トップページ > 記事閲覧
Android用DXライブラリでのlive2Dの併用
名前:corner 日時: 2018/07/26 17:25

お世話になっております。 DXライブラリとLive2DやSpriteStudioが併用できるのは知っているのですが それはAndroid版でも可能でしょうか? もし可能な場合はどのように設定すればよろしいでしょうか?
メンテ

Page: 1 | 2 |

Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.9 )
名前:corner 日時:2018/08/01 17:40

>管理人様 ご返信ありがとうございます。 ご提示いただいた方法を行い、リビルドしてみたところ下記のようなエラーに変わりました。 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(ALive2DModel.o):ALive2DModel.cpp:typeinfo for live2d::ALive2DModel: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__si_class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(Live2DModelOpenGL.o):Live2DModelOpenGL.cpp:typeinfo for live2d::Live2DModelOpenGL: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__si_class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(ModelContext.o):ModelContext.cpp:typeinfo for live2d::LDVector<unsigned short>: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__si_class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(ModelContext.o):ModelContext.cpp:typeinfo for live2d::LDVector<live2d::PartsDataContext*>: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__si_class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(ByteBuffer.o):ByteBuffer.cpp:typeinfo for live2d::ByteBuffer: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(LDObject.o):LDObject.cpp:typeinfo for live2d::LDObject: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(LDUnmanagedObject.o):LDUnmanagedObject.cpp:typeinfo for live2d::LDUnmanagedObject: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(MHPageHeaderFixed.o):MHPageHeaderFixed.cpp:typeinfo for live2d::APageHeader: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>clang.exe: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation) 1>C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Common7\IDE\VC\VCTargets\Application Type\Android\3.0\Android.Common.targets(104,5): error MSB6006: "clang.exe" はコード 1 を伴って終了しました。 1>プロジェクト "Live2D_test.NativeActivity.vcxproj" のビルドが終了しました -- 失敗。 調べては見たのですが原因がわからないです・・・・ gcc関連のエラーみたいというのはわかったのですが・・・・
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.10 )
名前:コーラ 日時:2018/08/01 19:45

構成プロパティ→C/C++→全てのオプション→ランタイム型情報を有効にする を「はい」にすると通りそうな気がします。
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.11 )
名前:corner 日時:2018/08/01 20:32

>コーラ様 ありがとうございます。 それもリビルドで試してみましたが駄目でした…
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.12 )
名前:管理人 日時:2018/08/02 01:25

エラー内容が変化したということは、少し前進でしょうか… 前回までの手順のご説明に無いその他の設定としては以下の箇所があります エラーの原因に関係があるといいですが… 1. プロジェクトのプロパティダイアログの左上の『構成(C):』を『すべての構成』に変更 2. ダイアログ上部の『プラットフォーム(P):』 を『ARM』に変更 3. 『構成プロパティ』→『全般』の『ターゲット API レベル』を『KitKat 4.4 - 4.4.4、(android-19)』に設定 4. 『構成プロパティ』→『全般』の『プラットフォーム ツールセット』を『GCC 4.9』に設定して右下の『適用』ボタンを押す 5. ダイアログ上部の『プラットフォーム(P):』 を『x86』に変更 6. 手順 3, 4 を『x86』についても行う
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.13 )
名前:corner 日時:2018/08/02 02:03

>管理人様 お忙しい中ご返信ありがとうございます。 設定を変えたところ 1>main.cpp 1>main.cpp(1,19): error : DxLib.h: No such file or directory 1>main.cpp(1,19): error : #include "DxLib.h" 1>main.cpp(1,19): error : ^ 1>main.cpp(1,19): error : compilation terminated. とDxLib.hのパスが通らなくなりました。 設定を確認したのですがARM、x86共に追加すべきライブラリへのパスの追加はできていました。 リンカの入力の依存ファイルのところも問題ありませんでした 白い四角形を出すところまではできているプロジェクトを使用しております。 他にプロパティでパスなどを追加しないといけなかったりはしますでしょうか?
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.14 )
名前:管理人 日時:2018/08/03 02:48

> とDxLib.hのパスが通らなくなりました。 こちらのエラーはインクルードの設定が関係していますね… よろしければ使い方ページの <Visual Studio Community 2017 の Androidアプリ開発でのDXライブラリの使い方> http://dxlib.o.oo7.jp/use/dxuse_vscom2017_android.html 『4.DXライブラリを使用するためのプロジェクトの設定を行う』の @〜Dの『追加のインクルード ディレクトリ』にDXライブラリのパスを設定する部分を 再度確認してみてください m(_ _)m
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.15 )
名前:corner 日時:2018/08/03 04:44

