカラーの代わりに使用するかどうか( TRUE:使用する FALSE:使用しない )

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに含まれる頂点のディフューズカラーをマテリアルのディフューズカラーの代わりに使用するかどうかを取得します。

サンプル

 MV1GetMeshNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1SetMeshUseVertSpcColor( int MHandle, int MeshIndex, int UseFlag ) ;

概略メッシュの頂点スペキュラカラーをマテリアルのスペキュラカラーの代わりに使用するかどうかを設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
int UseFlag : 頂点スペキュラカラーをマテリアルのスペキュラカラーの代わりに使用するかどうか( TRUE:使用する FALSE:使用しない )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに含まれる頂点スペキュラカラーをマテリアルのスペキュラカラーの代わりに使用するかどうかを設定します。

 この関数で頂点スペキュラカラーを使用する設定にした場合はマテリアルのスペキュラカラー設定は無視され、代わりに頂点スペキュラカラーが使用されます。

 ただ、現時点ではライブラリのモデルデータ読みこみプログラムに頂点のスペキュラカラーを設定する処理が組み込まれていないので、 この関数で頂点スペキュラカラーを有効にしてもマテリアルのスペキュラカラーが無効化されるだけとなります。

サンプル

ありません



宣言int MV1GetMeshUseVertSpcColor( int MHandle, int MeshIndex ) ;

概略メッシュの頂点スペキュラカラーをマテリアルのスペキュラカラーの代わりに使用するかどうかの設定を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int MeshIndex : メッシュの番号
戻り値頂点スペキュラカラーをマテリアルのスペキュラカラーの代わりに使用するかどうか( TRUE:使用する FALSE:使用しない )

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のメッシュに含まれる頂点のスペキュラカラーをマテリアルのスペキュラカラーの代わりに使用するかどうかを取得します。

サンプル

 MV1GetMeshNum関数 のサンプルを参照してください。





シェイプ関数

宣言int MV1GetShapeNum( int MHandle ) ;

概略モデルに含まれるシェイプの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値0以上:モデルに含まれるシェイプの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるシェイプ( キャラクターモデルの表情などに使用される一部の頂点の変形情報 )の数を取得します。

サンプル

ありません



宣言int MV1SearchShape( int MHandle, char *ShapeName ) ;

概略指定名のシェイプをモデル中から検索する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
char *ShapeName : 検索するシェイプの名前
戻り値0以上:指定名のシェイプの番号
  −2:指定名のシェイプが見つからなかった
  −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるシェイプ( キャラクターモデルの表情などに使用される一部の頂点の変形情報 )から、指定の名前のものを検索します。

 同名のシェイプが複数含まれる場合は番号の若いシェイプが返ってきます。

サンプル

ありません



宣言int MV1SetShapeRate( int MHandle, int ShapeIndex, float Rate ) ;

概略シェイプの適用率を設定する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int ShapeIndex : 有効率を変更するシェイプの番号
float Rate : 適用率( 0.0f(0%) 〜 1.0f(100%) )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるシェイプ( キャラクターモデルの表情などに使用される一部の頂点の変形情報 )の適用率を変更します。
 第二引数の ShapeIndex で渡すシェイプの番号はDXライブラリ付属のモデルビューアー( DxLibModelViewer.exe )で確認できる他に、 MV1SearchShape を使用してシェイプの名前から検索することもできます。
 第三引数の Rate でシェイプの適用率を float 型の値で指定します、有効な値は 0.0f( 0% )から 1.0f( 100% )となります。

サンプル

ありません


宣言float MV1GetShapeRate( int MHandle, int ShapeIndex ) ;

概略シェイプの適用率を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int ShapeIndex : 適用率を取得するシェイプの番号
戻り値 0.0f以上:シェイプの適用率( 0.0f(0%) 〜 1.0f(100%) )
 -1.0f:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるシェイプ( キャラクターモデルの表情などに使用される一部の頂点の変形情報 )の適用率を取得します。
 第二引数の ShapeIndex で渡すシェイプの番号はDXライブラリ付属のモデルビューアー( DxLibModelViewer.exe )で確認できる他に、 MV1SearchShape を使用してシェイプの名前から検索することもできます。

サンプル

ありません





トライアングルリスト関係

宣言int MV1GetTriangleListNum( int MHandle ) ;

概略モデルに含まれるトライアングルリストの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
戻り値0以上:モデルに含まれるトライアングルリストの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルに含まれるトライアングルリストの数を取得します。

サンプル

  モデルファイル DxChara.x に含まれるトライアングルリストの情報を表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle, TriangleListNum, i ; int y ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "DxChara.x" ) ; // モデルに含まれるトライアングルリストの数を取得する TriangleListNum = MV1GetTriangleListNum( ModelHandle ) ; // トライアングルリストの数だけループ y = 0 ; for( i = 0 ; i < TriangleListNum ; i ++ ) { // トライアングルリスト番号を描画 DrawFormatString( 0, y, GetColor( 255,255,255 ), "No %d", i ) ; // トライアングルリストのポリゴン数と頂点数を描画 DrawFormatString( 48, y, GetColor( 255,255,255 ), "ポリゴン数:%-5d 頂点数:%-5d", MV1GetTriangleListPolygonNum( ModelHandle, i ), MV1GetTriangleListVertexNum( ModelHandle, i ) ) ; // トライアングルリストの頂点タイプを描画 switch( MV1GetTriangleListVertexType( ModelHandle, i ) ) { case DX_MV1_VERTEX_TYPE_1FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:1フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_4FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:1〜4フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_8FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:1〜8フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_FREE_FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:9フレーム以上の影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_1FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:法線マップ用の情報が含まれる1フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_4FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:法線マップ用の情報が含まれる1〜4フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_8FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:法線マップ用の情報が含まれる1〜8フレームの影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; case DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_FREE_FRAME : DrawString( 0, y + 16, "頂点タイプ:法線マップ用の情報が含まれる9フレーム以上の影響を受ける頂点", GetColor( 255,255,255 ) ) ; break ; } // 描画Y座標を進める y += 32 ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キーの入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1GetTriangleListVertexType( int MHandle, int TListIndex ) ;

概略トライアングルリストの頂点データタイプを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TListIndex : トライアングルリストの番号
戻り値0以上:頂点データタイプ
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のトライアングルリストに含まれる頂点のデータタイプを取得します。
 オリジナルの頂点シェーダープログラムを使用する場合は頂点のデータタイプによって頂点シェーダープログラムを変えなければならないので、 主にどの頂点シェーダープログラムを使用するべきかを判断する際にこの関数を使用します。

 頂点データのシェーダー内での具体的なデータ形式については関数 LoadVertexShader の解説をご覧ください。

頂点データタイプ一覧

DX_MV1_VERTEX_TYPE_1FRAME

 1フレームの影響のみ受ける頂点データタイプです。
 1頂点が複数のフレームの影響を受けないモデルはこのデータタイプになります。

DX_MV1_VERTEX_TYPE_4FRAME

 1〜4フレームの影響を受ける頂点データタイプです。
 1頂点が2フレーム以上4フレーム以下の影響を受ける頂点が一つでも存在するトライアングルリストは
 このデータタイプになります。
 PMDモデルは基本的に全てこの頂点データタイプになります。

DX_MV1_VERTEX_TYPE_8FRAME

 1〜8フレームの影響を受ける頂点データタイプです。
 1頂点が5フレーム以上4フレーム以下の影響を受ける頂点が一つでも存在するトライアングルリストは
 このデータタイプになります。
 普通の人型モデルなどでは普通1頂点が5フレーム以上の影響を受けることはありませんので、
 特殊なモデルのみこの形式になります。

DX_MV1_VERTEX_TYPE_FREE_FRAME

 9フレーム以上の影響を受ける頂点データタイプです。
 1頂点が9フレーム以上の影響を受ける頂点が一つでも存在するトライアングルリストは
 このデータタイプになります。
 滅多にこの形式になることはありません。
 尚、DirectX9 では一般的な方法では頂点シェーダーで1頂点9フレーム以上を扱う手段が無いので、
 この形式の場合は頂点シェーダーを使用することはできません。

DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_1FRAME
DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_4FRAME
DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_8FRAME
DX_MV1_VERTEX_TYPE_NMAP_FREE_FRAME

 それぞれ NMAP が付いていない名称のタイプに法線マップの情報が追加されたものです。
 MV1GetMaterialNormalMapTexture の戻り値が -1 以外のマテリアルを使用するメッシュに含まれる
 トライアングルリストは全て上記4タイプのいずれかになります。

サンプル

 MV1GetTriangleListNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1GetTriangleListPolygonNum( int MHandle, int TListIndex ) ;

概略トライアングルリストに含まれるポリゴンの数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TListIndex : トライアングルリストの番号
戻り値0以上:三角形ポリゴンの数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のトライアングルリストに含まれる三角形ポリゴンの数を取得します。

サンプル

 MV1GetTriangleListNum関数 のサンプルを参照してください。



宣言int MV1GetTriangleListVertexNum( int MHandle, int TListIndex ) ;

概略トライアングルリストに含まれる頂点の数を取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int TListIndex : トライアングルリストの番号
戻り値0以上:頂点の数
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のトライアングルリストに含まれる頂点データの数を取得します。

サンプル

 MV1GetTriangleListNum関数 のサンプルを参照してください。






コリジョン( 衝突判定 )関係

宣言int MV1SetupCollInfo( int MHandle, int FrameIndex, int XDivNum, int YDivNum, int ZDivNum ) ;

概略コリジョン情報を構築する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : コリジョンの情報を構築するフレームの番号
int XDivNum : コリジョン情報のX軸方向の空間分割数
int YDivNum : コリジョン情報のY軸方向の空間分割数
int ZDivNum : コリジョン情報のZ軸方向の空間分割数
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレーム( 若しくはモデル全体 )に含まれるポリゴンとの当たり判定を行うための情報のセットアップを行います。

 3Dを扱うゲームでは多くの場合3Dモデルとの当たり判定を行っています。 この MV1SetupCollInfo を含むコリジョン関係関数は、その当たり判定処理の手助けをするものです。

 その使い方ですが、コリジョン関係の機能を使用するにはまずこの関数でコリジョン情報として使用したいポリゴンを持つフレームのポリゴンをコリジョン情報として使うための準備をしてやる必要があります。 そのフレームは FrameIndex で指定しますが、ここで FrameIndex を -1 にすることでモデル全体のポリゴンをコリジョン情報として準備することができます。
 因みにコリジョン処理は非常に負荷の高い処理ですので、 例えばステージモデルとの当たり判定を行う場合等は描画用のステージモデルをそのまま当たり判定用のモデルとして使うのではなく、 当たり判定用の粗いポリゴンメッシュを収めるフレームを用意して、 そのフレームに対して MV1SetupCollInfo をした方が良いです。 ( そしてそのフレームは MV1SetFrameVisible 関数で描画されないようにしておきます )

 セットアップ時に指定する XDivNum, YDivNum, ZDivNum ですが、 コリジョン処理の仕組みとして、 あるコリジョン処理をする際にコリジョン用のフレーム内に存在するすべてのポリゴンと接触判定をすると大変な処理負荷になってしまいますので、 コリジョン用のポリゴンはまずポリゴンが存在する空間を格子状に区切ってどの枠にどのポリゴンが存在するかを整理して、 コリジョン処理を行いたい領域の周辺に存在するポリゴンとだけ接触判定をするようにして、 処理負荷があまり大きくならないようにします。
 分割数の最適値ですが、 一つの格子が、コリジョン処理を行うオブジェクトの大きさとコリジョン用ポリゴンの平均的な大きさを比較して、 大きい方と同じくらいになる分割数が良いです。 検索対象となるポリゴンが多くなるのは問題ですが、検索対象となる格子の数が多すぎるのもまた問題ですので・・・ ( 例えば人型キャラクターが登場するステージの分割数でしたら、 人型キャラクターのモデルとコリジョン用ポリゴンの平均的な大きさを比較して、 人型キャラクターモデルの方が大きい場合は格子一つのサイズが人型キャラクターと同じ位の大きさになる分割数、 コリジョン用ポリゴンの平均的な大きさのほうが大きい場合は格子一つのサイズがコリジョン用ポリゴンの平均的な大きさと同じくらいの大きさになる分割数が最適となります )

 ちなみにコリジョン情報の構築は負荷の高い処理ですので、 コリジョン情報の更新は MV1RefreshCollInfo 関数を使用して明示的に行う必要があります。
 動かないモデルをコリジョンとして使用する場合は一度この関数でコリジョン情報をセットアップした後は何もする必要はありませんが、 動くモデルをコリジョンとして使用する場合は MV1RefreshCollInfo を呼ばないとコリジョン情報の形状が最後に更新したときの状態のままとなってしまいますので注意してください。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo の0番目のフレーム( 中心の球体 )と線分の当たり判定をし、
 当たったところまで線分を描画します。
  あと、当たっているのかどうかを判断するために上下キーで線分を移動できるようにしています。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; float y ; VECTOR StartPos, EndPos ; MV1_COLL_RESULT_POLY HitPoly ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 画面に映る位置に3Dモデルを移動 MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // モデルの0番目のフレームのコリジョン情報を構築 MV1SetupCollInfo( ModelHandle, 0, 8, 8, 8 ) ; // 当たり判定用のラインを出すY座標を初期化 y = 300.0f ; // ウインドウが閉じられるかESCキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 上下キーで線分の y 座標を操作できる if( CheckHitKey( KEY_INPUT_UP ) == 1 ) { y += 16.0f ; } if( CheckHitKey( KEY_INPUT_DOWN ) == 1 ) { y -= 16.0f ; } // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 0番のフレームと線分との当たり判定 StartPos = VGet( 0.0f, y, 600.0f ) ; EndPos = VGet( 1000.0f, y, 600.0f ) ; HitPoly = MV1CollCheck_Line( ModelHandle, 0, StartPos, EndPos ) ; // 当たった場合はその位置を描画する線分の終点とする if( HitPoly.HitFlag == 1 ) { EndPos = HitPoly.HitPosition ; } // 線分の描画 DrawLine3D( StartPos, EndPos, GetColor( 255,255,0 ) ) ; // 当たったかどうかを表示する DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "HIT:%d", HitPoly.HitFlag ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1TerminateCollInfo( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略コリジョン情報の後始末をする

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : コリジョンの情報の後始末を行うフレームの番号
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレーム( 若しくはモデル全体 )に含まれるポリゴンとの当たり判定を行うための情報の後始末を行います。

 この関数を使用して明示的に情報を破棄しなくても、 MV1DeleteModelDxLib_End が呼ばれた際にモデル情報と共にコリジョン情報の後始末は行われますので、 この関数を使用する機会はあまり無いかもしれません。

 尚、MV1SetupCollInfo で FrameIndex を -1 にした場合は、この関数でも FrameIndex を -1 にする必要があります。

サンプル

  ありません



宣言int MV1RefreshCollInfo( int MHandle, int FrameIndex ) ;