>管理人様 お忙しい中ご返信ありがとうございます。 一度最初からプロジェクトを作成し、白い□の表示のサンプルまで実行できることを確認したのちに live2Dの設定を追加しましたがやはり 1>main.cpp 1>main.cpp(1,19): error : DxLib.h: No such file or directory 1>main.cpp(1,19): error : #include "DxLib.h" 1>main.cpp(1,19): error : ^ 1>main.cpp(1,19): error : compilation terminated. のエラーが出てしまいます・・・・ 『構成プロパティ』→『全般』の『プラットフォーム ツールセット』を『GCC 4.9』に設定して右下の『適用』ボタンを押す ↑を変えるとなぜかDxLib.hが通らなくなります・・・・ こちらでは原因がわからないのですが他に確認すべきことはありますでしょうか? お忙しい中私のせいでご迷惑をおかけして申し訳ありません・・・・ どうか何卒お願いいたします。
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.16 )
名前:corner 日時:2018/08/03 22:16

>管理人様 お世話になっております。 SpriteStudioの方は無事に実機にてサンプルを動かすことができました。 ありがとうございます<m(__)m>
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.17 )
名前:管理人 日時:2018/08/04 01:57

SpriteStudio はすんなり行ったようでなによりです (^ ^; > live2Dの設定を追加しましたがやはり > >  > 1>main.cpp > 1>main.cpp(1,19): error : DxLib.h: No such file or directory > 1>main.cpp(1,19): error : #include "DxLib.h" > 1>main.cpp(1,19): error : ^ > 1>main.cpp(1,19): error : compilation terminated. >  > のエラーが出てしまいます・・・・ うーん…そうですか… 一応確認ですが live2D の設定をする前の > 一度最初からプロジェクトを作成し、白い□の表示のサンプルまで実行できることを確認した ↑こちらの段階のプロジェクトでも『プラットフォーム ツールセット』を『GCC 4.9』に変更すると DxLib.h が見つからなくなるのでしょうか? ともあれ、力技ではありますが、main.cpp があるフォルダに No.3 の書き込みにある DxLibAndroidTest_ARM.zip の中の DxCompileConfig.h DxDataType.h DxDataTypeAndroid.h DxFunctionAndroid.h DxLib.h の5つのファイルをコピーした上でビルドしてみてください 流石に同じフォルダにあれば『DxLib.h が見つからない』とは言われないと思いますので (^ ^;;
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.18 )
名前:corner 日時:2018/08/06 18:01

>管理人様 ご返信ありがとうございます。 >> 一度最初からプロジェクトを作成し、白い□の表示のサンプルまで実行できることを確認した >↑こちらの段階のプロジェクトでも『プラットフォーム ツールセット』を『GCC 4.9』に変更すると >DxLib.h が見つからなくなるのでしょうか? ↑の段階で切り替えてみたところ同様のエラーが発生いたしましたのでGCC 4.9に変更するとパスが通らなくなるみたいです・・・・・ また同じフォルダに追加してみましたところ 1>main.cpp 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -lDxLib 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -lDxUseCLib 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -ljpeg 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -lpng 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -lzlib 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -ltiff 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -ltheora_static 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -lvorbis_static 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -lvorbisfile_static 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -logg_static 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -lbullet 1>c:/microsoft/androidndk64/android-ndk-r15c/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/windows-x86_64/bin/../lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin/ld.exe: error: cannot find -lopus 1> undefined reference to 'DxLib::DxLib_Init()' 1> undefined reference to 'DxLib::GetColor(int, int, int)' 1> undefined reference to 'DxLib::DrawBox(int, int, int, int, unsigned int, int)' 1> undefined reference to 'DxLib::WaitKey()' 1> undefined reference to 'DxLib::DxLib_End()' 1>collect2.exe: error: ld returned 1 exit status 1>C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Common7\IDE\VC\VCTargets\Application Type\Android\3.0\Android.Common.targets(104,5): error MSB6006: "arm-linux-androideabi-gcc.exe" はコード 1 を伴って終了しました。 1>プロジェクト "Live2D_test.NativeActivity.vcxproj" のビルドが終了しました -- 失敗。 上記のエラーとなりリンカの入力で設定している依存のライブラリが見つからないといわれるようになってしまいました・・・・・
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.19 )
名前:管理人 日時:2018/08/07 00:35