概略コリジョン情報を更新する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : コリジョンの情報を更新するフレームの番号
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレーム( 若しくはモデル全体 )に含まれるポリゴンとの当たり判定を行うための情報の更新を行います。

 動作させないモデルをコリジョンポリゴンとして使用している場合はこの関数を呼ぶ必要はありませんが、 MV1SetPosition で座標を移動したり、アニメーションを流したりするモデルをコリジョンポリゴンとして使用している場合はこの関数を使用して明示的にコリジョン情報を更新する必要があります。 ( 更新しない場合は最後に更新した状態のままとなります )

 尚、MV1SetupCollInfo で FrameIndex を -1 にした場合は、この関数でも FrameIndex を -1 にする必要があります。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo の0番目のフレーム( 中心の球体 )と線分の当たり判定をし、
 当たったところまで線分を描画します。
  そして、モデルを上下に動かしながら MV1RefreshCollInfo でコリジョン情報を更新しています。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int Add, y ; VECTOR StartPos, EndPos ; MV1_COLL_RESULT_POLY HitPoly ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // モデルの0番目のフレームのコリジョン情報を構築 MV1SetupCollInfo( ModelHandle, 0, 8, 8, 8 ) ; // モデルの進行方向をセット Add = 8 ; // モデルの移動位置をセット y = 0 ; // ウインドウが閉じられるかESCキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKey( KEY_INPUT_ESCAPE ) == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 3Dモデルの移動位置を上下に移動させる y += Add ; if( y < -300 || y > 300 ) Add = -Add ; // 3Dモデルの位置を変更する MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f + y, 600.0f ) ) ; // 0番目のフレームのコリジョン情報を更新する MV1RefreshCollInfo( ModelHandle, 0 ) ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 0番のフレームと線分との当たり判定 StartPos = VGet( 0.0f, 300.0f, 600.0f ) ; EndPos = VGet( 1000.0f, 300.0f, 600.0f ) ; HitPoly = MV1CollCheck_Line( ModelHandle, 0, StartPos, EndPos ) ; // 当たった場合はその位置を描画する線分の終点とする if( HitPoly.HitFlag == 1 ) { EndPos = HitPoly.HitPosition ; } // 線分の描画 DrawLine3D( StartPos, EndPos, GetColor( 255,255,0 ) ) ; // 当たったかどうかを表示する DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "HIT:%d", HitPoly.HitFlag ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MV1_COLL_RESULT_POLY MV1CollCheck_Line( int MHandle, int FrameIndex, VECTOR PosStart, VECTOR PosEnd ) ;

概略線分とモデルの当たり判定

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : コリジョンの情報を更新するフレームの番号
VECTOR PosStart : 当たり判定で使用する線分の始点
VECTOR PosEnd : 当たり判定で使用する線分の終点
戻り値当たり判定結果構造体

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレーム( 若しくはモデル全体 )に含まれるポリゴンと線分との当たり判定を行います。
( この関数でモデルのポリゴンと線分との当たり判定を行う場合は対象となるフレーム( 若しくはモデル全体 )に対して事前に MV1SetupCollInfo を呼んで準備を行っておく必要があります、 また、MV1SetupCollInfo で FrameIndex を -1 にした場合は、この関数でも FrameIndex を -1 にする必要があります )

 戻り値である MV1_COLL_RESULT_POLY は当たり判定の結果が代入されている構造体で、以下のような内容になっています。

// コリジョン結果代入用ポリゴン struct MV1_COLL_RESULT_POLY { // どれかのポリゴンに当たったかどうか // ( 1:当たった 0:当たらなかった ) int HitFlag ; // 線分とポリゴンが交差した座標 VECTOR HitPosition ; // 当たったポリゴンが含まれるフレームの番号 int FrameIndex ; // 当たったポリゴンのフレーム内番号 int PolygonIndex ; // 当たったポリゴンが使用しているマテリアルの番号 int MaterialIndex ; // 当たったポリゴンを形成する三点の座標 VECTOR Position[ 3 ] ; // 当たったポリゴンの法線 VECTOR Normal ; } ;
 注釈の通りですが、 どれかのポリゴンに当たったかどうかはメンバ変数 HitFlag が 1 かどうかで判断することができ、 線分とポリゴンが交差した座標は HitPosition に代入されます。
 当たったポリゴンが含まれるメッシュを所有しているフレームの番号はメンバ変数 FrameIndex に、 当たったポリゴンが使用しているマテリアルの番号はメンバ変数 MaterialIndex に、 当たったポリゴンを形成する三頂点の座標はメンバ配列 Position に、 当たったポリゴンの法線はメンバ変数 Normal にそれぞれ代入されます。
サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo と上下に動く線分との当たり判定をして、当たったところまでの線分の描画と、
 当たり判定の結果を画面に描画します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int Add, y ; VECTOR StartPos, EndPos ; MV1_COLL_RESULT_POLY HitPoly ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 3Dモデルを見える位置に移動する MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // モデル全体のコリジョン情報を構築 MV1SetupCollInfo( ModelHandle, -1, 8, 8, 8 ) ; // モデルの進行方向をセット Add = 8 ; // モデルの移動位置をセット y = 0 ; // ウインドウが閉じられるか何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 3Dモデルの移動位置を上下に移動させる y += Add ; if( y < 0 || y > 600 ) Add = -Add ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // モデルと線分との当たり判定 StartPos = VGet( -300.0f, y, 600.0f ) ; EndPos = VGet( 1000.0f, y, 600.0f ) ; HitPoly = MV1CollCheck_Line( ModelHandle, -1, StartPos, EndPos ) ; // 当たった場合はその位置を描画する線分の終点とする if( HitPoly.HitFlag == 1 ) { EndPos = HitPoly.HitPosition ; } // 線分の描画 DrawLine3D( StartPos, EndPos, GetColor( 255,255,0 ) ) ; // 当たったかどうかで処理を分岐 if( HitPoly.HitFlag == 1 ) { // 当たった場合は衝突の情報を描画する // 交差した座標を描画 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Hit Pos %f %f %f", HitPoly.HitPosition.x, HitPoly.HitPosition.y, HitPoly.HitPosition.z ) ; // 当たったポリゴンが含まれるフレームの番号を描画 DrawFormatString( 0, 16, GetColor( 255,255,255 ), "Frame %d", HitPoly.FrameIndex ) ; // 当たったポリゴンが使用しているマテリアルの番号を描画 DrawFormatString( 0, 32, GetColor( 255,255,255 ), "Material %d", HitPoly.MaterialIndex ) ; // 当たったポリゴンを形成する三頂点の座標を描画 DrawFormatString( 0, 48, GetColor( 255,255,255 ), "Position %f %f %f", HitPoly.Position[ 0 ].x, HitPoly.Position[ 0 ].y, HitPoly.Position[ 0 ].z ) ; DrawFormatString( 0, 64, GetColor( 255,255,255 ), " %f %f %f", HitPoly.Position[ 1 ].x, HitPoly.Position[ 1 ].y, HitPoly.Position[ 1 ].z ) ; DrawFormatString( 0, 80, GetColor( 255,255,255 ), " %f %f %f", HitPoly.Position[ 2 ].x, HitPoly.Position[ 2 ].y, HitPoly.Position[ 2 ].z ) ; // 当たったポリゴンの法線を描画 DrawFormatString( 0, 96, GetColor( 255,255,255 ), "Normal %f %f %f", HitPoly.Normal.x, HitPoly.Normal.y, HitPoly.Normal.z ) ; } else { // 当たらなかった場合は衝突しなかった旨だけ描画する DrawString( 0, 0, "NO HIT", GetColor( 255,255,255 ) ) ; } // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM MV1CollCheck_Sphere( int MHandle, int FrameIndex, VECTOR CenterPos, float r ) ;

概略球とモデルの当たり判定

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : コリジョンの情報を更新するフレームの番号
VECTOR CenterPos : 当たり判定で使用する球の中心座標
float r : 当たり判定で使用する球の半径
戻り値当たり判定結果ポリゴン配列構造体

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレーム( 若しくはモデル全体 )に含まれるポリゴンと球との当たり判定を行います。
( この関数でモデルのポリゴンと線分との当たり判定を行う場合は対象となるフレーム( 若しくはモデル全体 )に対して事前に MV1SetupCollInfo を呼んで準備を行っておく必要があります、 また、MV1SetupCollInfo で FrameIndex を -1 にした場合は、この関数でも FrameIndex を -1 にする必要があります )

 戻り値である MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM は当たり判定の結果が代入されている構造体で、以下のような内容になっています。

// コリジョン結果代入用ポリゴン配列 struct MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM { // 当たったポリゴンの数 int HitNum ; // 当たったポリゴンの配列へのポインタ // ( 配列の要素数は HitNum です ) MV1_COLL_RESULT_POLY *Dim ; } ;
 また、MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM 構造体で使用されている MV1_COLL_RESULT_POLY 構造体は以下のような内容になっています。

// コリジョン結果代入用ポリゴン struct MV1_COLL_RESULT_POLY { // どれかのポリゴンに当たったかどうか // ( 球との当たり判定の場合は必ず 1 ) int HitFlag ; // 球とポリゴンの最近点の座標 VECTOR HitPosition ; // 当たったポリゴンが含まれるフレームの番号 int FrameIndex ; // 当たったポリゴンが使用しているマテリアルの番号 int MaterialIndex ; // 当たったポリゴンを形成する三点の座標 VECTOR Position[ 3 ] ; // 当たったポリゴンの法線 VECTOR Normal ; } ;
 構造体の説明ですが、まず球とフレーム( 若しくはモデル全体 )との当たり判定を行うと戻り値として MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM 構造体が返ってきます。
 この構造体の中身にはメンバ変数 HitNum と Dim があり、当たったポリゴンの数が HitNum に代入されています。
 この HitNum が 0 だったら球は対象のフレーム( 若しくはモデル全体 )に含まれるポリゴンに一枚も当たらなかったということです。
 そして当たった場合は、当たったポリゴンの数が HitNum に代入され、 どんなポリゴンと当たったかに関する情報がポインタ Dim が示すアドレスに当たったポリゴンの数だけ要素がある配列として格納されます。

 当たったかどうかだけを判断する場合は HitNum が 0 かどうかを判定するだけで、 当たったポリゴンに関する情報を扱いたい場合は Dim の先にある配列にアクセスするという使い方になります。

( Dim へのアクセスの仕方についてはサンプルプログラムを見ていただくとわかりやすいと思います )  また、この関数は当たるポリゴンの数が不定である関係上、動的にメモリを確保していますので、 戻り値の情報が必要なくなった場合は MV1CollResultPolyDimTerminate 関数に戻り値の構造体を渡して後始末を行う必要があります。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo と上下に動く球の当たり判定をして、球と当たったポリゴンとの最近点を表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int Add, y, i ; VECTOR SpherePos ; MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM HitPolyDim ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 3Dモデルを見える位置に移動する MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // モデル全体のコリジョン情報を構築 MV1SetupCollInfo( ModelHandle, -1, 8, 8, 8 ) ; // モデルの進行方向をセット Add = 8 ; // モデルの移動位置をセット y = 0 ; // ウインドウが閉じられるか何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 3Dモデルの移動位置を上下に移動させる y += Add ; if( y < 0 || y > 600 ) Add = -Add ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 当たり判定を行う球の位置をセット SpherePos = VGet( 250.0f, y, 600.0f ) ; // モデルと球との当たり判定 HitPolyDim = MV1CollCheck_Sphere( ModelHandle, -1, SpherePos, 100.0f ) ; // 球の描画 DrawSphere3D( SpherePos, 100.0f, 8, GetColor( 255,255,0 ), GetColor( 255,255,255 ), FALSE ) ; // 当たったかどうかで処理を分岐 if( HitPolyDim.HitNum >= 1 ) { // 当たった場合は衝突の情報を描画する // 当たったポリゴンの数を描画 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Hit Poly Num %d", HitPolyDim.HitNum ) ; // 当たったポリゴンの数だけ繰り返し for( i = 0 ; i < HitPolyDim.HitNum ; i ++ ) { // 当たったポリゴンを描画 DrawTriangle3D( HitPolyDim.Dim[ i ].Position[ 0 ], HitPolyDim.Dim[ i ].Position[ 1 ], HitPolyDim.Dim[ i ].Position[ 2 ], GetColor( 0,255,255 ), TRUE ) ; } } // 当たり判定情報の後始末 MV1CollResultPolyDimTerminate( HitPolyDim ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM MV1CollCheck_Capsule( int MHandle, int FrameIndex, VECTOR Pos1, VECTOR Pos2, float r ) ;

概略カプセル形状とモデルの当たり判定

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : コリジョンの情報を更新するフレームの番号
VECTOR Pos1 : カプセルを形成する二点中の一点の座標
VECTOR Pos2 : カプセルを形成する二点中の一点の座標
float r : カプセルの半径
戻り値当たり判定結果ポリゴン配列構造体

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレーム( 若しくはモデル全体 )に含まれるポリゴンとカプセル形状( 二つの球を円筒で繋いだ形状 )との当たり判定を行います。
( この関数でモデルのポリゴンと線分との当たり判定を行う場合は対象となるフレーム( 若しくはモデル全体 )に対して事前に MV1SetupCollInfo を呼んで準備を行っておく必要があります、 また、MV1SetupCollInfo で FrameIndex を -1 にした場合は、この関数でも FrameIndex を -1 にする必要があります )

 戻り値である MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM は当たり判定の結果が代入されている構造体で、以下のような内容になっています。

// コリジョン結果代入用ポリゴン配列 struct MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM { // 当たったポリゴンの数 int HitNum ; // 当たったポリゴンの配列へのポインタ // ( 配列の要素数は HitNum です ) MV1_COLL_RESULT_POLY *Dim ; } ;
 また、MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM 構造体で使用されている MV1_COLL_RESULT_POLY 構造体は以下のような内容になっています。

// コリジョン結果代入用ポリゴン struct MV1_COLL_RESULT_POLY { // どれかのポリゴンに当たったかどうか // ( カプセルとの当たり判定の場合は必ず 1 ) int HitFlag ; // 無効です VECTOR HitPosition ; // 当たったポリゴンが含まれるフレームの番号 int FrameIndex ; // 当たったポリゴンが使用しているマテリアルの番号 int MaterialIndex ; // 当たったポリゴンを形成する三点の座標 VECTOR Position[ 3 ] ; // 当たったポリゴンの法線 VECTOR Normal ; } ;
 構造体の説明ですが、まずカプセルとフレーム( 若しくはモデル全体 )との当たり判定を行うと戻り値として MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM 構造体が返ってきます。
 この構造体の中身にはメンバ変数 HitNum と Dim があり、当たったポリゴンの数が HitNum に代入されています。
 この HitNum が 0 だったら球は対象のフレーム( 若しくはモデル全体 )に含まれるポリゴンに一枚も当たらなかったということです。
 そして当たった場合は、当たったポリゴンの数が HitNum に代入され、 どんなポリゴンと当たったかに関する情報がポインタ Dim が示すアドレスに当たったポリゴンの数だけ要素がある配列として格納されます。