だめでしたか・・・ ふと思いついて手元の環境で GCC 4.9 以外の Clang 3.8 と Clang 5.0 でビルドしてみたのですが、 特に問題なくビルドを完了できてしまいました… うーん何が原因でしょう… 私は Visual Studio Community 2017 をこまめに最新にしているので、もしかしたらそれが原因で 正常にビルドできているのかもしれません もし最新版への更新をあまりされていませんでしたら、 よろしければ以下の手順で Visual Studio Community 2017 のバージョンを最新にしてみてください m(_ _)m 1.VisualStudio2017 のメニューから『ファイル(F) -> 新規作成(N) -> プロジェクト(P)...』を選んで『新しいプロジェクト』ダイアログを表示 2.『新しいプロジェクト』ダイアログの左側にある『Visual Studio インストーラーを開く』をクリックしてインストーラーを起動 3.VisualStudio2017 は一旦ここで閉じる 4.インストーラーの更新が必要だと言われたら更新 5.インストーラーが起動したら、『ワークロード』『個別のコンポーネント』などのタブがある  ダイアログが自動的に表示されるので、とりあえずそれを右上の『×』を押して閉じる 6.Visual Studio Community 2017 の項目の『起動』ボタンの左側が『更新』となっていたら、  クリックして最新版に更新する( もし『変更』となっていたら、既に最新版です )
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.20 )
名前:yumetodo 日時:2018/08/07 12:19

#pragmaでのlib指定がバグってるのかな・・・?
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.21 )
名前:corner 日時:2018/08/08 03:19

>管理人様 お忙しい中ありがとうございます。 最新版にして一からプロジェクトを作り直してみましたがやはりGCCに変えた瞬間に駄目になりました・・・・ >yumetodo様 >#pragmaでのlib指定がバグってるのかな・・・? ここはどこをチェックするればよろしいでしょうか?
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.22 )
名前:管理人 日時:2018/08/08 09:41

うーんそうですか… 最新版の状態でGCCに変えないでLive2Dの設定とビルドを試した場合は やはりNo.7と同じ結果になってしまうでしょうか?
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.23 )
名前:corner 日時:2018/08/09 21:48

>管理人様 そうですね・・・・ やはり下記のようなエラーが出てしまいます 1>------ すべてのリビルド開始: プロジェクト:test.NativeActivity, 構成: Debug ARM ------ 1>ANDROID_HOME=C:\ProgramData\Microsoft\AndroidSDK\25 1>ANT_HOME=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Apps\apache-ant-1.9.3 1>JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_181 1>NDK_ROOT=C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c 1>main.cpp 1>main.cpp(91,11): warning : unused variable 'h' [-Wunused-variable] 1> float h = live2DModel->getCanvasHeight(); 1> ^ 1>1 warning generated. 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(ALive2DModel.o):ALive2DModel.cpp:typeinfo for live2d::ALive2DModel: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__si_class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(Live2DModelOpenGL.o):Live2DModelOpenGL.cpp:typeinfo for live2d::Live2DModelOpenGL: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__si_class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(ModelContext.o):ModelContext.cpp:typeinfo for live2d::LDVector<unsigned short>: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__si_class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(ModelContext.o):ModelContext.cpp:typeinfo for live2d::LDVector<live2d::PartsDataContext*>: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__si_class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(ByteBuffer.o):ByteBuffer.cpp:typeinfo for live2d::ByteBuffer: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(LDObject.o):LDObject.cpp:typeinfo for live2d::LDObject: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(LDUnmanagedObject.o):LDUnmanagedObject.cpp:typeinfo for live2d::LDUnmanagedObject: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi/liblive2d.a(MHPageHeaderFixed.o):MHPageHeaderFixed.cpp:typeinfo for live2d::APageHeader: error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__class_type_info' 1>C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64/lib/gcc/arm-linux-androideabi/4.9.x/../../../../arm-linux-androideabi/bin\ld: the vtable symbol may be undefined because the class is missing its key function (see go/missingkeymethod) 1>clang.exe: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation) 1>C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Common7\IDE\VC\VCTargets\Application Type\Android\3.0\Android.Common.targets(104,5): error MSB6006: "clang.exe" はコード 1 を伴って終了しました。 1>プロジェクト "test.NativeActivity.vcxproj" のビルドが終了しました -- 失敗。 2>------ すべてのリビルド開始: プロジェクト:test.Packaging, 構成: Debug ARM ------ 2>ANDROID_HOME=C:\ProgramData\Microsoft\AndroidSDK\25 2>ANT_HOME=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Apps\apache-ant-1.9.3 2>JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_181 2>NDK_ROOT=C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c 2>ANDROID_NDK_HOME=C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c 2>C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\MSBuild\Microsoft\MDD\Android\V150\Android.Common.targets(392,5): error MSB3030: ファイル "D:\live2dTest\test\ARM\Debug\libtest.so" は見つからなかったためコピーできません。 2>プロジェクト "test.Packaging.androidproj" のビルドが終了しました -- 失敗。 ========== すべてリビルド: 0 正常終了、2 失敗、0 スキップ ========== パスの設定がやはりどこかで狂ってしまっているのでしょうか・・・・・
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.24 )
名前:管理人 日時:2018/08/10 01:04