 当たったかどうかだけを判断する場合は HitNum が 0 かどうかを判定するだけで、 当たったポリゴンに関する情報を扱いたい場合は Dim の先にある配列にアクセスするという使い方になります。

( Dim へのアクセスの仕方についてはサンプルプログラムを見ていただくとわかりやすいと思います )  また、この関数は当たるポリゴンの数が不定である関係上、動的にメモリを確保していますので、 戻り値の情報が必要なくなった場合は MV1CollResultPolyDimTerminate 関数に戻り値の構造体を渡して後始末を行う必要があります。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo と上下に動くカプセルの当たり判定をして、カプセルと当たったポリゴンとの最近点を表示します。

Windows用
#include "DxLib.h" // カプセルの高さ #define CAPSULE_H 64.0f int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int Add, y, i ; VECTOR CapsulePos1, CapsulePos2 ; MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM HitPolyDim ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 3Dモデルを見える位置に移動する MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // モデル全体のコリジョン情報を構築 MV1SetupCollInfo( ModelHandle, -1, 8, 8, 8 ) ; // モデルの進行方向をセット Add = 8 ; // モデルの移動位置をセット y = 0 ; // ウインドウが閉じられるか何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 3Dモデルの移動位置を上下に移動させる y += Add ; if( y < 0 || y > 600 ) Add = -Add ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 当たり判定を行う球の位置をセット CapsulePos1 = VGet( 250.0f, y, 600.0f ) ; CapsulePos2 = VGet( 250.0f, y + CAPSULE_H, 600.0f ) ; // モデルとカプセルとの当たり判定 HitPolyDim = MV1CollCheck_Capsule( ModelHandle, -1, CapsulePos1, CapsulePos2, 100.0f ) ; // カプセルの描画 DrawCapsule3D( CapsulePos1, CapsulePos2, 100.0f, 8, GetColor( 255,255,0 ), GetColor( 255,255,255 ), FALSE ) ; // 当たったかどうかで処理を分岐 if( HitPolyDim.HitNum >= 1 ) { // 当たった場合は衝突の情報を描画する // 当たったポリゴンの数を描画 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Hit Poly Num %d", HitPolyDim.HitNum ) ; // 当たったポリゴンの数だけ繰り返し for( i = 0 ; i < HitPolyDim.HitNum ; i ++ ) { // 当たったポリゴンを描画 DrawTriangle3D( HitPolyDim.Dim[ i ].Position[ 0 ], HitPolyDim.Dim[ i ].Position[ 1 ], HitPolyDim.Dim[ i ].Position[ 2 ], GetColor( 0,255,255 ), TRUE ) ; } } // 当たり判定情報の後始末 MV1CollResultPolyDimTerminate( HitPolyDim ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MV1_COLL_RESULT_POLY MV1CollCheck_GetResultPoly( MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM ResultPolyDim, int PolyNo ) ;

概略当たり判定結果ポリゴン配列から指定番のポリゴン情報を取得する

引数 MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM ResultPolyDim : 当たり判定結果ポリゴン配列構造体
int PolyNo : 取得したいポリゴンの番号
戻り値当たり判定結果ポリゴン

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルと球の当たり判定を MV1CollCheck_Sphere で行った結果の MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM 構造体から指定番号の当たったポリゴンの情報を取得するための関数です。
 MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM 関数の中にある Dim が示す配列から情報を返すだけの関数ですが、 ポインタが苦手な方はこちらの関数を使用してください。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo と上下に動く球の当たり判定をして、球と当たったポリゴンとの最近点を表示します。
  ( MV1CollCheck_Sphere 関数のサンプルを MV1CollCheck_GetResultPoly を使用するように変更したものです )

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int Add, y, i ; VECTOR SpherePos ; MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM HitPolyDim ; MV1_COLL_RESULT_POLY HitPoly ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 3Dモデルを見える位置に移動する MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // モデル全体のコリジョン情報を構築 MV1SetupCollInfo( ModelHandle, -1, 8, 8, 8 ) ; // モデルの進行方向をセット Add = 8 ; // モデルの移動位置をセット y = 0 ; // ウインドウが閉じられるか何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 3Dモデルの移動位置を上下に移動させる y += Add ; if( y < 0 || y > 600 ) Add = -Add ; // 3Dモデルの描画 MV1DrawModel( ModelHandle ) ; // 当たり判定を行う球の位置をセット SpherePos = VGet( 250.0f, y, 600.0f ) ; // モデルと球との当たり判定 HitPolyDim = MV1CollCheck_Sphere( ModelHandle, -1, SpherePos, 100.0f ) ; // 球の描画 DrawSphere3D( SpherePos, 100.0f, 8, GetColor( 255,255,0 ), GetColor( 255,255,255 ), FALSE ) ; // 当たったかどうかで処理を分岐 if( HitPolyDim.HitNum >= 1 ) { // 当たった場合は衝突の情報を描画する // 当たったポリゴンの数を描画 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "Hit Poly Num %d", HitPolyDim.HitNum ) ; // 当たったポリゴンの数だけ繰り返し for( i = 0 ; i < HitPolyDim.HitNum ; i ++ ) { // 当たったポリゴンとの最近点の座標を描画 HitPoly = MV1CollCheck_GetResultPoly( HitPolyDim, i ) ; DrawFormatString( 0, 16 + 16 * i, GetColor( 255,255,255 ), "Position %f %f %f", HitPoly.HitPosition.x, HitPoly.HitPosition.y, HitPoly.HitPosition.z ) ; } } // 当たり判定情報の後始末 MV1CollResultPolyDimTerminate( HitPolyDim ) ; // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1CollResultPolyDimTerminate( MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM ResultPolyDim ) ;

概略当たり判定結果ポリゴン配列の後始末をする

引数 MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM ResultPolyDim : 当たり判定結果ポリゴン配列構造体
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MV1CollCheck_Sphere 関数の戻り値である ResultPolyDim 構造体の後始末を行います。

 MV1CollCheck_Sphere 関数が返す構造体 MV1_COLL_RESULT_POLY_DIM は当たるポリゴンの数が不定な関係上、 当たり判定結果を代入するメモリ領域を動的に確保しているので、 当たり判定結果を使った処理が終了した際はこの関数で構造体の後始末を行う必要があります。

サンプル

 MV1CollCheck_Sphere関数 のサンプルを参照してください。



参照用メッシュ関係

宣言int MV1SetupReferenceMesh( int MHandle, int FrameIndex, int IsTransform ) ;

概略参照用メッシュのセットアップ

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : 参照用メッシュを構築するフレームの番号
int IsTransform : 参照用メッシュは頂点座標変換を施したものにするかどうか
      ( TRUE:変換を施したもの FALSE:変換を施さないローカル座標のもの )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレーム( 若しくはモデル全体 )に含まれるポリゴンの座標や法線、UV値などの情報にアクセスするための準備を行います。

 3Dを扱うゲームを作成していると、 しばしば3Dモデルを描画する以外の用途で3Dモデルのポリゴンの頂点座標や法線座標を扱いたくなるときがあります、 最も一般的な例はモデルとの当たり判定ですが、 それ以外の用途でも・・・あんまり一般的な例は思いつきませんがあったりします。
 参照用メッシュはそんなときに有効なモデルの頂点座標やポリゴン情報にアクセスするための機能です。

 その使い方ですが、参照用メッシュの機能を使用するにはまずこの関数で参照したいポリゴンを参照するための準備を行う必要があります。 参照対象としたいフレームを引数 FrameIndex で指定して( FrameIndex を -1 にすることでモデル全体のポリゴンを参照するための準備をすることができます )、 加えて参照用メッシュの頂点座標を、 頂点座標変換を施した頂点にするかどうかを引数 IsTransform で指定します。 ( TRUE にすると MV1SetPositionMV1AttachAnim 等で設定された頂点座標変換が行われたものが、 FALSE にすると MV1SetPosition や MV1AttachAnim 等の設定を無視して何も頂点座標変換が行われていないものがそれぞれ取得できます )
 因みに参照用メッシュの構築処理はそれなりに負荷の高い処理ですので、 できる限り参照したいポリゴンを持つフレームのみを指定した方が良いです。

 セットアップが完了した後は参照用メッシュの情報が入った構造体 MV1_REF_POLYGONLIST を戻り値として返してくる関数 MV1GetReferenceMesh を使用して、実際にポリゴンの情報を取得します。
// 参照用ポリゴンデータ構造体 struct MV1_REF_POLYGONLIST { // ポリゴンの数 int PolygonNum ; // 頂点の数 int VertexNum ; // 頂点座標の最小値 VECTOR MinPosition ; // 頂点座標の最大値 VECTOR MaxPosition ; // ポリゴン構造体の配列へのポインタ MV1_REF_POLYGON *Polygons ; // 頂点構造体の配列へのポインタ MV1_REF_VERTEX *Vertexs ; } ;
int PolygonNum
 参照用メッシュに含まれるポリゴンの数です。
 参照の対象をフレームにした場合はフレームに含まれるメッシュが持つポリゴンの総数が、 参照の対象をモデルにした場合はモデルに含まれる全メッシュが持つポリゴンの総数が代入されます。

int VertexNum
 参照用メッシュに含まれる頂点の数です。
 参照の対象をフレームにした場合はフレームに含まれるメッシュが持つ頂点の総数が、 参照の対象をモデルにした場合はモデルに含まれる全メッシュが持つ頂点の総数が代入されます。

VECTOR MinPosition
 参照用メッシュに含まれる頂点座標の最小値です。
 座標値は頂点座標変換をする指定をしていた場合は座標変換されたものの最小値となります。

VECTOR MaxPosition
 参照用メッシュに含まれる頂点座標の最大値です。
 座標値は頂点座標変換をする指定をしていた場合は座標変換されたものの最大値となります。

MV1_REF_POLYGON *Polygons
 参照用メッシュに含まれるポリゴン情報の配列へのポインタです。
 配列の要素数は PolygonNum 個で、 中身はポリゴンが含まれているフレームの番号、 ポリゴンに使用されているマテリアルの番号、 ポリゴンの形成に使用されている頂点の番号3つなどです。

MV1_REF_VERTEX *Vertexs
 参照用メッシュに含まれる頂点情報の配列へのポインタです。
 配列の要素数は VertexNum 個で、 中身は頂点の位置・法線・テクスチャ座標・頂点カラーなどです。
 ポリゴンの情報と頂点の情報が分かれているのは多くの場合一つの頂点は複数のポリゴンで使用されているので、 ポリゴンの情報の中に頂点の情報を含めてしまうと同じ頂点情報が幾つものポリゴン情報の中に含まれてデータサイズが無駄に大きくなってしまうからです。

 次に頂点の情報が格納される構造体 MV1_REF_VERTEX は次のような内容になっています。
struct MV1_REF_VERTEX { // 位置 VECTOR Position ; // 法線 VECTOR Normal ; // テクスチャ座標 UV TexCoord[ 2 ] ; // ディフューズカラー COLOR_U8 DiffuseColor ; // スペキュラカラー COLOR_U8 SpecularColor ; } ;
VECTOR Position
 頂点の座標です。
 頂点座標変換をする指定をした場合は MV1SetPositionMV1AttachAnim などの設定が反映された座標が、 座標変換をしないようにした場合は読み込み時のメッシュのローカル座標そのままが代入されます。
 座標変換をする指定をした場合は MV1RefreshReferenceMesh 関数を呼ぶことで座標値が更新されます。

VECTOR Normal
 頂点の法線です。
 頂点座標変換をする指定をした場合は MV1SetRotation や MV1AttachAnim などの設定が反映された法線ベクトルが、 座標変換をしないようにした場合は読み込み時のメッシュのローカル法線がそのまま代入されます。
 座標変換をする指定をした場合は MV1RefreshReferenceMesh 関数を呼ぶことで法線値が更新されます。

UV TexCoord[ 2 ]
 頂点のテクスチャ座標です。
 UV は構造体で、中身は float u, v となっています。
 一応マルチテクスチャを考慮して2つのテクスチャ座標を代入できるようになっていますが、 現在のバージョンでは TexCoord[ 0 ] しか使いません。

COLOR_U8 DiffuseColor
 頂点のディフューズカラーです。
 メッシュに頂点カラーが無かった場合はポリゴンが使用しているマテリアルのディフューズカラーが代入されています。

COLOR_U8 SpecularColor
 頂点のスペキュラカラーです。
 現在のバージョンでは必ず r, g, b, a すべての要素が 0.0f となります。

 次にポリゴンの情報が格納される構造体 MV1_REF_POLYGON は以下のような内容になっています。
struct MV1_REF_POLYGON { // ポリゴンが含まれるメッシュを持っているフレームの番号 unsigned short FrameIndex ; // 使用しているマテリアルの番号 unsigned short MaterialIndex ; // VIndex が指すインデックスの参照先( 1:フレーム 0:モデル全体 ) int VIndexTarget ; // 三角形ポリゴンを形成する三頂点の番号 int VIndex[ 3 ] ; // 三角形ポリゴンを形成する三頂点の座標の最小値 VECTOR MinPosition ; // 三角形ポリゴンを形成する三頂点の座標の最大値 VECTOR MaxPosition ; } ;
unsigned short FrameIndex
 ポリゴンが含まれるメッシュを持っているフレームの番号です。
 すべてのポリゴンはどれかのメッシュに含まれていて、 すべてのメッシュはどれかのフレームに含まれているので、 この変数の値が不定になることはありません。

unsigned short MaterialIndex
 ポリゴンが使用しているマテリアルの番号です。

int VIndexTarget
 VIndex 配列が示すインデックスの参照先を表す番号が代入されています。
 ライブラリ内部で使用されている変数なので、通常ではこの値を利用することはありません。

int VIndex[ 3 ]  三角形ポリゴンを形成する三頂点の番号です。
 例えば0番目のポリゴンで使用されている三頂点の座標を取得したい場合は以下のように記述します。
VECTOR Position[ 3 ] ; Position[ 0 ] = PolygonList.Vertexs[ PolygonList.Polygons[ 0 ].VIndex[ 0 ] ].Position ; Position[ 1 ] = PolygonList.Vertexs[ PolygonList.Polygons[ 0 ].VIndex[ 1 ] ].Position ; Position[ 2 ] = PolygonList.Vertexs[ PolygonList.Polygons[ 0 ].VIndex[ 2 ] ].Position ;
VECTOR MinPosition
 ポリゴンを形成する三頂点の座標の最小値です。
 座標値は頂点座標変換をする指定をしていた場合は座標変換されたものの最小値となります。