> やはり下記のようなエラーが出てしまいます ご返答ありがとうございます 状況は変わらずですか… > パスの設定がやはりどこかで狂ってしまっているのでしょうか・・・・・ 色々な原因が考えられるため、パスの設定が原因かどうかはわかりません コンパイルやリンクの設定を拝見すれば何かわかるかもしれませんので、お手数で申し訳ありませんが プロジェクトのプロパティの左上の『構成(C)』を『Debug』に、『プラットフォーム(P)』を『ARM』にした状態で 『構成プロパティ』→『C/C++』→『コマンド ライン』 を選択すると右側に表示される『すべてのオプション(L)』の長いコンパイルオプション記述の一覧と、 『構成プロパティ』→『リンカー』→『コマンド ライン』 を選択すると右側に表示される『すべてのオプション(L)』の長いリンカーオプション記述の一覧の二つを 掲示板に貼り付けていただけないでしょうか? m(_ _;m
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.25 )
名前:corner 日時:2018/08/15 16:28

>管理人様 お世話になっております。 ご返信が遅くなり大変申し訳ありません。 設定ですがかきのようになっておりました。 構成プロパティ』→『C/C++』→『コマンド ライン』 -fpic "pch.h" -fstack-protector -x c++ "ARM\Debug\" -Wall -fno-strict-aliasing -I "D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\include" -I "D:\DxLib_Android3_19b\DxLib_Android\プロジェクトに追加すべきファイル_Android_ARM用" -I "C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\platforms\android-19\arch-arm\usr\include" -I "C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\sources\cxx-stl\gnu-libstdc++\4.9\include" -I "C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\sources\cxx-stl\gnu-libstdc++\4.9\libs\armeabi-v7a\include" -I "C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\sources\cxx-stl\gnu-libstdc++\4.9\include\backward" -g2 -gdwarf-2 -O0 -x c++-header -D "L2D_TARGET_ANDROID_ES2" -fno-rtti -fno-omit-frame-pointer -mthumb -fno-exceptions -mfloat-abi=softfp -o "ARM\Debug\%(filename).o" -fno-short-enums 『構成プロパティ』→『リンカー』→『コマンド ライン』 -o"D:\live2dTest\test\ARM\Debug\libtest.so" -Wl,-rpath-link="C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\platforms\android-19\arch-arm\usr\lib" -Wl,-z,relro -shared -Wl,-z,noexecstack -Wl,--no-undefined -l"gnustl_static" -l"log" -l"android" -l"GLESv1_CM" -l"EGL" -l"stdc++" -l"GLESv2" -l"OpenSLES" -l"m" -l"DxLib" -l"DxUseCLib" -l"jpeg" -l"png" -l"zlib" -l"tiff" -l"theora_static" -l"vorbis_static" -l"vorbisfile_static" -l"ogg_static" -l"bullet" -l"opus" -l"live2d" -Wl,-L"D:\Live2D_SDK_OpenGL_2.1.06_1_jp\lib\android\armeabi" -Wl,-L"D:\DxLib_Android3_19b\DxLib_Android\プロジェクトに追加すべきファイル_Android_ARM用" -Wl,-L"C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\platforms\android-19\arch-arm\usr\lib" -Wl,-L"C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\toolchains\arm-linux-androideabi-4.9\prebuilt\windows-x86_64\lib\gcc\arm-linux-androideabi\4.9.x\armv7-a" -Wl,-L"C:\\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\sources\cxx-stl\gnu-libstdc++\4.9\libs\armeabi-v7a" -Wl,-z,now
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.26 )
名前:管理人 日時:2018/08/16 02:02

コマンドラインの貼り付けありがとうございます 手元のプロジェクトと比較してみたのですが、特に大きく異なる点はありませんでした orz 少し調べた限りでは error: undefined reference to 'vtable for __cxxabiv1::__si_class_type_info' などのエラーはコンパイルオプションに -fno-rtti -fno-exceptions の二つが入っていれば回避できるとのことなのですが、cornerさんのコンパイルオプションにもちゃんと入っているのですよね… ( ちなみに私の手元のプロジェクトでも上記の二つのオプションが入っていて、問題なくビルドに成功しています ) 上記の二つのオプションが正常に認識されていないのかもしれませんので、よろしければプロジェクトのプロパティの 『構成プロパティ』→『C/C++』→『言語』の『ランタイム型情報を有効にする』を『はい(-frtti)』に変更してビルドしたり、 『いいえ(-fno-rtti)』に変更してビルドしたりした場合にビルド結果に変化があるかお試しになってみてください 同じように、『構成プロパティ』→『C/C++』→『コード生成』の『C++ の例外を有効にする』を『はい(-fexceptions)』に変更して ビルドしたり、『いいえ(-fno-exceptions)』に変更してビルドしたりもしてみてください m(_ _;m 因みに手元の環境ではこれらの設定を変更しても問題なくビルドできるので、謎です… ただ、私の環境は VisualStudio2015 の頃からの Android NDK ( Android 環境で C++ を使うために必要な SDK )もインストールされていたり、 試しでインストールした AndroidStudio の SDK Manager 経由でも Android NDK をインストールしていたりして状況が単純ではないので、 ( あと、何年も前に Android NDK 単体でダウンロードできる頃にも Android NDK をインストールしたような… ) もしかしたらそれらの様々なインストール状況が関係して私の環境ではたまたま正常にビルドできるようになっているのかもしれません…
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.27 )
名前:corner 日時:2018/08/16 03:21

>管理人様 ご返信ありがとうございます。 試してみましたが変わらずでした・・・・ SDK経由でNDKを入れようとしたらなぜか失敗するのでもしかしたらこれが原因かもしれないですね・・・ なぜ失敗するのかはわかっていないですがorz
メンテ
Re: Android用DXライブラリでのlive2Dの併用 ( No.28 )
名前:管理人 日時:2018/08/17 01:44