VECTOR MaxPosition
 ポリゴンを形成する三頂点の座標の最大値です。
 座標値は頂点座標変換をする指定をしていた場合は座標変換されたものの最大値となります。

 尚、参照用メッシュの情報を構築する処理はそれなりに負荷の高い処理ですので、 頂点座標変換を行う設定にした場合でも MV1SetPositionMV1SetAttachAnimTime などで状態を変更しただけでは参照用メッシュの頂点座標と頂点法線は更新されません。
 状態を変更した後に MV1RefreshReferenceMesh 関数で明示的に参照用メッシュをする必要がありますのでご注意ください。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo 全体の参照用メッシュを構築したあと、ポリゴン一枚一枚の座標を利用して
 モデルのワイヤーフレームを描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int i ; MV1_REF_POLYGONLIST RefPoly ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 3Dモデルを見える位置に移動する MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, 300.0f, 600.0f ) ) ; // モデル全体の参照用メッシュを構築 MV1SetupReferenceMesh( ModelHandle, -1, TRUE ) ; // 参照用メッシュ情報の取得 RefPoly = MV1GetReferenceMesh( ModelHandle, -1, TRUE ) ; // ポリゴンの数だけ繰り返し for( i = 0 ; i < RefPoly.PolygonNum ; i ++ ) { // ポリゴンを形成する三頂点を使用してワイヤーフレームを描画する DrawLine3D( RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 0 ] ].Position, RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 1 ] ].Position, GetColor( 255,255,0 ) ) ; DrawLine3D( RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 1 ] ].Position, RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 2 ] ].Position, GetColor( 255,255,0 ) ) ; DrawLine3D( RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 2 ] ].Position, RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 0 ] ].Position, GetColor( 255,255,0 ) ) ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // キー入力待ち WaitKey() ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言int MV1TerminateReferenceMesh( int MHandle, int FrameIndex, int IsTransform ) ;

概略参照用メッシュの後始末をする

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : 参照用メッシュの後始末を行うフレームの番号
int IsTransform : 後始末の対象の参照用メッシュ
  ( TRUE:頂点座標変換を施した参照用メッシュ FALSE:頂点座標変換を施さない参照用メッシュ )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレーム( 若しくはモデル全体 )用に構築した参照用メッシュの後始末を行います。

 この関数を使用して明示的に参照用メッシュを破棄しなくても、 MV1DeleteModelDxLib_End が呼ばれた際にモデル情報と参照用メッシュの後始末は行われますので、 この関数を使用する機会はあまり無いかもしれません。

 尚、MV1SetupReferenceMesh で FrameIndex を -1 にした場合は、この関数でも FrameIndex を -1 にする必要があります。

サンプル

  ありません



宣言int MV1RefreshReferenceMesh( int MHandle, int FrameIndex, int IsTransform ) ;

概略参照用メッシュを更新する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : 参照用メッシュを更新するフレームの番号
int IsTransform : 更新する参照用メッシュは頂点座標変換を施したものかどうか
      ( TRUE:変換を施したもの FALSE:変換を施していないもの )
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレーム( 若しくはモデル全体 )の参照用メッシュを更新します。

 モデルを動かさない場合は参照用メッシュを更新する必要はありませんが、 動くモデルをコリジョンポリゴンとして使用している場合はこの関数を使用して明示的にコリジョン情報を更新する必要があります。 ( 更新しない場合は最後に更新した状態のままとなります )

 尚、MV1SetupReferenceMesh で FrameIndex を -1 にした場合は、この関数でも FrameIndex を -1 にする必要があります。

サンプル

  モデルファイル SimpleModel.mqo の0番目のフレームの参照用メッシュを構築したあと、上下にモデルを移動しながら
 ポリゴン一枚一枚の座標を利用して0番目のフレームのワイヤーフレームを描画します。

Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ModelHandle ; int Add, y, i ; MV1_REF_POLYGONLIST RefPoly ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) { // エラーが発生したら直ちに終了 return -1 ; } // 3Dモデルの読み込み ModelHandle = MV1LoadModel( "SimpleModel.mqo" ) ; // 描画先を裏画面に変更 SetDrawScreen( DX_SCREEN_BACK ) ; // 0番目のフレームの参照用メッシュを構築 MV1SetupReferenceMesh( ModelHandle, 0, TRUE ) ; // モデルの進行方向をセット Add = 8 ; // モデルの移動位置をセット y = 0 ; // ウインドウが閉じられるか何かキーが押されるまでループ while( ProcessMessage() == 0 && CheckHitKeyAll() == 0 ) { // 画面をクリア ClearDrawScreen() ; // 3Dモデルの移動位置を上下に移動させる y += Add ; if( y < 0 || y > 600 ) Add = -Add ; // 3Dモデルを移動する MV1SetPosition( ModelHandle, VGet( 320.0f, y, 600.0f ) ) ; // 0番目のフレームの参照用メッシュを更新する MV1RefreshReferenceMesh( ModelHandle, 0, TRUE ) ; // 0番目のフレームの参照用メッシュの取得 RefPoly = MV1GetReferenceMesh( ModelHandle, 0, TRUE ) ; // ポリゴンの数だけ繰り返し for( i = 0 ; i < RefPoly.PolygonNum ; i ++ ) { // ポリゴンを形成する三頂点を使用してワイヤーフレームを描画する DrawLine3D( RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 0 ] ].Position, RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 1 ] ].Position, GetColor( 255,255,0 ) ) ; DrawLine3D( RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 1 ] ].Position, RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 2 ] ].Position, GetColor( 255,255,0 ) ) ; DrawLine3D( RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 2 ] ].Position, RefPoly.Vertexs[ RefPoly.Polygons[ i ].VIndex[ 0 ] ].Position, GetColor( 255,255,0 ) ) ; } // 裏画面の内容を表画面に反映 ScreenFlip() ; } // モデルハンドルの削除 MV1DeleteModel( ModelHandle ) ; // DXライブラリの後始末 DxLib_End() ; // ソフトの終了 return 0 ; }

Android用
Windows用のプログラムの int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow )int android_main( void ) に置き換える以外は Windows用のプログラムと同じです。




宣言MV1_REF_POLYGONLIST MV1GetReferenceMesh( int MHandle, int FrameIndex, int IsTransform ) ;

概略参照用メッシュを取得する

引数 int MHandle : モデルのハンドル
int FrameIndex : 参照用メッシュを取得するフレームの番号
int IsTransform : 取得する参照用メッシュは頂点座標変換を施したものかどうか
      ( TRUE:変換を施したもの FALSE:変換を施していないもの )
戻り値参照用メッシュを参照するための構造体

解説  MHandle のモデルハンドルが示すモデルの指定のフレーム( 若しくはモデル全体 )の参照用メッシュを取得します。
( この関数で参照用メッシュの構造体を取得する場合は、対象となるフレーム( 若しくはモデル全体 )に対して事前に MV1SetupReferenceMesh を呼んで準備を行っておく必要があります、 また、MV1SetupReferenceMesh で FrameIndex を -1 にした場合は、この関数でも FrameIndex を -1 にする必要があります )

 この関数の戻り値である MV1_REF_POLYGONLIST の詳細は MV1SetupReferenceMesh 関数の解説を参照してください。

サンプル

 MV1SetupReferenceMesh関数 のサンプル、又は MV1RefreshReferenceMesh関数 のサンプルを参照してください。



プログラマブルシェーダー関係関数

宣言int SetUseDirect3DVersion( int Version ) ;

概略使用する Direct3D のバージョンを指定する

引数 Version:Direct3D のバージョン
        DX_DIRECT3D_NONE :Direct3D を使用しない
        DX_DIRECT3D_9   :Direct3D 9 を使用する
        DX_DIRECT3D_9EX :Direct3D 9Ex を使用する
        DX_DIRECT3D_11  :Direct3D 11 を使用する
戻り値 0:成功
 −1:エラー発生

解説  DXライブラリが使用する Direct3D のバージョンを指定します。
 Direct3D 9, 9Ex 用のシェーダーと、Direct3D 11 用のシェーダーは別物になるので、 オリジナルシェーダーを使用する場合はこの関数で使用する Direct3D のバージョンを指定する必要があります。

!注意!