だめでしたか… > SDK経由でNDKを入れようとしたらなぜか失敗するのでもしかしたらこれが原因かもしれないですね・・・ こちらは『ツール(T)』→『Android』→『Android SDK Manager...』で起動できる『Android SDK とツール』の NDK をインストールしようとした、ということでしょうか? こちらは私もインストールしていないですね… インストールしているものを私と cornerさんで近づければ何か変化があるかもしれませんので、とりあえず 1.『ファイル(F)』→『新規作成(N)』→『プロジェクト(P)...』を選んで『新しいプロジェクト』ダイアログを表示 2.『新しいプロジェクト』ダイアログの左側にある『Visual Studio インストーラーを開く』をクリックしてインストーラーを起動 で起動できる『Visual Studio Installer』でインストールできる項目の内、私がインストールしているものを以下に列挙します Visual Studio Community 2017 のバージョン:15.8.0 <ワークロード>タブでチェックが付いている項目 ・.NET デスクトップ開発 ・C++ によるデスクトップ開発 ・ユニバーサル Windows プラットフォーム開発 ・.NET によるモバイル開発 ・Unity によるゲーム開発 ・C++ によるモバイル開発 <個別のコンポーネント>タブでチェックが付いている項目 ・.NET Framework 3.5 開発ツール ・.NET Framework 4 Targeting Pack ・.NET Framework 4.5 Targeting Pack ・.NET Framework 4.5.1 Targeting Pack ・.NET Framework 4.5.2 Targeting Pack ・.NET Framework 4.6 Targeting Pack ・.NET Framework 4.6.1 Targeting Pack ・.NET Framework 4.6.1 SDK ・.NET Framework 4.7.1 SDK ・.NET Framework 4.7.1 Targeting Pack ・.NET ネイティブ ・.NET ポータブル ライブラリ対象パック ・Android NDK (R13B) ・Android SDK セットアップ (API レベル19)(Javascript / C++ を使用したモバイル開発のためにローカルにインストール) ・Android SDK セットアップ (API レベル21)(Javascript / C++ を使用したモバイル開発のためにローカルにインストール) ・Android SDK セットアップ (API レベル22)(Javascript / C++ を使用したモバイル開発のためにローカルにインストール) ・Android SDK セットアップ (API レベル23)(Javascript / C++ を使用したモバイル開発のためにローカルにインストール) ・Android SDK セットアップ (API レベル23)(グローバル インストール) ・Android SDK セットアップ (API レベル25) ・Android SDK セットアップ (API レベル25)(Javascript / C++ を使用したモバイル開発のためにローカルにインストール) ・Android SDK セットアップ (API レベル27) ・Apache Ant (1.9.3) ・Entity Framework 6 Tools ・Java SE Development Kit (8.0.1120.15) ・TypeScript 2.5 SDK ・TypeScript 3.0 SDK ・UWP 用 Windows 10 SDK (10.0.16299.0): C#、VB、JS ・UWP 用 Windows 10 SDK (10.0.16299.0): C++ ・Visual Studio SDK ・Windows 10 SDK (10.0.14393.0) ・Windows 10 SDK (10.0.17134.0) ・x86 用と x64 用の Visual C++ ATL ・グラフィックスツール Windows 8.1 SDK ・デスクトップ C++ 用 Windows 10 SDK (10.0.16299.0) [x86 および x64] ・Android NDK (R15C) ・Google Android Emulator (API レベル 23)(グローバル インストール) ・Google Android Emulator (API レベル 25) ・Google Android エミュレーター (API レベル 27) ・Intel Hardware Accelerated Execution Manager (HAXM)(グローバル インストール) ・SQL Server の CLR データ型 ・データソースとサービス参照 ・DirectX 用グラフィックス デバッガーおよび GPU プロファイラー ・Visual Studio Tools for Unity ・画像と 3D モデルのエディター ・ClickOnce Publishing ・Developer Analytics Tools ・NuGet パッケージ マネージャー ・スタティック分析ツール ・テキストテンプレート変換 ・ARM 用 Visual Studio C++ コンパイラとライブラリ ・ARM64 用 Visual Studio C++ コンパイラとライブラリ ・C# および Visual Basic Roslyn コンパイラ ・CMake の Visual C++ ツール ・MSBuild ・UWP 用の Visual C++ ランタイム ・VC++ 2017 バージョン 15.8 v14.15 最新の v141 ツール ・Visual C++ 2017 再配布可能パッケージの更新プログラム ・.NET プロファイル ツール ・C++ のプロファイル ツール ・JavaScript 診断 ・Just-In-Time デバッガー ・WebSocket4Net ・C# および Visual Basic ・C++ Android 開発ツール ・C++ iOS 開発ツール ・F# 言語サポート ・JavaScript および TypeScript の言語サポート ・Visual Studio C++ コア機能 ・Xamarin ・Xamarin Remoted Simulator ・Xamarin Workbooks <言語パック>タブでチェックが付いている項目 ・英語 ・日本語 『SQL Server の CLR データ型』などの明らかに関係の無さそうな項目もありますが、よろしければ上記の内、関係のありそうな 項目でチェックの入っていないものがありましたら、インストールしてみてください m(_ _)m あと、Android Studio もインストールしています <バージョン情報> Android Studio 3.1.4 Build #AI-173.4907809, Built on July 24, 2018 JRE: 1.8.0_152-release-1024-b02 amd64 JVM: OpenJDK 64-Bit Server VM by JetBrains s.r.o Android Studio の『ADK マネージャー』の『外観 & 振る舞い』→『システム設定』→『Android SDK』の項目でチェックが付いているのは以下の通りです <SDK プラットフォーム>タブ ・Android 8.0 (Oreo) ・Android 6.0 (Marshmallow) ・Android 4.0 (IceCreamSandwich) <SDK ツール>タブ ・Android SDK Build-Tools ・CMake ・LLDB ・Android Emulator ・Android SDK Platform-Tools ・Android SDK Tools ・Documentation for Android SDK ・Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM installer) ・NDK ・Support Repository -> Android Support Repository ・Support Repository -> Google Repository Android Studio のインストールももしかしたら Visual Studio でのビルドに影響を与えているかもしれませんので、もし インストールされていませんでしたら、インストールしてみてください m(_ _)m
メンテ

Page: 1 | 2 |

題名
名前
コメント
パスワード (記事メンテ時に使用)

   クッキー保存