 この関数は DxLib_Init 呼び出しの前に使用してください。
 DxLib_Init 呼び出し後にこの関数を使用しても効果はありませんので注意してください。

サンプル

 GetUseDirect3DVersion関数 のサンプルを参照してください。



宣言int GetUseDirect3DVersion( void ) ;

概略使用している Direct3D のバージョンを取得する

引数なし
戻り値Direct3D のバージョン
解説  DXライブラリが使用している Direct3D のバージョンを取得します。
 SetUseDirect3DVersion で使用する Direct3D のバージョンを指定することができますが、 実行環境が指定のバージョンに対応していない場合は指定したバージョン以外の Direct3D が使用されます( 若しくは Direct3D が使用されない場合もあります )ので、 特にオリジナルシェーダーを使用する場合は DxLib_Init 呼び出しの後、指定したバージョンの Direct3D が使用されているかをこの関数で確認する必要があります。

戻り値の種類は以下の通りです。

  DX_DIRECT3D_NONE
    Direct3Dを使用していない

  DX_DIRECT3D_9
    Direct3D 9 を使用している

  DX_DIRECT3D_9EX
    Direct3D 9Ex を使用している

  DX_DIRECT3D_11
    Direct3D 11 を使用している

サンプル

  SetUseDirect3DVersion で Direct3D 9Ex の使用を指定してから DxLib_Init を実行した後、
 GetUseDirect3DVersion で Direct3D 9Ex が使用できているかを確認します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int Direct3DVersion ; // Direct3D 9Ex の使用を指定 SetUseDirect3DVersion( DX_DIRECT3D_9EX ) ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) return -1; // 使用している Direct3D のバージョンを取得 Direct3DVersion = GetUseDirect3DVersion() ; // 使用バージョンが Direct3D 9Ex かどうかをチェック if( Direct3DVersion == DX_DIRECT3D_9EX ) { DrawString( 0, 0, "Direct3D 9Ex を使用しています", GetColor( 255,255,255 ) ) ; } else { DrawString( 0, 0, "Direct3D 9Ex を使用していません", GetColor( 255,255,255 ) ) ; } // キー入力待ち WaitKey(); // DXライブラリの後始末 DxLib_End(); // ソフトの終了 return 0; }



宣言int GetValidShaderVersion( void ) ;

概略使用できるシェーダーのバージョンを取得する

引数なし
戻り値シェーダーバージョン×100
解説  使用できるプログラマブルシェーダーのバージョンに100を掛けた値を取得します。( 戻り値が 200 だったらシェーダーモデル2.0が、300だったらシェーダーモデル3.0が使用可能 )
この関数の戻り値が0だった場合はプログラマブルシェーダーを使うことはできません。
主にプログラマブルシェーダーが使用できるかどうかを確認するために使用します。

サンプル

  使用できるシェーダーモデルのバージョンを取得して、シェーダーが使用できるかどうかを画面に表示します。
Windows用
#include "DxLib.h" int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow ) { int ShaderVersion ; // DXライブラリの初期化 if( DxLib_Init() < 0 ) return -1; // 使用できるプログラマブルシェーダーのバージョンを取得 ShaderVersion = GetValidShaderVersion() ; // バージョン番号が0だったら使用不可能 if( ShaderVersion == 0 ) { DrawString( 0, 0, "プログラマブルシェーダーを使うことはできません", GetColor( 255,255,255 ) ) ; } else { // 0以外だったら使用可能 DrawFormatString( 0, 0, GetColor( 255,255,255 ), "プログラマブルシェーダーバージョン %.1f が使用可能です", ShaderVersion / 100.0f ) ; } // キー入力待ち WaitKey(); // DXライブラリの後始末 DxLib_End(); // ソフトの終了 return 0; }



宣言int GetMultiDrawScreenNum( void ) ;

概略同時に描画を行うことができる画面の数を取得する

引数なし
戻り値同時に描画できる画面の数
解説  ピクセルシェーダーを使用すると複数の MakeScreen で作成できる描画可能画像に対して同時に描画を行うことができるのですが、 それにはグラフィックスデバイスがその機能に対応している必要があります。
 この関数はグラフィックスデバイスが持つ同時に描画することができる画面の数を取得します。
 複数の画面に対して同時に描画する機能が無い場合は戻り値として1が返ってきます。
 主に複数の画面に対して同時に描画処理を実行することが可能かどうかを判定するために使用します。
 
サンプル

  ありません



宣言int LoadVertexShader( char *FileName ) ;

概略頂点シェーダーバイナリを読み込みシェーダーハンドルを作成する

引数 FileName : 頂点シェーダーバイナリファイルのパス
戻り値 −1    : エラー発生
−1以外 : シェーダーハンドル

解説  頂点シェーダーのプログラムをコンパイルしてできるバイナリファイルをメモリに読み込み、 それを使用するためのハンドル( int型の値 )を取得します。
 コンパイル前のシェーダープログラムを読み込むことはできませんので注意してください。( シェーダープログラムをコンパイルするためのソフトはDXライブラリのパッケージの Tool\ShaderCompiler の中に入っています )
 戻り値で得られるシェーダーハンドルは SetUseVertexShader の引数として使用します。
 同時に読み込んでおけるシェーダーの数には限りがありますので、必要が無くなったら DeleteShader で削除してください。


頂点シェーダーに渡される頂点データについて

 今の所頂点シェーダーに渡される頂点データは以下のように固定されています。


DrawPolygon3DToShader, DrawPolygonIndexed3DToShaderの場合
( DrawPolygon2DToShader, DrawPolygonIndexed2DToShader では
 頂点シェーダーは使用されません )


struct VSInput { // 座標( VERTEX3DSHADER構造体の pos の値 ) float3 Position : POSITION0 ; // 補助座標( VERTEX3DSHADER構造体の spos の値 ) float4 SubPosition : POSITION1 ; // 法線( VERTEX3DSHADER構造体の norm の値 ) float3 Normal : NORMAL0 ; // 接線( VERTEX3DSHADER構造体の tan の値 ) float3 Tangent : TANGENT ; // 従法線( VERTEX3DSHADER構造体の binorm の値 ) float3 Binormal : BINORMAL0 ; // ディフューズカラー( VERTEX3DSHADER構造体の dif の値 ) float4 DiffuseColor : COLOR0 ; // スペキュラカラー( VERTEX3DSHADER構造体の spc の値 ) float4 SpecularColor : COLOR1 ; // テクスチャ座標0( VERTEX3DSHADER構造体の u, v の値 ) float2 TextureCoord0 : TEXCOORD0 ; // テクスチャ座標1( VERTEX3DSHADER構造体の su, sv の値 ) float2 TextureCoord1 : TEXCOORD1 ; } ;

MV1DrawModel や MV1DrawFrame などの3Dモデル描画の場合

剛体メッシュ( 1フレームの影響を受ける頂点のみ )の場合
struct VS_INPUT { float4 Position : POSITION ; //